エッチ体験談 12,000話 突破!!

彼女の母親

じろさんから投稿頂いた「彼女の母親」。

高校1年の時、初めて女の子と交際しました。
それが今の妻です。
私は現在32歳で結婚9年目。
今回は今の私の境遇に繋がる高1の時の話を書きます。

当時は完全なる童貞でキスすらしたことのなかった私は、彼女と手を繋ぐことすら興奮するほどウブでした。
彼女の両親も同級生で結婚して当時38歳。
彼女と母親は雰囲気も似ていて仲良くなるのに時間はかかりませんでした。
彼女も母親も派手な感じではなく、彼女は手を繋ぐだけで顔が赤くなるし、母親もゆっくりとお付き合いしなさいねとアドバイスをくれるような人でした。

交際から2か月ほど経ったある日、私が通っていた塾から帰る途中で母親と偶然出会いました。スーパーの袋を3つ持っていたので、私が持ち彼女の家まで持って行きました。
その日彼女は弓道部の大会があるのを知っていましたので、母親からの「お茶でも飲んでいく?」という誘いを私は断り帰りました。
まだウブな私に母親と2人の空間はハードだと思ったからです。

それから数回、母親の買い物する時間と私の塾の終わる時間が重なることがあり、何度か荷物を持って帰るということがありました。
彼女との結婚なんて全く考えていませんでしたが、母親にポイント稼ぎしておくことは悪いことじゃないと思っていました。
その際彼女が家にいる時は寄っていき、いない時は帰るということをしていました。

彼女と付き合い始めて4か月経った頃、いまだに私は彼女とキスすらできていませんでした。そんな雰囲気になってもお互いに笑ってしまってできないという日々が続いていました。
その日もまた塾から出ると、スーパーで買い物をしている母親を見つけたので外で待って声をかけました。
ところが母親の様子が明らかにおかしく、作り笑いや上の空なことばかりで子供の私でも何かがあったんだとわかりました。
この日も彼女は部活でいないことがわかっていましたので、私は玄関に荷物を置いて気まずい雰囲気から逃げるように帰ろうとしました。
その瞬間に母親が玄関で崩れ落ちるように泣き出しました。
私はあまりに突然の出来事にビックリしてオロオロするばかり・・・。
とりあえず母親を家の中に入れて、荷物をキッチンに移し、母親が泣き止むのを待ちました。
数分後、母親は落ち着いたのか笑顔を取り戻し「ごめんね、もう大丈夫だから」と言い私を帰してくれました。
母親にいったい何があったのか、私は聞くこともできずにその日のことを彼女にも言うことはできませんでした。

それからさらに数日後のいつものスーパーからの道で彼女に泣いていたことを黙っていてくれてありがとうと言われました。
その時に彼女の父親が若い女性と浮気をしていたことが発覚したのだと聞きました。
父親と若い子が一緒にホテルで撮ったとされる動画を父親のスマホからいくつも見つけ、そのことは父親にも娘にも言っていないとのことでした。
その瞬間になぜだか自分の中で何かが変化したことに気づきました。
うまくは言えないのですが、この母親はそんな大切なことを家族にも言えずに抱え込んでいて、でもまだ高1の子供の自分には言ったんだということの重大さみたいなものが1人の人間として認めてもらえたようで嬉しかったのです。

その日から私は彼女とは変わらずいましたが、母親のことを意識してしまうようになっていきました。父親が浮気したから気落ちしていて狙えるとかいう駆け引きなど考えられる歳ではなかったですし、年上に憧れる年ごろだからというわけでもなく、1人の女性としてきれいな人だと急に思うようになっていったのです。
それで彼女への気持ちがなくなったというわけではなく、自分勝手な言い方をすれば本当にどちらも好きな気持ちがありました。

父親の浮気発覚から1か月ほどしても母親はあまり元気がなく、彼女も心配するようになりました。母親が何も言わない以上、離婚するつもりもないのか私が彼女に言えることもなく、ただ「彼女が元気ないことを心配してます。僕も心配です」とだけ伝えました。母親は「大丈夫よ、ごめんね」と言って笑いました。その瞬間に私は無意識に母親の手を握ってしまっていました。
自分でも驚いてすぐに手を離しましたが、母親もまさかの私の行動に驚いていました。

それから数回は彼女といつものように遊んでいたのですが、母親とはちょっとだけ緊張感を持った距離ができました。表面上ではいつもの母親でしたが、私の方が意識してしまいうまく接していられなかったのかもしれません。
数日後、塾から帰る時に母親が前を歩いてることに気付いた私は追いかけていつものように荷物を持ちました。その時もやはり私は緊張してしまい、母親に「最近なんだか変だよ」と言われました。
私は何も言い返すことができずに、ただ顔を赤くすることしかできませんでした。
おそらく母親はなんとなく私の気持ちに気付いていたかもしれません。

それからさらに数日が過ぎた頃、彼女と彼女の部屋で遊んでいる時に弓道部の後輩から連絡があり、彼女がしばらく家を出ることになりました。
すぐに戻るとのことだったので、私は彼女の部屋で待つことにしました。
何気なくトイレに行こうとしたところ、母親が涙をすする声が聞こえてきました。
リビングでソファーに座ってうつ向いてる母親がいたので、私はこらえられずに入って行き後ろから抱きしめてしまいました。
「好きになっちゃだめですか?」
私なりに考えたすえの行動だったのですが、母親からしたら子供に同情されたような感覚だったんだと思います。
「ごめんね、また変なとこ見せちゃって」
そう言って無理に笑う顔を見て、私は強引にキスをしてしまいました。
私にとっての初めてのキスでした。

「娘のことはどう思ってるの?私の娘を傷つけるつもりなの?」
そう言われましたが、私はそれまでに考えに考え抜いていたので、
「どちらも好きじゃだめですか?」
と迷わず言いました。
「それなら娘のことをちゃんと考えてあげて」
母親なら当然の答えだと思いました。
とても優しくて、素敵な人だなと私はさらに好きになりました。

その7年後、私は彼女と結婚をしました。
現在は母親と父親は離婚せずに二世帯住宅で一緒に暮らしています。
去年、子供も生まれました。

私と妻は32歳になり、母親と父親は54歳になります。
私のファーストキスは母親でした。
童貞を捨てたのも母親でした。
「娘をちゃんと幸せにする」という条件のもと、私と母親はずっと繋がってきました。
母親は母親であり続けたかったと思いますが、私が強引に1人の女性として求めてしまいました。
いつしか母親も女性として私に接してくれるようになりました。
ですが、あくまで優先は娘です。
そういうところも私は好きです。

現在は妻と私は子供と同じ寝室で、両親は隣の2階で繋がった住宅で別々の寝室で寝ています。
私は妻とのセックスは子供がいますので週に1回程度。
妻に求められた時にします。

母親とは家族で夕食を食べた後にLINEで誘われる形で週に2回程度。
母親の寝室か両親の家のリビングで深夜にひっそりとしています。
54歳でも若々しく、父親とは30代の頃からセックスはないと言っていますので、私とのセックスをとても楽しんでくれています。

ただ、今は子供のことがあるので妻も抑えていますが、さすがに親子といった感じで2人揃って性欲が強いところがあります。
数年前までは妻とも週に3回はしていましたので、母親と重なった場合は大変でした。
妻と深夜2時までセックスして終わるまで母親は待っているので、妻が寝るのを確認した後に母親の待つ隣へと移動して再びといった感じでした。

それでも私はこの生活がとても幸せです。

3 COMMENTS

匿名

空白の期間があるのは気のせいですか?

このせいで、読んでいてネタみたいに感じましたよ。

返信する
匿名

私も長くなってもよかったから空白の時間のことも書いて欲しかった。
あと、もっと2人のエロい描写もあったらよかったかも。

返信する

コメントを残す