エッチ体験談 15,000話 突破!!

重●さと美さんに似た妻は性体験豊富でした

愛妻家さんから投稿頂いた「重●さと美さんに似た妻は性体験豊富でした」。

3歳年下で現在33歳の妻は、●盛さと美さんに間違えられるほど似てる可愛い女性です。
それだけに、大学時代はミスキャンパス、就職後は商店街のミスコン女王とその美貌を活かしてきました。

私が商工会の青年部だった27歳の頃、24歳だったミスコン女王の妻と知り合い、私も妻も結婚適齢に近かったので、あれよあれよと事が進んで、私29歳、妻26歳で結婚しました。

妻を初めて抱いた時、とても24歳とは思えぬほど男慣れしていて、私の方がタジタジでした。
キスも上手いし、さりげなく陰茎に振れる手さばきは即勃起するツボを一撃でしたし、フェラは絶品の舌使いでした。
そして何より、小さめだけれど紫色に変色した陰唇と、完全に包皮から剥け出た陰核は、人妻並みの性体験を物語っていました。
「大学時代、モテたみたいだね。」
「大学出てからもモテてたわよ。私の男性経験、気になる?」
「そりゃあ、こんなに純情そうに可愛い顔してる女の子が、ベテランのオマンコしてりゃ秋になるよ。キスもフェラも上手だしね。」

妻の初体験は大学入学直後、大学で一番のイケメンで、モデルのバイトもしてる先輩でした。
その後、1年生でミスキャンパスになり、美男美女カップルと言われましたが先輩は4年生で、間もなく卒業、その後はサッカー部の主将、地方の戯行の御曹司、バイト先の専務、家庭教師をした男子中学生の童貞を奪うなどなど、大学時代で10本の陰茎を味わっていました。
サッカー部の主将とは、安全日には抜かずの五発を決められたとか、バイト先の専務には白目を剥くほどイカされたとか、かなりのツワモノでした。
しかも、妻は商工会会長にも一度抱かれたそうで、
「さすがにフニャフニャで、前々期もついよくなかったわよ。」
とあっけらかんと言い放ちました。

そういう話はセックス中に聞き出しています。
「今までで一番良かったチンポは誰のチンポ?」
「○○君。大学のサッカー部の主将だった・・・ああん・・・何回も射精してくれた・・・」
「二番目は?」
「バイト先の専務・・・入れてから射精まで1時間もかかるの・・・気を失っちゃった・・・」
私の名前はなかなか出てこないんで、嫉妬でいっぱいになります。
特に、妻の初中出し相手だったサッカー部の主将とのエピソードは、嫉妬に狂いますね。

可愛いロリ顔女子大生だった妻の膣には、サッカー部の主将だけでなく、安全日にはバイト先の先負、家庭教師をした男子中学生の精液も思いきり出されています。
それ以外の人は、定期的なお付き合いじゃなかったから、中出しどころか生入れもさせなかったそうです。
女子大生時代に酷使されて紫色の陰唇になった妻ですが、
「いくら好きになった人でも、中出しはさせちゃダメでしょ?こんなふうに奥まで入れられて、ピュッピューーーッて出されたんだろ?妊娠したらどうすんの?」
「ああん、いっぱい中出し許してごめんなさーい。」
こんなプレイをしてる、子供が二人いる結婚7年の夫婦です。

2 COMMENTS

おめこ相談所

男女関係を円満にするには
お互いの過去は受け入れないことですよ

返信する

コメントを残す