さびしがりやでキス好きな妻との海外での初めての熱い夜

ぴゅあらば

静岡民さんから投稿頂いた「さびしがりやでキス好きな妻との海外での初めての熱い夜」。

大学時代に海外に半年ほど留学していたのですが、そのときホームステイしていました。
ホームステイ先を選ぶときに日本人が既に一人いるというのを聞いて、ホームステイ先を選んだのですが、そこにいた日本人が今の妻ミユ(仮名)でした。

妻は私よりも一つ年下で一月ほど先に住んでいて。来た当初は彼女に色々、ホームステイ先での生活のことやおすすめの場所など色々教えてもらって、一緒に出かけることも多かったですが、友達という感じでそこまで深い仲になるとは思っていませんでした。

事件があったのは、私が住み始めて一ヶ月後のことでした。留学先の大学から帰ると、ホームステイ先の奥さんが何かわめいているのが聞こえて、2階へと上がると奥さんが何やら彼女に怒っているようでした。

事情を聞くと、彼女は月のホームステイ代を大学に行く前に、2階のいつもの場所に置いといたそうなのですが、奥さんが見たときにはそれが無かったというのです。それで、払った払ってないという応酬になったとのことでした。それから探したら、なんとホームステイ先で買っている犬小屋にお金があって、彼女の疑いは晴れたのですが、彼女と奥さんの関係は直りませんでした。

その頃から、彼女が家に居づらいのを察して、自分や彼女の留学先の友達が外に連れ出したりしてました。
そして、さらに一ヶ月経った頃、彼女と出掛けてランチを食べている時に、ついに、ホームステイ先の家にいるのが辛くて、日本に帰りたいと泣いて相談されました。

私が気づけなかったのが悪いのですが、そこまで追い詰められてると思わず、これはどうにかしなきゃと思い、留学する時にお世話になった教授等に電話で相談したところ、別のホームステイ先を紹介してもらうことになりました。

それを彼女に言った所、泣いて喜ばれました。
そして、そのことをホームステイ先の奥さんと旦那さんに言わなければならなかったのですが、彼女は言い出し辛そうで、奥さんの部屋の前を言ったり来たりしていて、膝もちょっと震えていました。見かねた自分が手を握って一緒に言いに行ってあげたのですが、それでも話しづらかったみたいで、彼女が自分に日本語で伝えてそれを奥さんに英語で話すという奇妙なことをしながら交渉をして、なんとか事なきを得ました(笑)

彼女が別のホームステイ先に行く際に、「静岡民くんも一緒に行かない?」と言われましたが、さすがに自分まで出て行くとホームステイ先の奥さんや旦那さんに申し訳なかったので残りました。
そして、そこで彼女との関係は終わると思っていました。
しかし、今まで自分から誘って出かけていたのが、彼女から誘ってくるようになって、彼女との関係は続きました。

私は正直、彼女にホームステイ先のことを相談されて泣きつかれたときに彼女のことが好きになっていました。そういう大事なことを自分に相談してくれたのが嬉しかったのもありましたが、彼女はどちらかというと猫っぽいというかクールなタイプで自分の内面をあまり見せる子ではなかったので、そういう子が自分にそういう面を見せたのでキュンとしました。

ですが、彼女は日本に彼氏がいるのを聞いていたので、諦めかけていました。しかし、彼女から誘ってくれるようになって、これは脈があるんじゃないかと思い、彼女がホームステイ先を変えてから4度目のデートの時に、12月20日でクリスマスも近いのもあって、クリスマスを一緒にすごさないかと告白しました。

脈があるとは思いつつも無理だろうと思っていたのですが、OKをもらえて驚きました。彼氏のことはいいのかを聞いたら、日本の彼氏とは時差で、留学してからなかなか話す時間がなくて、ホームステイ先のことで辛い時もむこうが忙しくて話せずとてもさびしかったこと、自分や友達がそんな時凄く心の支えになってたこと、ホームステイ先が別々になってから自分のことが気になり始めていたことを教えてくれました。自分は、昔は結構遊んでて何人もの子と付き合ってきましたが、その時が一番嬉しかったです。

それから、クリスマスイブに一緒に二人で食事した後に、ホテルに行きました。留学の奨学金が結構余ってたのでいいホテルに泊まれました。
部屋に入ってから、少し話しながら飲んで、クリスマスになるぐらいにベッドに入りました。

その時のセックスは今でも覚えています。

シャワーを浴びて寝巻きを着ていた彼女をベッドに寝かせて、髪を指でとかしながら何度もキスをしました。そして、その時気づいたのですが、彼女、キスが大好きで、なかなか首に回した腕を離してくれず、自分が彼女の首筋にキスしようとしてもなかなか唇を離してくれませんでした。

その後、彼女の顔から耳、首筋とキスをしながら、服を脱がしていって下着だけにして、彼女のブラをずらして優しく揉みしだきがながら、乳首をいじったり、胸にキスをしていきました。

そして、彼女の腋から腕にキスしながら片手で胸を愛撫していって、彼女を横向きにして後ろから抱きしめて、うなじや背中にキスをしていきました。彼女は背中が弱くて、撫でたりキスしたりすると明らかに感じ方が違いました。

そして、手を絡ませると後ろからキスしながらもう一方の手で胸を揉んでいきました。

その後は、彼女を仰向けにして、上半身全体に何度もキスをしていきました。そしたら、彼女が押し倒して上に乗ってきて、俺の上半身にキスをし始めまして、その後はお互い身体へのキスの応酬になってました。

今度は、俺がまた押し倒し返して、彼女の太ももから足にキスしていきました。そして、四つんばいにさせると、彼女のパンティを脱がせてクンニをした後、彼女が弱い背中にキスしながら指でイかせました。

その後、フェラをしてもらいました。あまり慣れてないみたいでしたが、凄く気持ちよかったです。

そして、その座った体勢のまま、彼女にゴムをつけてもらって挿れました。
最初はほとんど動かず、キスばっかりしてました。

その後、ゆっくり動き始めて、彼女は突くよりこするのが好きみたいで、下から中をこすりながらえぐる様に突き上げると感じてました。それで一回イカせた後、騎乗位で今度は彼女が動いてくれて自分もイきました。

その後、バックに変えて、彼女に覆いかぶさって抱きしめて背中にキスをしながら突いていたら、足がガクガクになってました。それで、そのまま横に倒れて、背面側位でゆっくりだらだらと愛し合ってました。
最後は、正常位で自分がイって終わりました。

その後、朝からまたイチャラブセックスしてたんですが、それを書くと長くなるので、割愛させて頂きます笑

今は二人とも30前半ですが、ラブラブで子どもがいるのでなかなか出来ていませんが、二人の時間が取れた日は、今でも若い頃みたいに愛し合います。

今日は妻や子供がご近所の奥さん達と出かけているため、部屋でさびしくしていたらこのサイトを見つけて、ぜひ見て欲しいと思って投稿しました笑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ぴゅあらば

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 917記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。