50過ぎの助平なおばさんとの交渉は

PR

エッチなblogの管理人さんから投稿頂いた「50過ぎの助平なおばさんとの交渉は」。

男と女が出会うなんて、難しいと思ってる人は、網の張り方が下手なんだと思う。
女にも網に引っ掛かりたくて待ってる人は居るのだから。

今回は久しぶりに網に引っ掛かった話です。
出会いの場所はFacebookです。

ここで色んな趣味のグループに参加登録するのです。わたしはスポーツ応援、グルメ系にいくつか参加しており、ここでは男女とも毎日多くのコミュニケーションを交わしている。当然ナンパ目的の男も居るが、そんな奴は早々に吊るし首にあってアカウントを消している様だ(笑)

わたくしの女友達からも、良くナンパのメッセンジャーきたわ、と連絡入るんだよ。メッセンジャーとはFacebookを利用している人が使用するLINEの様なもの。Facebookをやってる人に対して誰にでも送信出来るから、IDしらなくても出来てしまう。

私は、参加してるコミュニティで知り合って、友達登録している女性は100人位かな?年令は自分に近い熟女専門。勿論最終目的は一線を越えることだが、元々が出会いの目的ではない女性ばかりだから簡単にはセックス出来る相手は見つからない。当たり前である。しかし、無料で良い女と知り合ってドキドキ出来るのだから、有り難い機能である。

Facebookで知り合ってセックスした相手は数えると数年で四人。
そして久しぶりに来月合体の約束をした女性が居るので、そのなれそめを聞いてほしい。

最初は、私が管理人をしている食べ物のコミュニティに参加してきた。管理人として当然挨拶したら、直ぐに友達申請がきたわ。まあ、たまに有ることなので承認した。Facebookは通常は顔写真を掲載するが彼女は何故か可愛くない赤んぼうの泣いた顔のアイコンである。エロい妄想さえも膨らまない。

私は地方に住んでおりたまに東京に出張で出掛けている。泊まってるホテルの近くにグルメコミュニティで話題になる店がある。
ある日、誰かが、その近くの店を照会すると、瑠美が、どこですか?行ってみたいなーと食いついてきた。
私はこう言うチャンスは逃さない!

なんでも切っ掛けさえつかんでおけば、いつかは、花が開くかも知れない(笑)
私はそのコメントに、「僕も行ったことあり美味しかったよ」と返信。すかさず「行きたいです。」と来たので、「今度関東のお仲間と一緒に行きましょう!」と誘う。
当然複数となら、大体の女性もそのグルメを食べたい一心でOKしてくるもの。彼女も地方に住んでて東京に来るのには高速バスで二時間らしい。数日後、今度はグルメのコミュニティでお酒の話になった。

そこに瑠美が、お酒が好きです、というコメントをしてきた。すかさず私はメッセンジャーで「お酒が好き?どんなお酒が好き?」と聞くとすかさず返信が来た。ここで、「タイミング合ったら一緒に呑みたいな」と言うと、是非にとの返事。

ニュアンス的に二人で呑んでも良いような感じだが、ここはまだ深くは入り込まない。ここまでは、親しいが、まだ健全な友達である。
またある日、お笑いの話になる。私も瑠美もお笑いが好きと言うのが判明。そこで私は、あるコミュニティに招待した。そこは私が管理人をしていて、お笑いやジョークと、少し下ネタで笑えるグループだ。少数精鋭のグループで決してお下劣にならないようコントロールしている。
そこに参加させ、初めて「下ネタは大丈夫かい?」と尋ねる。瑠美は「全然OKですよ」と返してきた。これは手応えを感じた。すかさず「僕もエロい事が好きだけど、瑠美さんとどっちがエロいかな?」と聞くと「わたしかも」と返事が来た。ここで瑠美がエロいことを望んでる女だと確信した瞬間である。だがここでダイレクトにエッチしようと誘うのも野暮である。瑠美が以前の彼氏とラブホでエロビデオを何本も見るのが好きだと言う。それならば今度、瑠美さんが東京きたら泊まってるホテルでエロビデオを見せてあげるよ。と言うとOKとの事、これでお泊まりの承諾が出た。瑠美はバツイチの50代後半、私より3個下。少し前に彼氏と別れて、1年ほどご無沙汰との事。凄く欲しがってる。私も欲しがってる。来月に会う約束をしている。身長150㎝の小柄なおばさんと犯れる慶び。お互いがエッチだから楽しめる。

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1998記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。