エッチ体験談 13,000話 突破!!

舎弟?

龍之介さんから投稿頂いた「舎弟?」。

昔、粋がって絡んできた馬鹿をボコボコにしたことがある。
そしたら数日後にまたそいつが現れて「舎弟にして下さい!」と言ってきた。
「舎弟なんざいらねーよ!」と突っぱねたら「何でもします!靴の裏を舐めろと言うなら舐めますからお願いします!」ってしつこいんだ。

うんざりして無理難題を吹っかけてやろうと「何でもするんだな?じゃあ俺のチンポしゃぶれ」と言ったんだ。
「はい!兄貴のチンポしゃぶらせていただきます!」と躊躇する素振りも無くしゃぶられた。
元々ゲイだったのか知らないけど、やたら慣れた感じで上手かったから口の中に射精したら飲みやがった。
「兄貴のザーメン美味いっす!これで舎弟にしてもらえますか?」とキラキラ目を輝かせて聞かれたから、仕方なく舎弟にした。
どこに行くにも荷物持ちと運転手として使い、週一でしゃぶらせて精子を飲ませる。
そんな扱いしてるのに兄貴と慕われ続けた。
だんだんこいつが可愛く思えてきて、「おい、ケツ出せ。しゃぶらせるのも飽きてきたからお前のケツ穴使わせろ」と、ある日いきなり命令してみた。
「はい!いつか兄貴にそう言われると思って広げときました!存分に使ってください!」と嬉しそうにケツ出したんだ。
しかも脱毛してるのかツルツルで男のくせに妙に綺麗なケツしてやがった。
「中も綺麗にしてあるんだろうな?」「はい!抜かりありません!生でも平気っす!」と、準備は出来てると自信満々。
ローション代わりに唾垂らして生チンポぶち込んでやった。
「ああ!兄貴に使ってもらえて幸せっす!遠慮なく中に出してください!」と恍惚としてる。
クソ!こいつのケツ穴めちゃくちゃ良いじゃねーか。
「おい、こっち向け」「なんすか?むぐっ!」「なかなか良いケツ穴してるからな、ご褒美だよ」とキスしてやった。
「兄貴ぃ…俺兄貴の舎弟になれて良かったっす!」涙浮かべて喜んでたな。
「そろそろ出そうだから中に出すぞ」「お願いします!」中出しを期待した目で見つめられる。
一週間分溜まった精子を注いでやった。
「ああ…兄貴のが流れ込んでくるっす!嬉しいっす!これからも俺を好きに使ってください!」ケツ掘られてここまで喜ぶとは思わなかったな。
しかも自分のケツに入ってたチンポを「ちゃんと綺麗にします!」としゃぶってきたんだ。
可愛いし楽しい奴だと思ったよ。
俺はホモでもゲイでもないが、こいつは良い拾い物したと思う。
この日から毎日しゃぶらせて、ケツは週一で使った。
そしたら態度が少しずつ女っぽくなり始めて、「すみません、暫く暇をください!」と言われたんだ。
嫌になったかな?と思って「おう、好きにしろ」と言ってやった。
それから暫くこいつは俺の前に現れなかった。
そんである日見慣れない女が俺の前に現れた。
「お久しぶりです兄貴」「誰だ?」「俺っす!兄貴のお陰で目覚めて女になってきました!」「お前まさか◯◯か!?」
そう、性転換手術して戻ってきたんだ。
顔も整形したらしくて全然違う顔になってる。
「マンコも作って胸も作ったんで、全身で兄貴のお世話が出来る様になりました!」と良い笑顔で言われたよ。

1 COMMENT

さゆ

最高ですね。私も素敵な優しい兄貴の舎弟であれば、性転換手術でオマンコに変えて、毎日チンコを膣深くに入れられて、毎回生中出ししてほしいですね。お互いに愛が芽生えたら、戸籍性別も兄貴の異性の女性に変えて結婚したいです。

返信する

コメントを残す