元カレに調教されていた妻はディルドを隠しもっていて…

ぴゅあらば

一回り以上も年下の嫁をもらい、友人にもうらやましがられる日々だった。嫁の美咲は、28歳で女盛りだ。少し痩せすぎで、胸も小さいのだが、それを補ってあまりあるくらいの可愛い顔をしている。その上、とにかく性欲が強かった。友人に、それが困りものだと言っても自慢にしか取られない感じだ。でも、一晩に2度3度と求められるのは、40過ぎの私には少々重荷だ。

美咲は昔、彼氏に調教されていた時期がある。その内容を聞かされたときは、受け止めきれずに別れを考えたほどだった。だけど、結局それを受け止めた私は、同時に自分の中にある性癖が目覚めたことを自覚した。そして、美咲が隠していた大人のオモチャが、元カレのペニスから型どりをしたものだったと聞き、完全に性癖が発現してしまった。

そしてある時、美咲に他の男としてみたいかと問いかけてしまった。美咲が隠していた元カレディルドで、失神するまで美咲を責めた後だったこともあってか、あっけなく美咲は”したい”と答えた。その時を境に、生活は一変した。ーー今日は、とうとうその日だ。私の親友のマサトと美咲が、セックスをする日だ……。

今日は、朝から美咲は機嫌が良い。鼻歌を歌いながら朝食を準備している。「ご機嫌だね」半分嫌味で私が言うと、『え?わかるぅー?』と、ニコニコしている。私が、あっさり認めた美咲に何も言えずにいると、『パパはどうなの?イヤなの?』と、少し心配そうに聞いてくる。美咲は、大きな声では言えない過去がある。それは、とても酷い過去だ。でも、私と付き合い始めてからは、私としかセックスをしていないはずだ。浮気などは一切ないと思う。

もっとも、元カレの型どりディルドで、毎日のようにオナニーはしていたようなので、それは精神的浮気と言えるのかもしれない。そのディルドを使ってオナニーをしているときは、元カレのことを思いだしていたはずだ。濃厚に思いだしていたはずだ。そう考えると嫉妬で苦しくなるが、同時に興奮している自分もいる。

「イヤじゃないよ。でも、美咲も少しでもイヤだったら、すぐに止めて良いからね」『え?うん……大丈夫……ありがとう、心配してくれてw』美咲は、なに言ってんの?と言う感じだった。止めるわけないじゃん!とでも言いたそうな感じだったのは、気のせいだろうか?そして、いつものように朝食を食べる。あと、1時間ほどでマサトが来ると思うと、どうしても落ち着かなくなる。ーーあの夜、他の男に抱かれることを承諾した美咲。次の日の朝、美咲の方から、『パパ、昨日の話、本気なの?』と、不安と言うよりは、期待のこもった目で言われた。その表情だけで、私は正直勃起してしまっていた。他の男に抱かれるのを期待する嫁。通常は許される話ではないはずだが、私は許すどころか、是非にとお願いをしたくらいの心境だった。

「あぁ、マサトさえ承諾したら、本当に実行しよと思ってるよ」『マサトさんなの!?』美咲は、ちょっと驚いた風だった。「なんで?アイツじゃダメ?」

『うぅん、そうじゃないけど、知ってる人となんだなぁって……』「おかしいかな?」『うーん、なんか、友情が終わっちゃわないかなぁ?』「それは大丈夫だよ。でも、なんでそんな心配するの?本気になりそうとか?」『それはあるかもwだって、マサトさん凄く格好いいよねw』美咲は、イタズラっぽく笑いながら言った。

そして、この日から美咲は変わった。私とセックスをするときに、マサトのことを持ち出して、私をジェラシーの炎の中に突き落とすような感じになった。『パパ、マサトさんので気持ち良くなっていいんだよね?ダメって言っても、凄く感じちゃうと思う……だって、私の好みの顔してるんだもんw』私に愛撫されながら、挑発的に言ってくる美咲。挿入をすると、『マサトさんのおチンポ、パパのより大きかったらどうしよう?いっぱいイッちゃうかもw』などと言ってくる。

嫉妬にクラクラしながら、私のじゃ満足できないのか?不満なのか?と聞くと、『ゴメンなさい……パパのじゃ、気持ちいところに届かないんだ……でも、これ使ってくれたら、ちゃんとイケるから……』と言いながら、例の元カレディルドを手渡してくる。これを使わなければいけないという時点で、敗北感に打ちのめされているのだが、それでも妻を感じさせたい一心で、それを受け取り、私の粗末なペニスで中途半端に刺激された美咲の膣に突き立てた。『あぁっ!太いの入って来たぁっ!パパ、凄いぃ……気持ち良いよぉっ!もっとズポズポしてぇっ!美咲のオマンコ壊してぇっ!』美咲は、いつもの上品な美しさからは想像も出来ないくらい、下品なことを口走りながら、どんどん高まっていく。

私は、この手にしているディルドは、元カレそのものだと思いながら、狂ったように抜き差しを続けた。結局、私と美咲のセックスは、私のペニスが前戯で、この元カレディルドが本番という感じになってしまった。それは屈辱的ではあるが、美咲をちゃんとイカせることができるので、今までよりもいいのかもしれないと思うようになっていった。そしてマサトに対して、美咲を抱いてくれと話したとき、マサトは多くは聞かず、「本気で堕として良いのか?」

等と聞いてきた。その自信に満ちた表情に、気圧されながらも、任せたと言った。そして、今日に至る。もう、10分程度でアイツはやってくる。『パパ、何でもうこんなにしてるの?』美咲が、小悪魔のような妖艶な笑みを浮かべながら、ズボンの上から私のペニスを掴んでいた。ズッポリと思索の沼にはまり込んでいた私は、美咲の動きに気がつかなかった。そして、これからまさに美咲が他人に抱かれようとしているのに、限界まで勃起していることを知られてしまい、恥ずかしくて顔から火が出そうだった。

とっさに言葉を紡げず、アウアウ言っている私に、『パパw絶対に止めちゃダメだからねw』と言いながら、キスをしてくれた。軽く唇が触れるだけのキスでも、妙に嬉しかった。すると、インターフォンが鳴った。モニタで確認するとマサトだったので、玄関に向かった。『何か、緊張するね』美咲はそんな事を言うが、口調も楽しそうで、表情も笑顔だった。

「美咲ちゃん、久しぶり!」爽やかな笑顔とともに、美咲に挨拶をするマサト。日に焼けた肌に、白い歯が輝く、画に描いたようなイケメンぶりだ。『お久しぶりです。なんか、ますます格好良くなりましたねw』「そう?美咲ちゃんこそ、色気増してきたねぇーw今日はよろしくね!スゲぇ楽しみw」

照れもなく、サラッとこんな事が言えるマサト。本当に、経験が豊富なのが伝わってくる。私も挨拶をするが、「なんでオマエが緊張してんだよw」と、マサトにからかわれた。『じゃあ、お茶でも入れますね』美咲はそう言うと、キッチンに行く。リビングにマサトと二人きりになると、何を話して良いのかわからなくなる。

「どうするの?オマエは見てるの?」マサトが、落ち着いた口調で言う。「あぁ、そのつもりだよ。お前はこういう経験あるのか?」

「旦那の前でってヤツか?何度も経験してるぞ」「そうか……よろしくな。あっ、でも、美咲が嫌がったら終了で頼むぞ」「了解wでも、そうはならんよ。逆はあるかもだけどなw」

「?どう言う意味だ?」「まぁ、そのうちわかるよw」と、マサトは余裕な感じで言う。

すると、美咲が紅茶を持ってきた。『お待たせしました』美咲が上品に言いながら、お茶の用意をする。セックスの時の、下品と言ってもいいくらいの美咲とは、正反対に思える。「良い匂いだね、これはアッサムかな?」

マサトがそんな事を言うと、『えっ!?匂いでわかるんですか!?』と、美咲は驚いた感じで言う。「ごめんwテキトーだよw」『なんだ、びっくりしちゃいましたw』楽しそうに話をする二人。こんな二人を見て、急に心がざわつき始めた。

単純に、美咲が他の男とセックスをして、どんなリアクションをするのか見たかっただけだが、考えてみれば、体が結びつくことによって、心まで結びついてしまうのではないか……今さらそんな心配が胸をよぎる。そして、お茶をしながら普通の会話を続ける。美咲もマサトも、とくに意識している感じはなく、リラックスした感じで会話を続ける。マサトは、とにかく話がうまいと思う。基本相手の話を聞きながら、適宜合いの手を入れるような感じだ。美咲は、本当に楽しそうに話をしている。考えてみれば、いつも家にいて他の男性はおろか、他人と話をする機会も少ないと思う。子供でもいれば、ママ友ネットワークで交流も増えるのだろうが、寂しい思いをさせているのかもしれない。

これはこれで楽しい時間だったが、私がもう我慢できなくなってしまった。「そろそろ、いいんじゃないかな?」緊張しながらそう言うと、「おっ、そうだな、楽しくて話し込んじゃったよw」

『ホント、マサトさん面白いですよね。話も上手だし』美咲は、とくに緊張することもなく、そんな事を言うと、立ち上がった。「どうするの?」美咲が立ち上がった意図がわからずに聞くと、『シャワー行こうかなぁって。マサトさんも、一緒にどうですか?』美咲は、普通に散歩にでも誘うような感じで言う。

「行く行く!」マサトが嬉しそうに立ち上がる。『じゃあ、パパ、行ってくるね!』美咲は悪びれた様子などなく、楽しそうに言うと、マサトの手を引っ張って浴室に向かう。

自宅で、自分の嫁が他の男の手を握り、一緒にシャワーを浴びようとする……すでにこれだけで、体が震えるほどの興奮を覚えていた。いつもの見慣れた自宅が、まったく違った淫靡な空間に思えてくる。美咲は、心から楽しんでいるように思える。そうすることで私が喜ぶと思ってしているのか、本当に自分自身楽しんでいるのかわからないが、他の男と楽しそうにする美咲を見ると、焦りにも似た感情が強くなる。私は、このままリビングで待とうと思っていたが、かすかに聞こえてくる美咲の笑い声に、いても立ってもいられなくなり、忍び足で浴室に向かった。

脱衣場のところまで移動すると、『ホントですか?口上手いんだから!』「いやいや、マジでこんな綺麗な体は見たことないって」『でも、おっぱい小さいでしょ?』「小さい方が好きだし。ほら、俺、ゲイだからぺったんこの方が良いくらいだよw」『ホント、テキト−な事ばっかりw高田純次みたいですねw』「よく言われるwほら、ここ泡残ってる」

『イヤン、エッチ!』「ごめんごめんwじゃあ、俺のもどうぞw」『それは遠慮しますw』「なんで?こんなになってるよ」『もうー!セクハラですよ!って、それなんですか!?』「ん?あぁ、改造してるんだよ。ショッカーに改造されたw」

『しょっかーって?』「あぁ、知らないか……ジェネレーションギャップを感じるよw」『これって、どうなってるんですか?』「これ、シリコンのリングを埋め込んでるんだよ」『えぇーっ!?何でそんな事するんですか!?』「彼女が喜ぶからw」

『喜ぶ?』「そうwほら、これがあると、カリがダブルになる感じでしょ?それに、この分太さが増すからw」『あぁ、そういうことか!何か、すごそう……』「なんで?極太ディルドで遊んでるんでしょ?w」『えぇーっ!パパに聞いたんですか?もう……恥ずかしいなぁ……』「後で見せてねw」

『ダメですよぉw』こんな会話を楽しそうにする二人。それにしても、初耳だった。シリコンリングを入れている?何となく、恐怖心が強くなる。もし、美咲がマサトのそのペニスに狂ってしまったらどうしよう?もしかして、心まで奪われる?そんな恐怖に、膝が震え出す。「こういうのは、経験ないの?」『ないですよ。だって、パパともう一人だけしか経験ないですから!』「へぇ、俺が3人目って事?」

『そ、そうです……』「でも、元カレに色々されてたんでしょ?」『ちょっとだけですよw』「ふーんw乳首もラビアも結構肥大してるよね?」『そ、そんなこと……』「クリも、結構デカい感じするけどw」

『イヤァ……言わないで……』「あれ?なんか顔がとろけてない?」『そんな事ないです……』「ふーん。どれw」『あぁっ!ダメぇっ!んンッふぅっ!』「グチョグチョじゃんwそれに、クリデカっw」

『ダメ……ぇ、ンッ!あ、あっ!そんな、あぁっ!剥いちゃダメぇっ!んンッおぉっ!』「凄いねwカチカチじゃんwよいしょw」『グッヒィッ!つまんじゃぁ、あぁっ!ダメぇっ!ヒッぎぃっ!千切れるぅッ!んンおぉっ!!』「ウソつけwもっと強くだろwほら、潰すぞw」『んンッぎぃっっ!!ンおぉっ!んほォおっっ!!ダメぇっ!クリ千切れるぅッ!んンッあぁっ!ヒィあぁ……』いきなり始まった、マサトのサディスティックなプレイ。風呂のドア一枚隔てた向こうで、愛する妻がクリをちぎれそうな程つままれて、歓喜の声をあげている。

私は、嫉妬などはすでに感じなくなっていた。ただ、体を電流のように快感が駆け抜けていく。『あぁっ!イッ!イクぅっ!イッちゃうッ!』「はい、ここまでw」『どうしてぇっ!ダメっ!止めちゃダメぇっ!』「なに勝手にイコうとしてるんだよ。ダメだろ、元カレはそんなしつけだったのか?」

『ゴメンなさい……ご奉仕させて下さい……』「いや、寝室行くぞ。アイツも待ちわびてるだろ?」『はい……忘れてましたw』「ははw」私はそんな屈辱的な事を言われても、それが快感に変わるのを感じた。

そして、シャワーの音が響き始めた中、私はそっと寝室に移動した。寝室に入ると、ベッドのかけ布団を外して畳み、照明を間接照明にしたり、音が外に漏れないように雨戸まで閉めた。自分の妻が、他の男に抱かれるための環境を整える私は、とんだピエロのようだ。程なくして、タオルを巻いた二人が入ってきた。『パパ、お待たせwマサトさんのおちんちん、すっごいんだよ!しょっかーに改造されたんだって!』子供みたいに無邪気に言う美咲。こういう無邪気なところが、本当に愛らしいと思う。

「コラコラw照れるだろ?」そう言いながら、当たり前のように私たちの神聖なベッドに乗っかるマサト。そして、今この空間の主は自分だとでも言うかのように、ベッドのど真ん中に寝転がる。

私は、フラフラと押し出されるように壁際まで移動した。すると、美咲が私の方に寄ってきて、『パパ、本当に嫌いにならない?私、きっと声とか我慢できないよ……』と、心配そうな顔で言ってきた。美咲自身も揺れて迷っているのがわかり、少しだけホッとした。私が絶対に大丈夫だと念を押すと、心配そうな顔がパァッと明るい笑顔に変わった。そして、ベッドに上に飛び乗った。その反動で、マサトが一瞬浮き上がったように見えた。「じゃあ、始めようか」

マサトはそう言うと、腰のタオルを外した。マサトのペニスは、さっき盗み聞きした通りの異様な形をしていて、茎の部分にグルッと一周、リング状のモノが巻き付いたようになっていた。真珠を入れたりすると言う話は聞いたことがあるが、こんなにグルッと一周しているリングの話は聞いたことがない。そして、リングの異様さで気がつくのが遅れたが、ペニスのサイズ自体も大きいと思った。あの、元カレディルドほどのサイズはないが、私のモノよりは確実に大きく、リングのある部分に関しては、元カレディルドよりも太い感じに見える。

『……凄い……これ、女の子狂っちゃわないですか?』美咲が、興味津々という感じで言う。「ハマればね。合う合わないはすごいよ。痛がる子もいるしね」『確かに、ちょっと怖いかも……』「でも、入れてみたいでしょ?」

『そ、それは……』口ごもって、否定しない美咲。美咲が、セックスが凄く好きと言うことはよくわかっている。でも、その対象は私だけだった。浮気したいとか、そんな感じはまったくなかった。でも、我慢していただけだったのだと思う。「じゃあ、口で大きくしてくれる?」『えっ!?これ、まだ立ってないんですか?』「まだ7割くらいかな?」

『へぇ、それは凄いかもw』美咲は嬉しそうにそう言うと、マサトのペニスに口を近づけた。私も、マサトの言葉に驚いた。どう見ても、フルに勃起しているように見えていたので、まだ100%じゃないと聞き、耳を疑った。ペニスのサイズは、私の劣等感を直撃する。美咲と元カレとのただれた生活のことを聞かされていた私は、元カレの巨根に怯えていた。そして、その巨根を具現化したようなディルドの存在は、私を狂わせてしまった。

今目の前で、私以上の巨根をフェラしようとする美咲。もう、現実なのか妄想なのかわからなくなってきた。クプッ、クチュ、そんな音とともに美咲の口での奉仕が始まった。「うはwやたら上手いねw」

マサトが感心したように美咲を誉める。美咲は、嬉しそうな感じでフェラを続ける。確かに、美咲はフェラチオが上手い。元カレの調教の成果だ。私などは、あっという間にイカされそうになる。美咲は、マサトのモノを口でしながら、体に巻付けているタオルを外す。いつも一緒に眠る夫婦のベッドの上に、一糸まとわぬ姿の美咲とマサトがいる。私はそれを、抑えきれない興奮とともに見続けた。

『うわぁ、ホントだ……もっと大きくなったよ!』「ホント上手いね。今までの中でも3本の指に入るよ」『じゃあ、3本入れて下さいw』美咲は、そんな事を言うと仰向けに寝転がった。「そう来たかw」

マサトはそんな事を言いながら、美咲のアソコに手を持っていく。『ンふぅ……あっ!あぁんっ!』「凄いねwいきなり3本入っちゃうかw」『へへw全部入るよw』「マジか。じゃあ、ユルユル?」

『そんな事ないよ。ほらw』「おぉっ!イタタ」『ね?締まるでしょ?w』「いや、コレは凄いわw」『ねぇ、もう入れたい……パパ、入れてもいーい?』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 920記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。