凛々しい姿の女の子にお風呂場に連れていかれ。。

PR

さやかさんから投稿頂いた「凛々しい姿の女の子にお風呂場に連れていかれ。。」。

高3の冬。わたしの家の地域は田舎でだれも使わなくなった小さな工場や廃れた空き家などが点々としているとても不気味なくらい静かな場所でした。私は進学先が推薦できまっていたこともあり時間に余裕があったのでアルバイトをしていました。

ある日バイトを終えて帰る途中、道沿いにある空き家から甲高い女のひとの声が聞こえました。
いつもは静かなとこでなにも聞こえないからなんだろーと立ち止まると数回声が聞こえてきたのでびっくりしながらも建物をのぞいてみました。

私が近づくと同時に声も近くなる。だけどどこにいるか外からじゃ分からなかったので戸を開けてそーっと入ると向かいの一室に女性同士で抱き合っているのが見えたんです。ギリギリまで近づいて見たところ一人は上半身はだかの状態、もう一人は薄着ではあったけどちゃんと服を着ていた。

上半身裸の子はスカートが私の高校のスカートと柄が同じで目を疑って誰だろうと思ったら学年で人気のかわいい子でした。学校では友達が多く男子からの人気もあるのになぜか彼氏ができない、できてもすぐに別れるって感じの子だったので、ここでその理由が判明。レズだったんだと。ただもう一人はスタイルが良く長い黒髪の美女だけど私服だし顔も見たことがなかった。

とりあえず私は二人のえっちをある程度みたあと気づかれないようにさっさと帰った。
それから半月が経った日私はバイトのヘルプ(助っ人)としていつもとは違う店舗に向かった。一通りシフトインしてる方々にあいさつをしていたら一際清潔感のある黒髪と凛々しい顔立ちの女性が居た。きれいな人だなと思いつつあいさつをしにいくとその顔にピンときた。あの日空き家で学年人気の女の子と一緒にしてた人だった。

実際、目の前にするとあのときの悪戯っぽい顔とは違ってクールで美しい、大人っぽい顔だった。とりあえず仕事は仕事なので特に気にせず仕事していたけど、やたら彼女の視線を感じる。ヘルプだし気にされてるのかなーと気にはしなかった。店は閉店時間になり店内は薄暗くなる。クローズ作業中に彼女が声をかけてきた。
「普段はどこの店舗で働いてるの?」
と聞かれ
「○○店です!」と答えると
「そうなんだ。今日このあとどっか食べに行かない?やだったらいいんだけど、お腹すいちゃって」
と言われて、確かに夜遅いしいやだったんだけど本当に凛とした美しい人だったので機嫌を損ねてほしくないと思い、OKしてしまった。

イタリアンテイストなお店で食べた。やっぱり美人なひとはこういう大人っぽい店を知ってるんだなーと思っていると
「私の家すぐ近くなんだけど、このあと寄ってってよ、疲れてるなら仮眠ぐらいはしていいし」
と言われヘルプ先から家まで遠いし明日はバイトないし家にいてもすることないしこんな美人な方のお家にお邪魔できることもめったにないからと思って言葉に甘えた。

家に入ると柑橘系の香りがしてすごいお洒落な気分になった。女の人は冷蔵庫からキンキンに冷えた缶ビールをとりだして一人で飲んでた。適当に話しながらテレビを見ていると夜中の1時くらいだったかな、話しも尽きてきたころ
「お風呂はいりたいー?」
と言われた。確かに汗もかいていたしこのまま寝るのはちょっと嫌だったので
「シャワーだけ浴びてもいいですか」
と言うと
「一緒にお風呂はいろっかー」
と言ってきた。彼女はお酒飲んでたし酔っ払ってるんだな、断っても長引きそうだし、と思って一緒に入った。だれかと一緒に入るなんて中学の自然体験活動の宿ぶりだなーなんて思いながらシャワーを浴びて湯船にも浸からせてもらった。

彼女がこんどシャワーを浴びている。湯船から彼女の体が見える。背筋は伸びてるし、濡れた髪も見惚れてしまうほどきれい。腕も細くてお腹もくびれてる。脚も長くて太ももがいい感じの太さになってる。胸は私と同じくらいの大きさ、Dくらいだけど垂れてなくて上向いたおっぱい。乳首もピンクでちょっと可愛い。見惚れていると
「女の子の体、興味あるんだね、、」
と言われハッと思い出した。ここにいる彼女が学年人気の女の子を犯してたのを完全に忘れていた。しかもいまお風呂のなか。。

「ち、ちがいますよ!!」
と答えるけど慌ててしまって信憑性をまったくアピールできない。
「ほらー顔赤くなってきたよー?」
と言われる
「お風呂だからそりゃ赤くなりますよ!!」
と返すがなに言ってもお構いなし。段々と彼女の顔があの日のあのときの悪戯っぽい顔になっていくのが分かって心臓がばくばくした。彼女もシャワーを浴び終えて湯船に入ってきた。もう展開は分かっていた。私を少しずつ湯船の端に追いやりゆっくり顔を近づけてきた。

「女の人とは初めて、?」
と聞かれると頷くしかなかった。。
唇が触れ合う。お風呂だからかすごく熱い。すぐに舌を入れてきた。正直、男性とのキスよりやわらかくていやらしい気持ちになっていく。湯船にお互いの唾液が垂れていく。私の肩をおさえて耳を舐めたり鎖骨を舐めたりしてきた。
「さやか(私の名前)の体好きかも。。」と言われるがどうすることもできない。学年人気の女子とキスした舌でいま私はキスされているんだと考えるととても興奮して舌の動きが早くなってしまう。キスしながら胸を揉まれる。

乳首をつまむ指が細いのですっごく気持ちいい。お互い熱くなりすぎて湯船を出たがすぐ床に押し倒されてキスが続いた。胸を揉む手は次第にクリトリスに伸びていく。指が細いのでクリトリスを横からつままれる。ほんとにいやらしい顔をしてくる。
「これされたことなんか無いでしょ??」と言われる。お風呂の中なので異常にヌルヌルしているのがわかる。なんの抵抗もなく穴の中に指が1本はいる。すぐに2本目が入った。穴を器用にいじられながらクリに吸い付いてきた。ほんとにおかしくなるくらい気持ちよかった。。

「やっぱこれ?みんなおんなじ顔するんだよね。。笑」いたずらっぽい顔がほんとに可愛くてえろくて耐えきれない。
「そろそろ限界でしょー、イッちゃっいなよ、見ててあげるから。ほら。。」この言葉に甘えて私は体をうねらせながら激しく声を出してイッてしまった。ゆっくり唇にキスをされたのを最後に記憶が無く、気づいたら朝ベッドで彼女と添い寝をしていた。彼女はあのあとどうしたんだろう。意識がない私をベッドに持ってったあとベッドでさらに犯されてたのか。色々考えたけど分からなかった。結局昼ごろ彼女が起き出したので帰りますと伝えて家を出た。彼女は「またね」と可愛い顔で言ってきた。

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1557記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。