精子の匂いフェチな処女先輩に嗅ぎ付けられて…

PR

高校に入学した後、しばらくしてから一つ年上の女性の先輩に気に入られてしまった。

別に同じクラブや部活に所属していたとか、同好会で知り合ったわけではない。
出身中学が同じだったとか、何かの縁で元々知り合いだったわけでもない。

たまたま廊下をすれ違った時にちょっと好みのタイプだったので、じーっと見つめていたら目が合ってしまい、当時社会性もまだ低かった俺はそれでもじーっと見つめていただけの事だ。

相手も「???」という顔をした後、近寄って来て「何かな? 1年生君?」と先輩風を吹かせながら、話しかけてきたのが出会いのきっかけだったように思う。

その後、校内のどこかで発見されるたびに「あっ、1年生君発見!」と大きな声で呼ばれたり、いきなり背後から襲いかかって来てギュッと首を絞められたりという、周りから見れば親密な関係に思われるような行動によって、何度か俺も慌ててしまう事があった。

もともとタイプ的にはちょっと好みだったという事もあり、俺としてもなんだかクスグッタイようなまんざらでも無い気分ではあったのだが、さすがにちょっぴり無遠慮な先輩の態度にウザいと思ってしまう事があったのも事実だ。

いきなり背後から襲われた時は
「ちょっとぉ~、先輩やめてもらえますか?」と、つっけんどんな態度を取ってしまった事もある。

それでも先輩はあまりめげないタイプだった。
俺たちはちょっぴりいがみ合う様な、それでいて仲が良いような、ライバルのようで姉弟のような関係になっていた。
お互いに弱みはちょっと見せられないなというような突っ張った関係だ。

そんな楽しい関係が始まって数ヶ月目、俺は痛恨のミスをした。

テスト直前の時期や、暗記などの詰め込み作業が必要な時、俺は頑なに自分に課している事があった。
それはいわゆる「オナ禁」だ。

当時俺たちの間では「オ○ニー」をすると記憶力や集中力が下がり、学力が低下するという噂がそれとなく広がっていた。
簡単に言ってしまうと「やり過ぎはバカになる」という話だったと思う。

その話を何となく信じていた俺は、テストの2週間ほど前から「オナ禁」を始めて、テスト期間が終了するまで我慢をしていたのだ。

しかしテスト最終日になると、溢れんばかりに溜まりまくった物がちょっとした切っ掛けで、チョビチョビ漏れてしまう事もたびたびあった。

何しろ若いのだ。1週間~2週間も貯め込むのは本当に辛い。
そうした前例にも負けずに重要な試験の最終日を迎え、そして事件が発生したのだ。

俺は前夜、睡眠をギリギリまで削った挙句、倒れるように寝込んだ末に、あろうことか夢精をしてしまい、遅刻寸前のギリギリの時間に目が覚めるという、失態を仕出かしてしまったのだ。

大量放出した下着は若干乾き切らずに生臭い匂いを放っていたので、すぐさま脱ぎ捨て新しい下着に履きかえた。

しかしシャワーする時間などまったく残っていない。
寝巻から制服にそのまま着替えて食事を満足に取る事も出来ず、すぐさま走って家を出る始末だ。

そして汗をかきながらようやく下駄箱で上履きに履き替え、自分の教室を目指していた時に、正面から先輩がすました顔で近付いてきた。

俺の顔を見て「おっ!」という嬉しそうな表情になった後、口を開こうとして「???」という表情になり、少し鼻を「スンスン」とすすってから、「あっ」っと小さく声を漏らした。

俺はその時先輩が何を感じ取ったのかさっぱり気が付いていなかったのだが、どうやらきちんとシャワーをしなかったため、特有な生臭い匂いが体にこびりついていたのかもしれない。
自分の匂いは案外自分では気が付かないものだ。

先輩はちょっぴり固まった後、少し余所余所しい態度というか、ちょっぴり気まずいような雰囲気で視線を彷徨わせてから、

「や、やぁ~、おはよ。今日は大切な試験の最終日でしょ?頑張ってたようだから労ってあげるよ。放課後おごってあげるから、ちょっと付き合いな?」

と言ってきた。

何故かドキドキしたような不思議な雰囲気で、そうこう言ってる間にもちょっぴり赤面し始めていた。

俺は「はぁ? ………。まぁ、今日は付き合っても良いですよ。」

などと何も知らずに、そして恥ずかしくもなく堂々と答えていた。

試験が始まる前に友人たち数人と集まって、テスト範囲の予想などで盛り上がっていたのだが、親友の1人が少し顔を顰めて他の連中に聞こえないよう俺にそっと耳打ちをした。

「お前、ひょっとして今朝、オ○ニーした? ちょっと匂ってるぜ。」と…。

その言葉に金槌で頭を思い切り殴られたような衝撃を受け、その後一気に恥ずかしさが込み上げてくる。
周りの連中も当然気が付いている事だろう。

あまりの恥ずかしさにどうすれば良いのか悩んだが、結局「実は今朝夢精してしまって…。」と正直に打ち明けた。

男友達どもは笑ったり冷やかしたりすることもなく、「うん、うん、仕方がないよな。俺もこの時期はたまにやらかすよ」などと慰めてくれ、それ以上の恥をかかずにその場はなんとかやり過ごすことが出来たのだ。

しかし問題は先輩だ。
きっと先輩もこの匂いに気が付いたに違いない。

だからあんな余所余所しい態度を取ったのだろう。
ハッキリ言って合わせる顔がない程、恥ずかしくなっていた。

しかしどうする事も出来ない。トイレで洗いたくても十分に拭きとれるようなタオルは持ち合わせていなかったし、それよりもまずは試験をなんとか乗り切らなければならない。

前日までの友人たちを交えた自己採点で、どうも結果が振るわなかったので、今日は得意教科で挽回しなければならなかったのだ。

やむを得ず何もなかったかのように頭から締め出して試験を受け、どうにか放課後を迎える事ができた。

無駄とはわかっていても、なるべくクラスメートと関わらないように、距離感に気を付けながらなんとか教室を抜け出し、下駄箱に向かってさっさと帰宅することに決めた。

先輩との約束なんてこの際、ブッチ切りだ。
男には男の事情というものもある。

女性である先輩にこんな恥ずかしい匂いを嗅がれて、その後も楽しく付き合える自信など俺には無かった。

それなのに、俺の下駄箱の前の柱に寄りかかって、両手で鞄を持ちながら俺を待つ先輩の姿を見つけた時は、

『え~っ、なんで俺よりも前にここに居るんだよ?』

という信じられない気持でショックを受けた。

「やぁ! 一年生君(←本当にこう呼ばれていた)、試験はどうだった?」
「せ、先輩…。あの…。申し訳ないんですけど、今日の所は…。」
「はははぁ~~~、やっぱりそう言うと思ったよ。まぁ、あたしがおごってあげるなんて、これまで一度も無かったもんね。でも遠慮することは無いぞよ?」

妙な言葉遣いで明るく楽しい雰囲気で俺の断りをやんわりと退ける。

しかし俺は先輩の誘いに乗るわけにはいかなかった。
本当に恥ずかしかったのだ。

「いや、そういうわけではないんですけど…。やっぱ今日の所は…。」

「もぅ~、せっかくあたしがおごってあげるって言ったのに、どうしてそんなに遠慮してるのかな?」
「せ、先輩…。先輩もわかってるでしょ? 今朝、気が付いたんじゃ?」
「えっ、なんのこと?」

『うわっ、この女、完璧俺の事をからかってるのかな?』

などとムカッと来る部分もあったのだが、それ以上に恥ずかしさが先立っていて、俺は少しでも早く先輩との会話を打ち切って帰宅したかった。

俺は無言で上履きを脱ぐと、土足に履き替えて、先輩に無言で頭を下げてからさっさと帰宅しようとした。

そうしている間も恥ずかしさが込み上げて来て、頼むから匂いを嗅がないで~という想いが駆け巡っていた。

「ちょ、ちょっと待って! どうしたのよ?」

そう言って俺の腕を掴もうとする先輩。
だけど俺もこれ以上の恥をかかされたくはない。

「先輩! 先輩は俺の事、からかってるんでしょ?」

俺は自分でもびっくりするほど、ビシッ!っと大きな声で先輩を怒鳴っていた。

「ち、違う…。そんなんじゃない…。」

先輩はビクッとしてから、今まで見せた事も無いようなしおらしく「か弱い」雰囲気で、俺の言葉を否定した。

俺は自分の荒げた声にびっくりすると同時に、先輩のすがるような視線に驚いて固まってしまった。

「ごめん…。ちょっと、もう少し人が来ない所に移動しよ?」

その言葉を聞いても、俺は先輩の誘いに乗る気にはならなかった。
くるりと振り向いてスタスタと足早にその場を立ち去ろうとする。

「坂下君!(←本名…。だけど勿論ここでは仮名)お願い、ちょっと待って! 話を聞いて…。」

必死さの滲むその声にちょっぴり罪悪感を感じて、俺は「はい」と俯きながら答えていた。

俺の高校は体育館と武道館という二つの大きな建物があり、試験期間は当然部活もお休みだ。

それは試験最終日であっても同じことで、直列にならんだそれらの建物の裏手はまさに、誰も足を踏み入れないようなうす暗くて、ちょっぴり狭い道が奥の方までひっそりと続いており、

密談をするには打ってつけの雰囲気を醸し出していた。
俺は先輩の後ろについてトボトボと歩いて行く。

一体なんの話をしたいのだろうか?

「先輩…。今朝…。今朝、俺の匂いに気が付いたでしょ?」

俺は恥ずかしさが強かったものの、遠回りに聞くのは耐えられなかった。
だから単刀直入に自分から切り出したのだ。

「えっ? あっ…。う、うん…。」
「やっぱりな…。それで先輩は俺の事をからかうために誘ったんでしょ?」

「違う! それは違うよ…。坂下君がそんな風に感じていたなんて…。」
「じゃあ、どうして? どうしていきなりおごってくれるなんて言い出したり、下駄箱で俺のことを待ってたりしたんですか?今までそんなことは一度もなかったのに…。」

「あたし…。あぁ、恥ずかしい…。」
「えっ?」

なんだか顔を真っ赤にしながら俺の目をまともに見る事も出来ずにオロオロし、手をパタパタさせて、どう切り出せば良いのか落ち着きなく視線を彷徨わせている。

「じ、実は…。あたし、今朝の坂下君のような匂いがとっても好きなの…。あの匂いって…。」
そこで消え入るように小さな声になる。

「以前は何の匂いなのか全然わからなかったの。だけど男子の中に時々あの匂いの人が居て、なんて言うんだろう?あたしにとってはフェロモンっていうのかな? 凄くドキドキしちゃうんだ。」

そこで胸の中心部分を両手で押さえるような仕草をする。
目は何となくウルウルとしているようだ。

だけど俺には信じられない。ハッキリ言って生臭いし、俺自身は不潔で大嫌いな匂いだと思っている。
それに最高に恥ずかしい匂いだとも思っていた。

「だけど、他の娘(コ)は気が付かないんだ。『ほら、今すれ違った男の人の匂いだよ』って幾ら訴えても…。」

表情が真剣だ。どうやら本気で話している事は間違いないようだ。
だから俺も黙って耳を傾ける。

「多分あたしは、少し他の人よりも、あの匂いに敏感だったのかもね。好きな匂いだから…。だけど、そんな時に友達が気が付いてくれたんだ。あれは、せ、せ、精子の匂いだよって…。」
「………。」

「最初は自分でもちょっと信じられなかったの。だって精子って…。気持いい事をしたりして出るでしょ?」
「俺はそんなことしてないんですよ。だけど、すごく溜まってたんです。」

「えっ、そうなの? あっ、あの…。すごく溜まってたから溢れちゃったのかな?」

先輩は真っ赤な顔をしながら、それでも食い入るように俺の目を見つめている。

先ほどの恥ずかしそうなキョロキョロ、オドオドした雰囲気は無く、本当に興味をもっているようだ。
だけど俺だってこんな話を、いくら仲良しの先輩であったとしても、女性に軽々しく打ち明けることなんてできやしない。

「いや…。」

俺はそれだけ言って黙りこんでしまった。

「お願い、教えて? 気持ちいい事はしてないんでしょ? 溢れちゃったの?」
「そ、そうですよ。だけど寝てる間に勝手に出ちゃったんです。夢精って知ってるでしょ?」

「あぁ…、し、知ってる。前に保健体育で聞いたことがあるもん。」

もうここまで話してしまったら、勢いで全部説明してもいいかもしれない。

俺はそう考え、怒りも恥ずかしさもすべて抑え込んで、事実のみを淡々と話すことにした。

「今日までの試験を少しでも上手く乗り切るために、2週間くらい前からずっと我慢してたんです。だけど、溜まりに溜まってしまって今朝起きたら夢精が………。勝手に沢山出ちゃってたんですよ。だけど起きた時間が遅刻ギリギリだったから、下着だけ着替えてシャワーを浴びられなかったんです。」

「そ、そうだったんだ…。だけど今日、坂下君に会った瞬間に、凄く痺れてしまったんだ…。どうしちゃったんだろうと思うほど、自分でも自分の気持ちを抑えられなくて、ドキドキしてしまって…。」

「そ、そうだったんだ…。先輩ってちょっぴり変ってますね。」

「そんなことないよ。勿論あの匂いが嫌いだって娘も沢山いるけど、あたしのように好きって娘も、それなりにいるんだよ。だけど、あたしほど好きな人はいないかな?」

「ふ~ん…。」

「あの…。坂下君? もし良かったら…。その…。」
「はい?」

「あの………。匂いを嗅がせてもらえない?」
「はっ? いや、無理・無理・無理! 絶対無理! それだけは…。」

「お願い! 絶対に触らないから…。お願い…。あたし、自分の気持ちをこれ以上抑えられない…。もう我慢できないの…。」

ウルウルした瞳はこれまで見た事も無いような美しさで、俺もその懇願するような瞳に逆らえなくなりそうだった。

だけど、『匂いを嗅がせるってどういう風に?』というのが、まず頭の中にあったし、何よりも恥ずかしさが強くてどうしても認める気になんてなれない。

そこで、無理難題を押し付けてなんとかその場を逃れようとした。

「先輩の裸を見せてくれるなら、匂いを嗅がせてあげても良いですよ。」

俺はそんな卑怯な言葉を先輩に投げつけた。
その言葉を聞いて案の定先輩はビクッとなり、俯いて黙ってしまう。

「裸を見せてくれないなら、匂いを嗅がせてあげることも出来ないな。だって俺にとっては、先輩が裸になるのと同じくらい恥ずかしい事なんだから…。」

その言葉をすべて聞いてから、先輩は驚くような事を言いだした。

「そうだよね。うん、わかった! 裸を見せたら匂いを嗅がせてくれるんだよね?」
「はぁっ? いや、ちょっ! 裸ですよ? 先輩の素っ裸を俺に見せるんですよ?」

「うん…。わかってる…。多分それぐらい坂下君も恥ずかしいことなんでしょ?あたしも我慢する…。」

「いや…。だって…。素っ裸ですよ? 一体どこで???」
「ついて来て…。」

そう言うと、今来た道を逆に戻り始めた。
普通棟と特別棟をつなぐ一階の渡り廊下の部分は、普段からあまり人通りがない場所なので、そこで靴を脱ぐとそれを手に持って、靴下のまま廊下を静かに歩き、手近の階段を忍び足で上って行く。

そして4階まで上がったところで渡り廊下を渡って特別棟へ。
この辺の作りは多かれ少なかれ大抵の学校が同じような造りになっているのではないだろうか?

俺も中学生の頃は本校舎と特別校舎のような二つの建物があり、通常の勉強は本校舎、そして選択授業や文化系の部活動は特別校舎というように使い分けられていた。
俺の通っていた公立高校もその作りの基本はほぼ同じで、普段は学生が無駄に入り浸っている放課後の特別校舎も、今日は誰の気配も感じられず、

無人の静かな廊下を我々二人の押し殺したペタペタという足音だけがこだました。
中学時代にも建物は違えども何度となくお世話になった音楽準備室。

ここにグレードはかなりアップしたものの、やはり中学校とほぼ同じように忘れ去られた狭くて防音施設の整った、外界からは完璧に遮断された部屋が用意されていたのだ。
そこへ招かれた時、俺にはこれから何が始まるのかが既にわかっていた。

そして中学時代で完全に終わりを告げたと思い、寂しく、そして切なくも感じていた時間が、再び自分に訪れた幸運を素直に喜び、受け入れた。
先輩は入り口の付近をコチョコチョ捜しながら鍵を探り当て、それを静かにドアノブに差し込む。

すりガラスの向こうはびっくりするような黒だが、これは暗幕が掛けられているからだ。

ドアを開けると二人で素早く室内に入り込み、暗幕を押しのける。
予想通り外側が黒く、内側が赤い重厚なカーテンだ。

それを掻き分けて室内に入り込むと、かなり手入れされてはいるものの、予想通りの狭い部屋が目に飛び込んできた。

「ここなら大丈夫。鍵も内側から掛けたし、音も光も外に漏れないんだよ。」
「俺の通ってた中学校にもこういう秘密めいた部屋がありましたよ。」
「ふ~ん、そうなんだ…。」

そう言ってニッコリ笑う先輩。
なんとなくいつもの様子に戻ったようだ。

そして改めて向かい合って立つと、再びモジモジするように体を落ち着きなく動かしながら、なんと切り出そうか言葉を選んでいる様子だ。

「あの、私から脱がないとダメかな…。」
「先輩は全部脱いでくれるんですよね? 俺は匂いを嗅がせるだけで良いんでしょ?」

「そ、そうだったね…。あの、そんなに見られたらちょっと恥ずかしいんだけど…。」

俺は意識しないようにしようと思っても、どうしても胸とか腰の辺りを舐めるように見てしまう。

「先輩…。服を着ている時からそんな調子じゃ、裸にはなれないんじゃないですか?」

ちょっぴり意地悪く言ってみる。
実は中学生時代にもこういうような場面を何度も経験していたので、俺の方はこの時点で少し落ち着いていた。既に主導権も握れたようだ。

「そ、そうだよね…。」

そう言うと、再び顔を真っ赤にしながら、一枚ずつゆっくりと服を脱いでいき、とうとう下着だけの姿になってしまった。

少しフルフル震えるような様子で、視線を俺から外し、恥ずかしさで居ても立ってもいられないような様子だ。

そんな様子と、今まで見たどの女の子よりも大人びた、そして美しく透き通るような白い肌のため、冷静でいたはずの俺の心はかなり動揺しはじめていた。

「坂下君、もういいでしょ? 匂いを嗅がせてくれる?」
「ダメですよ。まだ下着を着けたままじゃないですか。」

「でも…。もうこれ以上自分で脱ぐなんて、恥ずかしくて気が狂ってしまいそう…。」

「俺が脱がしてあげても良いですよ?だけどそれってもっと恥ずかしいんじゃないですか?」
「そんな事を言わないで…。だけど自分ではもう出来ない…。脱がしてくれる?」

そういうとくるりと後ろを向いてしまった先輩。

肩甲骨の辺りから腰にかけては綺麗にスッとした曲線を描いて、へこんでいるのに、お尻の辺りでまたプクッと柔らかそうに出っ張って美しい足へと続いている。

その柔らかくて雑誌に出てくるような美しい体をゾクゾクする気持ちで眺めてから、ブラジャーのホックに手を掛ける。

そして何の苦労もなくパッと留め金を外してからそのまま放置し、次にパンティーに両手を掛け、ゆっくりと引きずり下ろして、膝の辺りで一旦止めた。

「先輩。こっちを向いてください。」
「でも、下着がまだ…。きゃっ!」

全部言い終える前に肩の辺りを抱いて、強引にこちらを向かせてしまう。
そして中途半端にはだけた胸が揺れるのを楽しんだ後、ゆっくりとブラジャーを取り外した。

「うぅ…。」

そんな恥ずかしそうな声を漏らす先輩。
ハッキリ言って俺だけが一方的に楽しんでいたと思う。

ブラを取り上げると、そっと折りたたまれた綺麗な制服の上に置き、想像以上に美しい胸に目が釘付けになる。

明らかに得しているのは自分だけだという罪悪感も多少頭をもたげてはいたが、先輩の方から言いだした事だ。

ここは黙って言う事を聞いてもらおう。
続けて膝の辺りまで中途半端に脱がせたパンティをそのままずり下ろして全裸にしてしまった。

その時、俺も先輩の股間の辺りを、音を立ててクンクンと嗅いでみた。

「あっ、ず、ずるい!!! 裸を見るだけって言ったじゃない?」
「ははは、ごめんなさい。でも目の前に凄く美しいものがあったからついつい…。」

「今度はあたしの番だからね。早く立って! もう十分に楽しんだでしょ?」
「もう立ってますよ。」

実際の俺はしゃがみ込んでいた。
立っているというのは勿論アソコの事だ。

それを理解して、先輩はまた恥ずかしそうな表情をする。
そんな表情がたまらない。

「ちょっと、坂下君ってそんなに意地悪だったの?」
「そうですよ。でも先輩も今まで結構意地悪したじゃないですか?」

「そ、それは…。キミの事が気になっていたから…。」
「ふふふ、俺も先輩の事が凄く気になってましたよ。」

そういうと俺を無理やり立たせてから、ペタンと座り込み、匂いを嗅ぐだけと言ってたのを無視して、俺のズボンのベルトに手を掛けて、震えるような手でたどたどしくベルトを外すと、ゆっくりズボンのチャックを開いていった。

そこで太ももの辺りをギュッと抱いてから、ほほを俺の股間の辺りにすりつけるようにして、素っ裸の先輩は「あぁ~~~」と声を漏らした。

「あぁ………。この匂い…。あたし、すごく大好きだったの。こんなに素敵な匂い…。」
「生臭くないですか? 俺は自分で言うのはなんだけど、凄く嫌いな匂いですよ。」

「そんなことないよ。こんなに痺れる匂い…。あたしこんなにドキドキしたの初めて…。」
「ひょっとして、アソコが濡れちゃったんじゃないですか?」

「もぅ、どうしてそんなに意地悪なの? 濡れたりしてないもん…。」
「でも、その光ってトロッとした物はなんですか?」

俺の位置からはそんなものは見えなかった。
だけどわざと意地悪く言ってみただけだ。

それでも先輩はビクッとなって慌てて自分の手をアソコに這わせて確認してみる。

「ちょっと! そんな嘘つかないで!」

そう抗議する先輩の手のひらをグッと掴んで、びっくりしたような先輩の表情を楽しみながら、俺は自分の鼻にその手を近づけてみた。
今先輩が自分の股間を触ったその掌だ。

「やだ…。」

そう言って目を伏せる先輩。
正直匂いなんてよくわからなかったけど、そういう女性らしい仕草は、俺の気持ちに火をつけた。

夢精で大量に放出していても、数時間も立てば十分に充電される。
高校生の時期というのはそういうものだ。

俺は自分の腰を突き出して先輩の鼻先にグリグリ押しつけたりしながら、ちょっぴり「S」の楽しみを味わった。

そして、そのまま俺も自然に裸になり…。

すべてが終わった後、俺と先輩はかなりの汗と、
流れ出た体液でグチョグチョになっていた。

部屋にはちょっぴりエッチな匂いが充満し、ティッシュなども用意せずに予想以上の行為に及んでしまったので、後片付けは本当に大変だった。

俺たちはいろいろな意味で相性がとても良かったのかもしれない。

この日を境に、それまでとはちょっと変わってしまった関係が、俺達の高校時代をより一層楽しいものへと導いてくれたのは言うまでもない…。

他に読まれているエッチ体験談

  • 着替える従姉妹にからかわれた 着替える従姉妹にからかわれたエッチ体験談。 ここ見ていて僕の体験も書いてみる事にしました。 つまらなかったらすいません。 僕は21歳の学生で、2歳年上の従姉妹がいます。 顔は超美人とは言えないものの、昔からテニス […]
  • 女子トイレで主婦に母乳を飲ませてもらった オレの浅い経験のなかで一番エロかった思い出は、 仕事で知り合った主婦と (当時22才・子供産んで半年ほどの背が高くて細い人だった) エロトークの流れから駅ビルの女子トイレで母乳飲ませてもらった事。 向こうはなぜか凄く […]
  • 親戚との旅行で従姉妹との混浴で欲情した 初めて投稿します。 中学2年生の時、親戚の家族と海に行った時の話です。 1つ下のいとこのゆうこちゃんと泳いでいて、 夕方頃に私の水中眼鏡が割れて右手を切ってしまい、手当てを受けました。 手当てが終わる頃にはもう海水 […]
  • 手術前の剃毛で実習生にしごかれた 手術前の剃毛で実習生にしごかれたエッチ体験談。 僕が高2の時に盲腸で入院したときのこと。 手術前、看護婦さんが「剃毛します」というので パンツ1枚でベッドで待っていた。 しばらくしてその看護婦さんは学生を二人連れ […]
  • 男勝りの女友達に胸を見せられて勃起しちゃって手コキされた 男勝りの女友達に胸を見せられて勃起しちゃって手コキされたエッチ体験談。 まだ厨房のころ、ちょっとボーイッシュ(っつか男勝り)な女友達がいた。 俺らの仲間内では完全に男扱い。 大雑把な性格だからパンチラなんかしょっちゅ […]
  • 友達の姉ちゃんと気持ちイイことした体験♪ サトシさんから投稿頂いた「友達の姉ちゃんと気持ちイイことした体験♪」。 みんなのエッチ体験ではエッチ体験談を募集中です! エッチ体験を投稿する 中学2年の時シンジという友達がいて、ほぼ毎日お互いの家で遊んでい […]
  • Pocket
  • LINEで送る

PR

コメントを残す

気軽にコメントください。皆様に楽しんでいただくために、個人を特定する内容や誹謗中傷のコメントは削除します。不適切なコメントが続く場合は、概要ユーザのコメントの禁止を行います。



エッチ体験談投稿大募集中!!

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を 1704記事を掲載しています。
どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

投稿する

SNSでもご購読できます。