体験談を書いてみよう〜

エッチな現場を見ちゃった、セックスなどを見られた

偶然やこっそり(堂々と?)エッチな現場を見ちゃった、エッチしている現場を他人や知り合い、身内などに見られた体験談を投稿してください。

94 COMMENTS

匿名

ある日、仕事から帰って来たら、娘の部屋から喘ぎ声が聞こえた
襖をそっと少し開けて見たら娘がベッドでオナニーしていた
パンティ脱いで脚開いて指出し入れしている
もう、ちんぽもぞもぞして来た
オナニーしているベッドの側に行ったが、夢中でおなっている
俺はファスナー降ろし、チンポ出してシコシコしながら見ていた
すると、娘「お父さん、オマンコ疼いてどうしようもないの!このオマンコどうにかしてぇ?」
俺が側にいることを知りながら、おなっていたのだ
俺は、ズボンパンツ脱ぎベッドに上がった
そして、もう濡れ濡れのオマンコをレロレロチュバチュバ・・膣に指入れて・・・
エビぞりになり、喘ぎ悶える娘・・・正常位でオマンコにチンポ挿入
ズッコンバッコン・・ズッコンバッコン・・・・・
キツマンの娘のオマンコたまらん
中出しはだめだと思い、チンポ抜いておっぱいに射精しました

返信する
匿名

数年前のある日、具合が悪くなったので会社を早退して帰宅した。
そうしたら、何やら隣の寝室から喘ぎ声らしき声が聞こえた。
そっと襖を開けて覗いたら、母と見知らぬ男がセックスしていた。
その翌日、俺「お母さん、昨日見知らぬ男とセックスしていたでしょう?」
母「あら!見たのね!・・・お父さんには言わないでよ」
俺「内緒にしとくから・・・お母さん俺ともしてぇぇ?」
母「ベッドに行きましょう」
ベッドに行くと、母は自ら服脱いで全裸で仰向けに寝た。
俺も全裸になり母の上に乗っかった。
おっぱい揉み揉み舐め舐めすると、母は乳首勃起させ喘ぎ悶えた。
母の脚広げてオマンコ舐め舐め、母も俺のチンポ咥えてフェラ。
その後は母のオマンコに生チンポ挿入しズッコンバッコン・・ズッコンバッコン・・
母は俺のチンポが良かったのか何度もイッタ。
最後は、母のオマンコに中出し。
それからは、俺から誘ったり、母から誘ったりして愉しんでいる。

返信する
匿名

25歳の時、自分の部屋のベッドでオナニーしていた
その時、姉が見ていたんだけど、俺はオナニーに夢中で最初気が付かなかった
ティッシュに出さねばと思い、ティッシュを取ろうとした時、姉が側で見ていることにきずいた
姉「自分でしないで良いよ!私がしてあげるわよ」と言ってチンポ握ってシコシコしてきた
俺は姉がするままに任せた
姉「あなたのオナニー見て興奮してたのよ、私もオナニーしながら見ていたのよ」
と、ベッドに上がって、姉は自分のマンコ弄りながらフェラした
姉「ねぇねぇ、挿れたいわ!挿れて良いでしょ?」
俺「嬉しいなぁ・・・・」
お互いすっぽんぽんになって姉と合体し、最後は、チンポ抜いて腹上に射精した

返信する
匿名

私達夫婦は露出が趣味で休暇には毎回妻をノーパンにさせて外出先で楽しむのが定番になってましたがある時若い男性が妻の後から離れないのでノーパンだと気付かれる事を妻に話したらすでに太ももからマン汁が垂れ始めていたので若い男性を振りかわし物陰に隠れてマンコに挿入してたらその男性が近くまで来て私達のSEXを除き見ていたのが分かったので逆に見せ付ける様に妻を全裸にして犯してやりました。

返信する
ベストワン

「ダンスしてる女子のホットパンツからパンツが見えた話し」。

俺が小6の時お楽しみ会って言うのがあって俺は何もしなかったけど女子数人がダンスをするというのだその時は流行っていたポッキーダンスを踊っていると俺の前にクラスで一番かわいい女子がきて見ていたらホットパンツの隙間から英語が書いてある濃いピンクのパンツが見えたのだ。
その女子が視線に気付きすぐに隠したがみんなから丸見えだった。

返信する
匿名

丁度良い掲示板を見つけたんで六年前に目撃した現場について投稿します。母特徴が五十代突入辺りの◯田久子似で街中にて若い知人男と偶然会ったようにも見え、母がピタパンに無地タンクトップ姿。男から両脇の下をくすぐられ思わずたまらずアハハハハハと笑い悶えていたというか大笑いしていました。続きます。

返信する
匿名

中学に入った頃、なんか毎日ちんちんの奥にいっぱいたまってる感じで、むずむずしてしょうがなかった。朝起きたらパンツに夢精してることがあって、その日はすっとしてるけど、次の日になったらまたむずむずで、どうかなってしまったのかって本気で思ってた。
ある日学校いったら、始業前ちんちんの奥がむずむずしてしょうがなくて、たちかけでやばいから、校舎の裏にいってがまんできなくてちんちんもんでた。気持ちいいなあて思ってたらなんか出そうになってきて、こらえられなくてやばいって思ってズボンからちんちん出したら、いきなりびゅーびゅーって何回も射精した。夢精以外ではそれが初射精だった。立ってられないくらい気持ちよくて、やっと出るのが終わってふうふういってたら、「どうしたの」って養護の先生が来て見てるから、あわててちんちんをしまったら、「下着につくよ。こっちいらっしゃい」って保健室に連れてって、濡れたタオルでちんちんとパンツをふいてくれた。そのときはまだ毛もぜんぜん生えてないし家でもちんちんまる出しで歩いてたし、先生にふかれながら見せてた。先生もちんちんをにぎってふきながら見てた。そのとき先生は25くらいだったと思うけどどう思ってたのかなあって思う。

返信する
彼女居ない歴○○年

「もしかして僕のせい?」。

今から24年前の夏に、とある電車に、ロングシートに座って乗っていた時、途中駅から、純白のツーピース姿の小学生くらいの女の子が、お母さんと一緒に乗って来て、僕から少し離れた、向かいのロングシートに座りました。

女の子は、電車に乗った直後から、大股開きで座っていたので、ミニスカが開いて純白パンツが丸見えになっていました。

しばらくすると、女の子は、大股開きで座っているのに気付いたお母さんに、足をひっぱたかれてしまい、すぐさま、足を閉じてしまい、純白パンツは見えなくなってしまいました。

もしかして、僕がじっと女の子の純白パンツを見ていたせいで、お母さんが、女の子の態度に気付き、女の子は、お母さんに、足をひっぱたかれてしまったのでしょうか?

返信する
オトコギライ

わたしの家は母が病弱だったので、夏休みなどでプールに連れていく役目は父が担っていました。小学生になっても男子更衣室で着替えさせられて、嫌な思いをしました。プールに行きたくない、女子更衣室で着替えたいなどと逆らうと怒鳴られ、下手したら殴られますから我慢しました。

辛いのはプールから上がった着替えの時です。タオルで体を隠すことは許されず、拭いたら全裸で下着を渡されるまで待ちました。そのとき、わたしのツルツルのワレメに、周りの男性全員の視線を感じました。それは大袈裟ではなく、熱視線が注がれるという感じでした。

いまでもその感覚をはっきりと思い出せます。ワレメを食い入るように見るいくつもの目。男はみんなタヒねばいいと思います。

返信する
某ちゃん

タイトル
祖父と父親がグル?となって、母親のおっぱいと染みつきパンツを晒す。

名前は、いずれも仮名とします。

祖父=K

父親=S

母親=T

K「しょうじくん、今夜家に行っても良いかな?」

S「構いませんけど、どうしました?」

K「ゆうくんが、ともこのおっぱい飲んでるところ写真に撮ろう思って」

S「え、まぁ写真撮られるの好きですからねぇ」

そうして、夜になり父親、母親、姉とご飯を済ませた。

S「あ、今日お義父さん家に来はるわ」

T「何しに?」

S「なんか、ゆうくんの写真撮りたいみたい」

T「ふぅーん」

しばらくして、来た。

K「じゃあ、ともこはそこ座ってくれるか?」

T「うん…」

K「ゆうくんは、ともこのひざに座らせて」

T「うん…」

K「じゃあともこおっぱい飲ませてあげて」

T「えっ…」

K「いいから、飲ませてあげて、しょうじくん、居てるし怖くないやろ?」

T(内心)(そういう問題じゃない)と思う

ともこの服装は、この日はジャンパースカートだったので、おっぱいをあげるにも必ず両方の肩ひもをほどかないと行けない。

ほどいた瞬間

K「お、良い感じ、良い感じ。」

K「ちょっと待って!ともこ、ゆうくんの足ちょっと、落ち着かせて」

K「うん、そんな感じ、そんな感じ」

T(内心)(パンツが見えてしまう…恥ずかしい)と思う

少し半泣きになった、ともこ

K「何も泣かんでええがな、もうちょいやわ」

K「待って、ともこ、それおっぱい吸わせてるか?もっとはっきり見せて」

おっぱいが露わに。

T「お腹痛い…」

K「ならスカートのボタン外そか」

T「えぇ!!」

祖父によって、ボタン外され、更にパンツが丸見えに

K「おっ!いい感じ、いい感じ」

もう、ともこは祖父の言うがままとなってしまった

汗水と一緒にパンツにはシミまで出来てしまい、染みつきパンツと、おっぱいまでも晒された写真が出来た。

父親は黙って、その場で笑みを浮かべていた。

K「しょうじくん、写真出来上がったら、2枚あげるわな」

S「あ、ありがとうございます」

ともこは撮り終えた後、泣きじゃくってしまった。

ちゃっかり、祖父も写真を焼き増しした。

K「お母ちゃんには内緒やで」

と言うものの、祖父の写真は祖母が作ったアルバムに貼り付けられた。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。