妻の様子がおかしくて調べ、不倫の一部始終を話させた寝取られ

私は海外事業部で係長をしている40歳の男です。

妻、京子36歳。子供は小学校5年と3年の娘がいます。
妻とは社内恋愛で、1年間交際し12年前に結婚しました。
専業主婦をしている妻の、様子がおかしいと思ったのは昨年の3月でした。
出張先の中国から帰り風呂に入っていると、上の娘が小学校に入ってから1度も一緒に入った事の無い妻が入ってきました。

「おい。どうした。」
「子供達も寝たし、いいでしょ?」

隅々まで洗ってくれ、風呂からあがってベッドに入ると初めて妻から求めてきました。
翌日からも、何かに付け甲斐甲斐しく世話を焼いてくれて、とにかく優し過ぎるのです。

「何か最近すごく優しいな。」
「そう?私は前から優しかったでしょ?」

妻の言うとおり、優しく控えめなところに惚れて結婚したのですが、何かが違うのです。

優しい妻が嬉しいのも有りましたが、何か嫌な予感がしました。
私の仕事は中国担当で、3日から10日の出張が月に2回は有ります。
次の出張から帰ると、やはり風呂に入って来て洗ってくれた後、急に私の物を口に含みました。
こんな事を自分からする妻では無かったので戸惑っていと。

「あなた。気持ちよくない?」
「そんな事は無いが・・・・・・・・。」
「今日はいっぱいサービスしちゃう。」

ベッドでも妻主導で、始めて見るこんな妻に興奮しましたが、やはり何か不安になり、次の休日、妻が買い物でいない時、娘に尋ねました。

「お父さんが出張でいない時、何か変わった事は無かった?」
「別に無いよ。」
「お母さんは?」
「別に。ただお付き合いが忙しいみたい。時々帰りも遅いし、金曜日は2人でお爺ちゃんの家に泊まったよ。」
「お付き合い?」
「うん。そう言ってた。私のミニバスのお母さん達とカラオケだって。」
「帰りが遅い時寂しくないか?」
「ううん。お婆ちゃんが来てくれるから寂しくない。」
「泊まった時はいつ迎えに来てくれた?」
「次の日の夜。その前の土曜日もそう。」
「前の出張の時もお爺ちゃんの所に泊まったのか?」
「うん。お爺ちゃんもお婆ちゃんも喜んでた。」

妻は今まで隠し事をしたことが有りません。
現にこの2回の出張から帰っても、翌日から留守中の出来事を色々話してくれ、疲れている私は少しうっとうしくも感じていましたが、この事だけは言いませんでした。
妻がミニバス父母会の役員を引き受けたのは知っていましたが、やはり納得がいかず、その夜。

「俺が留守の間、変わった事は無かったか。」

私のきつい口調に妻は一瞬固まり、何か口篭りましたがこちらを見て。

「ごめんなさい。ミニバスのお母さん達とカラオケに・・・・・・・。」
妻の説明では、お母さん達は数人のグループで飲みに行ったり、カラオケに行ったりしていたそうですが、酒も弱くカラオケも好きでない妻は、誘われても断っていたそうです。
しかし今回役員になり、会をスムーズに運営していく為には付き合わないとやり難いという事でした。

「どうして隠していた?」
「隠していた訳じゃないけど、あなたが一生懸命働いている時に、私だけ遊んでいるのが後ろめたくて。」
「帰りも遅いそうだな。何時ごろ帰っていたんだ。」
「働いているお母さんもみえるので、平日は11時頃だけど、休日前は1時になることも・・・・・・・。ごめんなさい。」
「それでお義父さんの所に子供達を預けていたのか?」
「今度からは早く帰るようにしますから、お付き合いだけは許して下さい。お願いします。」
妻の立場も考えて許すことにしましたが、心配性の私は、不安が消えた訳では有りませんでした。

次の出張は金曜迄で家に着くと、やはり妻の報告では1週間の内にカラオケが1回、飲み会が1回有ったそうです。

「そんなに頻繁に有るのか?それに俺の出張の時ばかりだな。」
「派閥と言うほどじゃないけど、お母さん達にも色んなグループが有って、立場上1つ付き合って他は断ると言う事は出来なくて。他の日も誘われているけど、あなたが出張じゃない日ぐらいは家にいようと思って断っていたの。本当にごめんなさい。」

少し遣り切れない思いもしましたが、明日、明後日と休みと言う事も有って、妻に迫りましたが毎月来る物が来たからと拒否されました。

「あなた。その代わりお口でして上げる。」

妻はパジャマを着たままで、私のパジャマの下だけ脱がせて、次にトランクスを脱がせると玉を吸い込んだり、肛門に舌を入れたりと今までした事が無い事をして、最後は激しく頭を上下運動させて、私の出した物を飲んでくれました。
してもらっている時は何も考えませんでしたが、快感から覚めると妻の変わり様に不信感を募らせました。

勿論、今迄口でして貰ったことは有るのですが、何か気恥ずかしくて妻に注文を出したことが無かった為に、ただ含んだり舐めたり吸ったりするだけで、上下運動も殆ど無く、出した事は有りません。
ましてや肛門や玉までは初めてでした。

何かスッキリとしなくて疲れていても寝付かれない私は、熟睡している妻の枕元に有る携帯電話が気になって仕方有りませんでした。
そして罪悪感と自己嫌悪感に苛まれながらも、手にとって発着信履歴、メールなど必死に見てしまったのです。

しかしそこには不振なものは無く、慌てて元に戻して目を閉じると、妻の携帯を見た事と、浮気を疑っていた事への激しい罪悪感が襲ってきました。

『京子に限って浮気なんか有り得ない。俺は何を考えているんだ。』

私の出張は土日を跨ぐ事も多く、代休は有るのですが子供の試合を見に行く事も中々出来ず、次の日は久し振りに夫婦で見に行く事にしていたのですが、妻が起こしてくれたのは出掛ける時間を過ぎていました。

「あなた。もう時間が無いから、私行きますね。お昼は温めるだけにして有りますから、お願いします。」
妻は下の娘を連れて慌てて出て行きました。

『どうして早く起こしてくれなかったのだろう?他のお母さん達と俺が会うと都合が悪い事でも有るのだろうか?』
そんな事を考えながら、コーヒーでも飲もうとキッチンへ行くと、テーブルの上に妻の手提げ鞄が置いてありました。
中を見ると携帯や財布が入っていたので、慌てていて忘れて行った物だと分かり、届けるべきか考えながら見ていると化粧ポーチが2個入っているのに気が付きました。

1個はドレッサーの上によく置いてある見慣れた物ですが、片方は見た事の無いもので、開けてみると電源の切られた携帯電話が入っています。

『あいつが携帯を2個持っている。なぜ?やはりおかしい。』

電源を入れて携帯の中を見てみると、メールの遣り取りは有りませんが発着信は有ります。
それも私の出張中だけで他の日はまったく有りません。

それと不思議なのは発着信とも、アケミと言う女1人とだけで、他には一切無いのです。
この携帯はアケミと連絡をとる為の専用という事になります。
とりあえず携帯番号とアケミの番号を手帳に移し、元に戻すとすぐに妻が忘れ物をしたと帰ってきましたが、鞄を取ると慌ててまた出て行きました。

その夜、妻が風呂に入っている隙に電源を入れておき、私の携帯を非通知にして妻が風呂から上がりドレッサーの前に座った時、部屋の外から電話しました。
携帯をポケットに入れてOFFのボタンに指を置いて部屋に入ると、立ち上がった妻は慌てて座り、髪を梳かしだしたので。

「おい。携帯が鳴っているぞ。」
「えっ。私の?」
「お前の鞄から聞こえてくるぞ。」
妻は渋々立ち上がると、ポーチを出して携帯を取り出しました。

その時私はスイッチを切り。
「なんだ、その携帯は?おまえ2つ持っているのか?」

妻は暫く黙って下を向いていましたが、こちらを向くと。
「着信音が違うのでおかしいと思ったけど、私のじゃなかったわ。きっと今日誰かが間違えて入れたと思うの。困っているだろうから、明日にでも皆に聞いてみて返してくる。」

金曜から出張だと嘘を吐き、張り込むことにしました。
朝家を出て会社に行き、仕事を早く切り上げてレンタカーを借りて、7時少し前に家を通ると妻の車が有りました。
少し離れた所で車を止めて見張っていると、妻は車に子供達を乗せて家を出て、10分位の所に有る義父の家に子供を降ろし、来た道を戻って家に帰ると、見た事の有るお母さんが車に他のお母さんを3人乗せて迎えに来ました。

結局5人で駅近くの居酒屋に入っていき、1時間ほどしてから居酒屋を出て、今度はカラオケに行きました。

『俺の取り越し苦労だったのかな?』

レンタカーを返して家に帰ると、妻はまだ帰っていません。
やはり携帯の事が気になり妻の車の中を探っていると、トランクの工具箱の中に、持ち主が分かったから返したと言っていた携帯が、化粧ポーチに入ったまま隠して有りました。

『やはり何か有る。今日はたまたま飲み会だったのか?それとも俺の嘘がばれていた?いや、そんな筈は無い。』

11時過ぎに帰った妻は、私が居ることを驚きもしないで。

「あなた、どうしたの。」
「急に出張が取り止めになった。」
「遅くなってごめんなさい。今日もカラオケだったの。夕食は済みました?何か作りましょうか?」
「いや。ビールとつまみだけでいい。」

出張が取り止めになった事は今迄無かったのに、妻の落ち着き払った態度から、嘘がばれていると感じました。

次の出張は日曜に日本を発ち、次の日曜に帰国予定でしたが、必死に仕事をこなして会社にも誰にも告げず、金曜に帰国するとレンタカーを借りて急ぎましたが、家に着くのは7時を過ぎそうだったので、通り道にある義父の家の近くに車を止めて、少し待っていると前回同様、妻が子供達を預けて出て行きましたが、今度は家の方向と反対に走って行きます。
20分ほど走ると、私の見覚えの有るマンションの駐車場に車を止めて入って行きました。

ここは私の直属の上司である、美木明男課長の住んでいるマンションです。
課長は裏表が有る嫌な奴で、上司にはゴマを擂り部下には厳しい。
女子社員には優しくて人気が有るのですが、男子社員には嫌味ばかり言う。
部下の手柄は自分の物で部下のミスは責任転嫁ばかりする。
嫌な所を挙げれば桐が有りません。

それでも仕事は出来る為に出世も早く、皆がチヤホヤするので余計に偉そうにしています。
私は大嫌いでチヤホヤしないので、特別厳しく当たられていました。
美木課長は5年前に離婚して1人暮らしをしていますが、その引越しの時に、半ば強制的に手伝わされたのでここを知っていました。
離婚の理由は性格の不一致と言っていますが、噂では度重なる浮気で奥さんが子供を連れて出て行ったそうです。

『あいつはこのマンションの何処の部屋へ行ったんだろう?課長?まさかあんな嫌な奴の所へは行かないだろうし。でも京子と課長は人事課で一緒だったので面識は有る。アケミ。美木明男。明美。アケミ。』

手帳に書いて有るアケミの携帯番号と、私の携帯に入っている課長の携帯番号を見比べて唖然としました。

『京子があの嫌な課長と。嫌だ。そんな筈は無い。でも課長なら俺の出張の嘘も分かる。課長は俺の3歳上でまだ男盛りだ。口のうまいあいつなら。』
手がブルブルと震えました。

その時慰安旅行の温泉で見た課長の物が頭に浮かびました。

私の物は平均位だと思っていますが、その時見た課長の物は、長さも普通より長いのですが太さが凄く、私の勃起時ほどに見えました。
課長はそれが自慢らしく、隠すどころか前に突き出す様に歩いていました。
震える手で時計を見ると、ここに着いてから40分は経っています。

『あれが勃起したらどんなのになるんだ。今頃京子は太い物で。止めてくれー。』
探偵なら出て来るのを待つのでしょうが、私は居た堪れなくなり、課長の部屋の有る4階へ急ぎました。

気がはやってもあまりの事に動揺して、足がガクガクして走れません。
やっとの思いで部屋の前に着くとインターホンを鳴らしましたが中々出ません。
何回も鳴らしているとやっと課長の声がしました。

「だれだ。こんな時間に。」
「西山です。扉を開けて下さい。」
「えっ。西山君か?どうしたこんな時間に。それに君は出張に行っていた筈では?仕事をほっぽり出していったい何があった?」
「そんな事はどうでもいい。ここに京子がいる筈だ。早く開けろ。」
「何を言っている。京子さんが居る訳無いだろ。帰れ。」

インターホンを切られたので、叫びながら必死にドアを叩いているとやっとドアが開き、玄関に入ると課長は奥に行けない様に両方の壁に手を突いて。
「近所迷惑だろ。さっきから何を勘違いしているか知らないが、明日ゆっくり聞いてやるから今日は帰れ。」

私は課長を突き飛ばして土足のまま奥の部屋に行くと、妻が部屋の隅で胸に靴を抱えて、壁の方を向いて震えながら立っていました。
「京子。ここで何をしている。」

妻の所まで行き、こちらを向かせると平手で頬を叩きました。
妻が座り込んで泣き出したのを見て、課長は間に入り。

「暴力はいかん。落ち着け。」
「やかましい。」
課長を思い切り殴り付けると、課長はよろけて壁に手を突き。

「嘘を吐いたのは悪かった。誤る。しかし信じてくれ。私と京子さんは君が思っている様な関係じゃないんだ。離婚した私を哀れに思って、料理を作ってくれたり、話をしたりしていただけだ。それだけで私は癒された。体の関係は無い。本当だ。」
「そんな事を信用できる訳が無いだろ。今日は帰るが明日また来る。」
妻の髪の毛を掴んで立たせると、靴も履かせずに髪の毛を掴んだまま車に乗せましたが、妻は激しく泣き続けていたので、私は無言で運転しました。

家に着くと、また髪の毛を掴んで寝室まで連れて行き、ベッドに突き倒し。
「京子。泣いてないで説明してみろ。あいつとはどんな関係だ。セックスしたのか?抱かれたのか?どうなんだ?」
「ごめんなさい。身体は許していません。本当です。ごめんなさい。」
1時間ほど問い詰めましたが、泣きながら誤るだけで身体の関係は認めません。

出張から帰ったばかりで私も疲れてしまい。
「今日はもういい。明日また話そう。お前も着替えて寝ろ。」
パジャマに着替えてベッドに入ろうとすると、妻もようやく泣き止み、着替えようとジャケットを脱ぎ、ブラウスのボタンを少しはずした時に、ハッとして前を押さえながら走って部屋を出て行きました。
何か有ると思った私は後を追い、捕まえると強引にブラウスを引き千切りました。

「何だ、そのブラジャーは?」
パンストを穿いていない事に気が付き、泣きながらうずくまっている妻のスカートも強引に脱がせると、そこには今迄見たことの無い妻の姿が有り、絶句しました。

妻は結構胸が大きいのですが、若い時から胸を強調しない服ばかり着ていて、初めて妻の裸を見た時は、思ったより大きいのに驚きました。
また足も綺麗だと思っていましたが、ミニスカートを穿いているのを見たことが有りません。
下着も可愛い物ばかりでセクシーな物は持っていませんでした。

今、目の前にいる妻が着けているのは、色は白なのですがお乳を包みきれない、乳首の透けた小さなブラジャー。
同じく白で、大事な所に大きな切れ込みの有るショーツです。
きっと慌てて服を着たのと、気が動転していた為に忘れていたのでしょう。

その時両手首と両足首が赤くなっているのに気が付き、妻がベッドでこの下着のまま、大の字に固定されている姿が浮かびました。
「もう言い逃れ出来ないぞ。こっちへ来い、汚れた体を清めてやる。」

私は腕を掴んで引きずる様にして、下着姿で泣いている妻を風呂まで連れて行くと、シャワーで水をかけました。
まだ夜は肌寒い季節です。

暫くすると妻は寒さと恐怖からガタガタ震えだしました。

「ごめんなさい。もうしません。ごめんなさい。許して下さい。」
「あいつとセックスしたな?」
「はい。ごめんなさい。」
「全て話すか?」
「・・・・・・・・・・・・・。」
「泣いていては分からん。寝室で待っているから、話せるようになったら来い。分かったか。返事は。」
「はい。」

あの清楚で可愛い妻が私を裏切ったのです。
それも相手はあの嫌な課長なのです。

私しか入った事の無い妻のあそこに、あの太い物を入れられたのです。
きっと私しか知らないあの時の声を聞かれ、気を遣る顔を見られたのです。

あの太い物に酔い痴れ、何度も気を遣った事でしょう。
もう私の物では満足出来ない身体になっているかも知れません。
あいつから離れられない身体に調教されているかも知れません。
こんなに愛している妻が、私だけのものでは無くなったのです。
寝室で1人待っていると、初めて涙がこぼれて来ました。
30分程すると妻がバスタオルを巻いて、まだ少し泣きながら入って来ました。

「あいつと何故こうなったのか最初から話せ。」

妻の告白によると、3月の始めに出張に行った翌日、課長から私の事で大事な話が有るので食事をしながら話がしたいと電話が掛かり、喫茶店で待ち合わせたそうです。
食事をすると遅くなると思い義母に来て貰ったのですが、流石に男と2人で会うとは言いにくく、嘘を吐いて出掛けたそうです。

話と言うのは、私の出張が多い事を詫びる程度で大した話は無く、ただ妻を呼び出す口実だったのでしょう。
食事に行く話になり、課長は離婚してから外食かコンビニ弁当ばかりで、家庭の味に飢えている事を力説して、妻の母性本能を刺激した為に、課長のマンションで手料理をご馳走すると、妻から言い出したそうです。

いくら私の上司で自分も顔見知りだとしても、男1人暮らしの所に夜行くのはおかしいと思い問いただすと、私と付き合う以前に、課長と半年ほどお付き合いしていたと謝りながら話しました。
半年の間には体を求められた事も有ったそうですが、結婚が決まった人で無いと、そういう関係にはなりたくないと断った後は、一切その事には触れずに明るい交際をしていたらしいです。

結局、妻から交際を断ったのですが、その後も変わり無く仕事の面倒を見てくれ、私が普段仕事の話や課長への愚痴など一切言わなかったので、課長は誠実な男という印象をずっと持っていて、迷う事無くマンションへ行ったそうです。
私の知らない妻の事を聞くのは怖かったのですが、知っておきたいという気持ちの方が強く、途中言い難そうだったり私の質問に黙ってしまったりすると、叩き、怒鳴り、髪の毛を掴んで風呂に連れて行こうとしたりして、会話の内容、その時の気持ち、手の動き1つまで事細かに聞き出しました。
私は今迄、手を上げたり、大きな声で怒鳴ったりした事が1度も無かったので、妻は怯え、正直に話したと思います。

次回からは妻の告白を、妻の立場から書かせて頂きます。

喫茶店を出て食材を買ってから、彼の車でマンションに行きました。
帰りはタクシーで送るからと、彼はビールを飲みながら料理が出来るのを待っています。
料理が出来ると、凄く美味しいとガツガツ食べてくれて、少し付き合えと言われてビールをコップ1杯飲まされました。
お酒にかなり弱いので1杯だけでも酔ってしまいましたが、料理の味や手際の良さを大袈裟過ぎるほど褒めてもらい、有頂天になっていた私は、断りながらもやや強引に勧められるまま5、6杯飲みました。

こんなに飲んだのは初めてで、暖房が入って暖かいせいも有って、頭がふらふらして椅子に座っているのも辛くなった時、少し横になった方がいいと、隣のベッドルームに連れて行かれてベッドに寝ました。

眠気に襲われ、少しうとうとしていると耳元で。
「京子。苦しいのか?楽になるから服を脱ごうな。」
京子と呼ばれた事で、酔って意識がもうろうとしていた私は、主人に介抱して貰っていると勘違いしてしまい、スカートやパンスト、ショーツを脱がされる時も腰を浮かせて助けてしまいました。

全て脱がされ、裸になると苦しいのも少し収まりましたが、意識はまだもうろうとしています。
うつろな意識の中で、手や舌が私の体の至る所を這いずり回っているのに気が付きましたが、主人と勘違いしていたのでそのまま身を任せていると、次第に感じてしまい、はしたない声を出していたと思います。
いつもと違って延々と愛撫が続き、最後は大きな声でいく事を告げながら気を遣ってしまいました。

「今度はこれで気持ち良くしてやるからな。」
少し酔いの醒めかけた私は、その声で主人ではない事を知って目を開けると、目の前に太く大きい物が有りました。

初めて主人に抱かれた時にこんな物が入るのかと怖かった事を覚えています。
しかし目の前に有る物は遥かに太く、恐怖と主人への罪悪感から、何とか進入を防ごうと抵抗しましたが、気を遣ったばかりなのと酔いから身体が自由に動きません。
必死で許しを請いましたが聞いて貰えず、足首を掴まれて大きく広げられると、大事な所に太い物を当てられました。

「嫌です。許して下さい。壊れてしまう。」
私の叫びも無視され、その太い物はメリメリと強引に入って来ました。
入ってしまうと今度は、今迄感じた事の無い快感に襲われましたが、主人への罪悪感から必死で快感と戦いました。
しかし主人しか知らず、こんな凄い物を入れられた事の無い私に勝てる訳も無く、すぐに気を遣らされましたが、彼はまだの様で動きを止めてくれません。

結局、色んな体位で何回も気を遣らされ、最後は主人の物とどちらが気持ちいいか聞いてきましたが、私が言わないでいると、今度は中で出すと脅され、それだけはどうしても阻止する為に、何回も何回も大きな声で、主人の物より気持ちいい事を言わされながら気を遣らされ、満足した彼は私が気を遣ったのを確認するとやっと引き抜き、お腹の上に出しました。

完全に酔いの醒めた私は、お腹の上の精液と濡らしてしまった所を拭き、急いで服を着ると彼の静止を振り切り、外に飛び出してタクシーを拾って帰りました。

彼の物は強烈でした。
寝室で1人になっても、まだ彼の物が入っている様な感じで、主人への罪悪感から涙が止まりません。
私の軽率な行動から取り返しの付かない事をしてしまい、いくら泣いてもどうしていいのか分かりませんでした。

ただ今回の事が主人に知られるのだけは避けたかったです。

私は今回の事を忘れてしまおうと思いましたが、2日経っても大事な所に太い物の存在を感じていて、夜1人になると汚れてしまった身体を怨み、涙が止まりません。

次の日、子供達と夕食を食べている時に電話が鳴りました。
電話に出ると、それは彼からだったので、無言で受話器を置いたのですが、すぐにまた掛かって来たので電話を切り替えることを告げると、寝室に急ぎました。

彼は、自分も酔っていて大変な事をしてしまったと何回も謝り、でも酒の勢いだけで無く、私と別れて結婚してからもずっと好きだった事、今でも時々、主人から私を奪いたくなってしまう事を情熱的に話してきます。
最後に、この前はゆっくり話せなかったので、明日会って謝り、私に対する思いを断ち切りたいと言いました。

私は断りましたが、このままでは主人に謝って、思いを告白してしまいそうだと言われ、主人に知られる事を恐れていた私は、仕方なく会うことにしました。
彼は、私の心を見透かしていたのでしょう。

人を気にせずゆっくり話したいので、私の家か彼のマンションで会いたいと言われて、家に彼を入れる訳にいかず、翌日の夜、子供達を父の家に預けてマンションに行きました。
主人に内緒にしてもらい、今後私達夫婦に関わりを持たない事を約束してもらう為に会いに行ったのですが、土曜日で、明日が休みと言う事も有りましたが、今思うと、母に来てもらうのではなく、子供達を1晩預かってもらう事にした

時すでに、また関係を持ってしまう事を分かっていたのだと思います。
マンションに入るとすぐに、彼は土下座して謝り、その後昔話を色々話していましたが、私の耳には入りません。

暫くして、私が今後関わりを持たないで欲しいと頼むと、顔色が変わり、急に抱き締められました。
私は激しく抵抗したのですが、手首を掴まれてズボンの上から、すでに大きく太く変化した物を触らされた時、催眠術にでも掛かった様に抵抗を止めてしまい、20分ほど経った時には、ベッドの上で全て曝け出し、女性の身体を熟知した愛撫により、はしたない大きな声を上げている私が居ました。

太い物を入れられた時には大事な所が満たされた快感で、それだけで気を遣ってしまい、動き出した時には獣の様な声を出していたと思います。
色んな格好で何度も気を遣らされ、最後はこの前と同じで、主人の物より気持ちいい事を言わされながら、お腹の上に出されました。
彼は、お腹や大事なところを優しく拭いてくれてから、放心状態の私を座らせて、出した後で小さくなった物を目の前に突き出し。

「これは京子の口で綺麗にしてくれ。」

小さくなったと言っても軟らかいだけで、主人の硬くなった時ほど有ります。
思考能力が無くなっていた私は、夢中で咥えたり舐めたりしました。

「おい。京子の旦那はそんなので満足していたのか?」
「お願いです。主人のことは言わないで。」
「口がお留守だぞ。一生懸命しないか。」

その後、ベッドに寝た彼の物やその下、肛門までどうしたら気持ちいいのか指示されながらしていると、顎が外れそうな位太く硬くなりました。
その間、私の一番敏感な所を触られていたので欲しくて仕方なくなると、その様子に気付いた彼が。

「どうした。欲しくなったか?欲しけりゃ入れてもいいぞ。その代わり京子が上になって自分で入れてみろ。」

勿論その体位でしたことは有るのですが、自分で入れた事は一度も無くてためらっていると、彼の上に抱き抱えられて太い物を敏感なところに擦り付けてきます。
それだけでも気を遣りそうで我慢出来なくなり、恥ずかしさも忘れ、自分から上に跨った格好で入れて、激しく腰を使ってしまいました。

「これで京子は完全に俺の物になったな。もう俺のこいつからは離れられないぞ。京子はあなたの女ですと言ってみろ。」
そう言いながら下から突き上げられて、その言葉を言わされながら何度も気を遣らされ、最後は気を失い、気が付くと彼の腕枕で眠っていて、カーテンの隙間からは朝の光が差し込んでいました。

そっとベッドを出て、服を着て帰ろうとすると、彼が裸のまま起きて来て、携帯電話を渡されました。

「今度から、連絡はこれにするから。」
「いいえ。これが最後でもう会いません。」

彼は、強引に私のバッグに入れ、私の手を掴んであそこに持っていき。
「俺の女になったのじゃ無いのか?京子にこれが忘れられるかな?もうあいつの物では感じないぞ。まあいい。一応持っていろ。」
私はまた走ってマンションを出て行きました。

出張から戻った主人の顔を見た時、今まで以上の罪悪感に襲われて涙が出そうになりましたが何とか堪え、償いからか今迄以上に優しくし、お風呂で身体も洗わせてもらいました。

私には“もうあいつの物では感じないぞ”と言われたのが気になり、初めて私から求めて主人に抱いてもらいましたが、やはり主人との交わりには愛と安心感が有って、感じる事も気を遣る事も出来ました。
彼はセックスに詳しくても、愛には詳しくなかったのでしょう。
その事でほんの少しですが罪悪感も薄れ、一生懸命に償っていこうと思ったのですが、主人が次の出張に出ると、渡された携帯が気になって仕方有りません。

『私は何を考えているんだろう?そんな女じゃない。もう主人を裏切れない。』

3日目には、掛かってきても断ればいいと、勝手な解釈をして電源を入れてしまいました。
それでも携帯が鳴る事は無く。

『もしかして、電源を切っている間に掛かってきたのでは?いけない。いけない。また私は何を考えているんだろう?掛かってきても断るだけなのに。』
次の日も携帯が鳴る事は無く、夜、携帯を片手に持ったまま先日の事を思い出しながら、自分で慰めてしまいました。

『3日後の日曜には主人が帰ってきてしまう。どうして鳴らないの?』

翌日の昼に聞きなれない着信音がして、慌てて出ると。
「京子。ずいぶん出るのが早いな。ずっと待っていてくれた?今日、子供達を預けてマンションにおいで。今迄よりも、もっと凄い事をして気持ち良くしてやるから。」
「待ってなんかいません。もう行きません。」
「それなら何故電源を入れていたの?京子に任せる。俺は待っているから。」
そう言い終わると電話は切れました。
すぐに電話して来なかったのも、彼のテクニックだったと思います。

私は夢遊病者の様に、子供達を預けてマンションへ行ってしまいました。

「やはり来てくれたね。必ず来ると思っていたよ。」
ドアを閉めると強く抱き締められました。

私は、抱き締められた瞬間現実に戻り、自分のしている事が怖くなり。
「止めて下さい。違います。話をしに来ただけです。」
しかし言葉が終わるか終わらない内に、唇を唇で塞がれ、何時の間にかズボンの前が開いていて、そこから飛び出している太く硬い凶器を握らされた後は、もう彼の言いなりでした。

彼と抱き合ったまま寝室に連れて行かれる間も、吸い付いたように凶器から手を離す事が出来ずに握ったままでしたが、彼の言葉でようやく離す事が出来ました。

「京子、お口。」
彼は離した瞬間、素早く全裸になってベッドに寝ました。

彼の一言で全て理解して、服を着たまま太い物にむしゃぶり付き、この前教え込まれたとおりにしていると。

「1回で覚えたか。京子は飲み込みが早いな。気持ちいいぞ。もう入れたくなったから脱げ。」
まだ感じる所はどこも触られていませんでしたが、咥えていただけで下着まで濡らして、すでに欲しくなっていた私は、急いで裸になりました。

その間に彼は、今日は中で出したいからと言って、通販で大きいサイズを買った事を説明しながら、スキンを付けて寝転び。
「京子、上。」
その言葉で上に跨ると、太く硬い物に右手を添えて自ら入れてしまいました。

スキンを付けていて感度が鈍っているせいか、今迄より長く責められ、私が何度気を遣っても許してくれません。
最後は訳が分からなくなり、気が付くと彼の姿は無く、暫くぼんやりとしていると、バスローブを羽織った彼が入って来ました。

「気が付いたか?俺も眠ってしまいもう夜中の3時だ。眠気覚ましにシャワーを浴びたが、京子も洗ってやるから来い。今日はまだまだ許さんぞ。」
全裸のままバスルームに連れて行かれ、敏感な所を刺激されながら、身体の隅々まで洗われてからも許してくれず、散々体中を悪戯されて自分では立っていられなくなった時、彼は止めて出て行ってしまいました。

バスタオルを巻いて寝室に入ると彼はクローゼットを開けて、彼好みの女になる為の、私専用の引き出しだと言って中を見せました。
中には色んなセクシーな下着、バイブ、拘束具など雑誌で見た事は有っても、実物を見るのは初めてな物に混じり、白いブラウスと紺のタイトスカートが入っています。

彼はその中から、ブラウスとタイトスカート、黒い透けたブラジャーとTバックのショーツを私に渡し、これを着てビールの用意をするように言いました。
全て身に着けてキッチンへ行くと、彼は椅子に座ったまま、体中舐めるように見ながら。

「京子、綺麗だ。昔の京子と顔も体形も何も変わらない。変わったのはブラウスから透けて見える黒いブラジャーとスカートの中のショーツ、あとはその中の淫乱になった身体ぐらいかな?」

このブラウスとスカートは、どうやって手に入れたのか会社の制服で、私が勤めていた頃と少しデザインが変わっただけで良く似ています。
彼の支持で冷蔵庫から、ビール、少し残っていた枝豆、冷やしてあった小さなグラスを出して、椅子に座っている彼の上に横向きに座らされ、お酌をさせられましたが、服を通してもはっきり分かる彼の存在をお尻に感じ、それだけでショーツを濡らしていました。

枝豆が無くなると、つまみの代わりだと言って私をテーブルの上に乗せ、タイトスカートを上にたくし上げて、大きく足を開いた格好で座らせて、ショーツの染みを見つけると。

「触ってもいないのにその染みは何だ?京子はお酌するだけで、濡らしてしまうのか?」
彼は満足そうに微笑み、私の中心部から目を離さずに、ビールを日本酒の様にチビチビ飲んでいました。

私は見られているだけでも感じてしまい、彼は染みが徐々にショーツに広がっていく様子を、声を出して笑いながら冷やかします。

「おいおい。ただでさえ透けているのに、そんなに濡らすと京子の大事な所が丸見えだぞ。」
恥ずかしい事を言われる事で、さらに染みを広げてしまい、息が少し荒くなって、腰がもぞもぞと動いてしまいます。

「京子、腰が動いているぞ。欲しくなったのか?」
私が頷くと。

「欲しいのなら“京子はもう我慢できません。お願いですから太いのを下さい。”と言ってごらん。」

お尻に彼の存在を感じた後、触れても貰えず我慢させられた私は、彼に逆らえずに彼の言うとおりに言うと、やっとテーブルから降りることを許可されて、手を引かれて寝室に連れて行かれ、下着だけの格好にされて寝かされました。

上に乗って来た彼にキスをされている時、右手を掴まれたと思ったら手首に違和感を感じ、暴れる私に彼が
「暴れるんじゃない。痕が残ってもいいのか?これを作るのに苦労したんだぞ。太いのが欲しくないのか?」

結局、ベッドの四隅に隠してあった拘束具で大の字にされ、お尻の下に枕を入れられて、大事な所を突き出す格好にされてしまいました。
次にバイブを出してきて、嫌がる私を無視してショーツの股の部分をずらして、中に入れるとまたショーツを元に戻しました。
外に出ようとするバイブを、伸びたショーツが押し戻してきます。

「俺のより少し細いが、俺だと思ってこれで少しの間我慢しろ。残りのビールを飲んでくるから、1度気を遣ったら本物でしてやるから“いきました”と大きな声で呼ぶんだぞ。」
彼はバイブのスイッチを入れると、ドアを閉めて行ってしまいました。

バイブが私の中で暴れ回り、初めての感覚に5分もしない内に気を遣ってしまった私は、必死で彼を呼びましたが来てくれません。
そうしている内にまた感じだし、呼ぶと言うより叫んでいました。

「いきました。来て。いっちゃいました。早く来て。また駄目になる。」

やっと彼は来てくれましたが、バイブを外してくれずに、ゆっくりスキンを付けていたので、また私は気を遣ってしまい、何故か寂しくて涙が出ました。
彼はようやくバイブを抜いてくれて拘束具も外すと、泣いている私の横に寝て抱き締めながら頭を撫ぜてくれたので、私は彼にしがみ付きながら泣きました。

彼の体力は凄く、何度気を遣っても休ませてくれずに2時間以上責められ、遅めの軽い朝食を摂った後また抱かれて、家に戻ったのはお昼前でした。
出張から夫が帰ってくると、やはり罪悪感から優しく接し、自分が裏切っているのに夫の愛を確かめたくて、積極的にセックスもしました。

愛しているのは夫1人で、彼の事は愛している訳でも好きなわけでもないのですが、もう彼の太い物に満たされる感じから逃れられなくなっていて、夫が出張に行くと、気持ちとは裏腹に身体が疼き、携帯を肌身離さず持ち歩くようになりました。

主人が出張に行った翌日の土曜日の昼に携帯が鳴り、夜また子供達を預かってもらってマンションに行くと、彼は鰻を食べに行こうと言い出したので、私は知人に会ってしまうと嫌だからと断りましたが彼は聞き入れず、仕方なく彼の車で出掛けました。

鰻屋さんは結構込んでいたので知人が居ないか心配でしたが、知った人は居なかったのでほっとしながら食べていると、周りの席に人が居るのに彼が。
「京子は激しいから、俺も精力を付けないと身体が持たん。今日も朝までおねだりする気か?」

私はその場に居られなくなり、彼の手を引いて店を出ようとすると、また。
「わかった、わかった、まだ残っているじゃないか。そう焦るな。京子はもう欲しくなったのか?もう濡らしているんじゃ無いだろうな?今夜も大変だ。」

人前で散々恥ずかしい事を言われ、車に乗ってからも怒っていると、彼は私の右手をズボンの上に持っていき。
「そう怒るな。今からこれで可愛がってやるから。もう止めてと言っても今夜は許さんぞ。覚悟しておけよ。」
彼の物を触っただけで怒りは収まり、下着を汚してしまうのです。

マンションに帰るものだと思っていたら、車はラブホテルに入って行き、知り合いに会わないかまた心配に成りましたが、車の中で刺激されていたのもあり、早く抱かれたくて無言で従いました。

土曜日なので混んでいて待合室で順番を待っている間、他のカップルが居るのに、彼はお構い無しにスカートの中に手を入れ、ショーツの脇から大事な所に指を入れてきて動かしながら、皆に聞こえる様に。

「マンションまで我慢出来なかったのか?京子は欲しくなると見境が無いからな。でも運転中に咥えてきて欲しがるのは、危ないから勘弁してくれよ。部屋に行ったら京子の好きにさせてやるから。おう、おう、こんなに濡らして。あと少しの辛抱だから指で我慢しろよ。おい、そんなに指を締め付けるな。」
そう言いながら、指を次第に早く動かして来ます。

私は彼の嘘に怒る事も出来ずに、恥ずかしさよりも快感に負けてしまい、皆の笑い声を聞きながら、唇を噛んで声を出さない様に必死に耐えていました。
やっと私達の番が来て、指を入れられたまま、彼に抱き抱えられる様にエレベーターに乗り、ドアが閉まった瞬間、私は大きな声を出して気を遣ってしまいました。

部屋に入ると、彼はそんな私を椅子に座らせ、声を出して笑いながらお風呂にお湯を入れに行き、バスルームでは、見た事の無い変な椅子やマットを使って“逆ソープだ”と言って色んな技で責められ、何回も気を遣ってしまいました。

それでも彼は許してくれず、ふらふらの私をベッドに連れて行き、今度は彼の太い物で朝まで責め抜かれ、マンションに着いたのはもう朝の7時だったので、私が帰ろうと車の方に歩き出すと。
「おい、何処へ行く。まだまだこれからだぞ。今日は徹底的に泣かせてやる。」
また彼の部屋で色んな事をさせられ、色々な物を使われて何回も気を遣らされてしまい、ようやく家にたどり着いたのは夕方でした。

完全に彼の、正確には彼の物の虜になってしまった私は自分から電話して、夫が帰ってくる前日にまた抱いてもらいましたが、その時不覚にも、お乳にキスマークを2個も付けられてしまい、帰ってきた夫に求められましたが、嘘を付いて拒否してしまいました。

寂しそうな夫を見ていて申し訳なく、なんて酷い事をしているんだと思いましたが、やはり夫に知られるのは死ぬより辛く、口を使って彼に教え込まれた様に夫にしてあげて、愛の証だと思い全て飲み込みましたが、今考えると、夫にとってこんな屈辱は無いと思います。

夫に申し訳なく、罪悪感で子供達の顔もまともに見られなくなっていましたが、それでも次の出張では、また電話してしまうと彼が。
「旦那の出張予定は無いぞ。気付かれたんじゃ無いのか?何か変わった事は無かったか?」
「携帯が見つかってしまって、問い詰められました。」
「それは何か気付いているな。友達を誘ってカラオケに行けないか?いつも吐いている嘘を本当にしてしまうんだ。」

私は友達を誘ってカラオケに行き、家に帰ると夫がいて、やはり夫が私の異変に気付いていると分かり、離婚と言う言葉が浮かび、夫を愛していると再確認した私は彼と別れる事を決意し、次の出張の時、彼に会って別れを告げて、携帯を返してこようと思いました。

彼のマンションに行き別れる事をお願いすると、今夜だけ言う事を聞いてくれれば、きっぱりと別れて今後一切関わらないと約束してくれたので、渋々受け入れ、白の嫌らしい下着に着替えさせられて、ベッドに大の字に繋がれると彼は太い物を出し。
「本当に京子はこれと別れることが出来るかな?忘れられない様に、今夜はこいつだけで徹底的に責めてやるからな。」

その時チャイムが鳴りました。


妻の告白終わり。

妻から詳しく聞き出した後、妻に裏切られた事、男として課長に劣っている事で落胆し、もう元の夫婦に戻れないと絶望しましたが、その後、絶望は怒りに変わり、泣きじゃくっている妻の頬を思い切り叩き、課長に電話しました。

寝ていた様で中々出ず、やっと出たと思ったら寝惚けていて。
「西山君。こんな夜中になんだ?」
「人の家庭を壊しておいて寝ていたのか?妻が全て話したぞ。今すぐここに来い。嘘ばかり吐きやがって。すぐ来いよ。」
勿論妻も悪いのですが、ずる賢く、人の心理を逆手に取る事に長けた、口の旨い課長によって、初心な妻がこうなってしまった事も理解出来、私の怒りの比重は、課長の方に大きくなっていました。

しかしこの後、私も心理を逆手に取られ、演技力に騙され、課長の口車に乗ってしまうのです。

40分ほどしてやって来た課長は、玄関を入るなり土間に土下座して、10分ほど顔を上げずに謝り続けました。
「私が全て悪い。君の気が済む様に殴ってくれ。殺されてもいい。」

そう言われて殴ってやろうと思っていた私は、殴れなくなってしまいました。
部屋に入ってからも椅子に座らず、やはり土下座して謝り続けています。
課長は私の気が少し収まったのを感じて。

「ばれてからでは遅いが、私も目が覚めた。私が言うべき事では無いが、君はこの事を早く忘れたいと思う。すぐに金の話しかと思わずに聞いてくれ。」

この後課長は、離婚経験から慰謝料は50万が相場で離婚する場合は300万前後だという事、課長と妻二人に請求できる事などを他人事の様に説明し、次に、今回部下の奥さんとこういう事に成ってしまったのは不徳の致す所で、相場より多い80万、離婚の場合500万払うので、許して欲しいと言いました。

「人の家庭を壊しておいて、たったの80万?離婚で500万?」
「すまん。君も知っていると思うが、今の私には大金だ。離婚した時に売った家のローンがまだ残っているし、妻への慰謝料、養育費などで多額の借金が有る。80万でも今話しながら、どう工面したらいいのか考えていた。ましてや500万と成ると分割でしか払えない。裁判にして貰ってもいいが、これだけの金額は出ないし、世間や会社に知られるかもしれない。そうなると部下の奥さんという事で、私はクビになるだろう。私は自業自得だし、脱サラも考えていた所なのでいいが、こう言う事は尾ひれが付いて面白可笑しく噂し、君が会社に居づらくなるのが心配だ。」

多額の借金が有ることは噂で聞いていましたが、その内容は今話した物より、派手な生活で作ってしまった物でした。
初めから500万など払う気の無い課長は、離婚されない様に私の心を揺さぶってきます。

「もし離婚となると、子供達の年齢、君の仕事から考えても親権は京子さんになるだろう。私のしてしまった事で、君と子供を引き裂く事になってはお詫びの使用がなくなる。それでも離婚になった時は、京子さん達を路頭に迷わす事の無い様に、責任を持って面倒見させてもらう。」

頭の中に一家団欒の様子が浮かびましたが、妻や子供達と楽しそうに話しているのは、私では無く課長です。
またベッドの中で毎晩、課長の太い物を入れられている妻の姿も浮かび、それだけはどうしても我慢できずに、離婚する気が無い事を言うと、課長は私のパソコンを貸してくれと言って、すらすらと念書を作りました。

そこには私への謝罪と、80万振り込む事、妻には今後一切連絡もしないし、会わない事、また私へは、これで解決したものとし、今回の事でこれ以上お金の請求はしない事、ただし課長が約束を破った時はその範囲でない事等が書いて有りました。

帰国してからの、あまりの出来事と展開の速さに頭が付いていかない私は、まだ怒りは有りましたが、課長の言う事に納得してしまい、言われるままに署名捺印しました。
課長は署名した後、印鑑の代わりに拇印を押し、お互いに1部ずつ持つ事にして、謝りながら帰って行きました。

どう工面したのか知りませんが、月曜には80万振り込まれており、これで後は妻と私の問題に成ったと思っていましたが、プライドの高い課長は、やはり全て演技で、少しも反省しておらず、殴られたことを根に持ち、私への嫌がらせが始まりました。

振込みの有った翌日、昼休みに会社近くの公園のベンチで缶コーヒーを飲んでいると、課長がやって来て横に座り。

「西山君、済まなかったな。でも80万は痛かったな。まあ京子には色々させたが、上の口からも下の口からも涎を垂らして、ヒーヒー言っていたのは京子の方だ。本当は俺が京子からお金を貰ってもいい位だ。」

私が握り拳を作って立ち上がると。

「何だ?また殴るのか?殴ってもいいぞ。この前は事情が事情だったので我慢してやったが、もう念書を交わし解決金も払った事で済んだ過去の話になった。今度からは警察に届けて、治療費も請求するぞ。上司に暴力を振るえばまずクビだ。この不況の中、次の就職口は有るのか?」

私は、今後の生活の事を考えると殴れませんでした。

「人の妻を呼び捨てにするな。いくら上司でも失礼だろ。」
「京子は俺のケツの穴まで舐めて、自分で俺の太い物を入れて腰を動かしていた女だぞ。そう言わずに呼ばせてくれよ。それにしても京子は凄いな。“主人の物より気持ちいいですー”と言いながら、何回気を遣っても直ぐにまた求めてくる。あんな淫乱な女は初めてだ。君も大変だな。ハッハッハッ。」

課長が去った後、殴る事も言い返す事も出来ない自分に、やり場の無い怒りをベンチにぶつけていました。
その後も毎日の様に、私が1人になると側に来て、妻の身体の感想や気を遣る時の様子、妻から聞き出した私達のセックスの事まで話してくるという嫌がらせが続きました。

妻は、子供の前では普通に振舞っていますが、毎夜2人になると泣きながら許しを請い、別れないで欲しいと頼んできます。
私は、課長がどんな人間か分からせる為に、課長が話した内容を全て話して泣いている妻を更に責め、狂った様に泣き出す妻を見る事で、その日その日の鬱憤を吐き出していました。

出張に出ると課長に会わなくていいので、少しは楽になれると思っていましたが、1人になると、妻は反省した振りをしていただけで、またマンションに行っているのでは無いかと心配になり、毎晩電話していました。
結局、何処に居ても気の休まる事が有りませんでしたが、出張から帰って1週間もすると、課長は私の反応に飽きたのか、殆ど嫌がらせも無くなりました。

少し気持も落ち着いて来たある日、課内の飲み会が有り、女子社員も全員参加した事で課長はご機嫌で、女子が帰った後も男だけで飲み直し、次第に話は下の話になり、酔った社員が。

「課長はどうやって処理しているんですか?まさか離婚してから女無しって事は無いでしょ?」
「まあ色々と有ったな。OL、ナース、人妻。」
「もっと詳しく教えてくださいよ。どれが一番良かったですか?」
「それは何と言っても人妻だな。何より人妻はあれの味を知っているから、性欲剥き出しで挑んでくる。最近まで付き合っていたのが人妻だったんだが、この女がいい女でな、顔は綺麗と言うより可愛い感じで、脚はすらっと長く、腰は括れていて、やや下を向きかけているが胸が大きいんだ。とても子供を2人生んだ30代半ばの身体だとは思えん。」

「そんな女と、どうやって知り合うんですか?」
「その女は、若い時に少し付き合ったことが有ってな。その時は純情でキスをしようとしただけでも、真っ赤になって嫌がったのに、今では上に乗って、自分で腰を使いながら気を遣ってしまうんだ。そのギャップが何とも言えん。」

私の酔いはどんどん醒めていきました。

「まだ付き合っているんですか?」
「いや別れた。女は俺の大事な物を握って“これから離れられない。主人の小さいのじゃ満足出来ない”と言って縋り付いたが、好き物で一晩中求めて来るので、体がもたんと思って亭主に返してやった。」

それを聞き、違う社員が。
「俺、課長の物を見た事が有るけど凄いんだぞ。あんなのでされたら女は堪らないだろうな。それに引き換え可哀想なのはその亭主だ。返して貰っても課長の物以外では、ガバガバになっていて使い物に成らないんじゃないか?」
全員笑っていますが、私の顔は引き吊っていたと思います。

調子に乗った課長は更に。
「まあ亭主に悪いと思っていても、こいつの味を覚えてしまい、色んな気持ちいい事を覚えてしまった身体が、何時まで我慢出来るかな?また亭主の留守に泣きながら“もう我慢出来ません。太いのをください”と言って来る様な気がするが、来ても断る積もりだ。また一晩中上に乗って来て腰を使われては、俺がもたんからな。ハッハッハッ。」

自分に都合の良い様に変えて得意げに話す課長に、殺意を覚えて体が震え、テーブルの下では拳を作っていましたが、他人の浮気の話を聞く度に、まさか自分がその立場になるとは夢にも思わず、今まで、浮気をする男は甲斐性が有り、される男は情けない男だと思っていた私は、この時はまだ浮気されるのが情けないのでは無くて、浮気された後の対処の仕方が情けないのだとは気付かずに、今話している人妻が自分の妻だと分かり、情けない男と思われるのが怖くて、怒りをぐっと飲み込んでしまいました。

次の出張に行くと、課長の言った“何時まで我慢出来るかな?”という言葉が気になり、また毎晩電話をしてしまいます。
このままでは気が変になってしまいそうで、出張から帰ると、暫く別居しようと言いました。

妻は泣きながら許しを請いましたが、脅すためにしばしば使っていた“離婚”という言葉を口にすると、仕方なく了承しました。
別居と言っても、妻を自由にする事は心配だったので、実家に返す事にし、妻と子供達が出て行く前日、夜遅くに帰ると妻の両親が来ていて、義父は私の顔を見るなりその場に土下座し、それを見た義母と妻も慌てて土下座しました。

妻の両親には心配を掛けたくなかったので、今回の事を隠しておくつもりでしたが、妻が話した様です。

妻の父と母は、私達が結婚した時に“いい息子が出来た”と喜んでくれ、早くに両親を亡くした私に対して、本当の親以上に良くしてくれ、娘2人を嫁に出して2人暮らししている今でも、何かに付け面倒を見てくれていました。

こんな妻でもまだ愛していて別れる気は無かった上に、口では言えない位の恩の有るこの2人に土下座までされては、別居を止めて妻を許すしか有りません。
妻はもう2度とこの様な事はしないと、私たち3人の前で泣きながら何回も謝りましたが、私がゆっくり出張に行ける様に、義母の提案で、出張の間は両親のどちらかが泊まりに来て妻を監視してくれる事になり、夫婦の間も少しずつ以前の状態に戻りつつ有りました。

普段の夫婦関係は以前に近くなり、夜妻を責める事も少なくなり、あれ以来妻を抱く気になれなかった私も、性欲が出てきて。

「おい。俺の前に立ってパジャマを脱げ。」
私に一切逆らわなくなっていた妻は、下を向いて従い、下着姿になった時、やはり思い出してしまい、虐めてしまいました。

「奴にはあんなHな下着で、俺の時はそんなのか?」
妻は泣き出し。

「ごめんなさい。あれは捨ててしまって、こんなのしか持っていません。」
「持って無かったら買って来たらいいじゃないか。駅に行く道にアダルトショップが有るだろ。明日までに何枚か買って来い。」
「許して下さい。恥ずかしくて店に入れません。」
「恥ずかしい?奴にはあんな格好で、何でも言う事を聞いたお前が、俺の言う事は聞けないのか?もういい。」
私は背を向けて寝ました。

翌日、風呂から出てベッドで本を読んでいると、妻が入って来たと思ったら、無言でパジャマを脱ぎだしました。
妻は透けた真っ赤なベビードールを着ていて、短い裾から、やはり透けた真っ赤なTバックのショーツが丸見えになっています。

興奮した私が口でする様に言うと、妻は私の下を全て脱がせて、一生懸命頬張り、私は出そうに成ると妻を押し倒し、股の部分の布を横にずらして、少ししか濡れていない所に入れるとすぐに出し、妻を満足させる事無く、欲求を満たしました。

その後も、毎晩色々な格好をさせ、飽きるとまた買いに行かせて、欲求を満たしていましたが、妻を道具の様に扱い満足させた事は有りません。
それが妻に対する罰だと思っていましたが、本当は、妻は告白で私の物でも気を遣る事が出来たと言っていましたが、それは嘘で、演技だったのでは無いかと疑っていた為、満足させようとして妻が満足出来なかった時を思うと、怖かったのかも知れません。

そんな生活が暫く続いて4ヶ月ほど経った頃、心労と2重生活の為か、入院する程では無いのですが義父が体調を崩してしまい、もう妻の事は大丈夫だと思っていた事も有り、出張中の監視を断りました。

それから1ヶ月が過ぎ、火曜日に9日間の出張から戻ったその週の日曜日、久し振りに子供のミニバスの試合を見に行ったのですが、絶えず隣に座って離れなかった妻が、役員の為にハーフタイムの間、子供達の世話をしに行った時、知り合いのお母さんが来て。

「お義父様の具合はいかがですか?それにしてもお宅の娘さん達はしっかりしていて羨ましいです。夕食の後片付けや、朝食の準備までお手伝いしてくれて。家の娘と大違い。」
「娘がお世話になったのですか?妻に聞いていなかったので、御礼も言わずに済みません。」

「ええ。先週の金曜日に、お義父様のお世話でお義母様が疲れてしまって、一度ゆっくり寝かしてあげたいから一晩頼むと言われて。私は日曜までいいからと言ったんですけど、土曜日の夕方には迎えにいらして。私の所で良ければ、遠慮無くいつでも言って下さいね。」
「ありがとう御座います。その時はまたお世話になります。」

いくら鈍い私でも、妻が嘘を吐いて預かって貰った事は分かりました。
妻の両親に聞けば嘘が分かるのですが、これ以上心配を掛ける訳にはいきません。
その時、出張から帰った時に聞いた、部下の話を思い出しました。

「係長。課長は係長の出張に行った月曜日と今週の月曜日の2日もずる休みして、2週も続けて3連休にしたんですよ。風邪だと届けていましたが、先週の日曜日に偶然ショッピングセンターの家具売り場で会った時も、次に出社した時も、風邪の症状など何も無くて、元気そのものでしたから、絶対あれはずる休みです。次も風邪がぶり返したと言っていたけど、そんな様子は何も無かったです。私達は土、日も満足に休め無いのに、いくら社長のお気に入りだと言ってもするいです。何か有るんですかね?」

『また課長の所に?それも1日だけじゃ無い。信じていたのに。クソー。』
身体が振るえ、妻に何も告げず、体育館を後にしました。

娘の試合が終わって帰ってきた妻は、私の険しい顔を見て、どうして黙って先に帰ったのかも訊かずに、腫れ物にでも触るかのように接して来たので確信を持った私は、子供達が寝てから寝室に呼ぶと、妻は下を向いたまま震えて立っていました。

「何を言いたいのか分かるな?課長のマンションにまた行っただろ?もう離婚しか無い。今から荷物をまとめて出て行け。転職してでも子供達は俺が引き取る。お前の様な女に育てさせる訳にはいかん。」

泣き崩れた妻に、考えられるだけの汚い言葉を浴びせ続けました。
妻は子供が起きてこないか心配になる位、泣き叫びながら謝り、許しを請いましたが、1時間ほど経った時に私が。

「俺はお前の事をもう1度信じたんだ。2度も裏切られて我慢出来るほど大きな人間じゃない。もうお前の嘘泣きにはうんざりした。子供達にも全て話し、お前の事を一生怨みながら、子供達と生きていく事に決めたからいくら謝っても無駄だ。早くあいつの所へでも何処へでも行ってしまえ。」

そう言いながら、泣きじゃくる妻を足で突き倒すと、妻はゆっくり立ち上がり、ふらふらと歩き出すとクローゼットを開けて、一番大きなバッグに服を入れ様としましたが、急に走って来て私の足に縋り付き。

「あなたを愛しているのに、身体が。身体が。あなたに悪くて罪悪感に押し潰されそうなのに、この身体が。今、この家を出て死のうと思ったけど、最後のお願いです。最後はあなたに見守られて死にたい。あなたの手で死にたいです。お願いします。私を殺して。」

私は首を絞めながら仰向けに寝かせ、更に力を入れると、妻は涙を流しながら、じっと横たわっています。

1度も2度も同じだと思った訳では無いのですが、不思議と妻に対する怒りは前回ほどでは有りませんでした。
また、妻を満足させずに、長い間生殺しの状態にしていた事も原因の1つだと思いましたが、やはり何回も謝罪させ、苦しめずにはいられませんでした。

しかし、課長に対する怒りは前回以上で、その分も妻を虐めていたのです。
勿論、殺す気は無いので手加減していた手を離し。

「これが最後だぞ。もう次は無いぞ。俺は一生お前を信用しないかも知れない。今後俺の言う事は絶対で、間違っていると思っても口答えせずに従えるか?生活全てに俺に逆らう事は許さん。セックスも俺が望んだ時だけで、例えそれが人の居る屋外でも、裸になれと言ったら脱げるか?」

私にそんな趣味は有りませんでしたが、他にも無理難題を投げ掛けると、妻は泣きながら全てに頷き、感謝の言葉を言いながら縋り付いて来ました。

「やはりお前のして来た事全てを知らないと、再出発は無理だ。それに奴にもそれだけの償いはさせる。今度は俺が訊かなくても、自分から全て詳しく話せるな?嘘を吐いて後でそれが分かったら、今度こそ終わりだぞ。」

妻は何回も頷き、涙を拭きながら少しずつ話し出しました。
次回からは、また妻の告白になります。

彼との関係が発覚してしまってから、私は改めて罪の重さに気付き、愛する主人を裏切った事、10年以上掛けて築いてきた家庭を、自ら壊してしまった事を悔やみましたが、私にはただ謝り、許しを請うことしか出来ませんでした。

それでも、彼の太い物の魔力に取り付かれ、こんな短期間にこんな身体になってしまった自分を怨み、終わった後は毎回猛烈な自己嫌悪に陥りながらも、そんな現実を一時でも忘れたい事も有って、また罪を重ねてしまうという悪循環から、これで抜け出せると、少しほっとしたのも事実です。

しかし現実は、そんな悠長な事を思っている場合では無く、主人が受けている嫌がらせを聞く度に、死んでしまいたいほど申し訳なくて、主人の気持ちを考えると、どの様に詫び、今後主人との関係をどうしたらいいのか、皆目見当も付かずに、ただ泣く事しか出来ませんでした。

夜主人に奉仕させて貰うようになってからも、自分は満足出来なくても離婚されずに、主人に関わらせて貰えるだけで充分だと思い、気に入られる様に一生懸命しました。
主人の出張の度に来てくれる両親の事も、次女は手放しに喜んでいたのですが、長女は不思議に思ってよく訊いて来たので、2度と主人を裏切る事は無いと自分に固く誓っていた私は、もう断りたかったのですが、主人の気持ちを考えると、言い出すことが出来ませんでした。

しかし勝手なもので、そんな生活が3ヶ月続き、この歳になって目覚めてしまった身体には、火を点けられて消して貰えない毎夜の行為を辛く感じ出し、朝、主人と子供達を送り出してから自分で慰める事が日課になっていきました。

その行為は次第に、彼の太く硬い物を思い出しながらするようになり、その時すでに主人をまた裏切っていたのかも知れませんが、決して彼の顔を思い出したり、彼の事を思ってした事は有りません。

当然ですが、あれだけ優しかった主人は発覚以来、私に対して全て命令口調になり、優しい言葉を掛けてくれなくなっていたので将来に希望が持てず、そんな私は、また現実から一時だけでも逃げたくて、日課になっていた行為も両親の監視が無くなってからは、少し自由になった気がして1日2回するようになり、主人が出張に行ってからは、夜もするようになりました。

次の出張に行く前夜、主人の行為で今迄に無く気が昂りましたが、もう少しの所でやはり放り出され、主人は。
「何だその顔は。どうせ最後までしても俺では満足しないんだろ?気に入らなければ出て行ってもいいぞ。」
そう言うと、背を向けて寝てしまいました。

あくる朝主人を出張に、子供達を学校に送り出すと、夕べの昂りを沈めようと日課になった行為を始め、あともう少しという所で電話が鳴って、行為を中断させられてしまいました。受話器を取ると、それは辛い現実を全て忘れさせてくれる凶器を持った、悪魔からの誘いでした。

受話器を取って彼だと分かった時、主人への仕打ちで怒りを覚え、嫌悪感すら感じていたのに、受話器を置く事が出来ずにいました。
「電話に出た時、京子の声おかしかったけど、旦那に構ってもらえずに1人で、変な事をしていたんじゃ無いだろうな?」

彼のHな冗談だったのですが、ずばり当てられた私は動揺してしまい。
「どうしてそんな事まで分かってしまうの?もう私の事は放っておいて下さい。電話して来ないで。」

「本当に1人でしていたのか。辛い思いをしていたんだな。俺も京子の旦那には虚勢を張って、色々強がってしまったが、本心はこんな自分が嫌で変になりそうなんだ。とうとう今日は会社を休んでしまった。こんな事誰にも話せなしな。京子もそうだろ?今から罪を犯した者同士悩みを話さないか?話だけなら裏切った事にならない。もう京子の親に子供を預ける事は出来ないから旦那は安心し切っている。まさか昼間に会うとは思ってもいないから、絶対にばれる心配は無い。旦那もまだ悩んでいる。万が一会っていた事がばれて別れる事になっても、それも運命で、旦那の為にはその方がいいのかもしれないと思わないか?話だけなら京子もそれほど自分を責めなくて済むだろ。今からマンションに来いよ。待っているぞ。」

彼の話をじっと聞き入り、電話が切れてから。
『誰でもいいから悩みを聞いて欲しい。話すだけなら・・・・・・。彼の言うとおり、こんな私と別れた方が、主人は幸せになれるかも知れない。』

別れる事は死ぬより辛いと分かっているのに、またこんな都合の良い事を考えていました。

綺麗事を言っても、話だけで済むとは思っていなかったと思います。
その証拠に、盛りの付いた雌になっていた私は、出掛ける前無意識にシャワーを浴びていたのです。

彼の部屋の前に着いてチャイムを押せずに迷っていると、外の様子を気にしていた彼が急にドアを開け、私の腕を掴んで部屋の中に引っ張り込みました。

彼に無言のまま寝室に引っ張って行かれ、寝室に入ると以前と変わらない、小さなテーブル、可愛い椅子、1人暮らしには似つかわしく無いキングサイズのベッドなど、どれも懐かしい感じがしましたが、ただ1つ違うのはベッドの足元に1メートル程離してベッドの方に向けて置いてある大きな姿見だけでした。

まだ何もされていないのに、この部屋に入っただけで、昨夜から火照ったままの私は条件反射の様に感じ出し、その事を見透かしている彼に、立ったまま全て剥ぎ取られてベッドに寝かされると、ここに来て初めて彼が口を開きました。

「石鹸の匂いがするから、京子はシャワーを浴びて来たんだね。俺もシャワーを浴びたら、今日はすぐに京子の中に入りたいから、ここに来る前の続きをして濡らしておきな。充分濡らしておかないと、久し振りだから痛いぞ。」

辛い現実から逃れて夢の中にいる様な状態の私は、彼の指示通りに自分でしていると、周りの状況も分からない位感じてしまい、もう少しという時に、いつの間にか戻って来ていた彼に、手を掴まれて邪魔されてしまいました。彼は私の膝が胸に付く様な格好にして、覗き込み。

「おう、凄い濡れ様だ。京子は1人遊びが上手だな。」
次の瞬間、大事な所に強烈な圧迫感と同時に快感が走り、気を遣る寸前で止められていた私は、無残にも2、3回出し入れされただけで恥を掻かされてしまいました。

今迄なら動きを止めて貰えずに、続けて恥を掻かされてしまうのですが、彼は動かずに。
「今日は旦那に踏み込まれた時の続きだ。もう2度と忘れる事が出来ない様に、こいつだけで嫌と言うほど虐めてやる。」

主人に見つかった時を思い出してしまい。
「主人の事は言・・。」
現実に戻された私が話そうとした時、太い物を凄い勢いで動かされ、私の声ははしたない声に変わってしまい、やがてその声は叫び声に変わって行きました。

以前あれだけ入れられていても、久し振りに味わわされている彼の物は、こんなに凄かったのかと思うほど強烈で、呆気なくまた太く硬いものに屈服させられ、やはりそれでも許して貰えずに、すぐにまた気を遣りそうになった時、彼は引き抜いてしまいました。

「京子。早く欲しいなら足元の方を向いて、四つん這いでお尻を振って俺を誘ってみろ。」

私は恥じも外聞も無く、四つん這いで嫌らしく腰をくねらせていました。
それを見た彼は後ろから入って来ましたが、動いてくれません。

我慢出来ないで自分で動きだすと。
「京子。目を開けて前の鏡を見てごらん。」
目を開けて姿見を見ると、そこには後ろから入れられて、嫌らしく身体を前後させている私が映っています。

主人とのセックスでは、愛しているが為に、嫌らしい女と思われたく無いという気持ちから、全てを曝け出す事が出来ませんでしたが、彼との行為は目的がセックスだけでしたので、ただ快感を貪ればよく、自分でも信じられない様な恥ずかしい行為もしてきました。

しかし、流石にそんな自分の姿を見るのは恥ずかしくて、下を向いたり、目を閉じたりすると、彼はその度に私の腰を掴んで、動く事を許してくれません。
快感を得たい私はもう目を逸らす事無く、はしたなく腰をくねらせながら、前後の動きを早めていきました。

私が逆らわなくなったのを見て、今度はお得意の言葉による辱めが始まります。
今の状態をしつこく訊かれ、彼に従順になっていた私は。

「後ろから入れられて、自分で動いています。」
「入れられて?入れて貰ってだろ。」

私が言い直すと。

「何を入れて貰っているの?」
「太くて硬いのを。」
「続けて言ってみろ。」

私は続けて言おうとしたのですが、言い終わらない内に気を遣ってしまい、うつ伏せに崩れ落ちてしまいました。

今度は彼が動き出し、奥まで感じたい私が元の態勢に戻ると、彼は激しく打ち込みながら。

「京子。目を開けて自分の姿をよく見ろ。これが本当のお前の姿だ。普段、真面目な顔をしてお淑やかにしていても、これが本当のお前だ。真面目なあいつには相応しく無い、俺とお似合いの女なんだ。ほら、よく見てみろ」

私は首を横に振り続け、その事を拒否しながら気を遣ってしまい、また崩れ落ちましたが、彼は両手で私の腰を持ち上げて元の態勢にすると、動き続けながら、私が納得するまで、催眠術でもかける様に、同じ事を何度も何度も言ってきます。

私はまた気を遣りそうになり、その事を告げると彼は。

「京子、自分の姿をよく見ろ。お前は旦那に嘘を吐いてでも、俺の太い物が欲しくて、ここに来てしまう淫乱な女なんだ。こいつで何度気を遣っても、またすぐに欲しくなってしまう女なんだ。あいつより俺とお似合いなんだ。違うと言うなら、今止めてしまってもいいのか?我慢できるのか?抜いてしまうぞ。」

彼の物が入り口まで後退した時。
「止めないでー。お願い止めないでー。」
私は彼に屈服してしまい。彼の言った事を認める言葉を何回も言いながら、また崩れ落ちると、ようやく彼は、欲望を私の背中に吐き出しました。

どの位経ったのか、誰かに名前を呼ばれている様な気がして目を開けると、彼がピンクの下着を持って立っていました。

彼は私にその下着を渡して。
「京子が気を失っている間に、ハンバーガーを買って来たから、昼飯にしよう。早くシャワーを浴びて、これだけ身に着けて隣の部屋に来い。早くしないと冷めてしまうぞ。」
シャワーを浴びると、彼に渡されたピンクで小さな布のブラとショーツを着て、彼の待つ部屋に行きました。

彼は服を脱いでいて、パンツ1枚の格好ですでに2個目を食べています。
私にも2個買ってきてくれましたが、食欲が無くて半分しか食べることが出来ず、コーヒーを飲んでいると。

「京子、もう食べないのか?食べておかないと体がもたんぞ。食べないのなら俺が貰うぞ。」
彼は性欲も凄いのですが食欲も凄く、私が頷くと、残っていた1個だけで無く、私の食べ掛けも食べています。

『私はどうしてこんな人間に成ってしまったんだろう?彼が言うとおり、最初からこんな女だったのだろうか?』
食べ終わった彼が、夜デートをしたいので金曜の夜に来るように言いましたが、子供を置いては来られない事を言うと、父の病気を理由に友達に預けるように言いました。

あまり親しくない人には預ける事は無理で、そうかと言って親しい人では、主人と会った時に話されては困るので、返事をためらっていると、彼はパンツを脱いで、私の下着姿に興奮したのか、何か想像していてそう成ったのか分かりませんが、すでに大きく硬くなったものを、私に突き出し。

「あれだけ教えたのに、京子はまだ自分がどんな女なのか、分かっていなかった様だな?まだこれが足りなかったか?もう1度こいつで、たっぷり教えてやるからこっちへ来い。」

寝室に連れて行かれ、鏡の前に立たされると、後ろから両手で顔を鏡に向く様にされ。

「ほら。いやらしい下着を着けた姿を見てみろ。これが京子の本当の姿だ。普通の女はこんな格好で食事なんて出来ない。」

彼は、私を姿見の前に立たせたまま、少しずつ、ゆっくり下着を脱がせると。
「京子、いやらしい身体をよく見ろ。もう期待して乳首が硬く尖っているだろ。これが京子なんだ。あいつに見せているのは本当の京子じゃない。俺と居る時が本当の京子なんだ。」

何か不思議な世界に迷い込んだようで、彼の事が少し怖くなりましたが、ベッドに押し倒されて、私の弱点をを知り尽くした彼に愛撫され続けると、何時の間にかそんな恐怖感も忘れて、はしたない声を上げ続けていました。私が、もう気を遣りそうな事、太い物を欲しい事を告げると、彼は愛撫を止めて私を四つん這いにし、ゆっくりとスキンを付けています。

我慢出来ない私は、昼前教えられた様に少しお尻を振りましたが、それでも彼は、ベッドの枕元に枕を立て掛けたりしていて来てくれなかったので、大きく腰をくねらせると。
「京子は、おねだりも旨くなったな。そんなにいやらしく誘われては、断れんな。入れてやるから、自分の指で入れて欲しい所を開いてみろ。」

やっと太い物を入れて貰ったのですが、やはり数回出し入れされただけで、気を遣ることを告げながら、うつ伏せに崩れ落ちてしまいました。

彼はうつ伏せの私に、また四つん這いになる様に言い、私が体を起こすとゆっくり動きながら。

「俺がどうしてスキンを付けるか分かるか?中に出してしまう可能性が有るからじゃ無いぞ。そんな事位はコントロール出来る。本当は俺も付けない方が気持ちいいんだが、感度を鈍らせて1回でも多く京子をいかせてやる。1度でも多く京子が気を遣るいやらしい姿を見てやる。京子も生の方がいいだろうが、沢山いけた方が嬉しいだろ?」

彼は絶倫で、付けていなくても何回気を遣らされたか分からなくなるまで責められましが、スキンを付けた時はその比ではなく、最後自分がどうなってしまうのか、恐怖感すら覚えた事も有ったので首を横に振ると、彼は太い物を抜いてしまい、素早くスキンを外すとまた中に入れて、ゆっくり動きながら。

「そうか。京子も生の方がいいのか。直に俺を感じた方が気持ちいいのか。」
そう言い終わると、動きを早くしたので、私はどんどん登りつめて行きます。

「京子は今迄、旦那の物で何回気を遣らされた?必ずあいつを超えてやる。俺の物であいつより多く京子をいかせてやる。あいつより多く京子の気を遣る顔を見てやる。俺の方があいつより、男として優れていると分からせてやる。」
そんな声を遠くに聞きながら、気を遣ってしまいました。

彼の呼ぶ声で気が付き、目を開けると、目の前の鏡には流石に恥ずかしすぎて目を覆いたくなる姿が映っていました。
そこに映っていた物は、枕元に立て掛けた枕を背もたれにして、膝を立てて足を大きく開いた格好で座っている彼の上で、彼に貫かれたまま、彼の開いた両足で彼以上に足を開かされ、彼にもたれて座っている私の姿でした。

彼は鏡をよく見るように言うのですが、この格好では、私の大事な所に彼の太い物が入っている様子がはっきり見えて、恥ずかしくて見る事が出来ません。

私が目を閉じて顔を背けていると、彼は左手で右の乳房を、右手で太い物が入れられている上の敏感な所を摩りながら、鏡を見るように何度も言って来ます。もう充分だと思っていても私の身体は感じ出し、腰がもぞもぞと動いてしまい。

「感じ出したのか?でも鏡を見るまでは動かしてやらんぞ。ほら、俺が京子の中に入っているのを見ろ。俺の物で繋がっているのを見ろ。俺と京子が1つに成っているのを見ろ。」
私が目を開けて鏡を見ると、彼は窮屈そうに動き出し、私の今の格好、気持ち、どうして欲しいかなど詳しく言わせ様としてきます。

私が、彼の上で大きく足を開いている事、大事な所に太い物が出たり入ったりしている事、もっと大きく動いて欲しい事など話すと、彼は私を抱いたまま前に移動して寝転ぶと、下から突き上げ、私も彼に跨った格好で鏡を見ながら、腰を使っていました。

この後色々な格好で、また何度も気を遣らされましたが、その間彼は、食事前と同じで、私は淫乱な女だという事や、これが本当の姿だという事、主人では無く彼とお似合いだという事、もう彼から離れられない事などを、暗示にかける様に何度も何度も言われ、最後は彼の下で、髪の毛を両手で掻き毟りながら、彼が今迄言った事を何度も言わされながら、気を遣ってしまいました。

「京子。子供が帰ってくる時間じゃないのか?起きなくていいのか?」
その声で気が付いた私は、気だるい身体をどうにか起こし、服を着ていると。

「そう言えば初めてだったな。どうだ、俺のは旦那のより美味しかったか?」
起きた時から、口の中の異臭に気が付いていたのですが、最後口の中に出され、飲まされた事を思い出し、ティッシュで口を拭くと。

「まあいい。その内俺の味にも慣れる。金曜の夜は外でデートだ。必ず来いよ。」
私は化粧を直すと、彼のマンションを後にしました。

その夜、寝室で1人になると、主人への罪悪感、自分への猛烈な嫌悪感から涙が止まりません。

『私はどうしてしまったんだろう?こんなに主人を愛しているのに。主人と別れる事は死ぬより辛いのに。精神が病んでしまった?それとも彼の言うとおり元々淫乱なのだろうか?もう主人を裏切りたくない。こんな事止めたい。辛く当たられてもいい。早く主人の顔が見たい。』

そう思っていても次の夜には、こんな自分を忘れたくて、いけない所に指が行ってしまいました。

彼の所へ行けば余計に辛くなると分かっていても、やはり、現実を忘れる為に、一時でも全て忘れる為に、金曜日には友人に嘘を吐いて子供達を預かって貰い、快楽を求めてマンションへ向かっていました。

部屋に入ると、彼はスーツにネクタイという、会社に行く時の様な格好で待っていましたが、以前のように、人前で辱めを受けると思っていた私は、外に行かずにここに居たいと言いました。

しかし彼は、その事に返事もせず。「早く出掛けるぞ。ベッドの上に用意してある物に着替えておいで。」
諦めて寝室に行きベッドを見ると、そこには、クリーニング屋さんのビニール袋に入った、以前着せられた事の有る会社の制服と、白の下着上下が置いてあったのですが、その下着はHな物では無く、若い子が着る様な小さなリボンがついた可愛らしい物でした。

それに着替えた私は、何処で何をされるのか余計心配になりましたが、車の中では世間話をするだけで、手も触れて来ません。

結構遠くまで来て、おしゃれな喫茶店に入り、注文したコーヒーを飲んでいると、彼は私をじっと見詰めながら、小さな声で。
「京子、綺麗だよ。凄く可愛いよ。その格好だと10歳は若く見える。あの頃が懐かしいな。俺は髪も少なくなって来たし、少し太ってしまったが、京子はあの頃と少しも変わらない。京子、愛している。」
その後、知人に会わないか私が心配にならない様に遠くまで来た事や、近くの高台に見晴らしのいい公園があり、そこへ夜景を見に行く事など話しただけで、何事も無く喫茶店を出ました。

公園でも、手を繋いで少し歩きましたが、何組か若いカップルがいたのが恥ずかしかっただけで、何かしてくる様子も無く、車に戻ってからキスをされましたが、舌も入れて来ないソフトな物でした。

その後、夜景を見ながら少し昔話をしてからマンションに戻り、ドアを閉めるとすぐに抱き締められ、またキスをされましたが、今度は舌を入れて来たり、私の舌を吸われたりしたので、少し感じてしまいました。

「京子、気持ちよくなろうか?」

肩を抱かれて寝室に入ると、彼に服を脱がされてベッドに寝かされ、彼も急いで脱ぐと横に来て、優しくキスをしながら色々な所を触られ、私が声を出しだすと、ゆっくりと入ってきて、今日は今迄と違い、本当の恋人同士の様です。ただ、いつもと同じなのは、私が満足しても許して貰えずに、何回も何回も気を遣らされた事でした。

朝、彼のキスで優しく起こされて、着替えが用意してあるのでシャワーを浴びて来る様に言われ、シャワーを浴びてから用意してあった、この歳では少し恥ずかしい、ピンクの可愛い下着とミニスカートを身に着けてキッチンに行くと、テーブルには彼の作ったベーコンエッグと、トースト、コーヒーが並べてあり、2人で話しをしながら食べました。

その後私は、食器を洗い、彼に頼まれた溜まった衣類を洗濯して、干しました
が、その間彼は、テレビを見ながら新聞を読んでいて、時々私の所に来てはキスをし、まるで新婚家庭の様です。

干し終わり、彼が煎れてくれたお茶を飲んでいると。
「京子、旦那の出張は、今回帰って来ると暫く無いから、月曜の朝子供を出してからまた来いよ。」

火曜日には主人が帰ってくるので、また前回の様に身体に痕跡が残って、発覚する事を恐れて強く断ると、昨日からの彼とは、態度も言葉遣いもすっかり変わり、私の腕を掴むと。

「そうか。優しくするのはまだ早かったか。まだ自分が誰に相応しい、どんな女か分かっていない様だな。もう一度嫌と言うほど教えてやるから来い。」
急な変わり様に怯えた私を、引きずる様に寝室まで連れて行き、ベッドに押し倒すとお腹の上に馬乗りになり両手を後ろに回し、片方の手でミニスカートを上に捲くり、もう一方の手で大事な所を掴んで。

「何時になったら覚えるんだ?何時になったら分かるんだ?もう俺に逆らうな。パンティーだけになって大の字に寝て、尻の下に枕を入れてここを突き出せ。」
怯えている私は、彼が私の上から降りて服を脱いでいる間に、下着だけになり、両手を広げて寝ましたが、自分で足を開く事が出来ず、ましてや枕を入れて突き出す事は出来ないでいると、全裸になった彼が。

「早くブラも外して、枕を入れて大きく足を開け。今夜も泊まっていくか?俺はその方がいいぞ。」

仕方なく彼に従い、彼の言うとおりの格好になると、彼は足の間に胡坐を掻いて座り、じっと見ているだけで触れてきません。

暫くその状態が続き、私は屈辱感に耐えられなくなり、両手を下ろして前を隠すと、彼に手の甲を叩かれ。
「なんだ。我慢出来なくなって、自分で触り出したか。」
私が慌てて手を戻すと、今度は下着の上から人差し指1本だけで、大事な所とその上のもっとも敏感な所を触り出し。

「おい。何か染みが出来てきたぞ。分かったか?京子は恥ずかしいと言いながら、指一本で感じてしまう女なんだ。本当は触る前から感じていたんだろ?」
彼の言うとおり、じっと見られていただけで濡れ出していたのが、指で触られる事で外に流れ出し、染みを作っていたのです。

私はこんな状況で、それも触られてもいないのに感じてしまう自分が恥ずかしく、そんな身体を恨めしく思いました。
「足を閉じられないのは自分に恥ずかしいだろ。閉じる事が出来ない理由を作ってやるから待っていろ。」

そう言うと、ベッドの四隅に隠してある拘束具で大の字に繋ぎ、以前された様にバイブを入れて、外に出ない様に下着で抑えてスイッチを入れました。しかしここからは以前と違い、何処へも行かないで私の横に座り、両方の乳房を揉みながら、いやらしく言葉で責めてきます。

「京子、気持ちいいか。おっ、腰が動き出したぞ。おうおう、そんなに腰を使って。もういきそうか?気を遣るのか?ほらいけ。俺に見られながら気を遣ってみろ。本当にもういってしまったのか?でもまだまだ許さんぞ。京子が、自分がどんな女か分かるまで、俺に逆らわなくなるまで、このまま何回でもいかせるぞ。何だ。気を遣ったばかりなのにもう腰を使い出して。」

次に気を遣る前、私は淫乱な事、もう2度と彼に逆らわない事、月曜日にまた来る事を言い、気を遣ってしまった後に、ようやくバイブを抜いてくれて拘束を解かれましたが、これで終わる筈も無く、彼の太い物で貫かれ、何回か気を遣らされて、長い1日が終わりました。

私は彼の行動や言動に異様なものを感じていて、少し怖くなっていましたが、それでも、こんな自分を忘れたくて、月曜日には彼のマンションに向かっていました。
『どうしてだろう?行っては駄目だと分かっているのに。愛している主人を裏切りたくないのに。後で今以上後悔するのが分かっているのに。自分で自分をどうする事も出来ない。誰か助けて。』

現実から一時でも逃げたいからだけでは無く、彼の太い物に惹かれ、太い物に貫かれる快感に、魅了されていたのは事実です。
しかし、それだけは有りません。

私は彼を愛していなくても、彼は私を愛している、私を必要としているという気持ちが何処かに有りました。
彼ほど女の扱いが上手く、女を離れさせない武器を持っていれば、私ではなくても他にいい女の人が幾らでもいるのに、どうして私に執着するのだろうと考えた事が有りますが、それは私の事を愛してくれているからだと思っていました。

平凡な生活が1番だと分かっていても、主人や子供達にとって空気の様な存在だった私は、どんなに乱暴に扱われても、ここ何年も主人から言われた事の無い“京子、愛している”という言葉を聞く度に、私という存在を再確認出来ました。

しかしこの日、私が思っていた事は全て間違いで、彼がどの様な男で、何を考えていたのか、彼の正体を知ってしまいます。
部屋に入ると、彼は不気味な笑みを浮かべながら何も言わないで、顎で寝室に行くように指示しました。

彼は私に黒い下着を渡し。
「危険を覚悟で来たという事は、自分がどんな女で、俺からは離れられないという事を、少しは分かった様だな。どの位分かっているか今からテストしてやるから、それに着替えて、鏡の前に立って足を広げろ。」

私が渡された、乳首とその周りには布の無いブラジャーと、やはり肝心な部分が開いているショーツに着替えて、言われたとおりに足を開いた格好で鏡の前に立つと、全裸になった彼は、いつものバイブを片手に持って、私の前に胡坐を掻いて座りました。

「俺もごたごたは、もう懲り懲りだから身体に痕が付く様な事はしない。安心して両手を頭の後ろに組んで、もっと足を開いて少し腰を少し落とせ。」
今日の私は、今の自分と彼への何か分からない恐怖を忘れる為に、快感を得たくて一切逆らう事をしませんでした。

彼は、自分は指1本触れず、スイッチの入れられたバイブだけで、身体の色々な所を触ってきます。
私が辛い体勢も忘れて感じ出すと、彼はバイブで大事な所の花弁を寛げ、外に漏れ出した蜜を塗ると、後ろに回って中に入れて動かしてきます。

私が更に感じ出し、腰が前後に動きだすと。
「いきそうになってもこの体制を崩すなよ。自分がどんな女なのか、鏡に映った姿をよく見ながら気を遣れ。」
黒いHな下着姿で、少し蟹股に足を開いた私以外は、バイブを持った彼の手しか映っていない鏡を見ながら、初めて立ったまま気を遣ってしまいました。

その後彼は、私をうつ伏せにベッドに押し倒し後ろに回ったので、意図を理解して自ら四つん這いになり、右手の人差し指と中指で大事な所を開いて誘い、彼の太くて硬い物を受け入れました。

私が彼に言われる事無く、自分は淫乱な女で、もう彼の太い物から離れる事は出来ない事を言いながら気を遣ると。
「よし、合格の様だな。ご褒美にこうしてやる。」

彼はまた私が気を遣ってしまっても、休む事無く、今迄に無い位激しく突いて来ました。
彼は40歳を過ぎているとは思えないぐらいタフで、この日は昼食も摂らずに、トイレへ行くのとミネラルウオーターを飲む時意外、殆ど私の中にいました。

気が付くと彼の腕の中で、もう2時30分を過ぎていました。
もう帰らないと子供が帰ってきてしまうと思いながらも、5時間も責められ続けた私は動く事が出来ずに、腕の中でじっとしていると、彼は今日の私の態度に、もう完全に自分の女になったと安心して話し出しました。

「京子、気が付いたか?今日は凄かっただろう。京子はやっと俺の物になったな。これで念願が叶った。最後に笑うのはやはり俺だ。」
『最後に笑う?彼は何を言っているんだろう。』

「昔、京子に振られた時、それまで振られた事が無い俺は、酷くプライドが傷付いた。別れるか別れないかは俺が決める物だと思っていた。それでも毎日顔を合わせるから、優しくしていればまた付き合って欲しいと言って来ると思っていた。ところが言って来るどころか奴と結婚するという噂を聞いて、俺のプライドは更にズタズタになった。だってそうだろう、仕事も俺の方が出来るし、男としても俺の方が優れている事は、京子も身を持って分かっただろ。京子と別れる事は別に良かったが、俺を振って、全て俺より劣っている奴を選んだ事が許せなかった。偶然、同じ部署に配属されてからは、何かと奴に辛く当たってやったが、奴はそれでも全然めげない。そんな奴を見ていて余計頭にきた。」

私は背筋が冷たくなり、彼から離れて服を着出しましたが、なおも彼が。

「その後俺も結婚したが、何かスッキリしなくて色んな女と付き合い、それがばれて離婚だ。俺が慰謝料などで金に困りながら、1人寂しい生活をしているのに、俺より劣った奴が幸せそうな顔をしているのが気に入らなかった。あのまま京子と付き合っていれば、俺がその立場だったと思うと許せなかった。」

彼は私の事を愛していたのでは無く、私への復讐と主人への逆恨みから、私を抱いていたのです。

「本当はあんなに出張に行かなくてもいいのだが、他の奴でも用の足りる出張も、肩書きが有る者の方が商談し易いと部長に提言して、出来るだけ家に居られない様にすれば、自然と家庭が壊れると思ったが、それも駄目だったので、京子を奪う事にしたんだ。」
『私は何をしていたんだろう。こんな男と。こんな嫌な男と。』
私は早く化粧を直して、ここを出ようと椅子に座ると、彼はベッドに寝たまま更に話を続け。

「ところが、ミイラ取りがミイラになってしまった。あれから京子の身体が忘れなくてな。肌が合うと言うか何と言うか。京子もそうだろ?もう一生離す事は出来ないと思ったが、京子も分かってくれて良かった。」

私は今迄に無い後悔から涙が出てきましたが、私の気持ちを少しも分かっていない彼は。

「なんだ。そんなに嬉しいのか?水をさす様で何だが、2月から訳有って、このままだと余り会えなくなる。ここも出て行く事になるが、このまま借りておくから離婚してここに住め。ただ奴に俺達の関係を知られると厄介だから、理由は、今の仕打ちが嫌で嫌いになったとか何とか適当に言っておけよ。俺も今大事な時期なのでゴタゴタは困る。結婚は出来ないが、一生面倒看てやるから。それと子供は出来れば置いて来い。奴との子供だと思うと面倒看きれないし、京子も子供がいてはあれの時、今みたいに大きな声が出せないだろ?」

私が化粧も直さずにドアを開けて部屋の外から、今日を最後にもう一生会わない事を言うと、彼は上半身を起こし、不思議そうな顔で見ながら、無言で私を見送りました。

家に着くとすぐに子供達が帰って来て、子供の顔を見た瞬間、また涙が出てきて止まりません。
心配する子供達に、しばらく主人に会っていないので、急に寂しくなり涙が出てきたけど、恥ずかしいから内緒にして欲しいと嘘を吐き、寝室へ行って泣きました。

主人に知られれば、それは離婚を意味していて、離婚されると生きていけないと思った私は、主人が出張から戻ってからは涙を隠して、出来る限り出張前と同じ様に接しました。
しかし、その様に接する事が出来る自分が怖くなり、また、彼とは今後どの様な誘いがあっても、脅しがあっても、もう二度と会わない自信は有りましたが、心療内科の門を叩きカウンセリングを受けました。

女の先生でしたので、今までの事を全て正直に話すと、典型的なセックス依存症で、これは薬物依存症と同じで病気だと言われ、私の場合、最初、酒のせいとはいえ間違いを起こし、罪悪感や自己嫌悪間から逃れたくて、その時に快感を得た事も有り、またそこへ逃げ込んで更に罪を重ね、またそれから逃げる為に快感に身を置いていたのだと言われました。

ただ、この病気に罹る人は、普段から自分の存在を認めて欲しかったり、愛されているという実感が欲しかったりする人に多いと言われ、なかなか抜け出せずに長引く人も居るが、私の場合、彼に大きな嫌悪感を持ったことで、彼とはもう大丈夫ではないかとも言われました。

以前発覚した後、彼に嫌悪感を持ったが、また会ってしまったと言うと、その時は直接嫌悪感を持ったのではなく、主人から聞いてそう思っただけで、以前から彼を誠実な人と思っていた事も有って、嫌悪感も弱かったが、今回は違うそうです。

彼とは大丈夫でも、完全に治っている訳ではないので、しばらく通院をする様に言われ、出来れば主人と一緒に来て、主人もカウンセリングを受けながら、協力して直した方が良いと言われましたが、それだけは出来ないと断りました。

主人だけには何としても隠し通し、償っていきたいと思っていた時、主人から、今度の子供の試合を見に行くと言われ、私は心臓が止まる思いでした。
それは、先日子供達を預かって貰ったのが、子供がミニバスの同じチームに入っているお母さんだったからです。

当日、そのお母さんと離れた所に座り、もし此方にみえて、その話が出そうな時は何とか誤魔化そうと、主人の近くを離れなかったのですが、役員で子供達の世話をしていた少しの間に、主人とそのお母さんが話しているのを見て、主人の姿が見えなくなった後は自分が何をしていたのか、子供のチームが勝ったのか負けたのかさえ分かりませんでした。
一分の望みをもって家に帰りましたが、主人の険しい顔を見た時、もう私には死んでお詫びするしかないのかと思いました。

妻の告白を終わり、続きに戻ります。

妻の告白を聞いても、妻への怒りは変わりませんでしたが、妻の言う事が本当なら、私にも責任が有ると思いました。

ただ、発覚した為に言っているだけでは無いだろうか?本当に別れたのか?セックス依存症などと言う病気が有るのか?それより、本当に心療内科に行ったのか?など疑問が浮かびましたが、そんな事より課長への怒りの方が強く、気が付くと課長のマンションへ車を走らせていました。

私は両親を相次いで病気で亡くし、歳の少し離れたと共に祖父母の世話になっていて、一時期ぐれて喧嘩ばかりしていましたが、母親代わりだった姉に恋人が出来、両親がいない上に、弟がこんな状態では結婚も出来ないと思い、そういう生活を辞めて、両親の残してくれた保険金で大学も出ました。

喧嘩が強かった訳では無いのですが、殴り合いになっても、喧嘩慣れしていない課長だけには負ける気がしなかったので、死ぬまで殴ってやる気で部屋の前まで行くと、私にとって良かったのか、課長にとって良かったのかは分かりませんが、何処かに出掛けている様で、電気も点いておらず、ドアにもたれて考えている内に、だんだんと冷静になってきました。

両親を早く亡くした私は、やはり子供達の事が気になり。

『課長を殺してしまって、何年も刑務所に入ることになったら、子供達はどうなってしまうのだろう?殺すまで行かなくても、やはり逮捕されると、後ろ指を刺され、肩身の狭い暮らしをさせてしまうだろうな。』

私が離婚しないのは、妻に未練があった事も有りますが、子供達を片親にしたくないという事も大きかったです。

そんな事を考えていた時、人の気配がして顔を上げると。
「西山君!!」
冷静になっていた筈でしたが、課長の顔を見た瞬間、手が先に出ていました。

よろけて尻餅を付いた課長に馬乗りになり、更に殴ると。
「どうしました?警察を呼びましょうか?」
振り向くと、隣のドアが少し開いていて、若い男が覗いていました。

「いや。何でも無い。友達と意見が食い違って、少し興奮しただけだ。西山君、中で話そう。」
私が課長から降りると、課長は頬を押さえながら鍵を開けて入って行ったので、私も入り、土足のまま上がってソフアーに座ると、課長は以前と同じ様に土下座して。

「すまん。悪かった。」
それだけ言うと、後は無言で土下座しています。
私も、どうやって決着を付ければ良いのか、どうやって気を収めれば良いのか分からず、無言でいました。

しばらく沈黙が続き、その間私は、どの様に決着をつければ良いか考えていました。

勿論、課長を殺してしまいたい気持ちは有りましたが、実際、殺人までは出来ない事は分かっていたので、課長の一番困る事は何かを考えましたが、一人身で家族という弱みの無い課長には、お金と会社での地位しかないと思い。

「黙っていないで、何とか言えよ。どうするつもりだ。」
「私には何も言えない。殴るなり、殺すなり好きにしてくれ。」

キッチンへ行き、包丁を持って来て彼の前に置き。
「お前のせいで俺の人生は無茶苦茶だ。人殺しになって、これ以上駄目になるのは御免だ。自分で死んでくれ。」

計算高い課長が、逆に私を刺して、人生を棒に振る事はしないと確信があり、また、これはお得意の演技で、反省している筈が無く、自分を刺す事も無いと分かっていたので、冷静な目で見ていると、やはり課長は、一度包丁を持って自分の首に当てたものの、すぐに下に置いて。

「死んでお詫びしようと思ったが、怖くて出来ない。他の条件なら何でも呑む。どうかこれだけは許してくれ。頼む。」
今回は前回とは私の怒りも違う事を示したかっただけで、こうなる事は分かっていました。

「それなら、もう二度と妻に近寄るな。俺の出張をすぐに減らせ。お前の顔を見たくないから、俺と顔を合わさない部署に代われ。それが出来なければ会社を辞めろ。それと慰謝料の一時金として百万。あくまでも一時金で、後は今後のお前の態度で決める。あれから俺も調べたが、確か慰謝料の請求は3年余裕が有ったよな?例えその時1円も取れなくても、皆に知られ様と裁判をする覚悟は出来ている。それと、俺はお前の事を一切信用していない。前回の様に念書も誓約書も書かん。すぐには和解しないで全て継続中にする。その代わり証拠として詫び状は書いてもらう。どうだ?全ての条件を呑めるか?」

課長は寝室に行くと札束を持って来て、私の前に置き。
「ここに百万有る。他の条件も全て呑むから、許してくれ。ただ顔を合わさない部署に移動するのは、すぐには無理だ。必ず意に沿うようにするから、これだけは少し猶予をくれ。お願いだ。」

金に困っている筈の課長が、百万もの現金を持っていたのも不思議でしたが、それよりも、人事権の無い課長が、困ると思った部署替えの件を、すんなり了承した事に驚きました。

詫び状を書かせ、何かスッキリしない気持ちで家に帰ると、妻はまだ泣いていて、私の顔を見るなり、課長とどうなったかも訊かずに謝り続けています。

「京子、本当に悪いと思っているのか?本当に心療内科へ行ったのか?」
妻は何度も頷き、バッグの中から診察券を持ってきました。

疑れば桐が無いのですが、ばれた時の為に医者に行ったとも思え、私も話を訊きたいので今度一緒に行くと言って反応を見ると。
「お願いします。ありがとう。」
縋るような目で私を見ながら言いました。

カウンセリングには一緒に通う事にして布団に入っても、先程の課長の事と妻の告白の中に有った“今は大事な時期”というのが、何か関係が有る様で気になり寝付けません。

次の日、課長の顔は腫れていて、課の社員達が、どうしたのか尋ねると。
「夕べ帰り道で誰かと殴り合いになったのだが、酔っていてよく分からんのだよ。そんなに腫れているか?」
私はそれを聞き、右手をポケットに入れて隠しました。

「課長。警察に届けなくていいのですか?届けた方がいいですよ。」
「いやー、俺も可也殴った様な気がするから、相手の怪我の方が酷いんじゃないかな?警察はやめておくよ。」
課長の手は腫れも傷も無く、綺麗な手をしていたにも関わらず、殴り合いの経験が無いのか社員達は、その事を疑問にも思わないで、課長と一緒に笑っていました。

この日、離婚届を持って家に帰ると、妻は玄関まで出迎えに来た後、私の着替えを手伝い、キッチへ戻って、私と妻の夕食の準備を続けました。
子供達はもう寝ていたので、離婚届をテーブルに開いて置くと、それを見た妻は手を止め、うずくまって泣き出しました。

「京子、離婚しようという訳ではないんだ。俺は正直、京子を全面的に信用出来ないでいる。また出張に行ったら、仕事も手に付かないと思う。だから今後少しでも不信な所が有れば、それが浮気で無くて俺の思い過ごしでも離婚しようと思う。もう京子を疑って生活するのに疲れた。だから京子が署名した離婚届を、お守り代わりに持っていたい。京子には、それ位の事をする義務は有るだろ。俺に不信感を与えなければ、俺は絶対に署名しない。」

妻は泣きながら署名しましたが、手が震えて上手く書けません。どうにか書き終えると、私に抱き付き。

「お願い出さないで。一生懸命償うから出さないで。もう二度としないから出さないで。お願い。お願い。」
「京子次第だ。」

その後の妻は、近くのスーパーに行くだけでも、行く時に家から携帯に電話し、家に戻るとまた電話をしてきます。
また、私が家に帰るとこれが大変で、私の後を付き歩き、1日の行動を事細かに、必死に報告します。

実際そうだったのかは分かりませんが、妻の必死さから信用する事にしました。
普段の生活では、タバコに自分で火を点けた事が無いほど世話を焼いてきて、お風呂に入っても、座っているだけで、自分で洗ったことが有りません。
カウンセリングに行く時などは、まるでデートでもしているかの様に、一緒にいるのが楽しくて仕方ないようでした。

妻は気付いていないかも知れませんが、一緒にいる時だけは疑われなくて済むので、自然と気が楽になるのだと思います。
課長はと言えば前回とは違い、私が1人になると必ず側に来て、謝罪の言葉を言います。

課長が部長に何と言ったのかは分かりませんが、課長が社長のお気に入りだと言うことも有り、約束どおりこの月から私の出張も減り、少し寂しい気もしましたが、今迄家庭の事を妻に任せ切りにしていた事を反省して、妻や子供達との時間を増やしました。

しかし、あの課長が本当に反省したとは考えられず、会う度に謝り続ける課長を、最初は今度の事が決着していないので、私に媚を売っているとも思いましたが、あれだけプライドの高い課長が、ここまでする事に疑問を持ち、私に謝罪すればする程、何か有るのではないかと疑っていました。

夜の生活は、私がなかなかその気になれず、前回の事も有ったので、このままでは駄目だと思いましたが、思えば思うほどその気にはなれませんでした。カウンセリングの先生は、焦らず気長に、もっと気を楽にしてと言ってくれるのですが、そう言われれば言われるほど気は焦り、気持ちとは裏腹に、その様な行動に出られません。

そんな状態が続き、新しい年を迎え、子供達が元気になった儀父の所に泊まりに行った日、妻と一緒に風呂に入って、いつもの様に洗ってもらい、先に出た私が寝室で椅子に座ってテレビを見ていると、妻は入って来るなりテレビを消して、テレビの前で立ったままパジャマを脱ぎ出しました。

妻は以前買った、黒い透けたブラジャーとやはり黒で透けているTバックを穿いていて、顔を見ると濃い目の化粧がしてあり、目には涙が溜まっています。
「もう私では駄目かも知れないけど、あなただけでも気持ちよくなって。」
妻は椅子に座ったままの私の前に跪くと、強引にパジャマのズボンとパンツを一緒に脱がせ、咥えてきました。

私は我慢出来なくなり、妻をベッドに連れて行くと全て脱がせて、自分も全裸になり、妻とは逆の方向に覆い被さり、しばらくお互いの敏感な所を刺激し合い、私がスキンを着けて妻の中に入ると、妻も下から激しく腰を使いながら。

「あなた、早くいって。早く出して。」
私は出そうなのを我慢して腰を動かし続けると、妻は大きな声で喘ぎだし。

「早く出して。早く出してくれないと、私も。私も。」
妻は、以前与えた罰の事を覚えていて、自分は気を遣っては駄目だと思っていたようです。

「京子、いってもいいぞ。一緒にいこう。」
「いいの?私もいいの?いいの?あなたー。」
妻は気を遣った後私に抱き付き、声を出して泣いています。

私は、もう一度妻に咥えてもらい、元気なった物を妻の中に入れ、今度はスキンを付けずに、久し振りの感触を楽しみ、最後は妻に飲んでもらいました。

その後は毎日の様に愛を確かめ合いましたが、こんな事は新婚の時以来初めてです。
課長は未だに、日に一度は謝罪の言葉を言って来るので、私も、今度は本当に反省しているのだろうか?と、甘い考えを持ちだした1月の末に、みんなの日程が合わず延び延びになっていた、遅い新年会がありました

この日は部長も参加し、挨拶の中に不況の話や営業成績についての話があった為、あまり盛り上がらなかったのですが、課長一人は上機嫌で酒を飲み、部長が帰った後で行った、男だけの二次会でもかなり飲んで、酒の強い課長が、こんな状態なのは始めてだというほど酔っていました。

「課長、やけに機嫌がいいですが、何かいい事でも有ったのですか?」
「課長、俺、噂を聞きましたよ。社長のお嬢さんと結婚するって本当ですか?」
「誰に聞いたんだ。君は情報が早いな。」
「やはり噂は本当だったんだ。それはおめでとう御座います。」

皆は口々にお祝いの言葉を言っていますが、私には初耳で、しかも嫌な予感がした為、お祝いも言えずに黙って聞いていました。

「お嬢さんと言っても38の出戻りで、何も出来ない我がまま娘なので、俺には養育費も有るし、借金も有るからと断ったのだが、あの親ばか社長は、借金を多い目に言ったのに、次の日には“これで身辺を綺麗にしておけ”と言って、小切手を持って来たので、断れなかったよ。」

課長は酔った勢いで、恥も外聞も無く借金の話もして、その後も口は滑らかで。

「結婚式はいつですか?」
「2人とも再婚なので結婚式はやらないが、3月の末に籍を入れて4月に披露パーティーをする予定だったのだが、1ヶ月早くなり、パーティーが終わり次第、その足で籍を入れに行くつもりだ。」
「また急な話ですね。」
「ああ。話は半年も前から有ったんだが、生意気にも俺の事を気に入らなかった様なんだ。それでも社長に面倒を看てもらっている手前、2ヵ月後に渋々デートに応じたんだが、最初から膨れっ面で一言も話さないし、とてもデートなんて呼べる物では無かった。流石に俺も頭にきて、彼女のマンションまで送って行った時に強引に関係を持ってやった。」

「関係を持ってお嬢さんは、課長の物を気に入ってしまったという事ですか?」
酔った社員が口を挟むと、自慢話が始まり。

「ああ。前の亭主が何も知らない堅物で、幼稚なセックスだったらしく、男の物を咥えた事すら無いんだ。始めは触るのも嫌がっていたが、一度俺の物を味わった後は言いなりよ。今ではマンションに入ると、すぐに欲しがって咥えてくる。1ヶ月早くなったのも彼女のわがままで、早く一緒に暮らしたいからと言っていたが、本当は、早く毎晩して欲しいからの間違いじゃないかな。ハッハッハッ。」
「課長。これで出世は約束された様な物ですね。」
「いやー。社長までは無理かも知れんが、取締役ぐらいはな。ハッハッハッ。」

これで、今は大事な時期と言っていた事や、お金を持っていた事など、全ての謎が解けました。

課長は更に飲んでいて、もう私との関係や、自分の言っている事が分からなくなっている様子で。
「お金の身辺整理は出来ても、女の方は大丈夫ですか?」
「ああ、綺麗なもんよ。例の人妻ともまた色々有ったが、金で話がつきそうだし。籍を入れるまでは大人しくしておらんとな。」
「籍を入れるまでですか?」
「彼女は我がままだが美人だし、何も知らない女を仕込む楽しみは有るが、腰の使い方まで知っている人妻も捨て難い。結婚したら俺のと違って賃貸じゃないから彼女のマンションに入るが、また関係が戻ってもいい様に、俺のマンションは借りたままにしておくつもりだ。俺が出世したら、君達も上に引っ張ってやるから、精々頑張れ。」

そう言い終わると、横になって寝てしまいました。

課長が寝てしまうと、酔った上の話とはいえ、流石に皆、嫌悪感を顔に出しましたが、私はそれどころでは有りません。

『やはり、少しも反省していない。こいつは妻の事をまだ諦めていないし、籍を入れてしまえば、俺に対する態度もまた変わるだろう。何より、出世すれば会社での俺の居場所も無くなるかも知れない。』

私の腹の中は煮えくり返り、その後毎日、復讐を考えていました。

披露パーティーは仲人も無く、一部の社内の者と少しの友人、あとは濃い身内だけの、あまり派手ではない物でしたが、私も直属の部下という事で招待されていました。
当然私などのスピーチは無かったので、司会の方に簡単な祝辞と歌を歌わせて欲しいと言いに行き、ワインを飲みながら出番を待っていると、暫らくして私の名前が紹介され、前に出てマイクを外して持ち、課長に方に近付きながら。

「課長。本日は真におめでとうございます。と言いたい所だが、人の家庭を無茶苦茶にしておいて、自分は幸せになるつもりか?俺の妻は二度までもお前にいい様にされて、今、心療内科に掛かっている。それでも懲りずに、また誘う為にマンションはそのまま借りておくだと。ふざけるのもいい加減にしろ。もう妻はかなり良くなったから、お前の所なんかには二度と行かない。」

課長を含め、みんな呆気にとられて、止めにも来ないで立ち尽くしていました。

「それに、新年会で社長の事を親ばかだとか、お嬢さんの事を、何も出来ない我がまま娘と言っていたが失礼だろ。そんな事が言えるのか?お前はその社長から貰ったお金で慰謝料を払ったんだろ?自分のした事の後始末ぐらい自分の力でしたらどうだ。」

私は胸ポケットから百万円を出して課長に投げつけ、反対のポケットから、コピーしてきた10枚の詫び状を出してばら撒きました。
私はまだ言いたい事が有ったのですが、やっと我に返った部長に腕を引かれ、お嬢さんの泣き声を聞きながら会場を出ました。

会場の外で部長は、私の肩を何度も叩きながら。
「後の事は任せておけ。」
会場の中に戻っていく部長を見ていて、何故か涙が溢れました。

この縁談は破談になり、課長も会社を辞めて、私を名誉毀損で訴える事も無く、その後どうしているのか分かりません。
一度課長のマンションを覗きに行ったのですが、もう表札も有りませんでした。

当然、私も会社を辞めて、今は部長に紹介して貰った会社に勤めています。

ここは主に中国製品を扱っている、20人ほどの小さな会社ですが、私が中国の担当だった事で、あるポストを用意して迎え入れてくれました。
給料は可也減ったのですが、小さいだけ有って、今迄の様に守りではなく攻めている分、充実感が有ります。

家のローンや子供達の将来を考え、給料が減った分、4ヶ月前より妻が事務のパートに行き出しました。

男が多い職場なので気になりましたが、このご時世、結婚以来仕事をしていない妻が、働く所が有っただけでも奇跡に近く、贅沢は言っていられません。
妻は未だに、その日の事を何でも詳しく話してくれます。

先日も“○○さんに食事を誘われたけれど、主人以外の男の人と食事しても美味しくないし、楽しくないからと言ったら、それから一切誘って来なくなった。”
と笑っていました。私はお守りを持っている事も有って、妻を疑わない事にしました。

今思うと、あの頃は出張先でも、家庭の事は気になっていましたが、妻の顔を思い出した事は、無かったような気がします。
妻が思っていた様に、妻の事を、空気の様な存在に思っていたのかもしれません。

同じ様に愛し合ってはいても、妻を裏切ったことの無い私より、私を裏切った妻の方が、私の事を愛していて、必要としていた様な気がします。
普段の生活も、あれ以来変わらず、妻は甲斐甲斐しく私の面倒を看てくれ、夜の生活も、縛ったりはしませんが、完全にSとMの関係です。

最近ではこういう関係に満足していて、あんな事が無かったらこういう関係になれなかったし、妻への愛も再確認出来なかったと思います。
また妻に何か有りましたら、ここに書かせて頂きますが、もうここに書く事は永久に無いと信じています。

甘いかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. レイン より:

    読み終えたとき、涙が溢れてとまりませんでした。よろしければ、また奥様とのエッチ体験談をご投稿いただければと思います。末長いお幸せを、心の底から願っております!!

  2. レイン より:

    読み終えたとき、涙が溢れてとまりませんでした。よろしければ、また奥様とのエッチ体験談をご投稿いただければと思います。末長いお幸せを、心の底から願っております!!

  3. 匿名 より:

    行き過ぎると傷つけあう、という象徴のような内容でした。結果はよかったものの、知らないで許していたら刺激を求めあう夫婦ではなかったにせよ、磨きあえる仲になっていたと思います。欲に溺れず、欲に支配されない関係の良さを知って頂きたいので、もう投稿はしないでください。

  4. M より:

    大変素晴らしい家族愛だと思いました。旦那さんの妻に対する優しさ、愛情。そして妻の旦那さんに対する愛。これが絆だと思いました。ずっとお互いを大切にして下さい。そして末長くお幸せに。

  5. (> より:

    凄い泣ける話でした。どうか幸せになってください。

  6. より:

    すごい泣けました
    ありがとうございました
    そしておしあわせに

  7. Re より:

    甘いわ。

    未練タラタラな男になって欲しくないわ。

  8. ポチ君 より:

    まあ、最後に復讐したから良いんじゃない?

  9. らでぃん より:

    半沢直樹 男女関係バージョンみたい。 てか女って心より体の疼きがまさってしまうのね。。。

  10. やまだ より:

    甘すぎるよね。

コメントを残す


エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 773記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。