エッチ体験談が10000話を突破しました。

フィーリング

サンさんから投稿頂いた「フィーリング」。

合コンの隣の席で密かに手を握ってきたKちゃんとその場を抜け出す。池袋の街は今夜も盛り上がっている。

2人でホテルに入るとシャワーを浴びる。当たり前だが、初めて見るKちゃんの裸。色白でスラっとしている。確か合コンでは薬剤師だと言っていた。スベスベの肌に、アイラインだけ引かれたほぼノーメイクだが綺麗な顔立ち、そしてシャイ。

シャワーもそこそこにお互いの恥部を洗い合う。もちろん私のあそこはビンビンである。後ろから背中に胸を当てられ、あそこを弄られただけでイキそうになる。

「まず1発目、出しておきましょうか…。」
私の耳元でそっと囁くKちゃん。熱い吐息が耳にかかる。私のあそこは凄まじいテクニックによって射精に至る。温かいザーメンを手のひらで受け止めるKちゃん。

「もう少し、出ますよね…?」
賢者タイムにも関わらず、さらに擦られるとまだ残っていたザーメンが出切った。私の脚はガクガクしている。

背中で感じるKちゃんの胸、乳首がコリコリしている感覚、股下に滑り込む白くて長い脚。今夜の私のペニスは萎えることを知らない。

「まだ…元気そうですね…。」
そう言いながら、私の首筋を舐め、再び後ろからシコり始めるKちゃん。気持ちは良いが、さすがにそんな連続でザーメンは出ないので、私は後ろを振り返る。

「ん…。今度は交代。」
そう言うと私はKちゃんの唇を奪い、弾力ある乳房を手のひらで感じながらコリコリした乳首を弄ぶ。

「あンっ…。」
漏れる吐息。そのまま下の陰部へ移ると、既に愛液が漏れ出ている。ニュルっと指を挿れ、蠕動するマンコを?きまわす。さらに漏れ出る愛液、ヒクつくクリトリス…。

瞬く間にオーガズムに達する。乳房を口に含み、乳首を舌で弄ると弄るたびにビクンビクンと身体が反応する。Kちゃんの脚もガクガクしている。

「もう…ダめ…!!!!!!」
座り込みそうになるKちゃんを抱え上げ、ベッドにダイブ。熱い吐息でぐったり横たわるKちゃんをよそに、素早くコンドームを着け挿入。

「あっ…アっ。…。」
奥まで達し感じるKちゃん。マンコ内はまるでコントロールの効かない生き物のように蠕動し暴れている。

ピストンしようとすると、私のペニスを離すまいとするマンコ。吸い付きは抜群だ。ピストンを早めているうちに、2度目のイキに達するKちゃん。私は先ほど出したばかりなので、ザーメンはまだ溜まっておらずそのまま腰を激しく振り続ける。

「だ…、、ダメダメダメー!!…!!」
早くもまたオーガズムに達するKちゃん。身体を反わせて硬直している。私もそろそろだと思って高速でフィニッシュに向かう。先ほど出したばかりとは思えないくらいたくさん出た。コンドームの中で出したのが惜しい…。

「はぁ…。はァ、、。」
ペニスを抜き、間髪入れずにクンニ。まだ落ち着いていないKちゃんの綺麗なマンコは、新たな刺激に驚き、そしてそれを求める。こんなに良く感じる女性は珍しいかもしれない、そんなことを思いながらクリトリスを弄ぶとKちゃんの身体はビクンビクンと飛び跳ねる。

スベスベな内腿に舌を這わせ、真っさらなお尻を揉みしだく。なんて綺麗なお尻なのだろう。ヒクつくアナルを触りながら、今度はバックで挿入。コンドームなんてどうでもよい。

もう力尽き自分では動けないKちゃん。揺れる乳房、薄いブラウン色した乳首を刺激するとマンコがより締まり上がる。さらにクリトリスを刺激するとまたさらにマンコが締まり上がる。

そんなのに私も興奮が達し本日3度目の射精。了承は得ていないが中出し。ザーメンがドクドクとマンコの中に流れ出ているのを感じる。挿入したままベッドに倒れ込む2人。

「はァ。ハぁ。…。。そういえばお名前なんでしたっけ?」
今更名前を聞かれる私。

12+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!