エッチ体験談 13,000話 突破!!

初めてをあげたあなたとの思い出が残る街

結子さんから投稿頂いた「初めてをあげたあなたとの思い出が残る街」。

先日、大学時代の友人の訃報に、久し振りに大学のあった街を訪れました。
まだ40代なのに、旅立ってしまった友人を見送りました。
この街へ来たのは16年ぶり、亡くなった友人の結婚式の時以来でした。

友人たちと過ごした青春が蘇りました。
と同時に、あの人のことも・・・
私が20歳の処女を捧げたあなたは、まだこの街にいるのでしょうか。

初めて男性に素肌を晒し、初めて男性にアソコを開いたあの日のこと、思い出していました。
好きな人と結ばれようとする嬉しさと、恥ずかしさ、甘酸っぱい思い出です。
乳房に触れられて、揉まれて。アソコを広げられて、顔が熱かったのを思い出します。
あなたの舌がアソコを這いまわる・・・恥ずかしいけど気持ちいい、声が漏れそうで恥ずかしい、その恥ずかしいのも気持ちいい、不思議な瞬間でした。
あなたが入ってきたとき、引き裂かれた処女膜を感じ、しがみつきました。
初めて結ばれた男性との出来事は、この街の一番の思い出です。

抱かれるたびに知っていく女の悦びに、押さえていた喘ぎ声が漏れはじめたあの日・・・快楽と羞恥、あなたに抱かれる嬉しさと、快楽を貪る♀の本能が交錯しました。
気が付けば、若い性欲をぶつけあうように、来る日も来る日も激しく交わりました。
あんな日々は、二度と訪れないことさえ気づかず、快感と幸せに満ちた日々を送っていました。

駅に向かう途中、あなたの就職先があるビルの前を通りました。
何となくあなたに似た人を見かけましたが、確信がないから黙ってすれ違いました。
暫くして振り返ると、あの背中・・・間違いなくあの人だと確信しました。
遠ざかる背中に、
「お元気そうで・・・さようなら・・・」
と呟きました。
元気そうだったし、今更どうこうなろうとも思わなかったから、そのまま駅に向かいました。

新幹線の中、あなたを想いました。
あれから20年、車窓に映る自分の顔を見て思うのは、私も年をとりましたということでした。
あなたは、元気そうでしたが、幸せに過ごしているでしょうか?
私が故郷に就職すると言った時、あなたはいつか一緒になりたいと言ってくれましたね。
私は、親元に戻るのが進学の条件でしたから、あなたの希望には添えませんでした。
もし、あの時、両親との約束を反故にしてあなたと一緒にいる選択をしていたら・・・なんて考えてしまいました。

でも、私が選んだ道です。
新幹線を下りるとき、もう一度あなたにお別れを言いました。
そして、別れてしまったけれど、心の片隅にいつもいるあなたに恥ずかしくないように、これからの人生、精一杯生きようと誓いました。
どうか、いつまでもお元気で・・・そう思いながら改札を抜け、夫の待つ家に向かいました。

5 COMMENTS

超現役還暦おやじ

映画のワンシーンの様に想像しました。初めて男性を受け入れた時痛いけど嬉しさがあったのではなかったでしょうか。新鮮な実話でしたね。

返信する

コメントを残す