2歳上の従妹…慰めからのセックス

PR

俺には二つ上の従姉がいて、毎年夏休みには遊びに行っていた。小さい頃からかわいがってもらっていて、俺は頼りになる姉のような存在に思っていたし、向こうも、俺のことを弟分のように思ってくれていたと思う。

話は俺が中一の時のことです。その年の夏休みも、例年通り家族そろって実家へ帰った。俺は一年ぶりに従姉に会えることがとても楽しみだった。ちなみに、従姉に女性というものを感じていたわけではなく、従姉への想い、それはやはり頼りになる姉というイメージのものでしかなかった。

確かに幼稚園ぐらいの頃は、スッポンポンでビニールプールに入ったりして遊んだりそういうことはしたが、それまで決して恋愛対象、性の対象という目では見ていなかった。俺が従姉の家に到着すると、おじさん、おばさん、それから従姉が出迎えてくれた。従姉は白い薄手のワンピースを着ていたが、その胸部にはブラジャーの跡がくっきりと浮き出ていた。

今振り返ってみれば、それが従姉から女性というものを感じた最初の瞬間だと思う。同級生にはブラをしている子もいた(という話を聞いていた)が、それは数少なかった。ゆえに、そんな従姉の姿がどこか真新しく見えて俺には新鮮な感じがした。

他にも胸の膨らみも顕著になっていたし、従姉は確かに女性の体型へと変化していた。俺が泊まりに来て二日目、従姉は出かけると言って俺は家族達と家に残っていた。しかし、特にすることもなかったので、散歩に出かけてみることにした。

コンビニに行ってジュースを買って帰り道、団地の前を通りかかった時、従姉の姿があった。遠目からだったが、もう一方には従姉と同じ年代ぐらい男性の姿があった。従姉の姿はどこか悲しそうで、今にも泣き出しそうな雰囲気を醸し出していが、しばらくしてついに泣き崩れてしまった。はっきり言ってショックだった。遠目にだが従姉が泣いているところを見たのはそれが初めてだった。

その日の夜、俺は従姉に真相を聞こうと思って、従姉の部屋に行ってみた。俺が「昼間、どうしてたのさ。」と聞き、俺がその場を見ていたことを告げると、「あたし、フラれたんだ。」という言葉が返ってきた。聞いてみると、その彼氏とは数ヶ月付き合っていたが、彼氏の方が他の女に乗り換えたようで、そのことを前日告げられて、今日実際に会いに行って真相を聞いてきた。

そこで、お前とはもう付き合えないみたいなことをマジマジと言われて泣いてしまった。そこまでが従姉から聞いた話。従姉は話を終えると、うつむいて泣きそうな表情になった。俺は咄嗟に「純姉(じゅんねえ、って従姉を呼んでる)、つらかったら俺が相談に乗るからさ、元気出せよ。」と言った。

それが今、俺が純姉にできる優しさではないかと思ったからだ。すると純姉は少し間を置いて顔を上げ、「コータ(俺)にそんなこと言われるとは思わなかった。」と言い、続けて「じゃあ、存分に頼りにさせてもらいます。」と言って俺の頬にキスをした。

そのまま俺は部屋に戻ったが、心臓がドキドキしていたのは言うまでもない。純姉とは小さい頃からの付き合いだが、頬とはいえキスされたのはこれが初めてだった。三日目の夜は花火大会の日で、例年通り浴衣姿の純姉と一緒に出かけた。

純姉は昨日よりはだいぶ落ち着いていた。花火大会会場に着くと、純姉は手を握ってきた。「頼りにしていいんだよね。」「俺でよければ。」こんなやりとりがされるようになって、俺と純姉の関係に変化が出てきているのがわかった。純姉の笑顔が隣にあった。それだけでなんか嬉しかった。

毎年夏、当たり前のことなんだけど、今年の夏は特別なんだと中一なりに噛みしめていた。花火大会が終わって家に帰ると、家族はみんな飲みに出かけていた。俺は純姉の部屋に一緒に入った。俺は純姉にキスをした。これから何が起こるかは何となくわかっていた。

そのまま純姉の浴衣の帯を解こうとしたが、帯をいじったことがなくて俺にはできなかった。それを見て、純姉は「ちょっと待って。」と言って、自分から浴衣の帯を解いた。純姉が浴衣の帯を解くと、俺はそのまま浴衣を脱がせにかかった。浴衣の下はパンティしか着けておらず、程よい膨らみの乳房があらわになった。

発育途上の胸は、硬さが残りながらも程よく柔らかかった。そして口に含むと純姉の声が漏れる。興奮が絶頂に近付き、俺はパンティを脱がしにかかる。すると純姉が待ったをかけた。

「ちょっと待って、あたしから脱ぐから。」と言うと「初めての人には自分から見せるって、決めていたの。」と続けて言った。俺はその言葉が何だか嬉しかった。純姉がパンティをスルスルと下ろした。薄めのヘアーに包まれた純姉のアソコがあらわになる。

俺は指でかき分けながら、舌で舐める。胸の時よりも純姉の声が大きくなり、腰を振っている。「アッ、アッ」という純姉の声が俺を興奮させる。そして俺は限界まで勃起した自分のソレを純姉のアソコにあてがった。「純姉、いくよ。」「うん。」そう言うと、次の瞬間俺のソレが純姉のアソコに入っていく。

純姉の中の温かい感じが直に俺のソレに伝わる。その温かさと言うか、ぬるさが、初セックスの俺にはすごく気持ちが良かった。「ちょ、ちょっと痛い!!」「あ、大丈夫?」ちょっと純姉が痛がったので、俺は力を抜くように言った。そして、俺のソレが全部埋まった。「もう痛くない?」と俺が聞くと、「ちょっと痛いけど、平気。」と純姉が答えた。

俺が腰を使うと、純姉の声がいっそう大きくなる。その一突き一突きが、また俺には気持ちが良かった。やがて限界がやってくる。俺が自分のソレを外に出すと、純姉の腹部にすごい勢いで精液がほとばしる。ティッシュで拭くと、純姉の初めての証が付いていた。

四日目の夜に、最後にもう一度して、この夏の純姉との思い出は終わった。でも、この年は大切なものを手に入れた充足感と、満たされたと言う気持ちでいっぱいになっていた。俺と純姉は、あの夏以降、正式な形で付き合うことになった。

ただ、距離的に遠いということで、通信手段は専ら電話でだった。それでも、三日に一度ぐらいの\”恋人\”との電話はかけがえのない大切な時間だった。また、それまでは夏しか会っていなかったが、冬休みや春休みなどを利用して、お互いに会いに行ったりしていた。遠距離恋愛のようなものだったと思う。

毎日は会えないけど、たまに会った時の嬉しさがとても大きい。いい言葉が思い浮かばないけどそんな感じでした。話はあと二つありますが、今回はそのうち一つ、中三の時のことを書きます。

俺が中三、純姉が高二。俺は高校受験を終えて無事に春休みを迎えていた。その春、俺は純姉と一緒に旅行に行くことになっていた。表向きには友人の家へ泊まりに行くということにして、温泉旅館へ行くことになっていた。前々から純姉が手頃な旅館を見つけてて、行きたいねという話をしていたが、それをやっと実行に移せたのだ。

当然、中学生と高校生だと言ったら取り合ってくれないので、年はごまかして。とても楽しみだった。二人だけの外出は何度かあっても、二人だけで泊まりに行くのは初めてだったし、純姉の家に行く時は必ず家族も一緒だったから、そりゃあ特別なものだった。「混浴あるといいなとか思ってる?」と、行きのバスの中で純姉が聞いてくる。

多分、冗談半分で聞いているのだろうと思ったが、俺は素直に頷いた。すると「スケベ。」という予想通りの言葉が返ってきた。でも、何気ない会話の一つ一つが楽しい。よく親しい女友達(従姉だけど)が恋人になると、ギクシャクしてうまくいかないということがあるが、むしろ俺達の場合はお互いを出し合えるようになった。

姉と弟だと遠慮していた部分が全部出し合えるような感じとでも言おうか。旅館に着いた。心配だったチェックインも何事もなく済み、俺達は部屋に案内された。

さっそく温泉地に来たので温泉に入ることにしたが、どうやら混浴はない模様。「残念だったね。」と純姉がちゃかす。「別に気にしてないし。」と俺はさらりと受け流す。仕方ないので俺は一人で入った。穴場の旅館ということもありガラガラだった。

残念ながら男湯と女湯とは離れていたため、のぞいたりすることはできなかった。その後は程よく湯に浸かり、穴場旅館に見合った料理を食べてのんびりとしていた。二人でおしゃべりをする。俺と純姉は共通点が多かった。小さい頃からずっと仲が良かったので、趣味や話題も必然と似通っていたし、この上ない理想のパートナーだということを俺は確信していた。

夜も更け、俺は純姉に体を重ねた。遠距離恋愛の俺達は、一度のセックスの重みを大切にしていた。会える機会が限られているうえに、会えても抱けないということもしばしばある。それでも、遠く離れて会えない間、ずっと先、会えることだけを楽しみにしていた。

そんな気持ちで俺は純姉を待ち続けていた。高二の純姉は胸も体つきも大人のそれに近付いていた。旅館の浴衣を脱がせる。「またオッパイ大きくなった?」と俺が言うと「バカ。」

と言って叩かれた。でも、確かに胸は大きくなっている感じだ。一回ごとのセックスに間隔がある分、純姉の体の成長も目に見えてわかる。俺は丹念に純姉の体を愛撫する。純姉の声も艶かしくなる。

その後はいつもなら俺がソレを入れてということになるが、この日は違った。俺のソレを純姉が口に含んでくれた。「どう、気持ちいい?」そりゃあ気持ちいいに決まっている。純姉の舌が俺のソレに絡んでくると、俺は大きく仰け反った。初フェラの感覚に夢中になってしまった。

俺は「そろそろいい?」と聞いて純姉を制した。純姉が頷くのを見ると、俺はソレを純姉のアソコにあてがう。そしてそのまま意を決してソレを入れた。純姉の喘ぐ声がいっそう大きくなる。俺が腰の一突き一突きに力を入れると、純姉も腰を振って応える。

時間が過ぎ、俺と純姉は快感の中で一緒に果てた。落ち着いてから俺達はこっそりと温泉(男湯)に忍び込んだ。さすがに深夜になると入ってる人はいなかった。この旅行の中で、俺は自分の中での純姉のウェイトの大きさを再認識した。

「純姉、ずっと一緒だからな。」と俺は言う。すると「生意気言って。」と返される。でもすぐに「当たり前じゃん。」と返してくれる。それがすごく嬉しかった。純姉は高校卒業後、首都圏の大学に進学し、その2年後、俺も後を追うように首都圏の大学へ進学した。

本当に幸せだったなと感じたのは、純姉が大学を卒業するまでだった。二十歳を過ぎた頃の俺は、真剣に純姉との結婚について考えるようになった。大学を卒業して、ある程度自分にゆとりができてきたら、純姉を迎えに行く。

それが俺が描いた未来図だった。ある日、そのことを親父に相談すると、俺たちの仲の良さから薄々は感付いていたようで、親父はほとんど反対はせず了解してくれた。これで後は純姉の家庭からOKが出れば、というところまで来ていたが、その純姉の親父さん、つまり俺の叔父さんが反対にまわった。俺は直に叔父さんの家に行き、自分が純姉と結婚したい旨を伝えたが、叔父さんは「社会的偏見」ということを理由に首を縦に振らなかった。

叔父さんも、俺達の関係をある程度は知っていた。しかし恋人として付き合うことと、結婚することとは話が違うということで、俺達の話を真に受け止めようとはしなかった。俺の苦悩は続いた。何度も純姉と話し合った。純姉はその度に俺に謝る。しかし、それがかえって申し訳なかった。

自分の頼りなさ、不甲斐なさ、それが身にしみて俺は泣いた。法律的には確かに認められているのに、それが叶わないもどかしさで苦しんだ。大学卒業後、俺は度々叔父さんの家に出向いたが、門前払いされることもしばしばあった。

幸いだったのは、純姉は家を出ていて、純姉に会えなくなるということはなかった。純姉も叔父さんを説得するも、やはり取り合ってはくれない。叔母さんはある程度、理解を見せているだけに、叔父さんさえ納得させることができれば万事解決となるのだが、その一歩が果てしなく遠かった。俺は半ばあきらめてきていたが、少し光明が見えてきた。

それまで黙って事を見ていた親父が、俺達の気持ちを組み入れてくれたのか、一緒に叔父さんに直談判をしに言ってくれることになった。結果、最後まで叔父さんは同意はしてくれなかったが、純姉の気持ちは尊重する。つまり、叔父さん個人としての立場からは反対だが、結婚を認めてくれた。

俺は素直に喜んだが、純姉は素直に笑ってはくれなかった。「少し淋しいかな。」純姉のこの言葉が全てを物語っていた。これまで頑張ってきたのは結婚を認めてもらうこともあるが、叔父さんの同意をもらうことも目的としてあった。もちろん、成人すれば親の同意なしで結婚はできる。

しかし、純姉の気持ちを考えて、俺はずっと叔父さんに頭を下げてきた。それだけにどこか腑に落ちない決着となったが、こうして、俺は純姉と結婚することができた。結婚式に叔父さんは来てくれた。

さすがに結婚式の時は純姉の父親として、娘を送り出す役を果たしてくれた。結婚してからは、最初は叔父さんのことがあったためか純姉もぎこちなかった。しかしそれも、結婚生活に慣れてくれば普段の純姉に戻る。

いろいろあったけど、本当に結婚できてよかったというのが本音です。今、純姉のお腹の中にはに女の子がいます。出産の時までに、俺は叔父さんにこの結婚を正式に認めてもらうつもりです。

叔父さんとの関係に俺も不安を抱いているけど、それ以上に純姉も不安を抱いてると思う。純姉には安心してその子を生んでもらいたいし、その不安が解消したときが、俺達の本当の結婚生活が始まる時だと信じています。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1355記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。