エッチ体験談 12,000話 突破!!

ニューハーフ女王様にマゾ開花させられた大学時代

ケツマンコさんから投稿頂いた「ニューハーフ女王様にマゾ開花させられた大学時代」。

大学3年の時、ゲイの先輩に俺と友人がアナルを犯され、その後、二人ともマゾに調教されてしまいました。
その私と友人が、大学4年の時に経験したのが、4人のニューハーフ女王様に私と友人が調教されるAV撮影への参加でした。

さすがにAVで、女王様はニューハーフとはいえかなりの美人ぞろいで、そんな女王様に亀頭責めでアヘアヘしている姿を、友人と相互鑑賞です。
その後、私と友人は、一人に二人ずつのニューハーフ女王様が付き、両手にペニクリを握ってフェラチオご奉仕です。
私も友人も、一生懸命に舌を使って、全員が男という背徳的なプレイに興奮していました。

そして、いよいよ床に転がされ、私たちは四つん這いにさせられ、広げたアナルをバックからペニクリ挿入されて、掘られまくるSMパーティーになっていきました。
ケツを掘りまくるニューハーフ女王様、そして掘られまくって喘ぐ私たち、正に倒錯した世界でした。
アナルをガン掘りされて、次々とニューハーフ女王様に精子をぶっかけられて終わりました。

その後、気に入られてみんなで飲み会をしました。
そしてニューハーフ女王様にお持ち帰りされて、プライベートで抱かれました。
まず、M字開脚で縛られて、お約束の亀頭責め、射精寸前で焦らされてお預け食らいました。
そしてペニクリをしゃぶらされ、M字開脚緊縛されたまま前に転がされて、後ろからズブリとアナルを犯されました。
切れば血も出る生身のペニスが、ズッポリと入って、ゆっくりと前立腺を撫でられました。
射精寸前まで亀頭責めされたペニスは、10分も掘られると、ついにトコロテンで、ペニスに触れられることなく、ドロドロドロ~~っと射精しました。

大学4年の1年間、私はこのニューハーフ女王様のお気に入りにされ、すっかりマゾ開花させられてしまいました。
卒業後、地元に戻りましたが、普通の女性では満足できなくて、20代半ばから早々と婚活、正直にマゾっ気があることをプロフィールに書きました。
そしてマッチングされたのが、4歳年上の妻でした。
妻は松下奈緒さんい似た美形ですが、サドッ気がある性癖のせいで、出会いが少なくて困っていました。
だから、4歳年上でしたが性体験はそれほど豊富じゃなく、男性を責める妄想が頭を支配していました。

あんな責め方したい、こんな責め方したいと、ネットで研究しては実現を待ち望んでいたところへ現れたのが私でした。
妻は緊縛もできて、身体だけでなくペニス緊縛、タマ緊縛に至ってはタマが二つに分かれるように縛られます。
そして亀頭責めで射精焦らし、射精直後の亀頭責め、エネマグラでアナル調教、結婚して5年、現在36歳の美人妻にアナルを責められてトコロテンする、充実した性生活をしています。

1 COMMENT

匿名

アナル掘られたことあるけど、中に出されて下痢になって以来お断りしてる。

返信する

コメントを残す