エッチ体験談が10000話を突破しました。

夏休みの終わりに

海岸線のオトコさんから投稿頂いた「夏休みの終わりに」。

僕は小6でした。
そのころ僕の父は防災関係に、母は病院につとめていたので、夏休み時期にはかえって忙しく、家族で過ごすこと時間は少なかったんです。

とはいえ僕は不満などなく、夏休みになるとひとり自転車で一時間ほど走り、城趾公園や図書館 科学館とかに行って遊んでいました。

特に毎日通っていたのは『港』でした。島への連絡船が発着する港なのですが、待合室 食堂 売店がそろった立派な「センター」があるのです。

僕は冷房のきいた待合室で、夏休みの宿題をしたりしてました。夏休みになると 島へ遊びに行くたくさんの家族たちが集まるので、僕が まぎれていても目立たなかったのです。

そして、売店の本売り場…… 小さな本売り場なのに、普通の書店にない 過激なエッチな本がたくさんあったのです。

買うことは出来ないけど まわりのオトナに隠れながら立ち読みして、本のヌード写真を目に焼きつけて、家に帰ってから「思い出しオナニー」にふけるのでした。

時おり「センター」のまわりなどに、エッチな本が隠してあるのを見つけることがありました。
それを持って帰って、じかにヌード写真を見ながらするオナニーは最高でした。

   ━━━

8月が半ばを過ぎたころ、待合室の人はずいぶん少なくなって、エッチな本の立ち読みも難しくなりました。

きょうはそろそろ帰ろうかな、と おトイレの個室に入った時です。
天井を見た僕は 変な違和感にとらわれました。

個室の上の方にある、電気設備のものらしいボックスから何か「照り返し」が出ているのです。
(上に何か乗っかってるんだな……)僕はカバンからじょうぎを出して、ボックスの上をさぐってみました。

カタン!

ボックスの上から銀色の小袋が落ちてきました。(何かあるな)と思った僕は、それをカバンに入れておトイレの個室を出ました。

自転車を走らせて、港から離れた小さな公園に着くと、僕は小袋を開いてみました。
(あっ……)

それは6枚のインスタント写真でした。
男の人と、女の人とが並んでうつしたヌードが写っていました。
全部、首から下を写していました。

2枚は、男の人が右に 女の人が左に立って、ヌードで手をつないでいました。
(すごいや…… おチンチンもおマンコも隠してないや……)

3枚は、男の人が真ん中に立って、両側に立った二人の女の人が、男の人の固く上を向いたおチンチンをつかんでいました。
その1枚には、下の白い所に「keiko」「mina」とサインがしてありました。

最後の1枚は、男の人と女の人が両側から小さなヌードの女の子を抱き上げているのです。
そして、女の人の片手が女の子の「ワレメ」を指で広げているのです。

(これ、どういうこと?女の子と女の人は親子なの?姉妹なの?)

その写真が一番僕を興奮させました。
公園の片隅だってことも忘れて、ズボンの中に手を突っ込んで 写真を見ながらオナニーをしてしまっていました。

  ━━━

夏休みが終わる3日前、僕は港から出る連絡船を眺めていました。

あのあと、僕は何度あの6枚の写真でオナニーしたか知れません。
6枚の写真にうつる男の人はみんな同じおチンチンの形でしたが、女の人は(小さな子はもちろん)みんな違うひとでした。

(あんなひとがいるんだ…… あんなに自由に、女の人をヌードにして、写真撮ったりできるような人が。)

僕は海の向こうに見えなくなる連絡船を見送りながら、考えてました。

(来年、中学生になったら 夏休みにあの船に乗って島に行ってみようかな。
あんな写真、撮れるチャンスがあるかもな。でも……)

僕は、あの6枚の写真を心の中で見つめなおしていました。

(僕ひとりだけじゃダメだよな。
あの写真、撮影したのは 絶対別のもう一人の人だもんな。)

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!