毎日5記事更新 !! エッチ体験談 16,500話 突破!!

超絶ブラコンと超絶シスコン

三田村さんから投稿頂いた「超絶ブラコンと超絶シスコン」。

小さな頃から両想いな俺と妹。
「将来お兄ちゃんと結婚するの!」
「妹ちゃんは僕のお嫁さんにする!」
両親の前で幼いながらに結婚の約束までして、そのまま変わらず成長した。

「お兄ちゃん、私もうC学生になったからエッチして」
「約束してたもんな、今日妹ちゃんの処女貰うよ」
「お兄ちゃんの初めても私が貰うね」
成長した今も両親の前でイチャイチャしてキスとかしちゃう僕達は、その日初めてSEXした。
「お父さんもお母さんも寝たみたいだから来たよ」
「お兄ちゃん待ってたよ…お兄ちゃんとエッチ出来るって考えてたら我慢できなくてオナニーして待ってた…こんなにグチョグチョになった私のオマンコ見て」
「凄いね…本気汁で白く濁ってエロすぎだよ…お兄ちゃんのチンポも部屋に来る前からこんなにビンビンになってるんだ」
妹に近付きながら下を脱いでチンポを見せた。
「凄い…お腹につきそうになってる…」
「今すぐ入れたいけど、その前に舐め合おう」
「お兄ちゃんのオチンポ咥えられるのね、口も犯してもらえるなんて幸せ…」
横向きで舐め合いを開始。
グチョグチョのオマンコはいやらしい匂いがして僕の我慢汁より粘度の高いヌトッとした汁が舌に絡みつく。
オマンコ自体の柔らかさと濃い汁は最高の組み合わせだと思う。
妹のオマンコを味わいながらチンポ咥えてもらえてめっちゃエロい気分。
「お兄ちゃんのオチンポ美味しいよ…私の全部お兄ちゃんに犯して欲しい」
「口にも出して欲しいの?」
「うん、口もオマンコもアナルも犯して妊娠させて」
「3回も出したことないからなぁ…頑張ってみるけど妹ちゃんも早くチンポが復活するように協力してね?」
「いっぱい舐めて元気にするからお願いね」
「最初の濃い精子はオマンコに出したいからそろそろ入れさせて」
「濃い方が妊娠しやすいもんね!いっぱい出してね」
舐め合いをやめてオーソドックスな正常位で初挿入。
「オナニーのしすぎかなぁ…初めてなのに痛く無い…」
「痛く無いなら良かったんじゃない?お兄ちゃんのチンポ入ってどんな感じ?」
「硬くて熱い棒でお腹の中を押し上げられてる感じ…オマンコ広げられて凄く気持ち良いよ」
「お兄ちゃんもオマンコがチンポ締め付けてきて凄く気持ち良いよ、中も奥の方までヌルヌルで熱くてチンポが溶けちゃいそうだよ」
「早く動いて」
「もう少しこのままオマンコの感触を味わわせて」
早く中を擦って欲しいと言う妹といつもより濃厚なキスをして舌を絡め合った。
上も下も繋がって僕も我慢できなくなって腰を動かし始めた。
引く時も入れる時もこんなに気持ち良くなるなんて知らなかった…。
ゆっくり動き始めたけど勝手に腰が早く動き始める。
「お兄ちゃん気持ち良い!オマンコの中をお兄ちゃんのオチンポが出たり入ったりして凄く気持ち良い!」
「お兄ちゃんも気持ち良すぎて腰が止まらないよ!出る!もう出る!気持ち良すぎてもう我慢できない!」
「出して!そのまま奥の子宮にお兄ちゃんの精子出して!」
両手両脚を使って僕をギュッと抱え込む妹に中出し。
C学生になったばかりの妹が妊娠してお腹が大きくなったら両親はどんな顔するかな?
僕と妹は結婚するんだから妊娠させても問題無いはずだけど…。
「お兄ちゃん、今日ね、計算だと妊娠しやすい日なの」
「そこに濃いの出したから妊娠させられるかな?元気な赤ちゃん産んでね」
「お兄ちゃんとの赤ちゃん産めるなんて幸せ…何人くらい赤ちゃん作る?」
「働けるようになったらいっぱい稼ぐから沢山産んで欲しいな」
「大家族目指しちゃう?」
「目指しちゃおっか!」
「お兄ちゃんとの赤ちゃんなら何人でも産むよ、いっぱいエッチしようね!」
オマンコには出したから次は口にまた咥えてもらって元気にしてもらい、そのまま口に出すつもり。
「アナルに入れる前に口に出したいから咥えて」
「私はアナルが先でも平気だよ?」
「何回も出すと後の方は薄くて量も減るらしいから、なるべく濃くて多い量を口に出したいんだ」
「いっぱい飲ませてくれるんだね!そういう事なら一生懸命咥えるよ!」
嬉々としてチンポを咥えてくれた。
オマンコの後でも遜色無い気持ち良さ。
チンポがみるみる復活して元気を取り戻した。
脳震盪にならないか心配になるくらい頭を振って激しくしてくれたので、すぐにまた出せた。
自分の感覚では1回目と同じくらいの量と濃さの精子が出た気がする。
「んはあ…凄いいっぱい出た…見て」
妹が口の中を見せてくれたけど、やっぱり沢山出てた。
溜まってたと言えば溜まってたけど、まさか2回目だこんなに出るなんて自分でも驚き。
妹は嬉しそうに口を閉じてゴクッと飲みこんだ。
「えへ…口も妊娠しそうな濃い精子だったよ、最後はアナルも妊娠させて」
精子を飲み込んだ妹を見たせいかチンポが萎えかけてたのがまた硬くなっていく。
四つん這いでオマンコから精子を溢れ出させてアナルを見せつけてくる妹とアナルセックス。
普段から自分で弄ってるのか柔らかくなってて簡単に入った。
「絶対にお兄ちゃんとアナルでもエッチするって決めてたからね、結構前から自分で広げてたの」
「アナルも気持ち良いよ、オマンコに入れてる時もそうだったけどアナルにチンポが出たり入ったりする見た目もエロいね」
「これで私の全部の処女お兄ちゃんにあげられたね、凄く嬉しい…これからは毎日エッチしようね」
「お父さんとお母さんにも報告しようか、今日初夜をして結婚したって」
「うん!お兄ちゃんのお嫁さんになったって言う!」
「好きだよ、一生かけて幸せにするね」
「私もお兄ちゃんを幸せにする!ずっと一緒だよ」
アナルにも出して疲れたので休憩。
寝転がって休んでると妹がチンポ咥えてきた。
本当にアナルに入れた後のチンポも咥えられるなんて…。

コメントを残す