ドライバー特権活用!ガイドとのエッチ

ぴゅあらば

クィーンさんから投稿頂いた「ドライバー特権活用!ガイドとのエッチ」。

俺は都県境にある観光バス会社に勤務している。小さな会社で社員ガイドは4人程しかいない。
忙しい時はクラブから借りてくるが婆ばかりで仕事のやる気も萎えてしまう。
社員ガイドも若い子は2人しかいない。そのうちの1人は彼氏がいてゾッコン状態でガードも硬い。身体も痩せている為俺の範疇では無い。
もう一人は名前を「S」と言い肉付きが良くしかも若い。24歳という歳は40を過ぎた俺からしたら一歩間違えれば自分の娘とも変わらない年頃。笑顔に幼さも見える。

先日このSと1台で泊まりの仕事が付いた。
会社を出てお客の待つ場所に向かう道中Sと今日の仕事の話や世間話をしていたが朝早かったせいか客席で寝てしまった。

他のガイドもよく寝るから気にしてなかったがミラーをみたら少し開いた足元からスカートの中がチラチラと垣間見えた。
よく見ると赤いパンツ。
普段から気にはなっていたので年甲斐にも無く興奮した。

今日の客は田舎の社長の団体でSが挨拶を終えて今日の予定を説明し終えたら程なくして後方で宴会が始まった。
客が馴れ馴れしくガイドを「Sちゃ~んビール」と要求してSは慌ただしく狭い通路を行ったり来たりしているのが見えた。
走行しているうちに目的地に到着。
お昼をSと2人で食べに行った時にSに「要求の多い客だな。」と話すと「最悪な客」と言う。
よく聞くとお尻や胸を触られたと言う。
確かに肉付き良い身体は胸もお尻もボリュームがあり俺も鷲掴みしたいと思えるほどだ。

俺は笑いながら追加チップでも貰えばと話をしてその場を終えたが内心色んな男に胸や尻を触られている事を考えるとムラムラしてきた。

午後もことある事に呼ばれてバスの前と後ろを行ったり来たりしていたのでミラーをチェックすると確かに通路を挟んでオヤジ共が尻や胸を触っていたのが見えた。

俺は運転しながら色んなことを妄想した。

そして宿に到着してバスの清掃をしていた。
俺は簡単に済ませて早く部屋に入って昼間の妄想の続きをと思っていたが車内はビールが溢れたりしていたので清掃に時間がかかっていた。
俺は「手伝うよ」と言い後ろから近づいた。
Sは笑顔で返して来た。
一緒に片付けをしながら俺は「午後も触られまくりだったんじゃない?」と言うと少し顔を赤らめてSが「見てたんなら止めて下さい。」と少しキツイ口調で言ってきたので「運転中だったから」と濁してその場をやり過ごした。
ゴミ回収が終わってSが雑巾で床を拭いてた時に目の前にはたわわなお尻があり俺は我慢が出来なくなりついその尻を優しく撫でた。
「キャッ」と声を出してこちらを見たがその顔には怒った様子は見えなかった。
どちらかと言うと少し顔を赤らめてもっととねだっているようにもとれる。
俺は調子にのってもう1度尻を触りSはその尻を突き上げてきた。

俺は「これはヤレル!」と確信した。
こうなったらさっさと片付けを終えて続きをと思ってたらSが「冷蔵庫のビール貰っても良いのかな?」と聞いてきたので俺は「じゃあ俺の部屋で一緒に飲もう」と誘ってみた。
普通なら断るのだろうがSは即答で部屋に来ると言った。

部屋に入って制服を着替えて10分ほど待ってるとSが部屋にやって来た。
Sも制服を着替えて普段着だったのでいつもと違う感じだった。

その後2人でビールを3本程空けると他のものが飲みたくなったので売店でワインと日本酒を買って来て更に飲み出した。
Sはかなり酒に強く俺が先に潰れてしまうのではと思う程だった。
昼間の客に触られた話になった時の愚痴が始まった。
痛いくらいの触り方だったらしく俺が「でも少しはその気になったんじゃないの?」と聞いたらSは顔を赤くして小さな声で「T(俺の事)さんに触られた時は・・・」と言ってきたので俺はSを引き寄せた。
少し目がトローンとしたSの顔を間近に見たらそのままぷっクラした唇に軽く重ねた。

抵抗はしなかった。
その後何度か軽いキスを重ね数回後に舌を入れてみた。
これにも抵抗無く逆に舌を入れ替えして来た。
なかなか上手なキスだった。
俺の股間が膨らむのが自分で分かった。
俺は左腕で抱き締めながら右手で胸をもんだら少し戸惑う様子をみせたが俺はSの耳元で「客に触られているのを見て我慢出来なくなっている」と言ってSの左手を自分の股間に持っていった。
Sは少しビックリした様子だったがすぐにその左手を揉み出した。

優しい揉み方は俺の股間を更に大きくした。
俺は流れに任せてSのTシャツを捲り上げブラの上からその胸を揉んだ。
とても大きく柔らかな胸は想像以上に揉みごたえがあった。
そしてSとのキスから口元をその胸に持っていった時Sは自らブラのホックを外した。
露になったその胸は更にやわらかさをましていた。
乳首に吸い付いた途端Sは声を漏らして俺の顔を更に胸に押し付けた。
俺は乳首を甘噛みしながら右手を下に持っていった。
ズボンの中に手を入れるとそこは熱気でムンムンしていた。
パンツの上から筋に沿って撫でると濡れてきてるのが分かった程だった。

Sは抵抗すること無くTシャツを自ら脱いで俺にしがみついてきた。
俺は右手をパンツの裾から中に滑り込ませた。
やはり中はびちょびちょになっている。
そして俺はSの耳元で「びちょびちょに濡れてるぞ!客に触られてる時から濡れてたんじゃないのか?」と強い口調で言うとSは「Tさんが上手だから」と言ってきたので俺はパンツに手を掛けた。
するとSは少し羞じらい俺の手を止めた。
我慢出来ない俺は左手で胸を揉みながら右手で更に脱がそうとするとSが自分からパンツを脱いだ。
Sの筋からは愛液が溢れているのが見えた。
俺は貪りつくようにその股間に顔を埋めた。

クリを舐めながら指を出し入れしてるとSは甘い声を出しながら「もっとお願い。」と言ってきたので激しく指を出し入れするとSは大量の潮を吹きながら逝ってしまった。
俺はここまで大量の潮吹き女にあった事は無かったので更に興奮した。
そしてSに俺のもお願いと言うとSは笑顔で俺のパンツに手を掛けながら俺の乳首を吸いに来た。
舌を使いながら吸い付く唇に俺は更に興奮した。
そして俺の股間に顔を持っていった時全身に電気が走った。
Sのフェラはとてつもなく上手い。
吸い込みながら裏スジや玉、アナルまで舐めてくる。

俺は少し意地悪に「どのドライバーに教育されたんだ?」と言うとSは少し怒った顔をして「ドライバーさんはTさんだけだよ。」と言いながら今度は小悪魔的な顔をしながらこちらを見ながら舐め続けた。
俺はイキそうににりSのその口から俺のイチモツを引き離した。
するとSは自ら上になり「頂戴。いいよね?」と聞いてきた。
当然俺には断る理由がある訳でもなく願ったり叶ったりだったが少し意地悪に「欲しいならちゃんとオネダリしてみろ!」と言うとSは素直に「Tさんの大きくて硬いオチンチン欲しいです。いたどきます。」と言いながら自ら腰を下ろした。
Sのアソコは大洪水だったのですんなり俺のイチモツを飲み込んでいった。
Sのアソコはびちょびちょになっているが締りは良く俺のイチモツををしっかり包み込む。

俺はすぐにイキそうになり1度引き抜いた。
そして今度は俺が上になり責めるとSは「後ろからお願い」と言ってきた。
なかなか出来た女だ。
俺は言われるままSをワンワンスタイルにした。
指でマンコから溢れた露をアナルに塗った。
するとSは「お尻はダメ」とキツイ目で見てきたのでマンコを指でまた掻き回した。
するとまた露が溢れ出してきてSが「イク~ッ、出ちゃう~!」と言うので俺は意地悪く「何が出るんだ?言ってみな」と言うとSは「ゴメンナサイ、ゴメンナサイ」と言いながら大量に潮を吹きながらうつ伏せってしまったので俺は「俺がまだ逝ってない」と言いSの尻にビンタを入れてまたワンワンスタイルにして後ろから俺のイチモツで突いた。

俺はSのフェラと締りの良いマンコのせいでもう既に我慢の限界に達していた。
そして尻を叩きながらピストンを早めた。
するとSは一瞬ギュッと締め付けた途端に脱力して逝ってしまった。
それを見て俺もイチモツを抜取り背中に大量発射した。
そしてお互い力尽き布団に横になった。
Sがすぐに起き上がり発射したばかりの俺のイチモツを舐めながら残っている物を吸出して綺麗にした。
Sは吸出した俺の白い物を俺に見せて飲み込んだ。
俺は愛おしくなって頭を撫でて抱き寄せた。
Sもギュッと抱きついてきた。
Sの顔を見ると幼く甘えた表情は仕事の最中には見れない顔だった。

10分位して飯の時間になりそれぞれ服を着た。
Sが下着を着けた。
そこにはバスの中で見えた赤いパンツだった。
大きなキャラクターが書かれていて幼さと大人の魅力の両方が見える良い女だ。
実はSが少し寝てる間に俺は携帯に果てた後の写真を撮っておいた。

今では2人で泊まりの仕事の度に夜な夜な楽しんでいて先日は等々中出しオネダリ関係になった記念に投稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメント

  1. ポチ君 より:

    運転手とバスガイド。昔から有る鉄板の組み合わせやね

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 917記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。