エッチ体験談 13,000話 突破!!

12歳年上の美形サド妻と再婚して陰茎と肛門を調教されました

性奴夫さんから投稿頂いた「12歳年上の美形サド妻と再婚して陰茎と肛門を調教されました」。

5年前に再婚した私はバツイチで、前妻との11歳の娘を持つ35歳の会社員です。
最初の結婚は、私23歳で前妻20歳のデキ婚で、前妻に好きな男ができて3年で破局しました。

現在の妻は初婚ですが、12歳年上の47歳、再婚して5年です。
12歳も年上の妻は水野美紀さんに似たクールビューティー、そしてリアル女王様です。
性生活のほとんどが私がマゾ調教を受けるもので、妻の安全日だけセックスがありますが、それも妻が騎乗位で腰振って、2発3発と搾り取られるのです。

私が妻と出会ったのは、離婚して1年、私27歳で妻は39歳でした。
娘を実家の兄夫婦に預けて職場の飲み会に行ったのは良かったのですが、二次会のスナックで出会った妻と意気投合したらしく、ベロンベロンに泥酔してお持ち帰りされました。
気が付いたらベッドに裸で大の字に括られ、亀頭責めされて射精焦らし、かなり追い詰められていきました。
どうやら、スナックで私は自分を「マゾ男」だと言ったようで、妻に目をつけられたみたいで、
「本当にマゾの素質がありそうだわね・・・」
と、この夜は徹底的な亀頭責めをされ、
「お願いですから、イカせて下さい・・・」
「なら、あたしのおチンポ奴隷になるかい?なるなら射精させてやるよ。」
「なります。おチンポ奴隷になりますからイカせて下さい・・・」

この後、扱かれて射精、射精後は精液まみれの亀頭責めに悲鳴を上げ、その後、二度、三度と射精させられた上に亀頭責めを繰り返され、精も根も尽きた状態で解放されました。
その後、私は妻のおチンポ奴隷となり、射精管理され、妻なしでは生きられないマゾに堕とされました。
妻に結婚を申し込んでは断られ、
「おチンポ奴隷じゃなく、完全な性奴隷になるなら結婚してやるよ。」
と隷従の誓いをして、5年前、再婚しました。
12歳年上の妻は、普段は凛々しくて娘には優しいお母さんです。
でも、夜は47歳にしてボンテージが似合うナイスバディの女王様になるのです。

結婚後は、陰茎だけでなく、肛門も開発調教されました。
いつも、ベットに両手を縛られて仰向けにされ、腰の下に硬めの枕を入れられて、M字開脚で足を固定されるのです。
大股を広げて、陰茎と肛門を丸出しの状態は、恥ずかしさと嬉しさが入り混じります。
もう、この時点でガマン汁が糸を引いてきます。
まず、肛門の回りを舐められて、アンアン言和された後、肛門を広げられてローションを垂らされます。
その時、涼しい空気に触れ、その後ローションの冷たい感触に肛門がビクビクします。

最初はアナルパール、中太のアナルバイブで解され、太めのアナルバイブで拡張され、5連のアナルボールを入れられ、ゆっくり抜かれてアヘアヘさせられます。
これ、一気に抜かれると、あまりの快感にトコロテン射精してしまうので、前戯では禁じ手になっています。
徐々に拡張さられてゆき、最後はレズ用の双頭バイブを突っ込まれ、妻も膣に挿入して、激しく腰を振られます。
妻が満足したら、先ほどの5連アナルボールを入れられ、ズルズルズルっと一気抜きされて、ドロドロドロ~~っとトコロテン射精します。

安全日は騎乗位中出しセックス、そして妻に生理が来ると、地獄の亀頭責めです。
私は、水野美紀さんに似たクールビューティな妻との生活をエンジョイしています。
娘も懐いていますし、夜の生活は夫婦の寝室の奥に作ったプレイルームでしますから、娘に見られる心配もありません。
私は、バツイチになりましたが、性生活はとても充実しています。
それもこれも、美しい年上のサド妻のおかげだと思っています。

コメントを残す