エッチ体験談 15,000話 突破!!

性欲処理係にされている女子大生です

真千子さんから投稿頂いた「性欲処理係にされている女子大生です」。

真千子18才。今年大学生になりました。
大学でH友達ができました。同級生の竜次くんです。
竜次くんは、お布団の上では私のご主人様です。知り合ってから半年間、さんざん調教されてきました。

竜次様はお尻が好きで、アナルセックスは必修科目です。
いつも浣腸されています。
でも私はMなので、恥ずかしいことをされると感じてしまうんです。
いじめられても身体が竜次様のことを求めてしまいます。
もう竜次様のおち◯ちんなしでは生きていけない身体になりました。
竜次様のお部屋に入り浸りになって、毎日セックスに励んでいます。

竜次様は仲間が多くて、その仲間の男子たちに私のことを抱かせるのが彼の趣味です。
いつも竜次様のお部屋に男子たちが遊びに来て、私とセックスします。
そのとき、複数の男子たちから同時に抱かれます。
前の穴とお尻の穴を同時に犯されると、いじめられてるみたいですごく興奮します。
気持ちよくて気持ちよくて、もうたまらないです。
そういうセックスがやみつきになってしまいました。
多い日は10人以上の男子とセックスします。
私は男子たちから“性欲処理係”とか“精液トイレ”とか言われています。
そんな屈辱的なことを言われても、乱交の気持ち良さを身体に覚え込まされてしまっているので、止めることができません。
毎日のように男子たちに身体を許して性欲処理係のお仕事に励んでいます。
でもみんなフレンドリーで、なんだかんだで男子たちとすごく仲良しな私です。
ご主人様がいるのに、大勢から告られて困っています(笑)
けなされたり、褒められたりして楽しい日々です。

竜次様は私が男子たちとセックスしているところを写真に撮って、投稿雑誌に投稿します。
私の写真が掲載されている投稿雑誌を見せられました。
おま◯ことお尻の穴の両方に、図太いおち◯ちんが入っているのがアップで写っていました。
浣腸されているところや、お尻から浣腸液を噴き出させているところの写真まで掲載されていました。
極細の目線が入っているだけなので、知っている人が見たら私と分かってしまいます。

最近、クラスの男子が私のことを噂しているのが聞こえてきました。投稿雑誌の話でした。
「これあの娘にそっくりなんだけど」
って言ってるのが聞こえました。
私は聞こえてないフリをしていましたが、あそこはグショグショになっていました。
身近な男子たちに恥ずかしい秘密がバレていると思うと、身体が熱くなり、居ても立っても居られなくなりました。
無性に犯されたくなったんです。
私はセックスしたさのあまり教室を抜け出して、竜次様のお部屋に直行しました。
お部屋に入るとすぐにスカートとパンティを脱いで、竜次様の前で自分からお股を広げ、あそこを指で開いてセックスをおねだりしたんです。
はしたないとはわかっていましたが、疼いて疼いてもうどうしようもなかったんです。
竜次様は、私のわがままを受け入れてくれて、たくましい肉棒で身体の火照りを癒してくださいました。
お尻の穴までいっぱい慰められました。
そのあと竜次様が仲間を呼び寄せて、集まったみんなから、たっぷりかわいがられました。
いっぱいサンドイッチにされちゃいました。

こんなふうに、恥ずかしくて気持ちいい、充実した学生生活を送っている私です。

2 COMMENTS

匿名

いわゆる性処理肉便器ですね!
若くして素晴らしい体験をしてますね。
社会人になれば今以上に淫乱な世界が待ってますよ( ◠‿◠ )
楽しみにして下さいね!

返信する

コメントを残す