エッチ体験談 13,000話 突破!!

付き合ってる女性とのこと

彼女は変わったさんから投稿頂いた「付き合ってる女性とのこと」。

俺と彼女は、会社が同じ。課は全く別なんだけどね。

出会いは会社の創立記念を祝う為に各課から選抜された実行委員会にて。

最初はすごく堅そうなイメージが先行してたけど、彼女の方から告白された時は素直に驚いたよ。俺から言うつもりだったんだけど・・・。

そんな2人の交際が始まった途端のコロナ禍でして、最初はラインとかで連絡するだけで、会社ではほぼ口を利かない毎日だったんだけど、彼女が会いたいから家まで来てって言われ、初めて家に行った時の彼女がまたすごくてね。

着くなり玄関先で抱きしめられて、情熱的なキスをしながら、股間をさすってくる。
大胆な彼女に圧倒されっぱなしの俺は為すすべもなく、されるがままでした。
そうしたら、俺の下の作業着を脱がし始め、露になる俺のチンポをみて、彼女がもの欲しそうな目で見つめ、風呂入ってないけどと俺の言葉を無視してフェラ開始。
久しぶりという事もあって、すぐ射精したくなって彼女の口の中で果てました。

にが~いと言って、久しぶりに出したのをゴックンした彼女の口から少し精液がみえて、よりエロく感じたのは言うまでもなく、彼女に手を引かれて、ベッドで戦闘開始。

とにかく会社とのギャップに驚いていましたが、喘ぎ声なんかも可愛く、バックと正常位で1回ずつ中出しをして終了。3回も抜いたなんて初めての経験でした。

ごめん、したかったという彼女に、俺は堅そうに見えてたと正直な気持ちを言うと、こんな私じゃイヤ?と聞き返す彼女に、首を振り、気持ち良かったよとだけ。
この日は、そのまま彼女のアパートで、そのままお泊り。

次の日は少し早めに起きて、家で着替えて、2人で出勤。
会社から少し離れた所に駐車場があるので、誰にもばれずにすんだけどね。

それからも彼女の勢いは衰えるどころかより激しくなる方で、ある時なんか着くなりショーツを脱ぎだして、貴方のチンポで犯してなんていう始末。少し年上の彼女にはやられっぱなしな俺です。

コメントを残す