エッチ体験談が10000話を突破しました。

彼の前だけ

ルートさんから投稿頂いた「彼の前だけ」。

大好きな人とのSEXです。

僕はとても小柄な20代の男です。
彼は身長が高くガッチリした体格の髭の似合うかっこいい大人なアメリカ人です。

初めて会った頃は男の子のままSEXしていた。でも、だんだん彼の女の子に変わっていった。

彼と会う時は、メイクするしパンティーも履いて、お尻もマンコに変わる。男の子から女の子に早変わり。彼の彼女になる。
それがとっても嬉しいそんな僕と彼とのSEXはホテルの部屋の中で。

待ち合わせはホテルの前。
僕はその前にホテルの近くのトイレで、少しでも可愛くなるようにメイクする。メイクが終わってホテルに向かうと、めちゃめちゃかっこいい彼が歩いてくる。
会った瞬間から濡れちゃう。というか、待ち合わせの前から考えてるからすごく濡れてるけど。

ホテルのエレベーターの中で久しぶりに彼に触れると暖かくて、ニコッと微笑んでくれる彼を見ると、すごく嬉しい。やっと彼に触れることが出来たんだって。

部屋に入ると服を脱いで、ソファーに座っている彼にハイハイして近づいてフェラをする。
最初はなかなか舐めるのを許してもらえなくて、舌でちょっとずつ舐めていく。大きなチンチンを徐々に口に入れて舐める。喉の奥まで入れて、ごっくんって飲み込むと苦しくてむせちゃうから、ヨダレが口からたくさん溢れ落ちてくる。それを取った彼の指がマンコを、マンコの中で動いたり、激しく出し入れされて、気持ちよくておかしくなりそうになる。おしっこが出そうになる感じになるかな。ちんちんを咥えたまま喘ぎながら指でマンコをFuckされる。鼻を摘まれて息を止めたままフェラする時もある。

フェラしてる時にキスしてくれる。口紅を塗った唇を彼の優しい唇と舌で。キスしながら彼のチンチンをシコシコ、彼の指は僕のマンコの中、舌は口の中、気持ちよくてたくさん声が出ちゃう。喘ぎ声とクチュクチュいやらしい音だけが部屋に響く。体に力が入らなくて彼のたくましい腕と厚い胸板に支えてもらう。彼の体温が感じられて、さらに力が入らなくなる。

ベッドに移ってからは、フェラとマンコにチンチンを擦り付けるのを繰り返しする。その時に頭をトントンされたらマンコにチェンジ、お尻をトントンされたらフェラにチェンジって合図がある。

マンコが緩くなると、やっと入れることができる。太くて硬くて大きなチンチンを入れるときにちょっと苦しがってると、乳首を触って気持ちよくしてくれて、気をそらしてくれる。だんだん暖かいものが体の奥に入ってくるのが分かる。
最初はマンコが慣れるまでゆっくり動かしてくれる。チンチンが奥まで入って、彼とひとつになったときはとっても嬉しい。
マンコが慣れてくると体位を変えながら激しくパンパンと音をたてながらマンコの奥まで彼のものが。気持ちよくてたくさん喘いじゃう。
僕もマンコを締め付けたり弱めたりしてチンチンの動きに合わせてマッサージする。でも、彼のチンチンでトロトロになったマンコは力が入ってるのか分からない。そのくらい体がトロトロになってる。

自分で乳首触って舌を出すように言われて言うとおりにすると、口の中にヨダレを垂らしてくれる。もっと欲しいって言うと、たくさん垂らしてくれる。暖かいヨダレが口の中に落ちてきた瞬間すごく嬉しい。口にはヨダレ、マンコにチンチン、彼のものが自分に入ってるって。汗をかいてる時は汗を舐めるのも好き。お腹から首元までゆっくり舐めたい。

鏡越しに自分を見たり、彼を見ると恥ずかしくなる。目と目が合うと嬉しいけど、やっぱりちょっと恥ずかしい。こんな姿、彼以外に見せられない。

最後はバックでマンコの一番奥にたくさん精子を出してくれる。もちろん生。生暖かい精子がマンコの中で広がっていくのが分かるり、とっても嬉しい瞬間。

最初から最後まで自分や彼のヨダレがローションの代わりで、ローションよりヨダレの方が気持ちいいと思う。

帰る時は、精子を入れたまま彼を感じたまま家に着く。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!