エッチ体験談 13,000話 突破!!

S5の巨乳

S5女子さんから投稿頂いた「S5の巨乳」。

S5の巨乳

私は父子家庭です。
母は私が幼児の頃、病気で亡くなりました。
それからは現在のS学生5年まで父と2人でマンション暮らしです。

体型は太めです。なのでブスだと思います。
だから学校でもモテません。
だけど、何故か隣のおじちゃんにはいつも挨拶されます。私はおじちゃんが嫌いです。
 一年前から挨拶してました。
 いつからか、挨拶したらお尻をぶたれるようになりました。
おじちゃんはそれから挨拶と一緒にお尻を叩くようになりました。
私は嫌だったから、無視するようになりました。
でもおじちゃんはやめません。
わたしが
なんで、お尻をたたくの?
と聞くと、

可愛いからだよ。
といいました。

おじちゃんへん。うち、可愛くないもん
というと、

凛奈(りな)ちゃんも変だぞ。挨拶はせぇへんといかんよ。
と言われました。

だっておじちゃんお尻ぶつからいやだ。
というと、

お尻嫌かい?何処ならえぇの?
と言われました。

お尻はやだ
と答えました。

じゃ胸ならえぇか?
と言ったので

胸ならえぇで
と答えました。

なら、胸やからちゃんと明日から返事はせぇよ
と言われたから

うん、する
と言いました。

だからおじちゃんは次の日から胸をぐりぐりしてきおった。
ちゃんと挨拶もした。
おじちゃん、何で胸グリグリすん?
とききました。

胸はぐりぐりすんで。
と言いました。

でも、なんかやだ
と答えました。

約束は守らんといかんよ。変とはどんな具合?きもちえぇんか?
ときいたから、

首を振りながら
いんや、気持ち悪い、こそばゆいで我慢できん。

でも約束だから守らんと、
と言ったから

うん、まもるよ、
と答えました。

おじちゃんはそれから毎日グリグリしよる。
我慢出来んようなったから

おじちゃん、もう触るのやめて、
というと、

そんなん何で我慢できんの
と言いました。

くすぐったいから、
と言うと、

じゃ、シャツあげれば直る
と言うので、

わかった、
と言いました。

それから毎日、朝と帰りはおじちゃんに挨拶してからシャツをあげて胸を揉まれるようなった。

或るとき、おじちゃんはわたしのおっぱい揉みながら、苦しそうにはぁはぁしよる。

何ではぁはぁするの?
と言いました。

巨乳じゃけん気持ちえぇから。凛奈ちゃんも気持ちぇじゃろ?
ときくから。

普通。巨乳ってなあに
と聞きました。

胸が大きいことじゃ。凛奈ちゃんも気持ち良くなりたいか?
と聞いたから、

変よりなりたい
と言いました。

じゃ、明日から股を開けばえぇ。
と言ったから、

おじちゃん、お尻ヤダ言うとるん。

お尻じゃない、前の方じゃ。だから気持ちえぇど。

ホント?
ときくと、

あぁ。
と答えたから、

わかった。
と答えました。

次の日からおじちゃんに、オシッコのところグリグリされるようなった。なんか胸よりコソばいから

おじちゃん、ここ、なんか変よ。
と訊ねました。

変?気持ちぇんか?
と聞いたから

うん。少し、なんか、オシッコ出ないけど、出るような感じ。
と答えました。

そりゃ、ダメだ。ズボンもパンツも濡れてしまうで。なら、ズボンとパンツ脱いでからグリグリせんといかよ。
と言いましたから、

ダメ、そんなんウチ、はずかしいよ
と答えました。

ならおじちゃん家で脱いでからグリグリすればよかろう、
と言いました。

わかった、なら明日からな
と返事しました。

それが明日だ。

1 COMMENT

コメントを残す