23歳の処女と

PR

アキラさんから投稿頂いた「23歳の処女と」。

俺が30歳でナナが23歳。
話の発端はそれまで付き合ってた彼女と別れて、暇を持て余すようになったこと。
ナナとは当時下火になりつつあった某SNSで知り合ってもう5年くらいたっていた。

それまではずっと普通のやり取りをしてたんだけど、彼女と別れて性欲を持て余すようになった俺は、メッセージ機能でナナにエッチなちょっかいを出すことにした。

ナナはアニメ好きで自分のコス画像を定期的にアップしていたので、それを褒めるところから始めて徐々に顔や体を褒めていった。
会ったこともない7歳も年上の男にいきなり褒められるようになってナナも警戒していたが、Hな話も少しづつ乗ってくるようになった。
そこでナナが、ある日まだ処女でフェラしかしたことないと告白してきた。
前の彼氏とはホテルまで行ったが直前で怖くなって口と手で抜いて許して貰ったらしい。
なのでsexのことを自分に都合がいいようにメッセで教えこんだ。

初めては好きな人とするのもいいけど、初エッチは経験豊富な人とするのがいいよ……とか。
経験が浅い男は自分が気持ちよくなるばっかりで、愛撫もしてくれないよ……とか。
あわよくば初エッチを俺にお願いしてくんねーかなーという期待を込めて。
そんで、俺の噛み癖のことなんかを話して、今度もし会うことがあったらナナの首筋噛ませてよ、とか話してたらナナも『噛まれるのとか興奮するかも』なんて言い出したので思い切って遊びに誘ってみた。

ナナからは即OKを貰ったので、俺がナナの地元まで遊びに行くことに。
コス画像を上げてたので顔は分かってたけど、実際にどんなコが来るか緊張したけど、駅前の待ち合わせ場所に現れたナナは小柄な眼鏡っ娘でロリっぽさがあって可愛かった。
スカートじゃなかったことだけは残念だけど、夏場だったんで薄着で『やっと会えましたね』って笑った顔を見た瞬間に『絶対にエッチまで持ち込んでやる』って決意した。

デートプランは相手の地元で土地勘も無いので、取り敢えずゆっくり話そうかってなってカラオケへ。
最初は歌も歌わずに普通ににお喋りしてたんだけど、ナナはガチガチに緊張してうつむいたまま変な距離感になっていた。
このままじゃ時間だけ過ぎちゃうなと思い前の彼氏の事を改めて聞いてエッチな雰囲気に持っていくことにしてみた。

俺『前の彼氏ってどんな人?』
ナナ『コスのイベント会場で知り合って……33歳で10以上離れてたけど、優しかったですよ』

もしかしてオジサン好きなのか。
だったら俺にもチャンスがあるかも。

俺『エッチはしなかったんだよね?』
ナナ『ホテルまで行ったけど、おっきくなったのを見たら怖くなって……だからフェラだけ教えて貰って……最後は胸にかけられちゃったけど……前彼としたのはその1回だけです……』

話しながら俺は飲み物を取るふりなんかしながらちょっとずつナナに近づいた。
近づく度にナナが俯いてくんで、隣に密着する頃にはナナの首筋を見下ろす形になった。
俺『約束覚えてる?』って首筋を指先でなぞったら、ナナは黙って首を傾けた。
ナナからお許しが出たので俺はナナを後ろから抱き締めると心置きなく首筋に噛み付いた。

しばらく首筋を噛んだり舐めたりしてたけど、ナナは何も言わずに手をギュッと握っていた。ちょっとずつ緊張がほぐれてきたのか、体の力を抜けて俺の膝に頭を乗せてきた。
黙って頬にキスしてみたが、何も言わない。
舌で耳を舐めたが顔を真っ赤にして何も言わない。

俺『嫌がらないとキスしちゃうよ』
ナナ『嫌じゃないです』

目を強く瞑って震えるような声で応えたナナにキスをした。
唇にも力が入っているせいで柔らかさはなかったけど……

ナナ『ファーストキスなんです』
ナナが小さな声で呟いた。
ファーストキスよりも先にファーストフェラが先だったのかよ……
ナナの体の力が完全に抜けたので今度は首元から胸に手を入れて乳首を弄ってみた。

ナナ『おっぱい触られるのも初めてです』
俺『他人に触られるのってどう?』
ナナ『自分で触るのと全然違います……』

という事は自分でもけっこうさわってるのか。
ナナの胸はあまり大きくなかったけど、初めて男に弄ばれる乳首を親指と中指で挟んで、人差し指で小刻みに弾いてやると『あ……』って声が盛れた。
カラオケルームの中なので、どこにカメラがあるか分からないから、乳首は吸ったりできずに指で愛撫し続ける。
キスも舌を入れられるのは初めてだから、舌の動かし方がぎこちなく、乳首をつまむたびに舌が跳ね上がるのが可愛かった。

俺『気持ちいい』
ナナ『……まだよく分かりません』

ナナは真っ赤な顔で答えたが、さっき声を漏らしたことから気持ちよさはは感じてるはず。
もうちょっとだけ冒険したくなり、俺はナナの下に手を伸ばすことにした。
スカートとかではなったから、ジーンズのジッパーだけ開けて片手を滑り込ませる。
下着の上からクリの当たりを強く押すと腰をくねらせ始める。

指先に湿りを感じ始めたので、そのまま下着の中に手を入れるとナナは足をピッタリ閉じて抵抗したけど、中は指先がビッショリになるほど濡れてて、指にアンダーヘアと愛液がべったり絡み付いてきてた。
俺は人差し指だけをピッタリ閉じた足の間に強引に割り込ませた。

いくらナナが力を込めてもヌルヌルになったナナのアソコはスルッと指を受け入れた。
しばらくクリトリスを指で突ついたり、、転がしてたりした後に割れ目まで指を伸ばしたら、愛液のお陰で指がスルッと割れ目に飲み込まれた。
ズボンを降ろさずにジッパーから手を突っ込んでたから、穴に指入れまではできなかったけど、割れ目を指でこすってたらナナの腰が大きく動き始めた。

俺『オナニーとかするの?』
ナナ『…………』
俺『ナナ、教えて欲しいな。オナニーとかするの?』
ナナ『……たまに』
俺『どんな風にするか教えて』
ナナ『……クリとか……乳首とか……』
俺『指は入れたりするの?』
ナナ『……たまに』

ナナは恥ずかしそうにしながらも一生懸命答えてくれた。
クリをさらに激しく刺激してあげたら、もうパンツははいてらんないほど濡ちゃったみたい。
初めて男に触られたのがベッドとかじゃなくて外だったから、ナナはかなり緊張してたみたいで、愛撫ではイカせてあげられなかった。
俺もカラオケルームは思い切ったことができず、落ち着かなかったからナナに『出ようか』って言って外へ連れ出した。

行き先は指示しなかったけど、事前にこっそりリサーチしておいた駅裏のホテル街に手を引っ張っていくと観念したみたく黙って着いてきた。
指を入れられた事で違和感があったのか、ナナは信号待ちの間、終始膝を擦り合わせてモジモジしていた。

俺『痛かった?』
ナナ『痛くはないけどまだ触られてるような感じがして……』

触られなれてないからだろう。
適当に選んだ部屋に入ってすぐ、ナナをベッドに押し倒した。
ナナの下だけ剥ぎ取って股を開かせるとナナは抵抗しなかったが、両手で顔を覆ってしまった。

俺『恥ずかしい?』
ナナ『すごく……』

恥ずかしいに決まってる。
ナナの割れ目を指で押し広げるとニチャっといやらしい音がした。
ナナも自分の愛液の音が聞こえたようで、開きかけていた穴がキュッとすぼまった。
俺はゆっくりナナの中に指を入れた。

指入れのオナニーをしていることはさっき聞いていたので、指を根元まで入れて中を掻き回してみた。
指を動かす度に愛液が溢れ出し、俺の手のひらはナナの愛液塗れになってしまっ。
そこで1回シャワーを浴びさせたんだけど、迷ってるのか、念入りに体を洗ってるのかなかなかシャワーから帰ってこなかった。

こっそり様子を見に行くとバスルームの前にきちんと服を畳んで置いてあったのでコレは没収。
タオルも中に持ち込んでいなかったようなので、ハンドタオルだけを残してこちらも全て没収。
俺『終わったらすぐに来てねー』
ナナ『はーい』

やがてバスルームのドアの開く音がしたが、ナナはなかなか帰ってこない。

俺『ナナ、早くね』
ナナ『…………』

服を隠されてハンドタオル1枚でどう帰ってくるか。
期待しながら待ってるとナナは片手で胸を
もう反対側の手で下を隠しながら出てきた。

ナナ『服もタオルも無かったんですけど……』
俺『ハンドタオルあったでしょ?』
ナナ『あんなので隠せるわけないじゃないですか!!』

ごめんごめんと謝って俺も手早くシャワーを浴びる。
部屋に戻るとナナはホテル備え付けのローブローをきて待っていた。

俺『なんだ着ちゃったんだ』
ナナ『当たり前ですよ!』
俺『どうせ脱ぐのに』
ナナ『……もー』

帰ってきてからは攻守を交代してフェラをして貰うことにした。
フェラだけは経験があるせいか、ナナは躊躇わず俺の亀頭を口に含んだ。
それでも経験が浅いせいか、歯が当たって少し痛い。
俺好みのフェラをしてもらうために、色々教えながらのプレイ。
舌先でカリをなぞらせたり、口に含んだままペニスを舌でぐるっと愛撫させたり。

喉フェラだけは何度もえずいて苦しそうだったけど、涙目で唇の端から涎を垂らす姿にとても興奮した。
このまま口に出すのももったいないのでフェラはやめてもらって、ナナをベッドに横たえる。
バスローブの合わせの紐をわざとゆっくり解いてナナを裸にしていく。
足を閉じられないように、股の間に俺の膝を入れてナナに覆いかぶさった。

俺『エッチしちゃうけどいい?』
ナナ『いまさらそれ聞きます?笑』

俺は乳首・クリ・アナルに丁寧な愛撫を繰り返す。
この頃になってようやく、ナナから喘ぎ声が出始めた。

ナナ『……んっんっ……あっ、あん』

穴に指を入れているところをスマホのフラッシュ付きで撮影すると、無関心を装いつつもシャッターを切る度に穴が締まって指を締め付けてくる。
愛液がアナルまで垂れているのを確認してから最初は正常位で挿入へ。
もちろんゴムをつけてからだけど、あれだけ濡らして指でほぐしたのに狭すぎて入らない。
ナギも痛みに黙って耐えてくれているけど、どう頑張っても処女穴にゴムの摩擦が抵抗して入っていかない。
ゴムの潤滑油も乾いて使い物にならなくなり、フロントに追加で1個持ってきて貰ったが、ゴム付きじゃ入りそうにない。

しばらく悪戦苦闘するうちにナナもリラックスして笑顔を見せるようになってきてきたけど、リラックスし過ぎて愛液が乾いてしまわないうちに、こっそり生ハメすることにした。
ナナの割れ目とアンダーヘアにはまだたっぷり愛液が絡み付いていたので、自分のペニスを擦り付けて愛液を纏わせる。
そのまま腰を突き出すと『ブヂュ』っと音がしてゴムの摩擦がなくなったペニスがナナの処女穴を貫通。
痛みか快感かは分からないナナの叫びを聞きながら、奥までペニスを突き刺した。

ゴリゴリとした硬い膣の感触。
ナナが処女なのは確かだが、オナニーを普段からしてたせいか血は出ていないようだった。

俺『ほんとはどれくらい指入れでオナニーしてたの?』
ナナ『……週に1回くらい』
俺『ほんとは?』
ナナ『…………2~3日に1回くらいです』

多分それも嘘だろうけど、可愛かったので許す。
ゴムを外したことにナナは気付いてなかったので、そのままゆっくりピストン。
出し入れする度にナナが声を漏らし、声がだんだん大きくなる。
何度かピストンした後に体位を変えるフリをしてゴムを再度装着。

流石に中に出すのはマズイと思ったしね。
ナナをうつ伏せに寝かしたまま寝バックで後ろから犯す。
貫通したばかりで快感なんてほとんど無いだろうに、俺の射精を文句を言わずに待っている。
いくら指入れオナニーをしてても、女の子の指が男の物より太いわけがないからね。
1度突くたびナナにも摩擦と衝撃が痛みになってダイレクトに伝わっている。
長引かせるのは可哀想になって、ラストスパートから一気に射精。

ゴム越しだが、ナナの中で自分のペニスがドクドクと精液を吐き出しているのが分かった。
長めの射精が終わって奥からペニスを引き抜くと『うーっ』という呻き声がナギから漏れる。
後で聞いたら痛みは勿論あったけど、最初からsexの気持ちよさがあったらしい。
アソコを抑えてベッドで丸くなってるナナの背中をなぞりながらディープキス。
口の端からヨダレを垂らし、涙を流しながらもナナは『嬉しかったです』と笑った。

俺『ナナが大事に守ってきた処女を俺にくれて嬉しかったよ。よかったら付き合わないか?
それとも7歳上だと歳上すぎて嫌かな?』
ナナ『そんなことないです。優しくしてもらってあんまり痛くなかったし……こちらこそお願いします』

こうして俺とナナは付き合い始めた。

2度目のエッチはそれから5日後。
今度はナナが俺の地元に来た。
軽く街中を案内したけど、エッチがしたくてたまらなかった俺たちはすぐにホテルへ。
ナナは一緒にシャワーを浴びるのを嫌がったけど強引に連れ込んで体を洗いあったり、ナナを壁際に立たせて後ろから素股をして遊んだりした。
ベッドに戻ると俺はナナを四つん這いにさせてお尻を突き上げさせた。

ナナ『さすがにコレは恥ずかしいかも……』
シャワーの間に刺激されまくったナナのアソコはぱっくり開いてクリをつつく度にいやらしく動いていた。
俺はナナに『ちょっと頑張ろうか』と声をかけると、愛液で指を濡らしてナナのアナルに指を第一関節まで入れた。

ナナ『お尻はダメっ!』
ナナはすぐに逃げようとしたが、俺は下半身を押さえつけて指を動かした。

ナナ『あっあっあっあっ、んっんっんっん
痛い痛い!痛いよ!』

さすがにふざけ過ぎたせいか、ナナは泣きながらおしっこを少し漏らしてしまった。
お尻を犯された痛みと恥ずかしさでナナはうつ伏せのまま少し泣いていたが、アナルから指を抜いて丁寧にアナル舐めをしてあげると、次第に泣き止んでいった。

ナナ『お尻だけは絶対にダメです』

ナナは振り返って怒っていたが、クリが痛々しいくらいに硬く勃起していた。
アンダーヘアを掻き分けて、クリの皮を優しく剥いてあげる。
四つん這いにしてクリから穴
穴からアナルを丁寧に舐め上げてあげるとナナも徐々に機嫌を持ち直していき、股の間は愛液と俺の唾液でびしょ濡れになった。
俺はナナを仰向けにして覆いかぶさり、ペニスを穴にあてがった。

俺『今日は安全日?』
ナナ『分かりませんけど……多分大丈夫……かな?』

多少不安はあったけど俺はそのまま腰を突き出して挿入。
2度目とはいえまだ硬いナナの膣壁を押しのけて俺のペニスが奥まで突き刺さった。

ナナ『まだ2回目なのにゴム無しなんですね』
俺『ナナの事が好きだからするんだよ』
ナナは困惑してたけど、ホントは一回目から生ハメしてたんだよね。
俺は体起こして親指でナナのクリを愛撫しながら腰を動かす。
ナナは身体中に力を入れながらも腰をくねらせる。
穴が硬くて狭いため、突くたびにぐちょぐちょと派手な音が鳴る。
かなり射精を我慢したが、締め付けてくる快感に痺れて我慢できなくなる。

俺『ねぇナナ。お願いがあるんだけど』
ナナ『あ、あ、なんですか、あ、あん』
俺『このままナナの中に出したい』
ナナ『……中は……』
俺『お願い、責任は取るから』
ナナ『……んっ、んっ』

腰を動かしながらお願いを繰り返す。
俺のいつもの常套手段。
女の子は気持ちよくなるとガードが下がるからね。
挿入とクリへの愛撫を丁寧に続けながらお願いする。

ナナ『中には……』

ナナはそう言ったきり、あえぎ声しか出せなくなったので俺は勝手に中だしすることにして腰を激しく動かす。

俺『ナナ!いくよ』
ナナ『んーーっ!!』

自分でも信じられないくらいドクドクと何度も射精した。
ゆっくり引き抜くとナナはまた『うーっ』と呻き声を漏らしてぐったりと放心してしまった。
ナナの中からはドロっとした精液が溢れ出してお尻の方に垂れていった。
ティッシュで丁寧に拭いてあげるとナナは
『中に出されるってこんな感じなんですね』と呟いた。
ハァハァ息を切らしたままぐったり横たわっているナナの乳首や首筋を何度も噛むと、その度にナナの体はビクビクと跳ね上がっていた。
俺のペニスもすぐに硬さを取り戻したので、すぐに挿入。
もちろんゴムはつけずに入れたが、ナナはもう何も言わなかった。
乳首に歯をたてながらナナを犯していると、ナナが

『イクイクっ』

と言って強く抱きついてきた。
1度目は俺が先にいったので今度はなをイカせるため緩急を付けながら腰を動かす。
最後に腰を一気に押し出すと、ナナは『あぁっ!』と叫んで体を震わせた。
オナニーで開発してただけあって、3度目の本番でナナはイク事を覚えた。
俺はまだ2度目のフィニッシュをしていないので、腰を動かしていたが

ナナ『少しだけ待って!』

いったばかりの体が敏感になり過ぎていて苦しいようだったので、腰を止めると股間に暖かい感触。
又少し漏らしてしまったらしい。

俺『また漏らしちゃった?』
ナナ『恥ずかしい恥ずかしい、ホントに恥ずかしいから言わないで』

ナナのお漏らしと仕草に興奮してすぐにいきそうになったので、今度は顔にペニスを突きつけてどうするかはナナに任せると、射精を顔では受けずにパックリくわえてきた。
俺も我慢出来なくなっていたから、口の中に向けて大量の精液を出した。今度もドクドクと1回の発射では終わらずに何度も何度も精液を吐き出した。
射精が終わって、ナナの口からペニスを引き抜く。
ホントは喉フェラから、喉奥に直接射精して、強制的に飲ませるのが好きだが、前カレの時も口でしただけで、ゴックンはまだ無理だと思ってティッシュを渡してあげた。
だけどナナは口の中に溜めずに、発射のタイチングに合わせてごくごく飲んだらしい。
初めてのゴックンであの量を飲めるならまだまだ教えがいがあるなと感じた。

それなら俺とナナは何度か会ってデートよりもエッチばかりしていた。
ナナが生理の時は口でしてもらっていたし、危険日じゃなければゴムは付けずにいつも中にだしていた。
だけど些細な喧嘩を最後にナナとは会わなくなってしまった。
処女喪失からエッチが好きになれたナナ。
今でもたまに会いたくなります。

9+

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2480記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。