エッチ体験談が10000話を突破しました。

王様ゲームがきっかけで付き合った彼に1人エッチを見せてと言われて・・エッチな体験談

王様ゲームで下着に手を入れられたときにはビショビショだった・・エッチな体験談 続編
王様ゲームがきっかけで付き合った彼に1人エッチを見せてと言われたエッチな体験談。
もともと仲良しでもなかった清美が
合コンに誘ったのは、後で聞いた話によると
部屋男が私のプリクラをみて気に入ったから
セッティングしてよ、てな事だったみたい。
あんな淫らな始まりにしては部屋男に
後で真面目に告られてしまったりして
私もまんざらでもなかったし二人の交際が始まった。


部屋男はエチッ大好きのビバ!エチッ男だったけど
私も思いきり楽しんだと思ってる。
デートは学校の帰りに部屋男が迎えにきて
コンビニで買い物して部屋男の部屋へっていうパターン。
若さっていうのかいきおいがあるっていうのか
毎回ドアしめるなり襲いかかってくる感じで
私もキスされて舌をからめてこられるだけで
濡れてしまう。(あ、これは今でもかw)
私も経験の少なさからか好奇心も旺盛で
なんかむさぼりあうように抱き合ってた。
初ヒトリHも初フェラも初クンニも部屋男だった。
覚えたてのオナもほんと猿みたいに。
「優子もひとりのときするようになったでしょ。
どんなかんじでしてるの?ねぇしてみせて」
最初は冗談っぽく部屋男の前でスカートの上から
あそこを撫でてたらなんかその気になっちゃって
でも本気だすのもくやしいかんじで、、
そのうち部屋男が
「濡れてるかどうかチェックしてよ」
私はスカートの中へ手をいれ
(いれるまでもなく湿ってるけど)
「ちょっとだけなってるかも」とかいいつつ
パンティの中に手をいれようとしたら
部屋男がそれをさえぎって
「まだいれちゃだめだよぅ。上から上から」
ってもうどっちが焦らされてるんだか状態で。
それでも私はパンティの上からアソコをずっと撫でていて
だんだんその染みがにじんできてもうやばい。
私のほうが待てなくなっちゃって
中に指いれたいよぅぅって言ってしまった。
部屋男もしょうがないなあほんとエロだなあお前は
とかいいながらも自分の股間握ってた。
私は家でしてるみたいに両手を使い、濡れた右手の指で
クリをクチュクチュしながら左手の二本指を穴にズプズプいれながら
一人でアンアンいいながらイっちゃうのが好きだが
当時、そんなことしてるのはなんとなく
知られたくなかったので、パンティ隙間から
中指でクリクリしただけだった。
そのうち部屋男が
「ふぅんこれからどうするの。ほらつづけてよほら。」
ってあおりだしてきて私もなんか見すかされるのもあれなんで
こうしてるだけですごく気持ちいいのなんてごまかして。
でも部屋男に
いつもしてるみたいにしてみて。もっときもちいいこと
してるんでしょ~。みたいなことを言われちゃうと
なんだか興奮してきておもわずパンティをおろして
撫でてしまっていた。
部屋男も興奮しまくってたので、中指と人さし指で
アソコをグっと開いてもっとみえるようにしてあげた。
クリがピクピクしてるのがわかって恥ずかしいけど
私も興奮してわけがわからなくなって。。
腰も浮いてきて、いますぐにも果てそうだったけど
頭のどこかにもっと我慢したほうがいいかもっていうのがあって
今度は声攻めにきりかえた。
っていっても経験も浅い私のことなので思いつくまま
優子がこんなことしてるのみないで、、とか
はずかしいけど指が勝手にうごいちゃうよぅ、、とか
いつもはしないんだけど乳首もつまんでみたり
(これはけっこうゾクッときちゃった)
部屋男は俺もしていい?ってきいてきて
まぁ、、最後まではダメだけど途中までならいいかなと
おもい、男の人のヒトリエチッもみてみたい気がしたので
私も「いつもひとりでするみたいにして」って
いいながら部屋男のパンツをおろしてしまった。
部屋男のアソコもすごく硬くなっててトランクスの先が
染みになっててそれに興奮の私。
いきなり部屋男が自分のをガーーーーっって
しごきだしたのでハッまずいとおもい制止。
その部屋男の情けない顔にもまた燃えてきた。
優子、ひどいっていわれながらも部屋男は
私の右手から目を離さない。
私の右手はもう5本の指ともグチョグチョになってて
部屋男が指を中にいれてみてと言い出した。
もう言われなくても出し入れしたかったけど
またそこで入れたことがないからコワイなどと言ってみた。
部屋男は、ゆっくりでいいから中指だけいれてみて
と言い私はおそるおそる(のフリw)指を挿れてみた。
中はいつもと違う感じ、、指が吸い付くようで生暖かかった。
私は中指をいれたまま手のひら全体ををクリのほうに
グイィィと押し付けて、、そのとき初めて本気で喘えいでいたとおもう。
何度も押し付け、同時に中指は出たり入ったり。
いつもひとりでしてるときは脚は閉じてるけど
その日は全開でひざをたてて部屋男によくみえるように
していたのがさらに私を熱くしていた。
優子エロすぎ、、、いいよ続けてもっときもちよくなって
って部屋男の言葉に恥じらいながらも
そろそろいいかな~って感じで私はそのまま
中指をいれたまま手のひらを激しく上下した。
SEXだと正直、イケないときもあるけどオナだったら
何度でもイケちゃうよね、、関係ないけど(って私だけかぇ?w)
最後は部屋男がみてるのも忘れて、部屋男の名前連呼wしながら
イってしまいました。
それまでで一番キモチイ-ヒトリエチッですた。
これで優子の初お披露目一人エチの体験話を終わります。
読んでくれたかたありがとうでつ。

5+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!