エッチ体験談が10000話を突破しました。

知らない街で…

夏美さんから投稿頂いた「知らない街で…」。

ある日の土曜日の夕方
兄がデートの迎えに来てくれた。
実家なのに、堂々と迎えに来れないから離れたとこに車を泊めて連絡してきた。
私は、友達と遊びに行くふりをして家を出る。

早く会いたい
自然に小走りになる
ハザードをつけて停車している車に飛び乗った。

目の前にいる愛しい人を見ると、我慢ができない。
キスをせがむと
「ここは無理だろ」
と、咎められた。

兄と隣の市までドライブした。
ここまで来たら、知り合いに合う確率は減るかな?
リスクは0ではないけど…
念の為、必要以上にベタベタしない
寂しいけど、バレる事の方が怖い
食事をしてからホテルに籠もった

部屋に入ると兄はすぐワンピースのボタンに手をかける
「正孝…」
「この服似合ってるよ」
「カワイイ?」
「うん、ムラムラした」
少年のように笑う兄は、名前で呼ばれる事に抵抗がなくなったらしい。
むしろ、名前で呼び合う方が胸の奥のチクチクが和らぐ。

「あとでちゃんとするから、一回出したい」
兄のは、もう硬くなっていた。
ワンピースは脱がず下着だけ脱いだ。
「バックで」
兄に言われ四つん這いになるとワンピースを捲られお尻を出された。

お尻を撫で回し、ワレメをクチュクチュと触った。
「もう濡れてる」
私は、会った時から少し濡れだしていた。
「入れるよ」
ググッと抵抗があり、兄が押し入ってきた
「正孝…ちょっと痛いかも…」
「痛い?」
少し腰を引いて、浅いとこでピストンを繰り返した。
だんだん気持ちよくなってきて、アソコはグチュグチュと卑猥な音を立て始めた。

「気持ちよくなってきた」
私がそう言うと、兄は奥まで突いてきた
枕に顔をうずめ、奥の強烈な快感に理性が飛ぶ
好きとか名前を呼びたいのに
あぁ、あー、あぁーとだらしない声しか出せない

この時間が終わらなければいいと何度も思った
苦しくなって、手をついて体を起こした
兄のピストンが止まり、腰のポジションを直される
お尻を突出すように言われ、兄はピストンを再開した。

突出したお尻を兄は軽く叩いた
「それ、好きじゃない」
兄には優しくして欲しい

再び奥を攻められ私は成すすべもなく
布団を掴みながら、ひたすら声を出して快感にふける。
もう無理…
頭の中がぐちゃぐちゃになり、イク事だけに頭がいっぱいになる

「イキそう!」
「イケ!」
頭を振りながら、押し寄せる快感に体が弾けた。

ヘナヘナと腰の力が抜けて、うつ伏せになった。
「夏美イッた?」
コクコクと首だけ頷いた。
「中締まってる。俺もイッていい?」
「うん、正孝もイッて」
寝バックで私のお尻の肉を掴みながら、兄は動き出した。
「イクよ?」
「うん」
「あー夏美、夏美」
私の名前を呼びながら、腰を早める兄
「出すよ」
兄の声が上ずり、温かい精液がお尻にかけられた。

「ちょっと待って」
私が動く前に体についた精液をテッシュで拭いてくれた。
「スカートにちょっと飛んだかも」
「えーさいてー」
「ごめんて」

拭き終わったあと、ベットに横になった兄にキスをした。
「正孝~」
「なに?」
「正孝~」
「なんだよ」
照れ笑いをする兄とじゃれついた。
「好き」
兄は、ポンポンと頭を叩いた。
「俺も好きだよ」
「嘘つきー」
私は立ち上がり、ワンピースについた精液を洗うためワンピースを脱いだ。

「もうちょっと待って」
「違うもん!ワンピース洗うの」
洗面所に行き、場所を確認して摘んで洗った
「帰るまでに乾くかな?」
「泊まるかー?」
「お金大丈夫?」
「大丈夫だよ」
「じゃ、泊まる」
兄はフロントに泊まりに変更の電話をした。

「まだいっぱいできるね」
「スケベ」
兄は、またからかうように笑った

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!