パート主婦(嫁)を口説いた男達

ぴゅあらば

邑さんから投稿頂いた「パート主婦(嫁)を口説いた男達」。

バイト先で狙われた嫁の話しの最終話で最後は口説き落とした可能性ある男の話しです

販売 配達のバイト行き出した嫁38歳とこの男も毎朝 顔会わすらしくメルアド聞き出し嫁とメールのやり取りしてたんですが毎日つまらない日常会話のやり取りで俺はすぐ終わるだろうと思ってました

ところがいつの間にか急接近で毎日ランチも一緒にする仲に発展

盗み見るメール内容から配達先の年上妻子持ちのKで

K「今日もお昼よろしく」

嫁「ハーイいつもの所でいいのかな?ヨロシクです」

と待ち合わせて一緒に昼食してあとは暇をみつけてはお互いの近況報告しあい、お互いを誉め合いおはよう~から、おやすみ~と寝るまで1日中メールのやり取り

このKのメールは紳士的というか例の年下君と違って下ネタ一切なく時間を掛けて嫁の心を開いていった様子

この頃の嫁はKと恋愛ゴッコ?しながら時々例の年下君やその他の男達の飲み会に参加してはベロンベロンのなるまで飲まされ帰宅後、俺に抱かれる日々だったかと思います

この頃の構図は嫁の心掴んてたのはKで嫁のカラダ目的で酒好きの嫁を誘うバイト関係の男達と口説かれる嫁を泳がせ嫁の携帯メールチェックしながら進行状況確認しながら時々嫁のカラダ頂き興奮する主張多く留守がちな不仲レスの俺

飲み会には相変わらず膝上の短めのスカートに派手な下着で出掛けて行き呂律も回らぬ程飲まされてフラフラで帰宅。

酒席でチヤホヤされたり軽いセクハラされたりを自慢したり怒ったりでした

しかしKとの親密度が増すにつれ嫁にも色々な変化が出て来ました

まず家庭内では普段から会話 無いのは無いんですがすが俺の前を裸でうろつかなくなりました。着替えは別の部屋でするし風呂上がりは必ず何か着てから現れるようになったし余計に俺を避けるように

風呂から出て来たフリちんの俺にたまたまバッタリ出会した時など

嫁「キヤッ」

と顔を背け逃げ出す嫁
そのまま近づくと

嫁「見えてるから何か着てから話しかけて」

と顔逸らしたまま

外見上も仕事行く嫁の胸が少し大きくなったような???

大きくなった胸はすぐに事実判明

ある夜、泥酔して爆睡中の嫁にイタズラしようとワンピース脱がしていくとブラジャーと貧乳の間にパットが(笑)

ワンピース剥ぎ取るとパット入れ大きく見せた胸と黒のストッキングの下は青の小さな派手なパンティ

ブラジャー外すとパットも外れ小さなオッパイがお目見え(笑)

俺はKに脱がされる時どんな言い訳するんやろと想像すると自然と笑が(笑)。Kにはまだカラダ許してないんか?という安心感とK早く犯せという矛盾したムラムラも…

ストッキングごとパンティも剥ぎ取り全裸にして見つめてみると、セミロングの髪乱れて寝転がる嫁。顔は美人やなと今更ながらの俺。

貧乳の先には黒く大きめの乳首。揉むと小さいながらも柔らかいオッパイ。細身ながらビール腹のしたは剛毛地帯

ひっくりうつ伏せにするとプリンと盛り上がり肉付きのいい尻

コイツええケツしとるなぁ。もっと乳あったらええカラダやのになぁと舐めまわすように見つめながら外の男達が1度はと思うのもわかるわと思いながら、この夜は泥酔して無抵抗の嫁のカラダ久々に俺が頂きました

この頃の酔ってフラフラ状態ながらハイテンションで帰宅した嫁とのエッチの様子も紹介します

ワンピース脱がそうとすると寝転がり激しく抵抗

下着姿にするとこの夜は黒のブラジャー(パット入り)ーと黒のパンティ

添い寝して抱きしめ押えつけブラとパットの隙間に手を入
れ生乳揉むと顔を背ける嫁

敢えてパットには触れぬ俺

ブラジャーのホック外し貧乳見つめると顔背けたままの嫁

ストッキング脱がすと黒パンティの横からハミ毛だらけ(笑)

パットには触れず

俺は「お前派手なパンツ履いて飲みに行くんやなぁ?~」

嫁「自己満足や言うてるやろ。アンタに関係ないわ。やめて、離して」

この後、キス拒否
愛撫すると顔背け声押し殺し我慢する嫁

しかしクリ摘んで擦ってやるとカラダがピクンピクン反応

嫁「感じんから離して」

チンポ握らせ

俺「舐めてくれ」

嫁「イヤ」

手を離しマグロ状態の嫁

クリ擦り続けると俺の乳首ペロペロ舐めながらピクンピクン身体震わす嫁

うーうーと呻きながらイッた嫁

嫁「もうええやろ、疲れたから離して」

イッた事を隠す嫁

正常位で挿入すると

嫁「感じんからやめて」

けどカラダはピクピク反応

そのまま最後は貧乳モミながら腹に発射してやりました

この頃の嫁は裸隠し、襲われエッチになると喘ぎ声や感じた裸体隠そうとしてました

俺はそれが余計興奮しましたが

この頃のKと嫁の関係は更にラブラブ度増しでKは嫁を姫と呼びメール内で姫Chu おやすみChu状態

嫁「姫ももう寝ますね。Kさん大好き~」

と嫁もKに甘え大好き連呼

更に仕事帰りの夕方も

K「渡したいモノあるんだけど出て来れる?」

嫁「少しくらいなら大丈夫ですよ」

K「じゃ近くで電話するね」

と夕方までKの車で密会し始めた2人

こうなると嫁は既にKに喰われた?と思い想像や妄想が先走り嫁を見る度 勃起する俺

紳士的なメール内容のKのメールには車内の様子などエロい内容は一切なし。1度はワインプレゼントして他にも何かプレゼントしたK

そして遂に

K「前から約束してた2人での飲み会そろそろどうかな?」

嫁「私もどうしても行きたいのでなんとかします。楽しみにしてます」

とKが夜のデートに誘い嫁も乗り気

俺はこれだけ会ってて夜のデートと2人きりの飲み会は初めて?と意外でしたがとにかくKがヤル気で嫁も抱かれる気と思うと仕事も手につかなくなる俺

それからモヤモヤした日々が続き出張も重なり久々に帰宅したら家はシーン

風呂に入り寝ようとしてたら嫁が帰宅

かなり酔ってる様子

俺が居ることに気付いた嫁はコソコソと別の部屋で着替えてる様子

少し間を置いてその部屋に行くとグッドタイミング

下着姿の嫁とバッタリ
慌てて着替えの服でカラダ隠しながら

嫁「あっ帰ってたんや、おかえりー」

俺「また 飲みに行ってたんか?酒くさ~」

嫁「ちょっとだけ」

と言いながら逃げ出す嫁
追いかけ抱きしめると

嫁「イヤ離して、何もせんでや」

ブラジャー外して黄色のパンティズリ下げると半ケツ出した状態で

嫁「チンチン絶対挿れんでや」
と尻振りながら抵抗

更にパンティ太ももまでズリ下げるとプリプリの白くて丸い肉厚ある尻がお披露目

尻肉掴んてモミモミすると

嫁「イヤ、気持ち悪いからやめて」

と更に尻フリフリ

俺「挿れんから舐めてくれ」

嫁「イヤ 好きな人にしかせんから」

俺はKとヤッたなと興奮して嫁を押し倒すとパンティ掴んて最後の抵抗

嫁「イヤやて、もう離してって」

無理矢理パンティ剥ぎ取り全裸にひん剥くと横向きに寝転がり両腕で小さいオッパイ隠し両手でオメコ押さえてカラダ丸める嫁

俺も全裸になり覆い被さると観念したのかキスは拒否しながらもカラダ許す嫁

愛撫してたら爆睡した嫁
観念したのではなく抵抗して暴れて酒が回りグッタリした嫁でした

とりあえずイッパツやって携帯メールチェックするとKとの初デートはとっくに終了

デート翌日意味深メール

嫁「昨日はありがとうございました。凄い甘えちゃいましたね」

K「あんなに飲んたらダメだよ」

嫁「ごめんなさい」

K「可愛かったよ」

嫁「恥ずかしいよ」

K「可愛いよ」

嫁「恥ずかしいからダメです」

と飲みすぎ酔っ払いKに凄い甘えた嫁。エッチしたかどうかは不明だが可能性大

それからKとのメールがなくなってたのであれ?と思ってたら別れたようで

K「俺のこと好きなんやろ」

K「また復活しようよ」
が最後に嫁の携帯に残ったKとのやり取りでした

その後、急にバイト辞めた嫁は暇持て余し家で飲んだくれる日々

その嫁に襲いかかると抵抗なくエッチはOK

俺「お前何て仕事辞めたんや?」

で例の年下君と同僚ののチンポ舐めたこと暴露でエッチの度、浮気追求

俺「お前バイト行ってた期間、誰かとエッチしたやろ?怒らんから言って」

嫁「外で飲んたらチョッカイ出してくる男多いわ。浮気はしてないよ~キスは一緒に飲んだ男とはほとんどしたけど。」

俺「エッチ寸前は?オッパイ舐めさしたとか?オメコ触られたとかは?」

嫁「ないよ」

俺「言えや。お前みたいな女の子抱くモノ好きおるか聞きたいから」

と挑発しても

嫁「アホかぁ私は外出たらまだまだイケ飛んやからなぁ」

と酒席での下ネタ話しや口説かれた話しやキス フェラまでは話すもののKの事は存在すら口閉ざした嫁でした

嫁がバイト行った数ヶ月間
知っている範囲内ですが
食事 飲みに誘った男達多数
飲ませて唇 奪った男多数
酔わせてセクハラ多数
チンポ舐めさした男2人
カラダ許したであろう男1人

色んな男達にチヤホヤ誘われタダ酒など楽しんだ女(嫁)1人
刺激を楽しんだ寝取られ男(俺)1人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 826記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。