Twitterで出会った童貞君が10代だった…旦那にも報告

PR

ハチ公前で待ち合わせして道玄坂のロイホでお茶して円山町のラブホで抱かれてきた。お茶代は奢った。ラブホ代も全額出してあげるつもりだったが、相手の好意で折半になった。

相手はtwitterアイコンの顔写真本人だった。別人が出てきたら逃げるつもりでいたので、私の顔は晒していなかった。服装はダウンジャケット・ノルディック柄のVネックニット・チノ・スエードのチャッカブーツ。身長は低めだが細身で小奇麗な若者だった。実際に会ってみると丁寧な口調で、twitterでの印象とは違った。第一印象で、育ちは良さそうだと思った。

ロイホではお互いの話をした。相手はtwitterで逆サバを読んでおり、21歳と表記しているが実は18歳だと言っていた。年上女性相手だと10代は引かれると聞いたからそうしていると言っていたが、確かにその通りかもしれない。

私も彼が10代と聞いて少し気が重くなったというか…性的虐待の加害者になったような…自己嫌悪・罪悪感のようなものを覚えた。犯罪被害者が未成年だった場合、ニュースでは未成年というワードをことさら強調する。それによって加害者の卑劣さが際立つ効果があるので、未成年というのは男性であっても社会的には弱者という認識なのだろう。

彼は大学進学のために上京し、仕送りだけでも充分に暮らせるが、暇なのでバイトをしていると言っていた。非リア充だからどんどん金が貯まるそうだ。でも話している限りコミュ障には見えないし、見た目も浮かないのではないかと思った。私がおばさんになったからそう見えるのだろうか。まあ、女子大生だった頃はもっと男性を見る目が厳しかったかもしれない。

その後、ラブホに行った。どこに入るか決めきれず、しばらくグルグル歩き周った。ラブホは初めてだったが、イメージしていたより部屋のインテリアがけばけばしく無かった。風呂は広かった。浴槽に2人、洗い場に3人くらい居られそうな広さだ。

家を出る前にシャワーは浴びていたが、再度シャワーを浴びた。洗面所にヘアゴムとターバンまで用意されていたのには驚いた。ビジホより全然サービスいいね。これまで若い男に特別惹かれることはなかった。どちらかというと色気を感じるのは年上の上司とか、物事を推し進めることに手馴れている経験値の高い男のほうだった。

ただシャワーから出てくる彼を見てきれいだなと思った。毛穴の凹凸のない若々しい肌が風呂上りで強調されて、より中性的に見えた。若いひとは男女関係なくきれいで美しいと思う。顔のつくりとは別の意味での美しさがあるね。

この感じは、自分が歳を取って失わないとわからないものなんだろうけど。それから抱かれた。自称童貞だし、なにより若いから痛くされそうだという偏見があったけど、痛くはされなかった。こちらから何も言わないのにゴムもつけてくれて、理性的な子だなと思った。生はお互いにデメリットが大きい。

これも一種の草食化?ネットを見ると「こんな男が居てサイアクだった!」的な内容も多いので、一昔前よりAV脳は減ったのかもしれない。若い男性は萎縮しやすい環境に置かれていると思う。結論から言うと相手は2回出して、私はいけなかった。まあ初めての相手でいこうというのも無理な話だと思う。1回目はゴムあり膣内射精、2回目はフェラでいけなくて自分で手コキして私のおなかから胸にかけて出した。

相手の背中がすごくすべすべしていたのが印象に残った。夫は若い頃から背中がザラついていたので。渋谷駅で解散し、利用する路線は嘘をついたので、回り道して駅ビルの階段に移動し夫に電話をかけた。「セックスしてきたよ」と言ったら黙っていた。「今から帰るね」と言ったら「うん」と言った。

家に帰ると珍しく夫がテレビを見ていた。当日に内容を全て報告しようかと思っていたけど、やっぱり小出しにしてみることにする。18歳は別れ際にまた会いたいと言っていたが、私は会いたいのかよくわからない。今後の夫によると思う。

またハチ公前で待ち合わせして、前回と同じホテルに直行した。さすがに部屋は別のところだった。

部屋に入るなり、相手は一緒に風呂に入りたがった。私は嫌だった。風呂場の明るい照明のもと、32歳の全裸がえげつなく顕わになるのは私にとって不快な事態だった。しかし、風呂に妙な憧れでもあったのか異常な勢いで押し切られ、照明を落として入ることになってしまった。

服を脱ぎながら、相手の若さへの気後れを強く感じた。これがおじさんとおばさんの違いなのだろうか。おじさんはここで気後れしない。自分をおじさんだと思っていないからだ。

脱衣所の明かりが扉越しに伝わる広くて暗い風呂場で、二人でそれぞれ身体を洗った。洗いっこなど期待されていたらどうしよう…と不安に思ったが、杞憂だった。相手に見られないよう目を盗んで性器をよく洗った。洗い終わると浴槽に入った。

入るとき、相手のものを盗み見た。90度までは行かない程度の角度で、大きくなっていた。少しの安心感と共に、向き合って入浴する。その状態で少し会話をした。しかし浴槽が広いため、身体がよく見えてしまいそうで不安になった。

前回、明かりを消してベッドでしたときよりも、風呂の中は明るかった。何よりベッドでは布団をかけていたので、身体はあまり見せずに済んだ。私は相手を手招きして、私の胸に相手の背中をもたれかからせるようにした。

浮力のため重くは感じなかった。相手を後ろから抱いた。私の乳房が相手の背中に密着する。お湯の中にいるから肌がさらにすべすべに感じる。夫よりずっと小柄で華奢な身体。男にしては細くてまばらだけれど、女のものよりは長い腕毛。

痴漢をしているみたいで、身体の中がざわついた。私は今おそろしいことをしている。両親に顔向けできない。乳首を摘むと、相手は息をのんだ。

乳輪を爪の先で軽く掻いた。乳首の先をくすぐった。相手は少し息を乱した。私の身体を触ろうと手が動いたが、足の甲までしか触れなかった。へそを軽くくすぐり、腹を撫でた。脂肪のうすい腹。そのすぐ下に腹筋があることを感じる、若い腹。

乳首を触りながら、もう一方の手で腹を撫でたり、陰毛をくすぐったりし続けた。呼吸を聞いていた。筋肉が引き絞られるのを感じていた。湯の中で、相手のそれは勃起していた。

私は乳首と腹を触りながらそれを見ていた。のぼせたので湯から上がり、相手は洗い場で自分でしごいた。最終的に、キスしながら、私の腹に向けて射精した。

私たちはあまり段取りが上手くない。風呂から上がって、夫に「○○君がお風呂場で射精した。今からセックスする。」とメールした。それから普通にセックスした。乳首をたくさん舐めてくれたが、そのほかは特に書くこともない。

痛むほど乾いてはいなかった。イクほど感じることは無かった。相手がゴム内に出して終わった。終わってから、相手がディズニーシーに行きたいと言い出した。行きたくないと言うと、なぜかと聞かれたので、行列が嫌いだと言っておいた。相手はすぐに引き下がった。

若い頃は平気だった人ごみが、歳をとって無理になったのは事実だ。しかしメインの理由は、相手には言わなかったが、三十路と十代の男女二人組なんて、はたから見てみっともないからだ。ホテル代は、また折半だった。

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1917記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。