エッチ体験談が11,000話を突破しました。

ペットとの遊び

PR

匿 名子さんから投稿頂いた「ペットとの遊び」。

はじめまして。学生をやってるものです。ここに投稿させていただくのは初になります。
さっそく本題に入ろうと思うのですが、まず私の家には2匹の犬がいます。茶色いラブラドールと黒のトイプードル。2匹とも大きめなオスです。

これは小学生の時から続けてきたことですが、家の留守番をしていてわたし一人の時は、いつも下着を脱ぎ捨て股を開き、その2匹に下半身を舐めてもらっています。

最初のうちは舐めてくれなかったんだけど、誘導して舐めれば撫でるを繰り返すうちに、今ではなにもしなくてもスカートの中に鼻を突っ込んで下着をずらそうとしてきます。わたしがパンツを脱ぎ捨て床に座り、膝を立てて足を左右に広げると、2匹は我先と鼻を鳴らしながら二本の足の間に入ってくるんです。

ほんのり濡れた鼻先と嗅ぎ分ける息を受け、だんだんとわたしの奥の方から何かがジュワッとこみ上げてくるんです。おまんこの内側から溢れ出してくる愛液の香りに2匹が反応すると、一目散にその出所へ舌を這わせ、すするように味わうんです。

ペッチャ、ビチョ、プチュ、と愛液と涎がぶつかり合う水音が聞こえ、この辺りで私の感度は最高潮に。重なり合う2匹の舌はまるで別の生物のようで、その舌は時々愛液が分泌されている深部へも何度か侵入してきました。

生暖かく濡れたものがチュルンと内側に滑り込んだ時の快感はなんとも言えず、わたしはおまんこを両手で左右に広げ、彼等が舐めやすいよう奥に導いていました。舐めている彼らの頭を優しく撫でると、これはいいことなんだと学習してくれます。

小学生から中学生に上がってもこんな自慰行為を続けていたある日、わたしはついに禁断の行為に及びます。
いつものように犬を巻き込んだ日課のオナニーを楽しんでいると、ラブラドールの方が自分のおちんちんをペロペロと舐め、息を荒くしていました。その人外の男性器は立派に宙を指していて赤くテラテラと光っていました。

舌や指では届かない部分を刺激してみたい、そんな危険な考えが当時中学二年生だったわたしの頭によぎりました。ダメだと自覚はしていながら、自分を抑えきれなかったわたしは彼の股間へと手を伸ばしていました。触れればピクンと反応をしめしたそれの先端を撫でていると、わたしのおまんこのように生臭い液体を分泌しはじめたのです。

わたしはテーブルに手をつき、腰を彼の方に突き出しました。淫らな雌犬のようにお尻を向け、左右に振ることで誘い、彼のおちんちんをひくついた穴へとゆっくり誘導しました。彼がわたしの腰に腕を回してきます。そして穴と先端が触れ合ったその時、わたしの膣内に衝撃的な革命が起きました。

処女だったわたしのおまんこを躊躇なく容赦なく突き破り、最深部を掘るようにして責め立ててきたのです。ハッハッハッという荒い息が後方から聞こえ、わたしの背中に彼の涎が垂れてきます。愛液を舐めさせていたのは彼にとってあくまで食事、そして今まさに人と犬が種を超えた交尾を結んでしまったのです。

性器の出し入れを繰り返返されるたびにじんじんとおまんこが痛みました。ですがそれ以上に中を擦られる快感でわたしの達成感が満たされ、誰もいないのをいいことに遠慮なく雌の声をあげてしまいました。気持ちがいい、そんな感覚に気を取られ、はっと気付いた時にわたしの中に何か重たいものが注がれました。

内部に液体が入ることなどなかったためとても気持ち悪かったのですが、中に精液が注がれたんだなと思えば一瞬の幸福感に満たされ力が抜けました。少しすると焦りを感じてすぐに彼のおちんちんを抜き、その表紙に床に溢れ落ちたわたしと彼の液体を掃除しました。

こんなオナニー(セックス)生活は、今でもとても楽しんでいます。

19+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR