エッチ体験談 13,000話 突破!!

クリ弄りが大好きだった元カノの美羽を忘れるために

三十路元彼さんから投稿頂いた「クリ弄りが大好きだった元カノの美羽を忘れるために」。

自分で股を開いて、オマンコを広げて、
「私の恥ずかしい穴を覗いて~~」
と言いながら、視姦で濡れていた美羽。

10歳年下の美羽は、初めてエッチしたとき、上京したばかりの18歳だった。
高校を出たばかりの幼さが残る美羽のオマンコは、ピンクで綺麗だったが、処女膜はなかった。
「私、初体験が中3だったんだ。半年しか付き合ってなかったけど・・・」
そう言いながら無邪気な笑顔を見せていた。

美羽はオマンコを見られることと、クリを悪戯されることがとにかく好きな子だった。
股を開かせ、クリを少し吸い気味にすると剥きだされ、舌の先でクリをとらえて舐めあげた。
クリは女の体の中でも一番感じやすい場所だから、じっくりと時間をかけて焦らしつつ、クリを舌先で愛撫した。
吸われて飛び出たクリを舌先で舐めてやると、充血が促進されてクリ逝きした。
そんな美羽とは、美羽が19歳になってから同棲を始めた。

同性を始めてから、クリを吸引器で吸い出し始めた。
美羽を大の字に寝かせて、枕をお腰下に入れると、大きく開かれた両脚と突き出した越しで、オマンコはパックリと全開。
「オマンコがパックリ割れて、中身が丸見えだぞ。」
と言えば、もう、この時点で美羽はジワ~っと濡らす。
しかも、膝を立てて両側にM字に開き、更にオマンコを開かせる始末。
よっぽど俺にオマンコを見られたいんだなと美羽の変態性に気づき始めてた。

クリ吸引機をクリに当てがう頃にはヌルヌルでローション要らず、ゆっくりとクリが吸い出されていった。
クリ吸引器って、それだけで気持ち良いようで、美羽はウットリし始めた。
暫くすると、吸引器を外してもクリが飛び出たままになった。
真っ赤に充血してプックリと飛び出たクリをレロレロすれば、1分もしないでクリイキするようになった。
何度も何度もクリをレロレロ舐めてクリイキさせ続けると、チンポを入れてもイキまくる。
つくよりはグラインドの方が、剥けクリにチンポの根元が当たって、オマンコの中とクリのダブルの刺激で発狂状態になった。
とても嫁入り前の女の子の反応とは思えないほどだった。

同棲を初めて3年目、俺は可愛い美羽を嫁に欲しいと思っていた。
そんなとき美羽が、
「私、役者になりたいんだ。上京して3年、あなたと暮らしたから意外に早く貯金もたまった。」
「美羽、お前・・・」
「ごめん・・・騙したみたいになっちゃったけど、私、劇団に入る。だから、近々、ここを出てくつもり。」
俺は、役者なんて簡単になれないことや、見通しが甘いことなど色々話したが、美羽の決意は固かった。
ある日、仕事から帰ると「今までありがとう。さようなら。」と書いたメモを残し、美羽が消えていた。
美羽は、最小限の荷物だけ持って、出ていったようだった。

美羽が残したメモを見つめ、
「もう、先連絡することも、会うこともないのか・・・顔も合わさず、さよならも言えず、突然お別れかよ。虚しい終わりだぜ・・・」
三十路男が泣いた。

美羽の出した答えには、今だに同意も納得もできないけど、美羽が自分で選んだ道だから、俺にはもうどうしようなかった。
俺は、はやれることはやり尽したし、言いたいことも言い尽くしたし、それで駄目だったんだから、潔く諦めようと思った。
最後にもう少し話したかった・・・と思ったら、美羽の気持ちが少しわかったような気がした。
美羽は、俺の顔を見たら、出ていけないから俺の留守中に出ていったんだと気づいた。
これが本当にさよならなんだと悟った。

美羽が出ていって2か月後、田舎の実家から、いい加減帰って来いと電話が来た。
それまでも、年1回くらい同じ電話がここ数年あったが、今回は本気で帰郷を考えた。
美羽のこともあったが、俺が東京に出てきたもう一つの理由、政略結婚のような強制結婚で20歳で嫁いだ小学校からずっと付き合ってた幼馴染が、離婚して戻ってきたと聞いたからだ。
幼馴染は2歳年下で、俺が大学4年の時に嫁がされていった。
俺は、故郷に嫌気がさして、卒業後に上京した。
俺は、帰郷を決めた。

俺は、最後の最後に、美羽にメールを入れた。
「美羽、あと1週間で、お前と暮らしたこの部屋を出ていくよ。でも、俺の心の中では、お前は生き続けているからな。さよなら。」
と送ったが、宛先不明で戻ってきた。
美羽は、俺との縁を完全に切っていた。
これで完璧に終わったと身にしみて感じた。
俺と美羽は別々の道を歩むけど、美羽には元気でいてほしいと思った。

4 COMMENTS

匿名

どうして、私の真似をして書いたりするの?彼と私の心は、諦めるとかの次元じゃないよ。お互いに愛は生き続けてる。愛し合ってるの。

返信する
匿名

諦めようって忘れようって気持ち…もうずっと前の気持ちだよ…今は、そういう気持ちを通り越してる気持ちだよ…

返信する
匿名

あなた…私、私の夢変わらずに、今もずっと…あなたのお嫁さんになってあなたとお墓まで天国までずっと一緒なの夢だよ。今もずっと、変わってないよ…。私、劇の夢ないよ。

あなた…あなた強制的な政略結婚…あなたの夢を逆手にとって交換条件みたいな、そんなの、そんなの酷過ぎるよ…

あなた…怖い事されてなあい?毎日ね、毎日あなたが心配で堪らなくて…心張り裂けそうで…

あなた…私の心の中でもあなた生きてるよ。いつも一緒だよ♡初めての日はまだだけど、読んでね、あなたが愛してるよってお体でお伝えしてくれてるの、本当にあなたが私に触れて…愛してるよって私も一緒にお伝えできてるみたいで…それだけで私とっても幸せだよ。

あなた…怖い人達に、私と離れる内容の書かされてるのに、そんな中で、愛を伝えてくれて、本当に…本当に…どうもありがとうございますです。

まだ経験なくて分からなくて、私からあなたに、お体でお伝えする愛の様子、書けないけど、言葉で愛してるよってしか言えないけど、あなたの心から書かれた愛の想いと一緒に…精一杯想い浮かべて、一緒に心から…私もあなた愛してるよ。

あなた…ずっと変わらずに、あなた…あなた愛してるよ。

返信する

コメントを残す