私の姪っ子と…成長するにつれて…ついに!!

PR

かおりさんから投稿頂いた「 私の姪っ子と…」

私のお家に泊まりにくる姪っ子のあきちゃんとのお話。

姪っ子、あきちゃんは、小さな頃から我が家に来てるの。
我が家の家族みたいな存在。

あきちゃんのご両親も共働きで、うちと同じで
ほとんど家に居なくて、夏休みや冬休み、連休とか我が家に来てたの。

あきちゃんが家に居るときは、いつも一緒だった。
ご飯食べたり、テレビ見たり、遊んだり、お風呂もはいるのも、寝るのも一緒。

さすがに、私も高校生になったし、寝るのは別で寝てるけどね…
今でもたまにお風呂に入ったりもするよ。

私が小5になってからだったかな?
あきちゃん、私を洗ってあげるって言って、洗ってもらった。

小6の時からかな?エッチっぽい洗いかたに変わってきたの。
私の身体もだんだん成長してるし。

もちろん、小5で大学生のお兄さんに処女奪われてから、何人かの人とエッチしたし。
気持ちいいってこと…大好きだし。
あきちゃんに洗ってもらうのも嫌ではなかったし。
泡泡に泡立てた手で、私を洗ってくれたの。

身体全体を洗ってくれた後に、お尻→胸→アソコって感じで。
洗いあっこしてたから自然としてた感じだった。

お尻を撫でるように洗ったら、また泡立てて、胸を揉んだり、感じる乳首を摘ままれたり、全体に撫でられたりして。

私、喘ぎ声を我慢して、感じてるのに、感じてないそぶりをしてたの。
でも、身体がビクッビクッって震えちゃう。
喘ぎ声を我慢して…

そして、私が中学生になり部活も始まって、たまにしか一緒に入れなくなっても、あきちゃんとは入れるときに一緒に入ってたの。

小5になったあきちゃん、おち〇ち〇も少しずつ立派になってきてた。
皮かむりだから、ちゃんと清潔にするんだよって剥いてあげたりして。
このとき、あきちゃんのをシコシコ手で擦ってあげて白いのを出す事も教えてあげたの。

私もセーブしなきゃいけないのに、私がそんなことするから、あきちゃんったら、私のをじっくり見たいっていってきたの。

見せて上げて、感じるくりちゃんも、おち〇ち〇のはいるところも教えてあげました。
お風呂の浴槽に腰を掛けて、いじってもらったりしてたの。

中学2年になり、あきちゃんも少し背が高くなったり、成長してくなか、あきちゃんのおち〇ち〇も大きくなってた。

私もお毛毛が映えてきてたけど、あきちゃんに全部剃られちゃった。
あきちゃんにね、アソコを舐めてもらったのも、このとき初めてだった。

私も、あきちゃんのを、お口でしてあげたのも初めてだった。

中学三年の時、あきちゃんのを受け入れました。
もちろん、避妊もして。
剥いてあげたりしてたから、痛さもないようで。

私が高1になった夏休み。
昨年の事。

暑いから、お布団着ずに、タオルケットで寝てました。
昔から、パジャマも下着も着けずに。そう、裸で寝てたの。

あきちゃんが私の部屋にそっと入ってきた。
部屋に入ってきてた時から気がついていたんだけどね。

私の足を触りだした。
うとうとしてたけど、目が覚めた…
でも寝たふり(笑)
気がつかないふりをして。

私のエッチなおまん〇があきちゃんに見られてる。
あきちゃんのエッチな悪戯が始まった。

タオルケットをめくられて、
どうしてるか、寝たふりしてる私には見えないから、逆にちょっと興奮しちゃった。

あきちゃんの指が、私のアソコを広げてきた。
優しいタッチだった。触れる度に私の身体がビクビクしちゃう。
あきちゃんの指が、敏感な部分を弄ってくる。

私:『ハァ、ハァ』いつもより感じたの。
わざと目をつぶって見えないから興奮しちゃってる私。

どんどんエッチな気分になってきた。
あきちゃんが舌で責めてきた、
指は秘密の下のお口の入り口を弄ってる。

私:『ハァ、アッ、アン、な、なに?なに?』

もう逝きそうで寝たふりも限界。

私:『イヤン、あきちゃんったらダメだよ!何してるの?朝から、お母さん達にバレちゃうよ?アン、イヤン、アッ、ダメ、感じちゃうから、ダメよ』
身体は…エッチな事待ってるのに 。

あきちゃんの責めに、ビクッビクッって震えるの。
彼:『叔母さん達出かけてもう居ないよ。

僕ら二人だけだよ。』
『かお姉、もうお漏らししてるみたいにビチャビチャになってるよ。』
私:『イヤン、恥ずかしいっ!言わないで!アン、ダメェッ!』
私:『きっと、あきちゃんのよだれで濡れてるんだよ』
彼:『これが僕のよだれなのかなぁ?』
溢れた出てきてる愛液を指につけて見せつけてきた。

私:『もぉ!そんなことしちゃらめ!』
『もぉ!ダメだよぉ、朝から。朝ごはんの支度するから待ってて。』
彼:『え?じゃ、止めちゃう?』

・・・男の人って女の人にエッチな事を言わせるのが好きなの?これ読んでる皆さんはどうなの?(笑)

私:『もぉ、言わせないで。』
彼:『じゃ、どぉするの?』
私:『お願い、あきちゃん、もっとしてぇ』
『私のおまん〇いっぱい舐めて気持ちよくして?』
『くりちゃんを舐めて。』

枕で顔を隠して言いました。
顔が真っ赤になっちゃう。

彼:『じゃ、じっとしててね』
私:『うん、何?何?』
彼:『ま、いいから、取ったらダメだよ』
昨夜使ったタオルを使って目隠しされたの。
私:『これじゃ、見えないよぉ』
彼:『きっと良いかも』
と、突然、ベッドに倒された。
私:『きゃっ!』

おっぱいを揉まれながら、あきちゃんの舌が乳首を責めるの。
彼:『かお姉はこうされるのが良いんだよねぇ 』
舌先でソフトにゆっくり円を書いたり、転がすように乳首を舐められたの。

見えないから、敏感に、感じとれるように、あきちゃんの責めを感じたの。
舌で大きくおっぱいのまわりを舐められるのもいい。
でも今日はエッチに音をたてながら吸われたり、舐められたりしたの。
見えないから、なんかいつもより興奮しちゃった。

でも見たくなるからはずそうとしたら、
あきちゃんに注意された。
あきちゃんは部屋にあった私のベルトを使って両手を縛って、ベッドの柵にくくりつけられたの。

彼:『なんかSMみたいや』
両手を万歳みたいに上にあげられて自由がきかない私。

彼:『かお姉のここ、どうなってるかわかる?』
私:『イヤン、言わせないで、ね?お願い、手をほどいて』
彼:『目隠し取ろうとしたから罰だよ』
『ジュルジュルジュル』
彼が…溢れた愛液を吸ってる。

私:『イヤッ、アァッ』
彼:『ピチャピチャッ、ジュルジュル』
舌で舐められたり、吸われたりした。

彼:『かお姉のここ、ヤバい、ヤバいよ。さっきよりもいっぱい濡れてる、洪水だよ』
彼の細い指が秘密の下のお口を出たり入ったりしてる。

私:『イヤッ、言わないで、アァァン!』
(『目隠ししてるだけなのに、きもちいいっ!熱いっ!熱いの!』)
腰が勝手にくねくねして動いちゃう。

(アッ!イイッ、イキソウッ!もっとしてっ!)
『ジュブジュブ』
彼のおち〇ち〇が入ってきた。

私:『アァァァァァッ』
彼:『かお姉、声が大きいよ』
私:『イヤッ、イイノ、キモチイイッ!モットシテッ!』
はしたなく腰をふってた。

彼が私の口をふさぐ。
彼:『かお姉、声が大きいって』
彼が腰を動かして…彼自身が私をゆっくり突いてくる。

私:『ウググググ~!』
こんなに感じたのはなんか久しぶりだった。
彼のおち〇ち〇で、初めて逝かされた感じ、もっとしてほしかった。

彼も果てそうで私から離れて、
お口にくわえさせられた…
私の口にたっぷり注がれた。
ゴックンしてあげました。

しばらく彼の舌と指で何度逝かされたのかな?私:『だ、ダメ!もうだめっ!』
って彼を止めようとしても、両手を縛られてるから何にも出来ない。

?目隠しされてるから顔も見れない。
彼は止めるどころか楽しんでるみたい。

私:『あきちゃん、ほんとにダメ、ちょっと休ませて、お願い!』
やっと休ませてくれました。
両手にはベルトの跡がついちゃった(笑)

彼:『かお姉、気持ち良かった?』
私:『めっちゃ感じちゃった。ヤバかった。』彼:『僕も興奮しちゃった』
私:『ほんと?』
彼:『かお姉、ヤバかったもん』
彼:『も一回する?』
私:『うん。したい』

『あのね、あきちゃん?目隠しって知ってたの?ね?こんなの知ってる?』
私は、タンスから前に大学生のお兄さんからもらったローターを取り出して、彼に見せたの。電池がなかったから、動かなかった。裸で下に行って、電池を取ってきたの。

う”~ん電池を入れ換えたら動いたの。
目隠しされて手を今度はタオルにして、万歳しないで縛ばられて、ローターを使ってもらった。

ピンクローターって言うのかな?
彼のおち〇ち〇と太さが似てて、濡れてるおまん〇に挿れてもらった。

私:『痛いからも少し弱くして』
初めて使う彼にはきっとわからないと思うけど、ちゃんと言ったらその通りにしてくれた。

なんか気持ち良いんだけど、不思議な感じだった。
私の中でう”~んっていってる間に、敏感な部分を弄ってもらった。
お互いに舐め合える様に、彼に跨いでもらった。

手が使えなくてお口に彼自身を入れてもらって舐めてあげたけど、うまくいかずに手をほどいてもらった(笑)

私のお口で大きくなってきたから、なんか嬉しくて愛してあげたの。?
またじっくり責めてもらいました。

玩具を使って、いっぱい感じさせてもらった。
でもやっぱ、私にはあきちゃんのおち〇ち〇が良いや。

え?そのあと、もちろんいれてもらったよ。。。

 

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. 匿名 より:

    書き手の私が女で、相手が男なら、
    少なくとも相手は姪じゃなくて甥のまちがいだろ

  2. ベルト より:

    甥甥、姪わくな話だな

  3. ポチ君 より:

    文脈バラバラ 時系列も無茶苦茶
    姪と甥の区別もつかない

    あなた文章角才能無いからもう投稿しない方が良いよ

    1. 匿名 より:

      あの、あなたも同じですねw
      てか、「あなた文章角才能ない」って「角」間違ってますよぉ〜
      た・だ・し・くゎ〜「書く」だよ?
      わかりましたか?

    2. 匿名 より:

      プッ
      ですって
      お返事は?WW

  4. 感想 より:

    書き方がわざとらしいです。○○なの、とか…

  5. 黒猫 より:

    結局馬鹿な餓鬼の妄想か

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1279記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。