エッチ体験談が11,000話を突破しました。

電車で視姦オナニーしてたらオカズの女の子達に観察された

PR

今日は電車の中で視姦した。
どの車両もがらがらでぼくの前に聖徳女子短大の子が2人座っていた。
二人とも黒いミニのタイトだった。

ちょっと茶髪だけど全体的には、お嬢さんって感じの子達。

日暮里を過ぎた頃から、ぼくがじと~っと、
右側(新山千春に似てる)の子の股を凝視してるのに気づかれた。

「やだ~、前の人、エリカのあそこずっと見てるよ~」
と左側の子がエリカという子に囁く。

「やっぱ?あたしもずっとさっきから気になってたんだけど」
「やだ、はぁはぁ言ってる~(笑)」
彼女らは興味津々って感じでぼくを見てる。

たまらなくなり、ぼくはちょっときついが、
ズボンの前ポケットに左手を入れて中でしごき始めた。

「やだ~、やばくない?ちょっと、向こう行こうよ~」とか
エリカという子が言い出した。

しかし左側の子は
「え、もうちょっといいじゃん、見てようよ。」と言った。

エリカって言う子が無茶苦茶かわいい。
二人とも手のひらであそこを隠しながら、一方でぼくのオナニーを見ていた。

「ね、ね、いっちゃいそう?出ちゃいそう?」と左側の子が聞いてきた。

ぼくはうなずくのが精一杯。
「ね、いくとこ見せて(笑)」またもぼくはうなずく。

左側の子は左右を見ながら
「早く、早く、今なら誰も見てないし、早く」と急かした。

ぼくはオチンチンをジッパーをおろして出し、週刊誌で隠しながらしごいた。

ぼくのオチンチンを見て二人ともまた笑った。
「うわっ、出してる、出してる(笑)」
もうすでに二人のパンツは見えてないが、もうどうでもよかった。

美人に見られてオナニーするのって気持ちよすぎ。
びゅっと射精してしまった。

その後、前の二人は爆笑、ぼくは急に恥ずかしくなって、北千住で降りて、
北千住のボックスヒルのトイレでまた抜いた。

あ~、あのパンスト越しのパンツが目に焼き付いているよ。

2+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR