エッチ体験談が11,000話を突破しました。

元カノに目隠しプレイさせて友人の前でセックス

PR

きりきりんさんから投稿頂いた「」。

あれから俺は帰る時にDが連絡先教えてと言われたので携帯のアドレスを教えた。
思わず咲希とキスや少し愛撫をまさかCの部屋でやってしまった俺たちだけど、少なくても俺は久しぶりに咲希に気持ちが良かった。

Dにアドレスを教えたせいか、エッチ本当にしたの?とか咲希かわいいとか咲希を忘れられないとか咲希にまた会いたいそんなようなメールが入ってきた。
DはCよりも咲希のことを気になってるんだろうなと思い、確かに咲希は顔も小さいし、童顔だし背もやや低い方だからかわいいと思う。
だから俺も昔は付き合いたいと思ったから。
でも今となれば過去の女。たまにヤれたらヤりたい。
一日一回はDからメールが入ってきた。俺が携帯を変えるまで、咲希のことばかり。

仕方がないから昔に撮った咲希の写真があったから、携帯で添付して送るとDはすごく嬉しそうなメールをしてきた。
そんな写真を送ったせいで、他にもちょうだいだとか、裸の写真があれば欲しいとか色々言われた。
さすがに裸の写真はなかったが、水着の写真はあったから送ると、それを見て寝てますとか、間違いなくオナッているんだろうなと想像してしまった。
それからある夏の日に俺は咲希のアパートの扉がはずれたから助けて欲しいと言われたので、アパートへ行った。
俺はあっさりと扉を直してあげた時、咲希がその付き合ってる男から電話があった。

咲希が「ごめん。彼氏から電話があったからもしよかったらここにいてもいいから、待っててくれる?」と何か妙に使われてるのか、腹が少し立った。
俺はぼんやりと一人で佇んでいる時、Dにメールが入ってきたついでに、俺は今、一人で咲希のアパートにいますとすると、Dが僕も行きたいと言われ、住所を教えても辿り着かないと思っていたが、タクシーを使って40分ぐらいかけて本当に来たのだった。

一方、咲希は帰ってこなくDまで来るとは思ってないが、部屋に勝手に入れるとDが「咲希ちゃんの部屋に入れるなんて、ドキドキする」と言ってた時、咲希からメールが入ってきて、まだ帰れないから外にある服を片付けてくれたら嬉しいなとさすがに俺もむしゃくしゃしてきて、シャツや靴下を片付けるとDが「うわー咲希ちゃんの着てる服だ」と匂いを嗅いだりしてた。俺は苛立ちしかなく、洗濯物をタンスの引き出しを開けると、ブラジャーやパンツがあった。
俺はむしゃくしゃしてたことで、Dにブラジャーを見せるとDは「咲希ちゃんのおっぱいのだ」とすぐ手にとって匂いを嗅いだり、体にあてたりしてDの一つ一つが少し気持ちが悪かった。

Dがそれを見ながら股関をズボンの上から触ったり、Dにとってはかなりの刺激があったようだった。
俺はなかなか帰ってこない咲希に苛立ちばかりだったから、咲希に帰ったらSMプレイをしてやると変なことを考えてきて、俺は辺りを確認すると縄跳びがあったから、それで手を縛ってやろうと思った。
咲希がようやく帰ってきた気配がした為に、Dが来てると思ってないから、ベランダにの外にいるように言った。
咲希は「ごめんね。なかなか彼氏が帰らせてくれなくて」と言った。
咲希に俺は「俺は利用してるのかよ!」と言うと、「ごめん。違うよ」と俺の頬にキスをしてきた。
俺は少し強引に口にキスをした。

「咲希、俺は咲希を少しいじめてやる」と言い、手を上にして先ほど見つけた縄跳びで手を縛ると咲希は「何するの?!」と言い、俺は「SMプレイだよ」と言うと、咲希は「変わったね。でも私を苛めていいよ」と承諾をしてくれた。
手を縛ったあと、アイマスクがあるからと咲希に言われたので寝室のタンスを開けると、ベランダからDの姿が見えた。俺はすっかり忘れていた。
俺は静かに窓を開け、「今から咲希を目隠しをするから、その間に静かに物音を立てずに帰りな」と小声で言った。
Dが「何で目を隠すの?」と聞いてきたので、「そんなこといいから、俺が合図したらその時に帰りな」と言った。
咲希が「まだ?」と言ったので部屋に戻ると、咲希はブラジャーとパンツ1枚になっていた。
咲希が「遅かったね。縄緩かったから、すぐはずれたから、もう少し強く縛って」と言われた。

俺はまた手をさっきより強く縛り、アイマスクを咲希にしてあげた。
俺は咲希に「お互いに喉が乾いてもいいように水を持ってくるから待ってて」と言い、Dに「手で合図をするから、その間に帰って」と言った。
俺は咲希に口や頬にキスしたり、頬や首筋を舐めたりしてる間、俺はDに合図を送った。
Dは忍び足でその部屋を出ようとした時、Dが立ち止まってしまった。
俺は手で早く帰るようにジェスチャーをしたが、その光景に驚いたのか、唾を飲んでDは咲希をじっと見ていた。
咲希に頬や首筋ばかりにキスや舐めてたので、「早く体にもして」と言って、鎖骨や脇をキスをした。Dは帰ろうとせずにじっと見ていた。
見たいのか?と目と手の仕草を伝えるとDは頷いた。

俺はもう彼女でないせいか、気にしなく咲希のブラジャーのホックをはずし、咲希の胸を出した。俺は咲希の乳首を後ろから摘まんだり、舐めたり、噛んだりしてあげた。
そしてお腹周りを舐めたあと、パンツを脱がし、指を入れるとかなりまた濡れていた。
咲希は準備体制が整ってる。
俺は咲希のアソコを舌を尖らせて舐めると、かなり感じてた。
するとDが自分のアソコを出して、オナリ始めた。
咲希の体を間近で見ながらオナッテいた。
俺も出して、咲希のアソコに入れてピストンをした。
Dは早く出たのはいいが、フローリングにDの精子がこぼれていた。

最後にDは携帯のカメラで写真を撮ろうとしたので、俺は×と手で合図を送り、今のうち帰れと手で送った。
ようやくDは帰ったが、俺はついつい中だしをしてしまった。
咲希に「出しちゃったの?」と言った。俺は「ごめん。つい中に入れてしまった」と急いで精子を咲希から出してもらったが、妊娠したらと不安になってしまった。
それから家に帰った俺だが、咲希に生理きた?と何回も聞く一方、Dからは能天気に「咲希ちゃんのおっぱい触りたい」とか「咲希ちゃんのおっぱい良かった」とか「咲希ちゃんのアソコの毛ふさふさ」とか「咲希ちゃんとエッチしたい」と入ってきた。
それから幸い生理がきたことで妊娠は逃れたが、咲希に初めて中だしは別れてからヤッたことだった。
それから咲希はその付き合ってる彼氏と体の関係が出来なくなったみたいで、少ししてから別れたと俺に言ってきました。

でも俺は咲希の体のフィーリングは良かったと今でも思います。

おわり

8+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR