エッチ体験談が10000話を突破しました。

女友達?がお泊まりしに来た

りさんから投稿頂いた「女友達?がお泊まりしに来た」。

自分は飲食店の店長をしています。
全国にあるお店なので転勤もあります。

その中でとある牛タンが有名な県で働いていました。

そこでのバイトしていた大学生 M

自分と10個違いですが、すげー仲良くなり、一緒にご飯いったり、たまに出かけたりする仲になってました。

ですが、自分が異動になってしまいました。

片道元々、働いてた所から550キロも離れた

大異動です。

新幹線だと4時間程
車だと6時間程

なので、かなり離れてしまいましたが、

たまに連絡とってました。

仲はよかったけど、別に付き合ってるわけでもなく、自分には彼女がいました。

なので、一緒にご飯いったりしましたが、

体の関係はなかったです。

異動したがために彼女とも遠距離恋愛となってしまいました。

んで、その仲良くなった大学生Mは卒業し、就職してお金に余裕ができたのか

そっちに遊びに行ってもいい?と聞いてきました。

宿泊先も予約してそっちに遊びに行きたいといってきたので

来るだけでもかなりの費用がかかるのに、

宿泊もしたら結構お金飛ぶよって話して

うちに泊まれば?と言いました。

この時は下心もなく、単純にお金の心配をして

泊まれば?といいました。

すると、Mは

「えっそんな甘えていいの?
泊まっていいなら泊まる」

というので、うちに泊まるという事でホテルは取らずに遊びに来ました!

ドライブしたり、食事したり、久しぶりに会ったので楽しみました。

楽しんだ後にうちにきました。

交互にシャワー浴びて、それぞれの寝まぎに着替えて、布団を引いて

電気を消して寝るまでの時間

お話してました。

彼女とも遠距離になり、かなりご無沙汰な俺は

俺ん家に女がいて、隣で寝ようとしている

当初は下心なんてなかったのに

実際泊まりきて、横に女が横になっていたので

つい魔が差してしまいました。

近づいて、軽くボディタッチ
すると

「どうしたの?」

と聞きながら俺の方を見たので

そのタイミングで、キスしました。

軽くチュッとしたら

「ん、なにしてんの?」

と言ってきたけど、怒ってる言い方ではなかったので、

さらに、キスして今度はディープなキスをすこし無理やりでしたが、しました。

Mは
「ん、ん、ちょっと」

と言ってはいましたが、強く抵抗はしてなかったです。

なので自然な流れと思い、MのDカップのおっぱいを服の上から揉み始めました。

「あっだめだよ、○○さん」
と言いながらも

力強く抵抗があったわけではなく、揉んでる手をどかそうとした程度なので、力でどかされずに揉んでました。

そして服を捲りあげてブラの上から揉んで、ブラも外しました。

するとDカップのおっぱいが目の前に

この時、Mの腕を抑えて

一生懸命乳首を舐めてました。

Mは
「だっだめだよ、あっあっ」
と言葉ではダメと言いながらも

感じてる声はすこしずつ出始めてました。

もうここまできたら止まらないです。

Mは俺に腕を抑えられているから体の力をつかってこれ以上はだめと抵抗してはいるけど、

感じてきてることもあって、そんなに力が入らない中で抵抗はしてました。

でも。とまらない愛撫に

気持ちよくなってきて諦めたのか

抵抗していた力が一気に収まったのがすぐ分かりました。

なので、これは

もうやれると確信しました。

抑えていた腕ももう抑えずに、手マンを始めました。

すると、

「あっあっ」と感じているMがいます。

そこで、俺のちんこを出して、Mの手をひっぱりちんこを手に当てるとMから握って

上下に動かしてくれ始めました。

俺は

「ハァ~~~きもちいい」

女にちんこ触られるの久しぶり。

と思いながら声にも気持ちいいと出してしまいました。

手マンを終えて

俺が仰向けになり

舐めてというと

Mはフェラをしてくれました。

なんとMのフェラはまじ、上手くて俺好みのフェラでした。

「ハァハァ

Mまじ気持ちいい」

といいながらかなり感じてました。

また友達とこんなことになってるというので興奮もしているためか

すげービンビンになってました。

するとMは

「○○さんの大きい」

と、

その言葉は、ホントか否かはわからないけど、そう言われたのは内心うれしかった。

んで俺はもう入れたくなったので

「M入れたい」と言ったら

Mは
「それはだめ、だから口でがまんして」

と言いました。

俺は
「えっ、ここまできてさ、いいじゃん入れたい」

と言ったけど、Mは入れるのはだめと。。

でも、俺は我慢できず、口でフェラしてるMを急に起こして、そのまま後ろに押し倒して

正常位の体制になり、Mの腕を抑えて

そのまま挿入しました。

Mは

「きゃ、えっなに だめだよ」

といいながらも抑えられてるので腕では抵抗できずに足を開かないようにしてましたが、
俺が力いっぱい開いて、すぐにちんこをまんこに当てたので、そのまま入っていきました。

入ったので正常位で、腕を抑えたまま腰を降り始めました。

あ~この感触久しぶり~と

思いながら最初はゆっくりと腰振って感触を味わってたら

Mは
「抜いて~ お願い抜いて~」

とお願いしてました。

でもその中でも、感じてしまうようで

あっあっと声はでてました。

Sっけのある俺はこの無理矢理感にさらに興奮し、腰の振りを早めていきました。

すると
Mはとうとう抜いてといっていたにも関わらず
「あっあっ 抜いて~

あっ

気持ちいい~」

Mは気持ちでは抜いてほしいけど、

体は反応してしまう、

なんかアダルトビデオみたいな展開な言葉を発してました。

そこにもう興奮しました。

その気持ちいいという言葉を聞いて

さらに速度をあげました。

Mの膣の中は結構狭くてかなり擦れるので、正直いままでしてきた人よりも1番気持ちいいまんこでした。

でも、それでも抜いてといってくるMに

俺は無理矢理にしてるから罪悪感も感じてきました。

だから腰を振りながら正直な気持ちを伝えました。

「Mごめん、ついご無沙汰で、ついMを横に見た時に女として見てしまい、襲ってしまった。ほんとごめん、

でもMの中、まじで気持ちくて、こんな気持ちいいまんこは今までで初めて

だから抜いてあげたい気持ちもあるけど、気持ちよすぎて抜けない」

と本能に負けた内容を伝えました。
すると

Mは
「私も気持ちいい、かなり

でも私たち付き合ってないのにこんなことしちゃだめだよ」

と。

俺は「ごめん、ほんとごめん
でも、まじ気持ちくて抜きたくても抜けない」

といってがっちり腰を持ち、正常位のまま
腰振ってました。

Mも気持ちいいと言ってくれてたのが、ホントだったかのように、

「あっあっ そんなに激しくちゃ

あっあっ だめ イクッ」といって

海老反り的な感じに体がまがり、膣の中も、キューっと締まり、激しくイッていました。

その締まり具合がかなりの物で

俺ももう一気に限界にきました。

「M 俺もイきそう 」といいながら

ギリギリまで我慢して

一気に抜いてMのお腹からおっぱいにかけました。

お互いハァハァいいながらも

ちんこをMの顔ノ近くに持っていったらMは
お掃除フェラまでしてくれました。

体に着いた精液を、拭き取り

ハァハァいいながらお互い全裸のまま

そのまま寝てしまいした。

あさになり

目が覚めたら全裸のMが寝てて、それを眺めてたらMも起きました。

俺は夜のしてしまった事に

本能に負けてしまった事にも

またゴムもつけずに生で入れた事にも
まぁ、ゴム自体がない。
罪悪感がいっぱいで、Mに謝りました。

全裸のままで?w

Mは
「付き合ってるわけでもないし、こういうのは良くないとは思ってたけど。泊まらせてもらってるし、○○さんのこときらいじゃないし、むしろ好きやし、泊まりだからもしかしたら手を出されるかもしれない覚悟では来たよ。それはだめだけど、泊めてもらうってことはもしかしたら襲われるかもとは考えた。だから○○さん泊まればと聞かれた時に悩んだけど、そうならなければいいなとは思ったけどやっぱ襲われたね!

でも、ほんとに嫌だったら蹴飛ばしてでも拒否ったよ!私も○○さんとならしてもいいとは思ってたから、覚悟してきたし。

でも結果的にしちゃって、お互いかなり興奮して最後までしちゃったんやから、お互い様やろ」

とか言ってくれて、無理矢理襲ったのは俺なのに、お互い様とまでいうMに

俺はすごくいい子だなと思った。

無理矢理感があることと、

抜いて~

気持ちいい~

っていうMの言葉を思い出したらまた勃起してしまった。

それを見たMは
「性欲強すぎー」

とか言いながら、水から握ってきてフェラまでしてくれました。

もうそうなったらまた理性が抑えられなくなり、エッチ開始してしまうことに。

前戯を終えて、

俺は「ゴムないけどいい?」

と聞きました。

Mは「夜も生ですでにしてるんだし、○○さんならいいよ でも夜みたいに外で出してね、中はだめだよ」

と言ってくれたので生で挿入しました。

今回は抵抗もないので、

正常位からのバック、騎乗位、対面座位からとある程度の体位を満喫し、最後はまた正常位になり

もうこの時はMはもう抵抗せず俺とのSEXを満喫しているので

3回位イッてました。

最後はもうおっぱいぷるんぷるん揺らしながら、

「あっ○○さんまたイク」

といいながら痙攣しながらイってました。

俺ももう限界が来て

「M まじ最高に気持ちいい

あっもう出る」
といい

ギリギリで抜いて

お腹にかけました。

気持ちすぎてかなりギリギリになってしまいましたが、なんとか中だしは免れました。

お互いがかなり満足してしまい、

このMとの初エッチを機会に

セフレ的な存在になり、

遠いのにお金余裕できて時間ができれば会いに来てくれて、

またエッチする

そんな関係となってしまってしまいました。

遠距離になって彼女とも全然会ってないし、逆にMとのほうが会ってる。

まぁ逢いに来てくれてるので、彼女とは別れてMに付き合おうといま考えてるところでしたり

42+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!