彼女の妹のオシッコに勃起した変態な俺

ぴゅあらば

21才の時の体験談です。当時付き合っていた彼女と彼女のを車に乗せて金沢から北陸道を走って京都まで行くことになりました。

助手席に彼女、リアシートに妹が座ってました。ちょうどGWだったこともあって敦賀のあたりからひどい渋滞に。それまでずっとしゃべっていた彼女の妹が徐々に無口になって行きました。

トロトロ走行だったので、車に酔ったかな?と思っていました。「どうしたの?」と聞くと「何でもない」というのでそのまま車を走らせていました。次第に後ろからため息のようなものが聞こえてきます。

何か異変を感じた僕は横にいる彼女に手まねきをして、後ろの様子をみるよう合図を送りました。すると後ろから「オシッコしたい」という声が聞こえてきました。敦賀ICを過ぎて少し走ったところなので刀根PAまではまだ少し距離があります。

トンネルの中で停車状態になるので不安になるらしく、ため息が何度も聞こえてきます。「おちゃん、もうダメ。」いよいよ限界であることを伝えてきました。

僕は彼女に何か袋のようなものがないか探してもらったところ、小さいコンビニの袋が出てきたんですがミニマムサイズでした。一応、彼女に膨らましてもらって穴が開いてないことを確認し、リアシートに移ってもらいました。彼女の妹が僕のシートの真後ろに来ました。「その音大きくして。」

彼女がカーオーディオの音を大きくするよう言ってきました。僕はボリュームをあげました。音楽の音に紛れて、後ろからベルトを外す音や衣擦れの音がかすかに聞こえてきます。

僕は仕事でも見せないような集中力を発揮し、後ろの音に耳をそばだてました。やがて何か水の流れるような音が聞こえてきました。その袋にオシッコをしているようです。妹のアソコからオシッコが勢いよく出てるところ想像するとたまらない気持ちになります。

ものすごく興奮しました。アソコは最大限に勃起していました。「ちょっとぉ袋小さい」とか「あふれたらどうしよう」とか、そんな会話が聞こえてきます。もう射精しそうなくらい興奮してます。ガマン汁がにじみ出てるのがわかるくらいでした。

オシッコが終ったみたいで何とか袋の中におさまったようです。「ねえ、どうしようこれ」と言って彼女が袋を僕に見せてきました。中に黄色い妹のオシッコがタプタプしてます。

それを見た瞬間、マジで射精しそうになりました。冷静を装い「袋の口、縛れない?」と聞くと「ダメ。オシッコの量が多すぎて」と言ってます。

渋滞で時々、車が止まるのでそのスキに車の外に捨てに行ってもらいました。ルームミラーで見た妹はスッキリした顔をしてました。「ねえ、何なの?その股間!!」

車に戻った彼女に一番見つけて欲しくないものを見つけられてしまいました。「何ー!?興奮してんの?この変態ー。」「イヤダー、恥かしい。」

姉妹から怒涛のように罵られ、言うことを聞かない愚息を心底恨みました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 828記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。