エッチ体験談 13,000話 突破!!

お母さんの命令

高知さんから投稿頂いた「お母さんの命令」。

僕を溺愛するあまり何でも僕の我儘を受け入れてくれるお母さん。
「お母さ〜ん!お姉ちゃんがお願い聞いてくれないよ〜!」
「あらあら、どんなお願いしたの?お母さんからも言ってあげるわ」

「あのね、オチンチン舐めてって言ったら『そんな事できるわけないでしょ!馬鹿なの?』って言われた〜!」
「酷いお姉ちゃんね、お母さんが代わりに舐めてあげようか?」
「お母さんに舐めてもらうのも好きだけどお姉ちゃんにも舐めて欲しい」
「欲張りさんね、わかったわ」
お母さんがお姉ちゃんを連れてきた。
「可愛い弟のお願いなんだから聞いてあげなさい!お姉ちゃんでしょ!」
「なんで弟のチンチン舐めなきゃならないのよ!」
「それがお姉ちゃんの務めでしょ!お母さんは愛する息子のオチンチン喜んで舐めてるわよ!」
「お母さんがそんな事するなんて信じられない!」
「お母さんも一緒にやってあげるからお姉ちゃんもオチンチン舐めてあげなさい!」
僕がチンチンを出すとお母さんが舐めてくれる。
「ほら、いつまでも見てないでお姉ちゃんも舐めるのよ!」
お姉ちゃんの手を掴んで無理矢理チンチンの前に座らせ、後頭部を押してチンチンに顔を押し付ける。
「怖くないから舌を出して舐めるの、お母さんだって舐めてるんだから出来るでしょ?」
「やめて!こんな汚い物舐めたくない!」
「汚いなんて酷いこと言わないの!口を開けなさい!」
指を突っ込んで無理矢理口を開けさせて、そこにチンチンを突っ込む。
「絶対に歯を立てちゃダメよ!ちゃんと根元まで咥えて舐めるのよ!」
お母さんは逃げようとするお姉ちゃんの頭を後ろから何度も押してイラマさせる。
「痛っ!お姉ちゃんが噛んだ〜!」
「なんて事するの!弟を傷付けるなんて最低よ!」
さっきまでより強く頭を押して僕のお腹にお姉ちゃんの顔がギュッと押し付けられてる。
喉にチンチンが届いて苦しそう。
「お詫びに飲みなさい!ほら、お姉ちゃんの口に精子出してあげなさい」
お母さんが押さえててくれてる間にお姉ちゃんの喉に精子を流し込んだ。
「ゴフっ!ゲホッ!」
「吐き出さない!せっかく出してくれたんだから飲みなさい!」
ちゃんと飲み込むまでお母さんが押さえつけて離さない。
お姉ちゃんの口から溢れた分の精子はお母さんが手で受け止めてる。
やがてお姉ちゃんが観念して精子を飲み込んだ。
「やれば出来るんだから最初からちゃんと飲んであげなさいよ!まったく…」
やっと押さえつけから解放されたお姉ちゃんが咽せてるところへ、さっき受け止めた口から溢れた精子をチンチンに塗り付けてくる。
「ほら、さっき口から溢れたのオチンチンに塗ったから舐めて綺麗にするのよ!」
お姉ちゃんは泣きながらチンチンを舐めてきた。
無理矢理押さえつけられて苦しい思いをするより大人しく舐めた方が良いと思ったんだろうね。
「お姉ちゃん、また明日もチンチン舐めてね」
お母さんがお姉ちゃんを睨んでるから断れなかったみたいで、恨めしそうな目で僕を見ながら約束してくれた。
「わかったわよ…」
「してくれなかったらまたお母さんに言うから」
「弟のチンチン舐められて嬉しいな〜!」
棒読みだけどお母さんの機嫌を損ねないようにそんなことを言う。
翌日の朝、約束通りお姉ちゃんにチンチンを舐めるように言った。
「何で私がこんな事…」
と、ブツブツ文句言ってたけど、お母さんを呼ばれて無理矢理咥えさせられると苦しい思いをするから素直に舐めてくれた。
「気持ち良いよお姉ちゃん、今日は口じゃなくてオマンコの中に出したいからSEXしよ!」
「嫌よ!初めてが弟なんて絶対に嫌!」
「お母さ〜ん!」
「呼んだ?どうしたの?」
「お姉ちゃんがSEXさせてくれない!」
「何ですって!お姉ちゃん!SEXさせてあげなさい!」
「初めてなのよ!?しかも中に出したいって言うのよ!」
「初めてが何なの!弟がSEXしたかってるんだからオマンコ貸してあげなさいよ!中に出してもらえるなんて幸せな事なのよ!」
「いくらお母さんの言う事でもそれだけは絶対に嫌よ!」
お母さんとお姉ちゃんの取っ組み合いが始まった。
ドタバタと激しく暴れるお姉ちゃんを力任せに押さえつけたお母さん。
「お母さんが押さえてるから脱がして入れちゃいなさい!」
僕が蹴られないように足をV字に固めて押さえつけてるから脱がせと言われても無理。
ハサミを持ってきてパンツを切ってオマンコにチンチンを入れた。
「痛い!やめて!抜いて!」
「お姉ちゃんのオマンコ凄い締まるね」
「動いてれば濡れるから気にせず腰を振ってあげなさい」
押さえつけられて逃げることもできずに僕に犯され、痛みで泣くお姉ちゃん。
ズコズコとオマンコを突いて濡れ始めたオマンコに中出しする。
「お姉ちゃんの中に精子出せたよお母さん」
「良かったわね、後でお母さんの中にもちょうだい」
「協力してくれたお礼にお母さんにも中出ししてあげるね」
「二人とも狂ってるよ!」
お姉ちゃんが泣きながら叫んだ。
「まだ分からないみたいだからもっと中出ししてあげなさいな」
「そうだね、お姉ちゃんにもこの気持ちよさを知ってもらいたからね」
お母さんと協力して何度もお姉ちゃんを犯して中出しした。
潮吹きまでして何度も逝ったからSEXの良さを知ってもらえたかな?
ぐったりしたお姉ちゃんからチンチン抜いて、その場でお母さんとSEXする。
お母さんは僕とSEXすると凄く喜んでくれるのにね。
お姉ちゃんも早くお母さんみたいになってくれないかな…。

コメントを残す