エッチ体験談が10000話を突破しました。

コーチをしていたJCになつかれて処女をいただいた

俺は地域の小学校でドッジボールのコーチをしています。

まあ、近所の人から頼まれたんで何気なく了解して週末の練習に参加してました。
最初はサポーター?の母親狙いだったんですが、ドッジボールは女子がほとんどで六年生がけっこう多い。

中にはけっこう早熟で中学生にも引けを取らない子もいます。

毎週参加してると六年生もコーチ、コーチ、となついてきた数人の中から俺好みを見つけました。
(母親も安心して見ている)

6年生が卒業して2年が経ったこの間、近所のスーパーでいきなり3人の子どもからコーチ!お菓子おごってよ~と声をかけられましたがバカコケ!と断ると家まで送って~とまるでスナックのネーチャンみたいなシナの作り方。

いつの間にそんな事覚えたんだ?と思いつつ3人を家まで送ることになった。

お気に入りが一番遠くなのは知っていたんで、途中2人降ろして最期に行く途中に、アイス買って~が始まった。
シヤーネーナと思いつつコンビニへ。

駐車場でアイス喰わせてる途中、ねーコーチ、今度マックに行きたい♪と言うので、はぁ~と言ったら、今度は1人でくるからさぁ~(明らかに誘ってるかカモってる)と甘える次第。メール教えてその日は家まで送るだけ。

数日後メールが来て、○×曜日△時に駐車場で待ってるから…だと。

あいつの事だから仲間と隠れてて来た来た!♪の展開を予想して、俺は□時に買い物行くから暇なら来いと伝えた。

買い物終わって車に戻ろうとすると来た。
あの遊びでは無いらしいので車に乗せてやった。

近くのマックだと近所バレするんで少し離れた所に行く。

学校楽しい?とか部活なにやってんの?とか、他愛無い会話しながら成長具合を確認してた。

カレシは?と聞くと、まぁ~ね~と曖昧な返事。
これは絶対ヤッテると確信持った。

食べ終わり帰ろうとすると、海が見たぁ~いが始まり、そんなに遠くないんで行くことに。
海見て帰り道、道路沿いにはラブホがちらほら…

あれって何?とすっとぼけた事聞いてくるから、なるべくやんわりと説明すると、中ってどうなってんの?いってみた~ぃだと。
ヲイヲイおれはガイドじゃないぞ、言いつつ心の中ではガッツポーズ!

チェックインしました。

フツーに入れますね。
制服とか着てたらさすがに躊躇しますけど…

体も早熟で顔も大人びてるからまあ、JCと思う人はあんまりいないと思う。

部屋に入るとキョロキョロとあっちこっち見てるから、こいつカレシとどこでやってんのかな?と素朴な疑問とカマかけか?と複雑な面持ちで見てたら、コンドーム発見して
コーチぃ~これなぁにぃ~?だと。

そんなの学校で習ってんだろと思いつつ、服着てたら説明できないな…と言ったら、何間違えたのかワザとだか服脱ぎ始めた。

「どう使うのぉ~」
「女の子が使う物じゃない」
「じゃぁ~コーチが使ってぇ~」

しょうがないと言うフリして速攻で服脱いだ。

シャワーも使わなかったんで甘酸っぱい匂いを堪能しつつ、指マンでも…と思ったら…。

パンツ履いてたんで脱がすとオリモノシート。
しかもオリモノべったり。

まあ、成長期だからしょうがないと思いつつ、さすがに舐める気にはなれなかった。
フル勃起から半分ゲンナリしつつも勃たせるのに必死。

何とか入口探して先っちょだけいれたら、いた~いぃ~と言い出す。

なに芝居してんだよと思いつつ全部入れようとしたが入らない。
まあ、今回はこの辺でやめておこう。次の為にも…

別れ際、またメールしてもいい~?と言うので、いいけどこれは秘密だぞと言って別れた

今時のJCはスゲーと思ったが、親とか金が絡んで来ると厄介だとちらっと頭よぎったよ。
車に乗せた後、親とかケーサツが来るんじゃないかとヒヤヒヤもんでした。

関係は今も続いてる。(時々)
向こうから誘ってんだから、まあいいか。

幸いにも今日に至るまでケーサツとかは来た事有りませんが、(まあ、回数も多くないんで)やはり防犯ビデオには映ってるんでしょう。

JC3になってしばらくしてメールが来た。
まあ、いつもの通りで車に乗せたら美味しいもの食べたいだと。

何が美味しいの?と聞くとフライドチキンだって…
やっぱりJC3だと心の中で笑いながら、郊外のケンタまで行ってダラダラ話していると

「コーチぃ高校どうしよう…」

おい、俺は先生でもないし親でも無いぞ!と思ったが、デリケートな年齢だけにムゲにはできなかった。
何か今にも泣き出しそうな雰囲気なんで、店出て気晴らしだと言いドライブ。

しかし郊外の道沿いにはラブホがけっこうあるんですね。
さっきの暗い様子が一転して何か言いたそうだから、入る?と聞くとふたつ返事。

チェックインしたらまた部屋見回して、風呂場をみて、一緒に入る?だと。

断る理由も無いから入り、ソープ入れて泡たてて喜ばしつつ指マンできれいにしてやった。
そのあとバスローブきてベッドへ…。

いや、直後には開始してはいない。

まあ、JC3ともなればその手の単語は知ってるが、実際にやったことがあるのかないのか…
どうせ会話か雑誌で得た知識だろうけど、やってみたくてしょうがないみたいだった。

先ずはフェラから。

まあ、一丁前にがんばってる姿が何とも健気というか可愛いというか…
何かDVDでも見て勉強してんのかな?と思うほどの出来栄え。
まだ出すところまでは至らず。

一息ついたら、

「コーチぃ~マッサージしてぇ~」

だと。

何か順番がおかしいと思いつつ、マッサージ?えっ?と言うと

「前にコーチがしてくれたやつぅ~」

2秒考えたらJSのころ足が攣ったんでマッサージした事が有る。

仰向けにさせて足首からふくらはぎを揉んでると飛びかかりたくなるがまあ、ガマン。

今度は肩だと。ヲイ、肩コリする年じゃないだろ?
と上半身おこして背後からモミモミ。

もう、我慢できません。
肩から胸へ、胸から股へとおれの手は進む…

股に手を伸ばした時にヌルヌルした感触が…
まさか、まさかの!いくら早熟とはいえJC3ですよ。

前に痛がっていたんで自分から加減できる様に上に乗せ、自分で導きやすくするべく手で掴ませたんですが、アッ!ゴム忘れてた! と急に興ざめ。
着けてみたら?と言うと相手に着けるのは初めてらしく一つ目は失敗。

後一つあるから俺が着けるているとじっと見ている。勉強のつもりか?

着け終わった後に再び上に乗せて今度こそ…
入口に到達しました。

目はつぶったままですが、あっ とか うっ とか言ってる。

まあ、下から眺めたり適当に揉んだりと
男にとっては別の楽しみ方があるもんです。

何とか根元までいきました。

しかし抜き差しはしません。
じっと耐えている顔見るのが楽しいから…

しばらくするとガクっと倒れて来ました。
どっちに解釈していいのやら困りましたが呼吸してるんで安心しました。

体の緊張が解けたのか少しゆるくなったんで少しずつ抜き差しして私も満足しました。
涙してましたが、どういう涙なのかその瞬間には解りません。

拭いてあげると ありがとうございます…

俺は前のコーチじゃなくて今のコーチなんだよと感じた瞬間でした。

1+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!