エッチ体験談 13,000話 突破!!

20代で性欲が溜まりすぎてできた中出しセフレ

まやさんから投稿頂いた「20代で性欲が溜まりすぎてできた中出しセフレ」。

私は10代の時殆ど性欲がなく、女子と話していてもエロい感情を一度も持ったことがない男でした。

そんな私が22歳になった時急に性欲が出始め直ぐに童貞を卒業したら快感を覚え性欲がさらに増していきました。

とりあえず毎日のオナニーで性欲を発散していましたが自分はレイプ物と中出し物が好きでそれを実行してみたい欲に満ち溢れていました。

でも流石にレイプは自分の良心的に反していたのでとりあえず中出しできそうな人を探そうと思い行動しました。

都会に向かいナンパでもしてみようと思いましたが流石に勇気がなく断念

その満ち溢れ性欲を発散することができなかったので一人でそのまま居酒屋に行きました。

一人で泥酔でもしてやろうと思い店に入り一人のカウンターに案内されたら横に顔を少し赤らめ程々に酔った女の人がいる席に案内されました。

その人はしっかりとスーツを着て如何にも会社帰りのOLといった感じで最初は絡まれないようにしようと心がけていましたが

たまに横を向き顔を見るとそれなりに可愛い顔をしておりボブヘアーのかわいい系で歳も20代半ば?くらい大原優乃似の童顔している。

特に酔って目がとろける感じに一瞬エロさを覚え勇気を出して声をかけてみることにした。

自分「すみません。そんなに酔って大丈夫ですか?」

女「ん!?大丈夫ですよ!このくらい」

とりあえず掴みはオッケー

自分「そんなに飲むっていうことはなんかあったんですか?僕も一人なんで聞きますよ!」

すると

女「いいの?じゃあお願いしちゃうね!!」

そこからは色々話を聞いた。

名前はゆかさん
歳は大卒2年目といっていたのでおそらく24くらい
会社で上司に怒られ飲みにきたらしい。

自分が色々話を聞き出してからはゆかさんの酒が進み元々ビール4本飲んでいたらしいがプラス3本とハイボールを2本飲んだ。

話はまだできるが呂律が回らなくなってきていたので二人で会計をすることにした。

別々で会計するつもりでしたが自分が格好付けてお支払いをした。

自分のは酎ハイ2本とつまみ少々で1000円いかないくらいだったが
ゆかさんのはジョッキ9本とつまみで3000円は超えました。

ゆかさんは世に言う千鳥足だったので肩を貸してあげて店を出た。

実はこんなに飲ませて置いてここまでの自分の行為にいやらしさはありませんでした。
普通に男の格好付けでどうやってゆかさんを帰そうか考えていました。

するとゆかさんが気持ち悪いということで近くのコンビニを探しましたが公園の方が近かったのでおんぶして連れていきました。

トイレで吐かせている間にバックを預かったので少し中を見てみることにしました。

そこで家がここから10分のところにあることがわかりまたおんぶして向かいました。

立派なオートロックのアパートでどこの部屋かはわからなかったのでとりあえず本人に頑張って聞いて無事到着。

鍵を開けてもらい部屋に入ったらとりあえず他の住人とかはおらず女子力を感じる部屋に感動した。

ベットがあったので寝かせてあげてひと段落。
ここで手紙でも置いて帰ったらかっこいい男だな思い帰ろうと思ったがとりあえずスーツにシワがつくと仕事に支障が出ちゃうので脱がしてあげてハンガーにかけた。

流石に帰ろっかと思い、チラッと見たらカーターシャツで寝転ぶ無防備な姿にムラっとしました。

そこで元々自分が性欲解消に都会に来て居酒屋にいった理由を思い出し、今の状況がベストシチュエーションだと思った。おそらく何をしても記憶ないと思うし

ということで理性が飛びスタート。

寝転ぶゆかさんに跨りカッターシャツ越しから胸を揉んでみた。

あれっ?結構でかいじゃんと思い直ぐにカッターシャツのボタンを開け下に着てた白シャツも脱がしたところブラ一枚にした。

ブラ越しでもわかる大きさ!
これはDいやEはあるな!と思い

すぐにブラを託しあげオープン

そこには乳首がピンクでエロいおっぱいがあった。

とりあえず揉んで乳首を触ると体がピクッと動き感じていた。

おっぱいだけでは飽き足らず下も見たくなり、スーツの黒いズボンを脱がしてタイツとパンツになってもらった。

タイツ越しのパンツがやけにエロく見えてタイツを脱がすのが勿体無いと思い、エロビデオでやる局部のところだけ破るやつをやった。

パンツは青でまだ湿ってはいなかった。

局部のパンツのところをどかし生でオープン!

毛はしっかり生えていて、指を穴に入れたら一本だけでもすごい締まりを感じた。

血は出なかったのでおそらく処女ではないが経験人数は一人二人だろう

自分のムスコが既にギンギンでこの穴を求めていたのでもう挿入することにした。

本人はまだ寝ているのでスマホで撮影しながら念願の生で挿入!

入り口も狭くて中も狭いので俄然やる気がでて奥までいくのにあまりの狭さだったが押し込んで全部入れ奥まで到達した。

するとゆかさんが

ゆかさん「んー?何やってるの?」

と起きてきたので慌てて腰を振り出した。

ゆかさん「え!?何これ?入ってる!?」

驚かれたがお構いなく腰を振った。

最初は
ゆかさん「やめてよ!やめて!」

と言われたが段々汁が出てきていたので

自分「汁が出てますよ。気持ちいいでしょ!」

と返して腰を振った。

そして1分腰を振ったらイキそうになったので念願の中出しをしようと思いました。

もちろん罪悪感はあったが性欲には負け

自分「ゆかさん!出しますよ!中に!」

ゆかさん「ゴムしてないの?だったら外に出して!お願い!」

と頼まれたが中出しが自分の念願だったので

そのまま発射!

出した瞬間拒絶なのか喜びなのか中がキュッと締まり精子を搾り取るようにしてきたので
しっかり全部出してから抜いた。

この表現はあまり好きではなかったが人生で一番出したと思う。

抜いた後ゆかさんが涙ながらグーパンをしてきたが酔っているのか弱くあしらった。

一応嘘だけど

自分「実は自分の精子、種がないんですよ。調べてもらってわかったんです。だからどれだけ出しても妊娠しないので・・・もう一回!」

ゆかさん「そんなわけないでしょ!どうするの!」

と言われたがおかまないなしで抵抗が弱いことを良いことに無理矢理後ろを向かせ後ろから挿入!

出した後もあって中はぐちゃぐちゃに濡れていて痛みはもう殆どなかった。

バックはSの私にとって一番好きでこっちを見ていないことをいいことにハメ撮りとお尻を叩いたりした。

元々狭いがお尻を叩くと尚更締まって狭くなるのでたまらなく叩いた。

結局4分ぐらい腰を振ってまた中に発射!

ゆかさん「また出したの!?」

と驚かれたが

自分「種無しだから大丈夫」

と言って一滴残らず奥に出した。

流石に抜いたら2回も出したので白いのが溢れてきた。

ゆかさん「白いの出てるじゃん!本当に大丈夫なの?」

と何度も言われたが

自分「本当だよ。写真で撮った証明書見せてあげるよ」

ネットであらかじめ探して保存して置いた種無しの証明書を見せたら

少し納得してくれた。
もちろん写真に映る名前は違うが自分の名前はそもそも本名で言ってなかったので笑

ゆかさんはぐったりしたが自分はまだまだだったのでとりあえずもう破いたパンストとパンツを脱がしくの字でぐったりしているところに後ろから挿入。

中はもうびちゃびちゃだったがそれでも締まりは良かったので飽きずに腰を振った。

体位をかえようと思い、もうそこまで抵抗はなかったので立ち上がってもらい壁に手をつけさせ挿入。

気持ちいい場所に当たるのか一番心なしか声が出ていた。

結局そのまま発射。

抜いたら中の白い汁とかいろんな汁が垂れてきたのでシャワーを浴びることを提案した。

自分の中では先に入ってもらって浴びてるところを押し入ってもう一回戦と思ったが

流石に

ゆかさん「今日会った人に自分の部屋を一人にさせるのは不安だから一緒に入ろう」

と最初の言葉には当然だなと思いながら落ち込んだが結局は一緒に入れることになったので結果オーライ!

中の汁を一旦出すということで手伝うよと言っても自分でやると断られたが隙を狙ってキスをしてその隙に自分が穴の方に手をやった。

結果抵抗されず手マンに成功。
そのままクリもいじり一回イカせた。

ここまで自分は3回はイッたがゆかさんはあまりイッてなかったのでそのまましゃがんでもう一回イカせ満足してもらったところで壁に手をつかせ浴槽で後ろから挿入!

結局浴槽は狭く腰を振るのに労力がかかったので体を拭いてベットに戻って再び始めた。

風呂で全部汁をだしたからなのかそれとももう観念したのかゆかさんがそれ以降抵抗することはなく

すんなり4回目も中に発射。

4回目なことから量はそこまで出なかったが気持ち良さは変わらず最高だった。

ティッシュで一応掻き出し拭いてあげてそのまま二人で寝ることにした。

ゆかさんは酔いが覚めたとはいえあんなに飲んであんなにヤッたのですぐに眠りについたが

自分は一旦冷静になりこの隙に帰れば知らんぷりでいけることなど頭をよぎったがこんな可愛い歳上の女の子を1回だけは後悔するしやっぱりあんなに中に出したから妊娠したら責任は取らないといけないと思い、そのまま寝た。

ちなみにその時時刻を見たら深夜の2時だった。

先に起きたのは自分だった6時に起きた。

自分はこの日予定がなくゆっくりできゆかさんも昨日一人であんなに飲んでいたことを考えると今日は休みなので一安心。

起きてスマホをいじっていたらこっちの動きに反応したのかゆかさんも起きてきた。

二日酔いで気持ち悪そうだったので洗面所に向かわせてさすってあげた。

するとゆかさんが

ゆかさん「欲情してるの?」
と自分の股間を見ながら言ってきたので

目線を下にしたら自分のムスコがギンギンに勃っていた。

昨日あんなに出したのに朝勃ちしていることに驚き!

すると

ゆかさん「抜いてあげるから脱いで」

とまさかの抜いてもらえることに!

脱いで手でしごいてもらった。

でも全然イカなかった。そりゃ数時間前に4回も出してるし笑

やっぱりすぐに出せるのは穴だと思い挿入のお願いをしたら

ゆかさんが「直ぐに中に出すから嫌だ」

と断られ落ち込んでいたら見かねて口でしてもらえることに

たまに歯が当たって決して上手ではなかったがそれなりに気持ちよく5分口でやってもらって口の中に発射!

流石にムスコが痛かった笑

やっぱりあそこで帰らず正解だったとこの時改めて思った。

酔っている時友達が少ないことに悩んでいたし、求められると嬉しそうな素振りを見せることなどワンチャンいいセフレになってくれそう!
中出しもできそうだし

今回の中出しは妊娠するかは運任せだけどとりあえず次からはピルを飲んでもらうようにお願いしたらまさかの渋々だったけどオッケーもらえたし!

LINEをサブの方と交換して、もちろん種無しの証明書と同じ名前にして笑

とりあえずシャワーを借りて朝には帰宅して次の日の夜にまた飯でも食べに伺うことにした。

もちろんまたヤりたくてだけど

どうやらあのあと念の為にすぐに産婦人科にアフターピルと普通のピルをもらいにいったらしくこれで気持ちよく中出しできるようになった!

あっという間に次の日の夜になって家に伺いにいった。

ピンポンして入ったら玄関で待ちきれずキスをした。
舌も入れて

流石に早いと思いとりあえずご飯を食べた。

色々話したが早くヤりたくて早口になっていたと思う。

ご飯を食べて食器を洗い終わってすぐにベッドで始めました。

ただ気持ちよさだけを求めて結局その日は3回中に出しました。

それからは週2から4は会ってヤッてます。
一日2から4は中に出してます。

今では向こうから会いたいとかしまいには今日やろうとラインがきてメンヘラ感は強いですが

唯一無二の中出しができるセフレで最高です。

1 COMMENT

コメントを残す