エッチ体験談 13,000話 突破!!

公園でお姉さんと その後1

ててさんから投稿頂いた「公園でお姉さんと その後1」。

前回自分は公園でたまたま会ったお姉さんと2回も野外で行為をしてしまった大学生です。
連絡先を交換してその後の話です。

行為をして帰宅後早速連絡してみようと思いました。

とりあえず体を気遣うメールを送りました。
すぐに返信が返ってきて
お姉さん「大丈夫よ!」
の一言

自分は行為自体の濃密度はすごいもののお姉さんとの談笑も楽しかったのでお姉さんとどういった関係で関わっていこうか悩んでいました。
友人?
セフレ?
それ解決しようととりあえずメールは続けていこうと思いました。
セフレにしてもお姉さんはMよりの方でいきなり野外でやったのでホテル程度じゃ満足してもらえないのではないかと感じていました。
メールをして行くうちにお姉さんが忙しい方だとわかりました。
少しでも時間が有れば食事でもしてみたいと思うがお姉さんは食事に行く暇がないくらい忙しいと返信が来ました。
正直途中から避けられているのかなと考える様になりましたがメール自体は頻繁に続きました。
こちらから質問はもちろん向こうからも質問してきたり他人から見れば楽しげのあるメールのやり取りはしていました。
そんなある日お姉さんが急に来週3連休ができたので遊ばないかというメールが来ました。
もちろん答えはオッケー!
3連休なんて久しぶりとメールできて折角だから良い休みにしてもらいたいと思い、いろいろ要望を聞いたら旅行がしたいとのことで1泊2日で旅行に行くことになりました。
心の中ではエロいこともたくさんできると思いワクワクが止まりませんでした。
費用を学生に出させるわけにはいかないということでお姉さんが全額出してくれることになりそのかわり旅行の計画は全て自分が立てることになりました。
そしてなんやかんやお姉さんに要望を聞きながら温泉地への旅行に決まりました。
横の県だったのでレンタカーで行くことになり楽しみでウキウキであっという間にに当日になりました。
ちなみに1週間ムスコに手を出さないで当日を迎えました。

前日にレンタカーを借りに行き当日は8時ごろに迎えに行きました。お姉さんは頑なに家の場所は教えてくれなかったので初めて会った公園を集合地としました。
自分は散歩中のお姉さんの格好しか知らなかったのでどんな感じで来るのか楽しみにしてました。
先に自分が着いて待つ形になり10分程するとミラー越しに女の人が近づいてきました。
一目でお姉さんだと気が付きました。
しかしまだミラー越しなのでうっすらとしかわかりませんでした。
降りて確認するといつもと全てが違い
髪はミディアムしっかり整っており、上はブラウス、下はロングスカート
白ベースの格好でザ美人ていう感じでした。
その場で好きですと言いそうになりましたが
抑えてすごい綺麗ですねと伝えました。
はにかみながらありがとうと言う顔も綺麗でした。

思いの外大きな荷物だったので後ろに乗せていざ発進!
こんな綺麗な人を横に置いて運転して良いのかと思いながら最初運転していましたが話すうちにいつものお姉さんで緊張も溶けていました。
ブラウスなので胸の辺りが膨らんでいることもありチラチラ見ながら運転してました。
旅館の前に2箇所程観光地を巡り昼ごはんもおしゃれなところを選び14時30ごろに温泉地に到着しました。
15時からチェックインなので少し車の中で話し
いざ旅館へ
旅館も良い場所を選んだので外装だけでとても喜んでもらえました。
部屋に入りお姉さんが一言
お姉さん「露天風呂がある!」
そうなんです。
個室で露天風呂がある部屋をわざわざ予約したのです。
ここまで普通の旅行の感じになっていますが僕の頭の中は最初からエロが一番にありました。
露天風呂付きを選んだこと、早くチャックインしたことその他もろもろ
でも到着と同時にするのは旅行したいお姉さんに申し訳ないので当初の予定通りこの温泉地の観光をしました。
いろいろあり18時頃に旅館に帰ってきて早めの夕食にしました。
ご飯も美味しく話も弾みました。
この時くらいから少しずつエッチな話も入ってきました。
因みに格好はまだ朝の時のままです。
ご飯も食べ少し休憩時間なり折角なのでお酒を飲みながらゆっくりしようとなりました。
遂に来たと自分も心の準備をし出しました。
話に寄るとお姉さんは酒が弱いと聞いたので弱い度数からスタート。
話は盛り上がり下ネタが増えてきたところで
お姉さんの口から
お姉さん「私Mよりかもね」
と口にした同時におっぱいをブラウス越しから触ってみました。
そしたらお姉さんが
お姉さん「いいよ」
ということで
スタート
ブラウスは脱がさず隙間からブラ越しのおっぱいを揉みました。
相変わらず素晴らしい。
そしてブラウスを脱がしブラを少しどかし乳首を舐め回しました。
酒も入っていて声も全開に出ていました。
ロングスカートを脱がしパンツが露わに今回もtバックで
なぜ履いてるのか聞いたら
お姉さん「すると思ったから」
お姉さんもする気があったんだとわかり
普通だったらお互いの前戯をするところをいきなり挿入してみたいと思い、
少し無理矢理布団に寝転ばせてムスコにゴムを付けて正常位で挿入!
あまり濡れていない方だろうと思ったが想像以上に濡れていてすごい腰が動いた。
ゴム越しにも伝わる温もりが最高でした。
完璧室内であることとお酒でお姉さんの声もすごい。
とりあえず1回目は1分強くらいで発射。
でも1週間してないのでまだまだ
ゴムを付け直し洗面所の鏡があるところに移動
そこで後ろから挿入。
鏡越しはMにとっていいのか付くたびにすごい締めてきた。
お姉さんは1回イキ
その後に自分もイッた。
お姉さんは布団に戻り手でクリをいじり1回イッた。
お互い2回ずつになった。
汗をかいたし折角浴場があるということで館内の格好に着て男女別の風呂にお互い浸かった。
気持ちよかったが自分は出てからのことで頭が一杯だった。
なので20分で風呂をでて先に待っていた。
それから20分後お姉さんが出てきた。
またお酒を飲み少し談笑した後に3回戦に臨んだ。
ゴムを付け上から乗ってくれる体位でおっぱいの揺れが最高だった。
先にお姉さんがイキその後に自分がイッた。
時間は22時近くになっていて空が星で綺麗になっていることを今気がつき服を着て眺めた。
そしてすっかり忘れていたが露天風呂があるをいうことを
30分ほどテレビを見て汗を流そうと言い
露天風呂を入ることを提案した。
一人用になっていたが無理矢理二人で入浴!
狭いこともあり肌が触れ合うのがまたいい!
目の前におっぱいがありムスコが大きくなりだしたのでそれを見かねたお姉さんがパイズリをしてくれた。
イクことはなかったがこれはこれで良い。
ということで続きは後ろから挿入することにした。
がゴムを取りに行かなけばいけないので風呂を出ることになったが見かねたお姉さんが生でもいいよと言ってくれた!
ということで生で挿入。
やはり名器である。
3回出した後とはいえすぐにイッてしまいそうなくらいヒダがうねり発射は促してくる。
結果3回目よりも早い時間で発射。
お姉さんの背中に出したが
湯船に自分の精子が垂れ二人で笑った。
湯船から出て寝る準備をしながらお酒を飲んでそのまま二人とも寝落ちした。
それでも二人とも朝の5時ごろに目覚ましなしで起きた。
自分は起きて昨日あんなに出したのに朝勃ちしてることに驚いた。
それを見かねたお姉さんは口でしてくれた。
その気遣いは嬉しかったが自分的には挿入したかったので無理矢理やめてもらい後ろを向かせ挿入。
中に入れた途端ガチガチになり相変わらず中に出したくなる名器だなと思い抜いてお尻に発射した。
昨日から続いて5回目の発射だったことからあまり出なかったが気持ちはすごいでた。
シャワーを一緒に浴びて朝飯に食べ、チェックアウトして1箇所観光地を巡り帰っていった!
公園で降ろそうと思ったら家の場所を教えてくれてそこで下ろした。
かなり立派なアパートに住んでた。

正直告白してもいけるのではないかと思うくらい色んな意味で相性よかったがそれはまたの機会に

1 COMMENT

コメントを残す