エッチ体験談が11,000話を突破しました。

初体験が、二十歳の時、45才のお姉さま…3_変態セックス

PR

こうさんから投稿頂いた「初体験が、二十歳の時、45才のお姉さま…3」。

中だしして暫く身体をびくんびくんさせて、芳子お姉さまは僕に抱きつくように倒れこみました。耳元で「おう、おう、おう、」みたいな声を出しているのを覚えています。そして、痙攣が止まったら息もしていないようにぐったりしてしまいました。もしかしたら死んだ?と思い「芳子さん、芳子さん」と声をかけても返事がありません。(後日談…逝ってた見たいで…)

すると息を吹き返した(笑)とたんに「凄い、凄い、凄い」と言いながら、精子と生理の血液と愛液が混じりあったまんこを僕の顔に押し付けちんぽにムシャブリつきました。おそらく僕のちんぽは、真っ赤だったと思います。又、じゅぼじゅぼと音をたてながら、玉袋、アナル、尿道を狂ったように舐めてくれました。ラブホテルのお風呂の出窓は明るくなっていたので、夏時間の早朝だったと思います。

芳子お姉さまは、既婚者ですが子供さんは、大学生で一人暮らし、ご主人は、たまたま出張で泊まりは、大丈夫と言っていたようなことを思い出しました。ちんぽは、又勃起してしまいました。臭い血だらけのまんこを舌先で舐めてあげると身体をびくんびくんさせて、「…」って感じる芳子お姉さまに興奮が治まらず僕が、初めて主導権をとるセックスをはじめました。

今まで、オナニーはDVD見ながら一晩七回が、最高だった気がするけど。射精4回目(本当はもっとしてるかも…)に挑戦。しかも、生まれて初めて正上位。と思ったら芳子お姉さまが…お尻つき出して「後ろからできる?」って言われて。DVDで見たことあったから、指でまんこを撫でて愛液をちんぽに着けて、僕の唾液を絡ませて挿入しようとしたけど…ちんぽは、真っ赤で…凄い興奮してしまいました。

初めて、自分の意思でまんこに挿入したけど…ぬるぬる感がハンパなくて??スムーズ過ぎました。突くたびに、「ひい、いい、おう、」と獣みたいな大きい声を出す芳子お姉さまがかわいくて、又、気絶=逝くまでつきまくりました。勿論、お風呂場で。ちんぽは、擦りきれた見たいで熱くなってたけど芳子お姉さまの声とぶよぶよした体と仮性包茎ちんぽを受け止めてくれたことが、興奮を倍増させてくれました。

あれから五年。芳子お姉さまは、50歳。里帰りするたびに変態セックスをします。

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR