エッチ体験談 13,000話 突破!!

妹を甘やかしすぎるとヤバイ話

妹ラブさんから投稿頂いた「妹を甘やかしすぎるとヤバイ話」。

歳の離れた妹だから可愛くて思い切り甘やかしたんだ。
そしたら両親よりも僕の方が好きになっちゃって…。
両親には反発するのに僕の言う事は何でも聞くようになった。

ここまで従順になるまでに何度かヤバイなとは思ったけど、可愛くて仕方ないから妹への態度は変えなかった。
妹がチューしたいって言えばチューしたし、一緒にお風呂と言えば一緒に入る。
一緒に寝てと言われたら一緒に寝る。
小さな妹が甘えて抱きついてくるのは本当に可愛くて幸せだ。
だけど問題もある。
オナニーが出来ないんだ。
家にいる時はいつも妹がくっついてくるから。
溜まりすぎてムラムラが止まらない。

ある日、妹を膝に乗せて抱っこしてる最中に勃起しちゃったんだ。
こんな事は初めてで、妹も股間に当たる硬い物に興味津々。
僕の部屋は2階で両親は1階に居るし、ちょっと早めの性教育だと割り切ってチンコ見せてあげた。
自分には付いてない物だから妹は何で硬いのか不思議そうに触ってきた。
もちろんお風呂でも見てるけど、硬くなったのは初めてだからね。
強く握ったり叩いたりすると痛いから優しくねと言うと、ちゃんと優しく触ってくれる。
小さな手でチンコ全体を撫で回してくるので、軽く握って擦るように教えた。
両手でシコシコしてくれて超気持ち良い。
チンコの先を舐めてと言えば可愛い舌を出してペロペロ。

もう我慢出来なくて妹に大きく口を開けさせてチンコを先っぽだけ入れて口の中に射精した。
臭くてドロドロの精子を勢い良く口の中に出されて少し咽せてしまったけど、そのまま咥えててと言ったら我慢して精子を全部口で受け止めてくれた。
咥えたまま尿道の中に残ったのも吸わせる。
臭いと味が辛いのか、ちょっと涙目になってる顔も可愛い。
口からチンコを抜いてどれだけ出たか口を開けさせて確かめた。

一回でこんなに出たのは初めてってくらいの量が出てた。
妹は精子をどうして良いのか分からずにオロオロしてる。
僕は少しだけ意地悪したくなって、よく精子を噛んでからしばらく口の中に溜めておくように言った。
口を動かしてグチャグチャと精子を噛む姿に萌える。
これで妹の口の中全体に僕の精子の臭いが行き渡っただろうけど、しっかりと染み付けさせる為に暫く溜めさせる。

その間に妹の服を脱がして裸にして、毛も生えてない筋マンコとアナルを舐める。
ちゃんと拭けてないのかオシッコとウンチの臭いがするけど、可愛い妹のだから気にせず舌で綺麗にしてあげる。
口の中に精子が入ったままだから声も出せず、一生懸命僕の頭をペチペチ叩いて何かを訴えてくる。
お兄ちゃんの頭を叩くなんてお仕置きが必要だと思って、妹のアナルに中指を根元まで入れちゃった。
身体全体をクネクネさせて悶えてる。
ゆっくりアナルに指を出し入れして開発しながら筋マンコをいっぱい舐めた。

クネクネした動きに腰を跳ね上がるような動きが加わった。
そろそろ感想が聞きたくなってきたので、口の中の精子を飲むように言った。
ゴクリと精子を飲み干した妹は、よほど不味かったのか顔を顰めてる。
だけど僕は気付かないふりして気持ち良いか確認した。
まだ快感を知らないせいか、お股のお尻の穴が変とな感じだって答えが返ってくる。

それが気持ち良いって事なんだと僕は教えた。
素直な妹は頷き、気持ち良いと何度も言ってくれる。
その内に両足がピンと伸びて僅かに腰を浮かせて身体を硬直させた。
数秒後には力が抜けてグッタリしたので、幼いながらもイクんだなと感心した。
僕の唾液だけじゃなくマン汁も溢れさせてるし。
それから1時間くらい舐め続けて何度もイカせてあげた。

アナルをほじられるのも慣れたみたいだ。
イキすぎて呼吸がかなり乱れてるけど、これだけイケば筋マンコも解れたはず。
僕も裸になって妹に覆い被さった。
妹は僕が何をするつもりか全然わかってないけど、お風呂以外で裸で抱き合うのは初めてで嬉しそうだ。
チューしたら凄く精子臭い。
でも頑張ってくれた妹に感謝を込めて我慢して舌を入れる。
大人のチューは妹もすぐに気に入ったみたいで、僕の首に腕を回してギュッと抱きついてくる。
僕は手探りで筋マンコの入口を見つけ、チンコを挿入した。

全てが小さいから穴もキツキツだ。
いきなりチンコが入ってきてビックリしたみたいだけど、散々イカせたから痛みは少ないみたい。
唇を離して妹に繋がった部分を見るように言った。
筋マンコに僕のチンコが入ってる事に驚いてる。
ゆっくりと腰を振って抜き差ししてやると、凄い凄いと連発する。
ついでに気持ち良いと何度も繰り返し言ってくれて僕も嬉しい。
短い通路を満遍なくチンコで擦ってあげる。

突き当たりに当たっても強引にチンコを根元まで入れる。
色々と開発してあげるのがお兄ちゃんとしての使命だからね。
妹を抱き起こして膝に乗せ、小さくて軽い妹を何度も持ち上げたり下ろしたりしてオナホのように使う。
まだ生理も来てないから、最高に気持ちの良い筋マンコの中に射精した。
出してる最中に妹が全力で僕に抱きつく。
感想を聞くとお腹の中が温かくて気持ち良いと言い、もっとしてとおねだりされる。
正常位と対面座位で楽しんだから、次は四つん這いにさせてバックで楽しんだ。
すっかり快感を覚えたようでアンアンと喘ぎ始めた。

だから僕はオマンコ気持ち良いと言ってごらんと妹に教育する。
オマンコ気持ち良い、オマンコ〜と可愛い声で何度も言われて耐えられず、また中出しをした。
妹の筋マンコなら何回でも続けて射精出来そうだ。
次は騎乗位を教えて妹に腰を振らせてみた。
幼い妹が僕の上で一生懸命腰を使う。
慣れない動きに苦労してるけど、ウンコ座りで僕のお腹に手をついて跳ねるように腰を上下させるように教えてあげた。
カエルさんみたいと笑ってたけど、イメージが出来る動きは簡単みたいですぐにマスターした。
妹に犯されてるみたいで楽しい。
最後は妹の腰を持って思い切り引き寄せると同時に下から突き上げて射精。
中に入りきらない精子が溢れ出してきた。
まだまだ硬いままだし、もっと出来るけど妹のお腹がいっぱいなら仕方ないとチンコを抜こうとした。
でも妹がまだ繋がっていたいと言うから、また正常位に戻って腰は振らずに妹を抱きしめる。
よほど大人のチューが気に入ったみたいで自分からチューしてきて舌を入れてきた。
上も下も繋がって不思議な気持ち良さだ。
腰を振ってないのに射精してしまった。
僕もかなり溜まってたから仕方ないのかな?
そうして妹とイチャエロしてたら階段を上がってくる足音が聞こえて来た。
脱いだ服と裸の自分たちを隠すように布団を被る。
ドアがノックされて母さんが入ってきた。
昼間から布団に入ってる僕を不思議に思ったのか、声をかけられたけど妹がお昼寝と言ったら起きたらご飯食べろと言って部屋を出て行った。
ビックリしすぎてまた射精しちゃった。
筋マンコからブビュッて音がして精子が漏れ出したけど母さんに聞こえてないよね?
まだこのままでいたいと駄々をこねる妹を宥めてチンコを抜いて服を着させる。
筋マンコからドプドプと精子が溢れてるけどそのままパンツを履かせた。
床に溢れたのはティッシュで綺麗に拭き取った。
これこらはもうオナニーしないで済むと思うと気が楽だ。

4 COMMENTS

㌨クン

妹、中学生〜4年くらいはないと思うけど、そうだとしたら胸とか恥ずかしいよな

返信する

コメントを残す