最近サーバの調子が悪くてすみません。リニューアルしました。

高校のときの思い出

あいりさんから投稿頂いた「高校のときの思い出」。

高校の時にスタイリッシュでカッコいい英語の先生がいました。
昔ホストをやってたという噂が流れるような風貌で、タイトなオーダーメイドスーツを身にまとうクールな先生です。授業内容も言語学を含んだ内容があって、本格的でハードでしたが、とてもためになるような授業をしてくれていた先生でした。

先生は40歳くらいの既婚者で確かお子さんも2人いました。それでもわたしは時々、あの先生の奥様を想像しては悶々とするときもありました。
高2の時です。進路面談で、その先生に放課後、進路指導室に呼ばれました。ひとしきり進路について話していたのですが、私はうわの空でした。先生と密室にいるということにドキドキして、先生の程よく厚い胸板や男らしい手のことばかり考えていました。やがて先生もそういう私の様子が分かったようで、そわそわしたような雰囲気になりました。このときわたしはすでにジワリとパンツを濡らしていました。

私は先生をなんとも言えぬような目で見つめていました。先生は私の名前をそっと呼んで困ったような顔をすると、廊下に顔を出し、人の気配を確認しました。放課後、とはいえ多くの生徒が部活をやっているような時間で、私は面談のために遅れると言って休んでいたので、ほとんど生徒も先生もいなかったです。先生はそっと電気を消して、中から鍵を閉め、ブラインドを少し開けました。外のわずかな光の中、先生はそっと私を抱きしめました。かすかにタバコの匂いがします。タイトなスーツのジャケットを脱いで、キスをすることはなくそっとわたしを机に寝かせました。

首から肩、そして胸へとゆっくり手を這わせます。制服の上からそっと優しく胸を揉みます。私は我慢できなくて先生の手に自分の手を重ねてもう少し激しく揉むようにします。しばらくして先生は滑らせるようにしてわたしのシャツを開けて、ブラをずらして乳首をつまみます。その頃には乳首も勃っていて敏感になっていました。私は先生に乳首をいじられながら、背中を浮かせてブラを外しました。先生もそれを見てわたしの上半身の衣服を全て取ってくれました。

そこからは優しく乳首を舐めて、吸って、私の気持ちいいように調節しながらいじめてくれました。しばらくすると腿を這ってスカートの中に手を伸ばし、布越しに敏感なゾーンに手をかけました。そこを触って先生は顔をあげます。
「おまえ…こんなに濡れてるのか…」
そうです。私は面談から先生の前戯まででとても濡らしてしまいました。私は静かに頷くと、先生はかけた手を前後に滑らせて、わたしの顔を見ながら微笑んできます。わたしはついに我慢できなくなって「直接触ってください…」と頼んでしまいます。

手が前後に動くたびに膨れたクリに触れられ、膣も疼いてしまったのです。先生は「もう少し…」と言って、寝そべったまま足だけをm字開脚にして開かせました。そしてパンツをちょっとずらして、クリのあたりを撫でました。とうとう私も感じてしまい、喘ぎ声が出てしまうようになります。必死で口を押さえながらも、気持ちよくて腰が動いてしまいます。そんな様子を見て先生は自分の長い指を一度先生の口に入れて唾をつけて、膣にそっと入れました。

細いけど硬くてゴツゴツしてて膣壁に当たるのです。しかも自分の指でいじるよりずっと気持ちよくて、ディルドでやるより繊細で、絶妙なタイミングで動きます。すぐに果ててしまいそうになって、必死になって手で止めようとすると、先生の股間の部分に手が触れてしまいました。「あっ…!」と小さく声を漏らしビクッと動く先生。一瞬触れただけで亀頭が硬くなってるようなのが感じられました。たまらずわたしはそのまま手を広げて、先生の股間をさすります。先生の股間は一回り大きめに撫で回さないと触れきれない程度に大きく、しっかりとした硬さがありました。

優しく膣を擦られながら、わたしも布越しに手で撫でていましたが、先生の腰も少し擦り付けるように動いてきたのでそっと真ん中のファスナーだけを手でおろしました。そして片手でトランクスの隙間からパンツ越しのおチンポを確かめます。左に少しそれてテントを張るではなく、上に収まっています。硬くて熱いその棒に触れてわたしは思わず「我慢できない…」と口から思いが出てしまいました。でもフェラはさせてくれなかったです。生徒にそれはさせられないと言われ、先生自身でベルトを外し、私が跪くようにして手コキしてました。我慢汁がトロトロと出ていて、それを全体に塗るようにしてしごきます。

少し黒っぽくて、細長いおチンポでした。十分に先生の我慢汁を塗りこむと私はパンツを脱ぎ、「もう我慢できないです。ハメて下さい。」と言って机の上でm字開脚をしました。
しかし先生はハメるのはためらうようで、ここで少し戸惑いが見えました。生ハメ、というのがさらに先生を困らしたようです。ゴム付きであれば、と言われましたが、わたしはとにかくハメたくて仕方なかったです。「先生…」と上目遣いでもう一度おチンポをこすると、先生は「外出し、終わったら妊娠検査薬を使ってちゃんと報告すること」を条件に生挿入してくれることになりました。

高めの机で開脚をすると先生のおチンポが膣に入ってきます。長くて硬いですが、太さはそこまでないのでとてもスムーズに入りました。入れるとカリが大きく、膣の中で動くのがわかるようです。そのあと先生におねだりして、わたしのお気に入りの座位で子宮口を擦ってもらいました。そこで先生とやっとキスをして上も下も繋がることができました。先生の息も上がってきて、苦しそうな表情を浮かべ始めます。おチンポがピクピクしているようです。絶頂が近そうでした。

ここでまた体位を変えてバッグにしました。先生はもうすぐイキそうなようで、今までの優しいセックスではなく少し粗めに腰を振ります。その度に大きなカリが膣や、Gスポットに当たって、気が遠くなりそうです。どんどん腰が早くなって、先生が「ぁあああぁ…!!」と言って、突然抜くとお尻のあたりに暖かい液をかけながら、私は潮を吹いてしまいます。ビショビショとお漏らししながら、意識が半分飛んでいるようでした。先生は「潮を吹いちゃったみたいだけど、僕も中に出しちゃった…」と言いました。良く見ると膣に外に出したような跡もありましたが、膣の中からも少し白い精液があったようでした。ティッシュで先生に床のお漏らしを拭いてもらいながら、わたしは精液を拭きました。

でもここまで来たらもう誰も私たちを止められません。軽く掃除が済むと、先生は私の手をそっと股間に当てて、撫でるように手を動かしてきます。わたしはそのままたまらず先生のおチンポを口で咥えてしまいました。長くて咥えきれないけど、できる限りまで咥えて舌を使ってご奉仕しました。先生はわたしの頭を離させて「イっちゃうからちょっと待って。僕も舐めさせて…」と言って、長机を出してしっかりロックをかけて69を始めました。先生のクンニはクリをしっかり捉えて細かく震わしていてすぐにクリイキしそうになりました。先生がそのうち卑猥な音を立てて愛液を吸い始めたので、部屋の外に聞こえないかヒヤヒヤしつつ必死にフェラをしていると、指がまた膣を擦り始めました。

今度はもっと激しく、Gスポットを押すようにいじります。「あああ…先生!!ダメ!!!」というような悲鳴をあげて私はついに先生の顔にまた潮をかけてしまいます。「先生…ごめんなさい…」と言って、急いで制服に入ってたハンカチで顔を拭きました。「君ってこんなに敏感なんだね…」と言って笑ってくれる優しい先生でした。

先生はまた硬く勃起したおチンポをバックの状態でわたしのお尻に何度もこすりつけます。先生は「どうしたの?腰が動いているよ?」と冷静な声でわたしに聞きますが、私は入れたくて仕方がありません。「お願いします…入れてください…」と先生にお願いすると、「君は僕の英語の授業をちゃんと聞いてるのかい?何を、どこに、が伝わらなきゃ意味がないんだよ。ちゃんとはっきり教えて?」と言ってきます。先生が私にダイレクトな言葉を求めたのはこの一連の中でこれがはじめてでした。私は意を決して「先生のこのおチンポで、私の膣を満たしてください…」というと、先生はやっと頷いて膣口に亀頭を当ててくれました。そしてゆっくりと挿入してくれました。2回目も硬さが維持されていて、すごく良いおチンポでした。

バックでしばらくついていると先生はクリもいじめてくれました。すると、2箇所の攻めで快感が込み上げてしまい、せっかく掃除した床にまた潮をこぼしてしまいました。腰を抜かして立てずにいると先生が優しく立たせてくれて、今度は座位で攻めてくれます。意識が朦朧としていましたが、しばらくすると先生が耳元で「あっ…イクッ…」と言って今度は中出しのまま果てました。私を抱きしめて肩を上下させたまま固まっています。「ごめんな…中で出して…」と先生はいいましたが、私は「大丈夫です」と言ってティッシュで膣を拭きました。そんな1時間半くらいの面談を終えて、後日妊娠検査薬を使うと2回とも陰性でした。それを報告すると先生は次からはゴムをするから、と言ってしばらく愛人のような関係を続けることになりました。その後は彼氏ができて関係を断つことになりましたが、あの先生との思い出は未だにいい思い出です。

コメントを残す