エッチ体験談が10000話を突破しました。

結婚相手は処女に限るという心理がわからない

非処女の夫さんから投稿頂いた「結婚相手は処女に限るという心理がわからない」。

俺は、初体験が高1で、相手が中学時代の担任だった。
15歳の高校生と32歳の独身教師のセックスは、ご想像のとおり若肉棒のイタズラだった。
女版ロリコンで、学ランのままセックスさせるのが好きだった。

しかし、女を覚えた俺は、高校時代に中学の担任以外にも夏休みのバイトで知り合った25歳のスーパーのレジ係のお姉さんともハメていた。
2人とも、性欲が爆発しただけで愛はなかった。

隣の県の政令市にアパートを借りて大学生活をした俺は、ミスキャンパスだった2年先輩に猛アタック、卒業した彼氏と別れたことも手伝って粘り勝ちで付き合えた。
2歳年上の綺麗なお姉さんのシモベになって、セックスに励んだ。

2年後、ミスキャンパスに卒業されて彼女無しになった時、それを待っていたかのように、バイト先の女子高生に告られた。
ミスキャンパスと比べたら、Y愛だけで普通の女の子だったが、生まれて初めて告られて、嬉しくて付き合った。
その子で初めて処女喪失を経験した。
少しずつ性の快感を覚えて、2年後、俺が卒業して地元に帰るためにお別れになる頃には、アヘアヘ喘ぐ女になっていた。

地元に就職した俺は、とにかく、抱きたい、ヤリたい、俺のものにしたいと思った女にはとりあえずアプローチした。
そうすることで、27歳までに3人の女と寝たが、最も長続きしたのが2年で、他は1年、もう1人は半年で別れた。

28歳の時に知り合って、なぜかお互い惹かれあったのが、24歳だった女房だ。
客観的に見れば、顔は人並みより少し綺麗な程度だったが、俺には天使のように思えた。
どう表現すればいいかわからないが、女優のような美人とか、アイドルのような可愛さではなく、どこか儚さを感じる女で、こんな女と暮らしたいと思った。

女房は女房で、俺の持つ雰囲気や匂いが一緒にいて落ち着くと言われた。
そんな儚さを感じた女房だったが、処女ではなかった。
初めて抱いたときから、俺のクンニで愛液を流し、俺の肉棒で喘いだ。
「今までで1番素敵なセックスだった・・・」
「何人中の1番なんだ?」
「4人中で1番・・・ヤダ・・・言っちゃった・・・」
恥ずかしそうに頬を染めた女房が可愛かった。
短大1年で初体験した大学生はチャラ男だったそうで、僅か半年で二股をかけられて破局、短大2年で付き合った男は真面目な男だったが、元彼のチャラ男に、
「俺のお古の女はエロいだろう?」
と言われて、それを気にされて気まずくなって、これまた半年で破局したそうだ。
就職して2年目に付き合った男はイケメンで、結婚まで考えたそうだが、交際1年が過ぎたのに、2人でいると緊張が解けなくて落ち着かなくて、別れたそうだ。
俺にとって女房が8人目の女だが、自分の恋愛遍歴を語った女は初めてだった。
女房にしてみれば、出会ってまだ日が浅いのに一緒にいて落ち着く男は初めてだと言いたかったようだが、別に話さなくてもいい話だと思った。

女房は秘密を作らないことで心理的安定を維持するタイプの女で、誘ったラブホの前で、
「ここ、来たことある。」
とはっきり言った。
セックスも、
「こんな体勢初めて。」
とか、
「この体勢、前にしたことあるけどこんなに気持ちいいと思わなかった。相手で変わるんだね・・・」
とか、ホテルに会ったバイブを見て、
「私、それ嫌いなんだ。なんだか、身体を玩具にされてるみたいで嫌なんだ。」
など、実に包み隠さず何でも話した。
女房の過去の性体験が思い描かれるエピソードを聞かされても、俺は、この女を抱きたい、この女を俺だけのものにしたい、この女に俺の子供を孕ませたいと願う気持ちは止まなかった。

俺30歳、女房26歳で結婚した。
燃えるような恋愛ではなかったが、結婚後は年月が経つほどお互いを好きになっていった。
俺は、俺以外に3人の男にハメられた女房の肉穴が大好きで、何年過ぎてもビラ肉を広げて肉穴を覗き込んではいつまでも舐めている。
女房も俺の肉棒が大好きで、生理が来てセックスできないときは、肉棒に頬ずりしたあといつまでも舐めているから、俺はいつまでも射精を焦らされて、
「もうイカせてくれよ。」
「私のこと愛してる?いっぱい愛してる?」
「いっぱい愛してるよ。」
「じゃあ、生理終わったらコレ、入れてね。」
「入れる入れる。いっぱい入れるよ。」
と言って初めて手で扱かれて射精させてくれるのだ。
現在、結婚して17年過ぎたが夫婦仲はいいし、セックスも続いている。

俺の同期には、独身男が2人いる。
そいつらは、俺が結婚を決めたとき、真っ先にきいてきたのが、
「奥さんって、処女だったか?」
だった。
バカじゃないの?と思ったが、そいつらは、
「知らない男のチンポがオマンコに入れられた女を嫁にするのは嫌なんだよ。それだけでないぞ、非処女はな、知らない男のチンポをおしゃぶりしたり、オッパイを揉まれたり、オマンコ舐められてんだぞ。知らない男のチンポが何回も出し入れされて、ケツの穴を丸出しにして後ろからハメられてヨガって、イカされた事のある女は嫌なの!」
と力説した。
その結果、二人とも47歳で独身。

俺はヤリたい、ハメたいと思った女を抱きたいだけで、その女が過去に何人の男に抱かれていようとも、何本のチンポをおしゃぶりしていようとも、俺に抱かれてヨガッてくれれば嬉しい。
男の前で女が裸になるには勇気が要るし、足を拡げて肉穴を晒すとなれば尚更だ。
その肉穴に肉棒を迎え入れる行為は、女が信頼を寄せた男に限られる。
つまり、結婚とは女が男を選ぶところから始まるのだ。
処女でなければダメだなどとは、男が女を選んでいるからなかなか叶えられないのは当たり前なのだと俺は思う。

11+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!