エッチ体験談 13,000話 突破!!

息子に依存してしまうダメな母

息子に依存してしまうダメな母

淫乱な紀美子さんから投稿頂いた「息子に依存してしまうダメな母」。

16で息子を産んで、21で夫のDVから逃げて以来、5年間夫に刻み込まれた性欲を身体は忘れることができません。

叩かれながら逝かされ、親指ほどに肥大化した乳首とクリにはピアスが嵌められ、常に敏感で淫乱な身体にされてしまいました。

乳首ピアスとクリピアスは夫と別れた今でも外せないでいます。
暴力の恐怖と同時に、快楽に溺れたい気持ちからずっと逃れられないんです。

息子は、そんな私の気持ちを知ってるかのように、幼い頃から私の性器にばかり興味を持って触ってきました。
寝ながらピアスのついた乳首を吸い、抱きつく時は内腿の股間を擦ってピアスでクリを刺激するんです。
光熱費節約のために一緒に入るお風呂では、ピアスを触ったり弾いたり。
いけないと分かっていますが、私は息子に性器を弄ばれるのを拒みませんでした。
それどころか、固くツンと勃った小さなおちんちんを洗いながら擦ってしまうのが、小さい頃からの習慣となっていました。

C学になった今でも変わらず、一緒に入るお風呂でお互い、全身隈なく洗い合っています。

お風呂から上がると、前戯で熟れてしまった私を裸のまま後ろ向きにさせて、息子は溢れる蜜を指で遊んだ後、お尻の穴を開かせるんです。
息子はおま○こと同時にお尻の穴に指を入れながら、掻き回して弄びます。

私は息子の欲求の全てを受け容れて満たしてあげたいので、何をされても拒みません。
苦しかった夫との記憶を忘れて母子で乗り越えられるのは息子のお陰。言いなりになることは母の悦びなんです。私は息子によって生かされているのですから。

C学3年になり、もう十分成長した息子のおちんちん。夫と同じ形、同じ大きさ、17cmくらいの太い肉棒が子宮の奥やお尻の膣壁を擦り上げると頭が真っ白になります。

最近は夫と同じように、私のお尻を叩いたり、辱めながら首を絞めたりして、私を乱暴に虐めながら犯すようになりました。

でも、良いんです。
息子ならどんな命令も苦痛も辱めも全て快楽に変換されて逝き狂ってしまうんです。

私は一生息子の性奴隷になりたいのです。

コメントを残す