男の子に恥ずかしい部分を見られたくて…

PR

私の会社の仕事始めは1月4日でした。ですから、私は1月3日のうちに、帰省先から現在のマンションに戻らなければなりませんでした。

1月3日の朝、実家を出発しました。自分で車を運転して帰ります。前日まで親戚で温泉旅行に行っていましたので、体力的には少々ハードだったのですが、それでも私は、あるところに寄り道をしようとしていました。

私には『帰省したからにはどうしても寄りたかった場所』があったのです。それは、『市営プール』です。この市営プールで、上手く隙をみて、男の子に恥ずかしい部分を見られようと思っていました。数ヶ月前に帰省してきたときにも、私はここの市営プールに来ました。

そのときは、小学生の団体に囲まれた状態で水着を落とすということをしました。今となっては思い出の場所(?)になっていました。何よりも、元日に温泉で男の子に恥ずかしい姿を見られて快感を味わったことが、その興奮を求める私の意識をこの市営プールへと駆り立てていました。

到着するとすぐに女子更衣室に入りました。さっそく水着に着替えます。以前に使ったものと同じビキニタイプの水着を持ってきてありました。

パンティ部分は、横でひもを結ぶタイプのものです。ちょうちょ結びのひものはしを引っぱれば、すぐにほどけて外れてしまうという、およそ水泳向きとはいえない水着です。はるか昔に知人からもらった、ファッション性重視の、きゃしゃな水着です。

そもそも泳ぐ気なんてありませんでしたけど・・・ここの市営プールは、ゴミ焼却場の余熱を利用した室内温水プールです。更衣室からプールへの途中に、男女共用のリラクゼーションルームがあるのです。

小型のジャグジー湯船と、シャワーとサウナがあります。私らしくないことですが、なんだか浮き足立ったような気分になっていました。以前にも来たことがある場所ということで、余裕があったのかもしれません。

この市営プールも、この日から営業開始でした。しかも午前中の早い時間帯でしたから、お客さんがほとんどいないだろうというのは、来る前からだいたいわかっていました。でも、『帰りに高速の渋滞に巻き込まれたくない』という思いもあり、私にはあまり時間の余裕がありませんでした。

そういったことから、良く言えば『ワンチャンスにかけるつもり』でした。悪く言えば『慎重さに欠けた、浮ついた気分』だったかもしれません。水着姿になった私は、更衣室からリラクゼーションルームに入りました。

やはり、そこには誰もいませんでした。ここの構造はよく知っています。プールにむかうドアを少し開けて、中の様子を伺います。

すると、監視員が見下ろす中、中学生ぐらいの男の子がひとり泳いでいるだけで、他には誰もいませんでした。(あの子を待つしかないわ)そう思いました。温泉での出来事の余韻と、リスクの低い相手・・・

そういったことをきちんと計算すれば、相手として理想的なのは小学生ぐらいの男の子だったのですが、この際しかたありません。私は、リラクゼーションルームのジャグジーに入って時間をつぶしていました。彼のあまり上手そうでない泳ぎっぷりと、監視員にずっと見られ続ける『しん』とした雰囲気・・・

自分の経験上からも、『彼はその場に居づらくなって、早々にこの部屋に戻ってくるはず』と読んでいました。私に緊張感はなく、そわそわした気分でジャグジーにつかっていました。ほんの2日前に小学生に裸を見せたときの、あの興奮がよみがえってます。

(早く、早く・・・)すっかり待ち焦がれるような気持ちになっていた私は、またドアの隙間からプールの様子を覗きました。タイミングよく、プールサイドをこちらに歩いてくる彼の姿が見えました。少し太った男の子です。

『でぶ』とまでは言いませんが、それにかなり近い『ぽっちゃり』君です。私は反射的にジャグジーから飛び出し、サウナ室に入りました。サウナ独特の高湿度の熱気が全身を包みます。

サウナ室内はタタミ3畳分ぐらいの広さで、ほぼ正方形です。階段状になっているベンチ段の1番奥に座りました。そしてビキニのブラを微妙にずらしました。

それほど大きくない胸なのですが、不自然にならない程度に、おっぱいの下のほうの丸みを布からはみださせます。さらに、ビキニパンティの右側のちょうちょ結びをゆるめておきました。あの男の子がリラクゼーションルームをパスして、そのまま男子更衣室に行ってしまったら一巻の終わりなのですが、来ると信じてあの子がサウナに入ってくるのを待ち受けました。

待つというほどもなく、サウナの扉が開きました。あの男の子が入ってこようとしていました。ぽっちゃり君は、中に人がいるとは思っていなかったようです。

私の姿を認めて、一瞬『びくっ』としたようでしたが、「すみません」と私に声をかけて中に入り、サイド側のベンチ段に腰を降ろしました。私も「こんにちは」と、演技でわざと気だるそうな声で彼に挨拶を返しました。

長時間ここにいるように装ったつもりでした。ここまでは自分でも驚くほど、とんとん拍子に、そして理想的に事が運んでいました。はやる気持ちを抑えながら、相手を観察します。

やはり中学生ぐらいのようです。全体的に太っていて、肥満気味な男の子でした。失礼を承知で書きますが、外見だけを言えば完全にブ男です。

気の弱そうな表情や体型からも、いかにも女子生徒にはもてなさそうな、どんくさそうな印象の子です。とはいえ中学生でしたら当然小学生よりも腕力があるはずですし、女性の裸に対する欲望も強いはずです。いつもの冷静な私でしたら、万全を期して、見られる相手としては敬遠したかもしれません。でも、この子は、いかにも内気そうでおどおどしたタイプにしか見えません。

いまさら他に相手をみつけるのも無理です。『見られる相手として問題ない』と判断しました。彼は、密室に2人っきりでいっしょにいる水着姿の私をチラッ、チラッと見ています。

少しはみだし気味のおっぱいが効いているようです。何よりも『早く羞恥の快感に身を焦がしたいという欲求』と、『チャンスはこれきりしかない』という思いに、気持ちばかりがはやります。いつもでしたら、なかなか勇気が出ずにためらってしまうはずの私なのですが、このときの私に不思議とそういった臆病な感情はありませんでした。

温泉で小学生に裸を見られているときの心地よい感覚が、そのまま今に連続したような錯覚的な気分とでも言えばいいでしょうか。(ごめんなさい、上手く表現できません)私は、サウナの暑さに耐えているかのように、目をつぶっていました。でも実際にはそっと薄目で彼の様子を窺っていました。やはりぽっちゃり君は、私の存在を気にしているようです。

さりげなく視線を向けてきています。(私のこと、気になるのよね?)(見たいよね?あぁ、もう君に見せちゃうから。。。)私は、とくに躊躇することもなく、私らしくない大胆な行動にでていました。私は、のぼせてしまった女の子を装って演技していました。

だるそうに「ふうーぅ」と、大きなため息をついて立ち上がりました。「あっつい・・・」具合が悪そうに独り言をつぶやきながら、出口の扉のほうを見ます。

『ぼーっ』とした表情をつくり、うつろな目を演技します。立ち上がった私の水着姿に彼が目を走らせているのがわかります。ぽっちゃり君の目には、『長時間サウナにいすぎて、のぼせあがったお姉さん』と映っているはずです。

実際は、私もサウナ室に入ってきたばかりですので、もちろんすべて演技です。『とにかく早く行動に移して、あの自意識を溶かすような羞恥心を味わいたい』、その一心でした。私の頭の中には、元日の夜、温泉で小学生の肩に胸を押しつけたときのイメージがありました。

(やるわよ。。。)出口に向けて1歩前に踏み出し、彼の前にきたときに、私は『ふらっ』とよろけてみせました。「き、ゃ」短い小さな悲鳴を漏らし、彼のほうに倒れこみます。

右手を彼の首にまわし、抱きつくような感じで彼の肩に、ビキニに包まれた胸を押しつけました。その瞬間、同時に素早く左手を自分の腰に伸ばし、ビキニパンティの左側のちょうちょ結びのひもを引っ張りました。左側のひもがほどけた感覚がありました。

でもこれだけでは、ゆるめておいた右側のちょうちょ結びまでは外れませんでした。そのまま、彼にしなだれかかります。半ば抱きついたような格好です。

彼の肌が『むちむち』として温かい感触だったのが妙に印象的でした。「ごっ、ご・・め・ん・・・な・さい・・」小さな声で謝りながら、体を離しました。

「い、いえ」突然の出来事に、彼は明らかに動揺しています。「うー・・・・ん・・・」

私は、体を離しながら2,3歩後ずさり、へなへなとそのままそこでしゃがみこみました。本当は尻もちをついて倒れてしまおうかとも思ったのですが、サウナ室の熱い床では無理でした。「だ、だいじょうぶですか?」

心配した彼が身を乗り出してくれています。「うん、・・・めま・・い・がする」ぽっちゃり君が、私の下半身の状態に気づいたようです。

私は、彼が『あっ』という表情をしたのを見逃しませんでした。ビキニパンティは、片側だけひもがほどけてしまっていて、外れかけています。腰からぶら下がった布を、内股に挟んでいるような状態でした。

外れかけたビキニパンティの隙間から、ヘアと性器が姿をのぞかせているはずです。私はしゃがんでいますから、角度的には、ぽっちゃり君からまる見えというわけではありません。それでも彼は、偶然にも若いお姉さんの性器の一部を目撃している状況です。

お叱りを受けることも覚悟のうえで自分で書きますが、私は、顔とスタイルともに、外見には多少の自信を持っています。そうそう出くわすこともないラッキーな事態に、彼はきっと興奮してくれているはずです。失礼ながら私から見る限り、このぽっちゃり君は女の子には縁が浅そうにしか思えません。

そんな彼のようなタイプの中学生の男の子の目に、布の後ろに見え隠れする綺麗なお姉さんのあそこは、どのように映っているのでしょうか。私は、しゃがんだままです。苦しそうに顔をしかめながら、めまいが治まるように目を閉じています。

しゃがんだ両脚の奥に、性器をちらつかせた状態で・・・賭けでした。彼が、のぼせてうずくまっている私のために、誰か人を呼びにサウナ室から出ていくようなら、すぐに身なりを整えて終わりにするつもりでした。

また、ごく普通に考えて、暑いサウナでのぼせているのですから、本来はすぐ外に出て涼めばそれですむ話です。不審に思われるかもしれないことに警戒していました。でもぽっちゃり君は、「だいじょうぶ?」と声をかけながら、腰掛けていたベンチ段から降り、私の正面にしゃがみました。

唇のような性器をはみ出させてしゃがんでいる私の、その正面に・・・「大丈夫?」「うーん、だいじょうぶです、めまいがしちゃってるの・・・」

私は演技を続け、『ぼけーっ』とうつろな表情をして空中に視線を泳がせていました。わざと焦点をずらした視線のすみで、彼の様子を観察していました。彼はいちおう心配そうに私の顔を覗きこんだり、そうかと思えば、はだけた私の下半身に目線を走らせたりしています。

ぽっちゃり君の前にいるのは、襲ってくるめまいに耐え、局部がはみだしていることにさえ神経が行き届いていない、憐れな女です。この男子中学生は、目の前のこの状況を、どう理解しているのでしょう。『またとないチャンス』と、私の股間の唇を、目に焼きつけているのでしょうか。

一方、私のほうはといえば・・・ほとんど興奮していませんでした。頭ばかりが異様に冷静になってしまい、羞恥的な気持ちが湧いてきませんでした。

はしたない行為を事務的にこなしているような、おかしな感覚に陥っていました。私は、『視線にはずかしめられている』という気分を味わいたくて焦りはじめていました。いつまでもしゃがんでいるわけにもいきません。

めまいが続いているふりも、もうそろそろ限界でした。このときの私は、興奮できないのは『見られている部分が、私が1番恥ずかしいお尻の穴ではないから』なのだと分析(?)していました。焦りながら、(もっと大胆に見せなきゃ)そう思いました。

私は、立ち上がろうと『じりじり』と足をずらしました。そうしながら、右腰からぶら下がって体の後ろに垂れているビキニパンティのひもの端っこを、右足で踏みました。「あ・・・、んっ、もうだいじょうぶ・・・みたい」

踏みつけたひもを逃がさないよう、右足に体重をのせます。相変わらずのだるそうな口調と、ぼっとした表情のまま、『よろよろ』と立ち上がりました。立ち上がりながら、さりげなく右手でもう片方のちょうちょ結びをつまみました。

私は、彼がしゃがんで見守ってくれているその前で立ちました。私の股間を覆うはずの水着は、そのまま床に取り残されています。下半身が、生まれたままの状態です。

本当ならここで「きゃぁ」と悲鳴をあげて慌てるべきなのですが、そうしませんでした。私は『ぼーっ』とした演技を続け、体の方向だけ変えました。ちょうど腰の位置と、しゃがんでいる彼の目線の高さが同じくらいのところにあります。

彼の眼前に、湿度でぺっとりとしてしまった私のヘアが丸見えになっています。私は、ぽっちゃり君に背を向け、出口の扉のほうを向きました。今度は彼の顔の高さに、私のお尻です。

私は休みの日に、ときどきジョギングをしています。走っていると、犬を連れて散歩している人を追い越す場面が多くあります。犬って後ろから見ると、お尻の穴がまる見えです。

犬とはもともとそういうものですし、犬だから別にいいのですが・・・変な話ですが、このときの私は、ジョギング中によく目にする、犬のあの後ろ姿を、映像のように思い浮かべていたのでした。犬ではなく、あれが人間だったら・・・、あの格好をしているのが、もし私だったら・・・

出口にむけて1歩踏み出したところで、「あっ、あ、また・・・」私は再びめまいに襲われたふりをして、動きをとめました。ふらふらしてみせます。

倒れないよう目の前のベンチ段に両腕を伸ばす演技をします。一番下の段に手を伸ばそうとしていました。低い位置ですので、腰を曲げて、立ったまま手をつきました。

脚も広げています。しゃがんでいた彼の顔の前で、お尻を向けて脚を開いたのです。さすがに、自分でも不自然さは否めませんでした。

どう考えてもわざとらしいと、自分でわかっていました。いちおう『具合の悪さゆえ』という演技の中での行動ではあるのですが・・・あえて表現するなら、理性的に『理性に欠ける行動をとってしまっていた』という感じでした。

『見てもらいたい部分を見てもらうための行動』をストレートに実行していたのです。いくらなんでも、彼だって何か意図的なものを感じたかもしれません。でも、さっきまで私の性器をチラ見して興奮していたはずの彼です。

たとえ、うすうすおかしいと思ったとしても、現実に自分の顔の数十センチ前に立つ、私のヌードから今さら目を離せるはずもありません。綺麗なお姉さんが、何も着けない下半身を広げて前屈しているのですから。私がサウナ室に入って、たぶん3〜4分は経っていると思います。

演技とは別に、本当に汗が流れ出してきていました。私はベンチ段に手を置いたまま、頭を下げ、下を見ていました。自分の両足の甲が見えます。

V字に伸びる両脚を見下ろしながら、その間から、しゃがんだぽっちゃり君のひざが見えていました。(ああ、見てるんだなぁ。。。)でも、あまり現実感がありません。なぜか、求めていたような羞恥心は感じられませんでした。

私の恥ずべき部分を見られているはずなのに、どこか他人事のような感覚でした。「うー・・・ん、くらくらす・・・る」私はめまいに耐える演技を続け、ベンチ段に伸ばしているひじを曲げました。

背中をそらし気味にします。そうしてお尻を突き出したのです。お尻の割れ目が両サイドに広がりました。

お尻の穴が思いっきり剥き出しになり、その存在を主張します。私のお尻の穴が、しわまで丸見えになっています。性器という名の股間の唇も、まるで呼吸しようとするかのように口を広げているはずです。

ぽっちゃり君の前に、私のすべてを晒けだしていました。でも、確実に見られているとわかっていながら、どうしても『自分がいま恥をかいている』という実感がありません。興奮できませんでした。

私は自分を興奮させたいがために、ぽっちゃり君の心情を想像していました。私は、中学生の男の子に、何も隠さない下半身をお披露目しています。ただ見えているのではなくて、すべてがあらわになるよう脚を開き、中腰になってお尻を突き出しているのです。

まさに、犬を後ろから見たときの姿といっしょの状態のはずです。女の子として、あまりにも『あられのない姿』です。多少なりとも『清楚な美人』と、周りから言われることもある私です。

その若い女の子が、お尻の穴まで剥き出しにして、これだけのポーズをとっているのです。ふだん、彼がオナニーをしているのかどうかは知りません。でも、もしかしたらそういうときに彼が想像して思い描く光景を、私はいま実際に見せてあげているのかもしれません。

相手が見ず知らずの男の子とはいえ、女性としてあまりに恥じ知らずな姿です。不自然さも承知のうえで、これだけの思い切ったことをしておきながら、なんの快感も得られていない自分にむなしくなってきました。なんでこんなことをしているのか、よくわからなくなってきました。

私はよくレスで『変態』というふうに書かれてしまいます。やっていることがことですから、どう書かれてもそれは仕方のないことです。でも、私は自分のことを『変態』だなんて思ったことはないんです。

このことは、私の心の中では常に明確で、ゆるぎないことです。私は変態ではありません。普通の女の子です。『変態』だから下品な行為をするのではなく、『変態でもないのに』はしたないことをしているという事実が、羞恥心に火をつけるのです。

普通の女の子である私が、そんな自分の自尊心に逆らって恥を晒しているという、その事実に自分自身で興奮できるのです。ですから、興奮できない以上は、こんな行為に何の意味もありませんでした。もしかしたら、最初から過剰に意気込みすぎてここに訪ねて来ていたことがいけなかったのかもしれません。

いずれにしろ、こんな羞恥ポーズをお披露目してみせる理由はもうありませんでした。(ばかばかしい・・・)(もうやめよう。。。)瞬時に気持ちが切り替わりました。私はいちおう体裁だけ、「ふぅ、やっとおさまった」

とつぶやき、何事もなかったかのように『すっ』と態勢を戻しました。気持ちがすっかり冷めていました。唖然としているぽっちゃり君を無視して、床に落ちているビキニパンティを拾います。

彼が『ぽかん』と見ている中、何食わぬ顔でビキニを着け、しっかり両側のひもを結びました。当然のことでしょうが、彼には事態が飲み込めていません。あれだけふらふらになっていたお姉さんが、急にけろっとしたのですから。

『訳がわからない』という表情で私を見ています。水着をきちんと身につけた私は、そんな彼を見て、急に後ろめたい気持ちになっていました。素直に『ごめんなさい』という気持ちでした。

ぽっちゃり君は、固まったようになって私の顔を見ています。のぼせていた私、うずくまっていた私、裸ですべてを晒していた私・・・いったい何がどうなっているのか、私に説明を求めるかのような表情で立ち尽くしています。

無視するしかありませんでした。私は、かなり申し訳ない気持ちのまま彼を後に残し、サウナ室から外に出ました。サウナの熱気と湿度から解放されます。

リラクゼーションルームの白い照明が、やけにまぶしく感じられました。サウナの扉から出たとたんに私の目に飛び込んできたのは、ジャグジーに入っている2人の女性の姿でした。私より、少し年齢が上の女性たちです。

ビキニだったのが目を引いたのか、彼女たちも私のことをちらっと見ました。(危なかった・・・)本気でそう思いました。途中で彼女たちにサウナに入ってこられていたら、大変なことになっていたかもしれません。

今さらながらですが、(ずいぶん危ない橋を渡ってたんだわ。。。)と自分が慎重さを欠いていたことを実感しました。気持ちとしては、すぐにも女子更衣室に戻りたい気分だったのですが、全身から噴きだしていた汗を流さずにはいられませんでした。壁際のシャワーの下に行って栓をひねりました。

立ったまま浴びるシャワーです。ほどよい温度のぬるま湯が降ってきて、体の汗を流してくれます。すぐに、サウナ室からぽっちゃり君が出てきました。

私は、彼とまた顔を合わすことを恐れてはいませんでした。彼にとっては煙に巻かれたような出来事だったでしょうが、少なくとも得をした気分にはなってくれているはずです。なりゆきが飲み込めなくても、思春期の男の子にとってはドキドキする一瞬だったはずです。

その一瞬をプレゼントしてくれたお姉さんのことをプールの監視員や、他の誰かに知らせるとは思えませんでした。そういった意味では、私は、彼のことを魅了できていたという自負がありました。彼のほうは、まだ私がここにいることに戸惑ったようですが、そのまま静かにジャグジーに入りました。

ぽっちゃり君は、まるで幽霊でも見るかのように、私のことを見ています。そんな彼の視線を痛いほどに受けとめながら、私は上下ビキニの体にシャワーを浴びていました。あまり大きくないジャグジーの湯船に男の子が入ってきたことを敬遠したかのように、女性たちはそろって立ち上がりました。

湯船からあがった彼女たちは、ドアを開けてプールのほうに出ていきました。このリラクゼーションルームで、再び私たちは2人きりになりました。ぽっちゃり君の顔つきが、緊張するのが見て取れました。

それを見て、あらためて『悪いことをしてしまった』という気持ちになりました。緊張した顔つきをする彼に、(まだ何かあると私に期待しているのかしら。。。)とも思いました。罪悪感がありましたが、一方では、なぜか彼に対して優越感も感じていました。

私はシャワーを止め、静かにジャグジー湯船に近づきました。ぽっちゃり君が、また固まったような表情になって、近づいてくる私を見ていました。私は湯船に入りました。

彼の表情を観察しながら、(やっぱり、かっこよくない子ね。。。)そんなことを思っていました。小さな声で、ぽっちゃり君に話しかけました。「さっきは、ごめんね」

「え、・・・いえ。」彼が戸惑っています。「本当にごめんなさい」

何が『ごめんなさい』なのかは説明しませんでした。理由もなく、なぜだか強い優越感があります。戸惑っている彼に対する主導権を握ったとでもいうような、優位に立った気分です。

彼をコントロールしているような気分になっていました。私の心の中は、穏やかでした。緊張や、気負いはありませんでした。

私はジャグジーのぬるま湯の中で、彼の前に背を向けて座りました。湯船の底にじかに座っています。体育座りのような感じです。

顔だけ後ろを振り向きながら、ぽっちゃり君の右手首をつかんで、引っ張りました。ビキニの上から、お尻をなでさせてあげるつもりでした。水着の上からとはいえ、彼になぜお尻を触らせてあげることにしたのか、その気持ちは上手く説明できません。

『彼へのお詫びの気持ち』、『彼の期待に応えたい気持ち』、『彼をからかいたい気持ち』、いろいろな気持ちがそうさせようとしていました。湯船の底に座っている状態から、片尻(?)だけ上げて、彼の手のひらを、お尻のほっぺた部分に押しあてるようなイメージでした。でも、彼の手をお尻の前まで持ってきたとき、私の中で一瞬、少しだけ大胆な気分がよぎりました。

特に何かを考えたわけではありません。気持ちの余裕からくる、些細な冒険心のようなものです。私は、彼の手を自分の背中の下のあたりで、肌に直接あてました。

じゃんけんの『パー』の状態の手のひらが、私の背中に押しあてられています。5本の指が下向きです。彼の手首をつかんでいる私は、そのまま、『パー』の手のひらを、自分の肌に押しあてながら下のほうへ滑らせました。

指先がほんの少しだけ、ビキニのふちから中に入りました。位置から言って、たぶん中指だと思いますが、彼の指先がちょうど私の尾てい骨に触れています。そこで、つかんでいた彼の手首を離しました。

彼の手は、そのままそこで止まっていました。異性にお尻の骨を触れられている・・・私はそんなことに満足感を得ていました。

尾てい骨に指をあてられ、リラックスした自然体な気持ちでした。いちばん訳がわからなったのは、ぽっちゃり君のほうでしょう。どうしてこんなことをさせられているのか、理解に苦しんでいたはずです。

でも、彼が手を引っ込められるわけがありません。23歳の美人(すみません)の水着に手を差し込んでいるのですから・・・そのとき、尾てい骨にあてられた彼の指が動きました。

私の尖ったその骨を撫でるように『くるっ』と動いたのです。(あ、イヤ。。。)ちょっと驚きましたが、そのままにしていました。尾てい骨をくるくる撫でられながら、なんだか不思議な感覚でした。

非日常的な状況に、『ぼーっ』とした気持ちで、骨を触らせていました。次の瞬間、ぽっちゃり君の指先が、ぐっと下に差し込まれました。(あっ!)と思いました。

彼の指が尾てい骨の下側にまわりこんだのです。私は、瞬間的な防御反応で、体の重心を後ろにずらしていました。ちょうど彼の指を、私の尾てい骨と湯船の底に挟みつけて押しつぶし、固定しているような感じです。

ジャグジーの泡で、お湯の中の様子は見えません。でも、骨の前側に指が入ったことは、その感触で彼にもわかったはずです。下側から上に持ち上げるような感じで尾てい骨をぐりぐりされます。

このとき初めて、そして一気に屈辱的な気持ちがわきあがってきました。『羞恥心』ではなく、『屈辱的な気持ち』です。一瞬にして目が覚め、我に返ったような気分でした。

プールに来たときからの、どこか浮ついていた気分が吹き飛びました。彼の中指の数センチ先には、お尻の穴があります。もともと、水着の上からソフトにお尻をなでさせてあげようとはしていました。

でも、そんな際どい部分を触れさせる気はありません。私の尾てい骨にぐりぐりと食い込む彼の指に、さらに前への侵入を許す気はありませんでした。それなのに、私は『やめて』のひとことが言えませんでした。

ぽっちゃり君が、指を先に進めようとしているのは動きでわかりました。尾てい骨を持ち上げるようにしながら指を前のほうにずらしてきています。私は、重心を後ろにそらすことで、尾てい骨で彼の指を打ち据えていました。

私の尖った骨が彼の指の腹をロックしているような状態です。お尻の穴を触られるなんて、絶対にいやでした。見られるのと触られるのとは全然ちがいます。

そんなところを、男に触られるのは最悪でした。そんな屈辱には耐えられません。今、動いているこの指の状態が、すでに私の許容範囲を越えています。

やめさせることは簡単でした。彼の手首をつかんで、引っ張り上げればいいのです。振り向いて『もうだめよ』と言えばすむ話です。

私がそうしないから、彼がさらに触ろうとしているだけのことなのです。私は、これ以上に先の部分を触らせるのは、絶対にいやでした。自尊心が許しません。

尾てい骨の前側で動く彼の指に、うらめしいほどの屈辱を感じていました。でも、彼の手首をつかむことも、立ち上がることも、『やめて』のひとことを告げることすらもできませんでした。これ以上触られたくない反面、この屈辱感を手放すのもいやだったのです。

結局、彼に触ることをやめさせはしないで、でも、それ以上に前の部分へ進まれることには抵抗する、という矛盾したスタンスをとってしまっていました。体重をかけ、尾てい骨を押しつけている限り、彼の指もこれ以上は前へ進めません。なによりも、ギリギリのところまで触られている状況の、この屈辱感に快感がよぎりはじめていました。

(そんなところで指を動かさないで。。。)(お尻の穴なんて、触らせられないわ。。。)今度は指先ではなく、ぽっちゃり君の手のひら全体が、しゃくとり虫の動きのように曲げ伸ばしさました。お尻ごと強引に持ち上げて、手を滑り込まそうとする感じでした。私は、必死でお尻を湯船の底に押しつけていました。

絶対に触られたくありません。私の頭の中はパニックでした。(触られたくない)(無理やり触られそうになっているこの屈辱感は捨てたくない)(これ以上はいや)(でも、やめさせるのもいや)触らせておきながら、かたくなに抵抗するお姉さんに、ぽっちゃり君もだんだん強引になってきたような感じでした。

私は、ギリギリの状況、この限界の状況に興奮していました。少しだけ、傾けた重心を前に戻していました。『ずっ』と、指が前へ進みました。

このままでは、やがてお尻の穴に届いてしまいます。(いやぁ、やめて!)(触られちゃう)(わたし、お尻の穴なんて触らせられない。。。)快感が襲ってきていました。お尻の穴などという汚い部分に、他人の指が迫ってきているという許しがたい状況に快感でした。

オナニーなんかより、はるかにせっぱ詰まった、精神的快感です。少しずつ侵略してくる彼の指に恐怖を感じながら、羨望の思いでした。(やめて。。。)(それ以上はだめ。。。)私は、後ろに反らした重心を少しずつ戻し、彼の指の侵入をギリギリで許すぐらいの加減で、尾てい骨を微妙に浮かせました。

お尻の割れ目を、徐々に、それこそミリ単位で指先が侵入してきます。(いやあ、いやあ。。。)興奮が押し寄せます。(いやぁ、本当にそれ以上はだめ。。。)(触られちゃう、触られちゃうよ、絶対やだぁ。。。)ついに彼の指先が、私のお尻の穴にかかりました。

(あ、いや)私は再び体重を後ろにかけました。性器まで触らせる気はありませんでした。私はお尻の穴に指が触れたところで、彼の指の侵入を止めたのです。

このときはもう指ではなく、尾てい骨で彼の手のひらを刺して固定していました。ぽっちゃり君の指先が、お尻の穴の中心に触れていました。いえ正確には、私のお尻の穴のほうが、彼の指先をつぶそうと上から圧力をかけているような状態でした。

(あっ。。あっ。。。あっ。。。)(いやぁん。。。)ぽっちゃり君も手ざわりの違いで、悟ったようです。感触を確認するかのように指先が動こうとしますが、お尻の重さでまともに動きません。第一関節だけが、上に向かってわずかに曲がるようで、何度か『もぞもぞ』と上下に動きました。彼の指が触れている柔らかい部分、つまりお尻の穴を、指の腹で押されたのです。

背筋が『ぞくぞくっ』としました。恐ろしいほどの屈辱でした。頭がおかしくなりそうです。

私は、ぽっちゃり君の手首をつかみました。そのままビキニの中から引き抜きました。彼は素直でした。

抵抗されることもなく、私のお尻の下から彼の手が抜けました。私は無言のまま座る姿勢を変えました。ジャグジーのお湯の中で、湯船の底に正座に座りなおしたのです。

お尻の穴を触られたくてしょうがありませんでした。私は冷静でした。冷静な判断のもとに行動していました。

私は、自分の右手を、前からビキニの中に突っ込みました。内股に手を入れ、性器に被せるようにあてたのです。そうやって、自分の性器をガードしました。

ここを触らすつもりは一切ありませんでした。正座ですが、私は両足の間に、腰を挟み落としていました。湯船の底に直接座っていたのとは全く状況が違います。

完全に、お尻がフリーになります。今度はさわり放題のはずです。私は、『ちらっ』とぽっちゃり君を振り返りました。

それを合図にしたかのように、彼の手のひらが背中側から、ビキニの中に滑り込んできました。また、背筋が『ぞくっ、ぞくっ』としました。お尻のほっぺた部分を、2,3回遠慮がちに撫でまわされました。

ジャグジーのぬるま湯の中なのに、手のひらのぬくもりが伝わってきます。『むにっ』とした、柔らかい座布団をこすりつけられているような感じです。すぐに彼の手は核心へと伸びてきました。

いきなり指先がお尻の穴にあてられました。さきほど私を興奮させた、『じわじわ迫る感』はありません。ボタンを押すかのように、いきなり指をあてられた感じです。

(あっ。。。)ぽっちゃり君の指先が、わたしのお尻の穴に『ぴたっ』とあてられています。(いやっ。。。)『もぞもぞ』とくすぐるように動きました。自分で自分のお尻の穴を触ったとしても絶対に得られない感触だと思います。

全身の毛が逆立つような感覚です。(いやぁ、絶対いやっ。。。)私のお尻の穴が弄ばれています。私の最悪に恥ずかしい場所なのに・・・

いじめられているかのように、みじめな気分になってきます。ぽっちゃり君も、どう触ったものか試行錯誤しているようです。掻くようになぞられたり、肛門をそっと押したりしています。

ときどき、性器をガードする私の指先に触れ、驚いたように動きがとまります。そうかと思えば、また指で『ぴたぴた』と肛門に触れてきます。ぽっちゃり君の鼻息の荒さを感じます。

正直なところ、他人のお尻の穴なんか触ってなぜ興奮できるのか理解できませんが、いじられているこっちとしては、屈辱そのものでした。(まじめな私が、男の子にお尻の穴を触られている・・・)(清楚な私が、お尻の穴を肥満の男にいじくられている・・・)(私のお尻の穴が、こんなブ男に弄ばれている・・・)頭の中で自分自身をどんどんおとしめていました。彼の指にプライドをもてあそばれながら、陶酔感にひたっていました。

タッチされているその感触が心地よいのではなく、そんな恥ずかしい場所を好きなようにされてしまっているという虐げられた屈辱感に完全に酔っていました。なぞるように触られたり、つつくように触れられるよりも、指の腹を肛門に『ぴたっ』とあてられ押すように力を加えられるときのほうが、より屈辱的でした。(いやぁ、だめよ。。。)どんどんみじめな気持ちになる私の心情などお構いなしに、ぽっちゃり君は遠慮なく触っています。

(そんなところ、さわっちゃいや。。。)私は、男の子にお尻を触らせ、その屈辱に耐えていました。う○ちを出すための恥ずかしい穴をいじられるという、陰湿ないじめに耐えていたのです。無抵抗の女の子を泣かせるために、肥満児が私のお尻の穴に指を這わせます。

美人の肛門を、ブ男がおもちゃにしているのです。そんなふうに自分を見立てていました。あまりの快感に、自分の肛門を彼の指先に委ね、夢見ごこちでした。

彼の指先の動きにお尻の穴を預けていました。そのうち、遠くで人の声が聞こえました。私は反射的に、跳ねるように彼から離れていました。

そのまま立ち上がります。現実の世界に引き戻されました。心臓がすさまじい勢いで鼓動して、血圧が急上昇します。

ずれかけたビキニパンティを整えながら、ジャグジー湯船のふちをまたぎました。子供たちが『きゃっきゃ』とはしゃぐ声のようです。私は迷うことなく、女子更衣室へのドアに向かって歩きだしていました。

ぽっちゃり君のほうは、あえて振り向きませんでした。私が女子更衣室に入ろうとしたとき、入れ違いで中から親子連れが出てきました。ママさんと小学生ぐらいの女の子2人です。

ドアのところで3人とすれ違い、私は更衣室に入りました。私は更衣室内のベンチで、かなりの間、ぐったりと座っていました。だいぶん時間が経ってから、やっと腰をあげ、着替えました。

けっきょく帰りの高速道路では渋滞にも巻き込まれてしまいました。ぽっちゃり君にしてみれば、私は不審者そのものだったことでしょう。頭のおかしい人と思われていたかもしれません。

見た目はまともなお姉さんなのに、サウナではヌードの下半身で前屈したり、ジャグジーでは、手をつかんで水着の中へと誘導したり・・・考えてみれば、彼とはほとんど会話をかわしませんでした。運転席でそんなことをずっと考えていました。

本当に長い報告になってしまいましたが、最後までありがとうございました。

他に読まれているエッチ体験談

  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメント

  1. より:

    妄想おつ

  2. トシ より:

    結局、何が言いたいの?

    良くわかんない!

  3. ( ؔ⚈͟ ◡ ؔ⚈͟ ๑)…ン? より:

    変態ですねwwwぽっちゃり君可哀想…自分で美人とか少し痛いですよ!ww

  4. 変態以下の神 より:

    ぽっちゃりって俺とほぼ似てんじゃねぇか!ぽっちゃりをバカにすんじゃない!あと、自分で美人はやめた方がいいよ。ナルシと思われるから

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 2294記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。