エッチ体験談が11,000話を突破しました。

電車の中で

PR

ひろさんから投稿頂いた「電車の中で」。

痴漢を経験したことはありますか??
私は今後の人生を棒に振りたくないので、絶対に痴漢はするまいと心に決めています。
そんな私ですが、つい先日電車内で女性に触られることに興奮した変態です笑
そのときの体験談をちょっぴり小説チックでお話したいと思います。

雨が降り続くある日のこと。
靴が濡れるほどの大雨に嫌気がさしていた私は、いつもより重くなった足を電車の中に踏み入れた。電車の中は、人と人の間にいくらか隙間はあるものの、動けば隣の人とぶつかってしまうような状態だった。

当然のことと思う人もいるかと思うが、背負ったリュックを前に抱えるのは、電車に乗るときのマナーである。しかし、人が少ない田舎の場合、リュックを前に抱える人の方が少ない。そんな田舎でリュックを前に抱えた少数派の私は、痴漢と間違われないようにリュックの上に両手を置いた。

迂闊にポケットにあるスマホを取り出すことのできない私は、電車の窓から見える暗い景色を眺めていた。すると、電車が大きく揺れた。そのとき、私のおしりは揺れに耐えるよう踏ん張り、力が入った。

そんなおしりにやわらかい手が触れた。バランスを崩し、おしりに手が触れてしまうことは、単なる偶然だと思い、それほど気にはしていなかった。数秒してから、すぐ後ろで女性の声が聞こえてきた。後ろにいるのは女性らしいということが分かった。

しばらくすると、電車の揺れはないが、繰り返しおしりにあたたかい感触を感じた。ピトッと触れる手の感触に最初は戸惑いを隠せなかった。しかし、次第に戸惑いよりドキドキによる胸の高鳴りが私の心を大きく占領する。そしていつの間にか、次に触れられるのはまだかと待ってしまっていた。結局、大胆に触れられることはないまま、その時間が終わりを迎えた。

ここまで10分に満たないできごとであったが、私の感じたドキドキは胸を満たした。私より手前の駅で降りたその女性に目をやると、制服を着た黒髪ロングの女子高生だった。あんな子がこんなことをするのかという驚きと次はもっと強く触ってほしいという欲求を隠せずにいるまま、電車は次の駅へと向かっていった。

3+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR