17,000話以上掲載!!毎日更新!!

校則検査

[AD]

[AD]

西村優都さんから投稿頂いた「校則検査」。

俺(西村優都 C2)の通っていたC学は地元でも有名な不良校で校則が厳しかった。
ある日俺が登校すると校則検査を行うとの連絡があった。俺はかなり焦った。校則検査では下着まで調べられる。

そして、今俺の下着には精液がついている。俺は我慢できず朝からオナニーをしてしまったのだ。このままでは精液付きの下着をみんなに晒してしまう。
慌てているうちに校則検査のため体育館へ移動となった。どうしよう、検査を受けなければ校則違反と見なされてしまう。校則検査はクラスで男女が向かい合って並び互いの服装を検査する。思春期の少年少女には屈辱的な方法だ。
生徒指導教師の指示にしたがって一斉に行う。始めに爪と頭髪の検査だ隣の女子と検査し合い、共に合格だ。違反した生徒達は前に並ばされていく。ここまではいつも通りだ。
問題は次
「下着検査するぞー、女子は肩紐見せて白だったら合格だ。男子は制服脱いで指定のランニングシャツとブリーフ履いてれば合格。」
みんな一斉に制服を脱ぎ出す。女子も、ブラの肩紐を恥ずかしそうに見せて校則(女子の下着は白のみとする)が守れていることを見せる。
男子達は女子の姿を見て興奮しそうだが、もし勃起すればブリーフが膨れ上がり笑い者にされてしまう。よって男子は女子にブリーフを見られる恥ずかしさと性的興奮を必死に耐えなければならない。
そしてまだ俺はズボンを脱げずにいた。みんなの視線が集まってくる。しかも、タイミングの悪いことに俺は勃起し始めた。モノが膨れ上がる前にと思い、諦めてズボンを下ろした。
隣の女子がさっと俺のブリーフを見て合格をだす。女子もブリーフをまじまじと見たくは無いからだろう。俺はほっとした。
しかし、性欲旺盛な男子達はあの独特な臭いを嗅ぎ付け、俺に注目する。そして俺のブリーフにシミが出来てるのを見て確信したように誰かが言った。
「先生、西村のブリーフにシミがついてます。これは身だしなみは清潔にという校則に違反していると思います。」
いつも悪ノリしてくる奴がチクった。
ここまで徹底した校則検査を行う学校だ。こんな恥ずかしい校則違反も見逃してはくれない。俺は違反生徒として前に立たされた。
恥ずかしすぎる、しかもさっき勃起し始めた俺のブリーフはパンパンに膨らみみんなの視線を集めている。隠そうとして前かがみになると気をつけするように注意された。
今回の校則違反生徒は7人で、俺以外はいつも違反している不良達だった。俺とこいつらが同じ扱いだなんて屈辱的だ。しかし違反生徒にはもっと屈辱的なことが待っている。それは…
「2年1組5番井上幹大、頭髪違反です。明日までに丸刈りにしてきます。」
違反生徒はみんなの前で違反事項と改善策を言わなければならない。
「2年3組22番関本流華、下着違反、次からはだっせぇー白いブラを着てきます。」
「やり直しなさい」
関本は学年1有名な不良だ。今日は違反した黒いブラ姿で立っている。関本は俺好みの顔でよくオカズにしていた。そんな関本の姿に俺は更に勃起してしまう。まずいという気持ちを抑えられず、更に注目を集めてしまった。そして次は俺の番だ。覚悟を決め、口を開く。
「2年3組31番西村優都、下着違反です。清潔な下着を履いてきます。」
「禁欲しますだろ。ムラムラ西村」
関本が言った。こいつに羞恥心は無いのだろうか。今さらそんなことはどうでもいい。関本は先生達に引っ張りだされ、校則検査は終わった。
教室に帰ってから俺の人権が無かったのは当然だ。関本が言ったムラムラ西村はあだ名として言われ続けた。

終わり

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメントする

目次