体験談を書いてみよう〜

初体験(自分や相手が童貞、処女)の思い出

童貞や処女を捨てたトキの淡い思い出、相手が童貞や処女とセックスした、童貞や処女とのエッチが好きでハマっているなど、自分や相手が初体験だったセックスの体験談を投稿してください。

50 COMMENTS

匿名

高校を転校した
その高校は、あるクラスの生徒はほとんどが担任の女教師の穴兄弟だと噂である
俺は、その女教師のクラスになった
先生「〇男君、我がクラスへようこそ!歓迎式をやるから、私の家にいらっしゃい?」
俺「先生、歓迎式をやってくれるんですか!喜んで伺います」
俺も穴兄弟にしてくれるのかなぁ・・・と胸わくわく、チンポ膨らませて先生宅へ行った
先生「ようこそいらっしゃい!」とズボンの上からチンポ掴んで居間に案内してくれた
ソファーに座って、コーヒーを飲んだ
先生は、超ミニスカで、脚を組み替えたりさらにはM字でパンチラを見せてくれる
もう、チンポはビンビンに勃起
先生「私のクラスの男の子は皆私の穴兄弟よ!〇男君も穴兄弟になって?」
俺「先生、嬉しいなぁ、喜んで・・・でも、俺童貞だから、先生を気持ち良くさせることできないかも・・・」
先生「大丈夫よ、心配しないで!さぁ、ベッドに行きましょう?」
ベッドに行き、お互いすっぽんぽんになって抱き合いベロチュウ
先生は、俺のチンポ握ってシコシコ
もう、俺のチンポははち切れんばかりにいきり立っている
先生は、仰向けに寝た俺に跨り、チンポ握って膣に挿入
そして、腰上下したりグラインドしたり・・・
俺「先生、もう出るよ!出すよ!」
先生「中に出して良いのよ、中でイッテ?」
挿入からものの一分も経たないうちに、膣内に射精!!
そして、俺の上に覆い被さりお掃除フェラ
俺「先生!あっという間に出ちゃったけど、俺早漏かなぁ?」
先生「大丈夫よ!経験積み重ねると大丈夫よ!」

それから、毎週先生宅へ行きセックスして貰い、10分ほど持ちこたえるようになりました

返信する
匿名

俺は、小さな会社の主任をやっている
通勤電車を使っていて、自宅から駅まで歩いて通勤している
ある日、駅を降りて自宅に向かっていたら、自転車を降りて立っている女子高制服を着た若い女の子がいた
俺は「どうしたんですか?」と声をかけた
その女の子「自転車が壊れて動かないんです」
俺は、その自転車を「調べて見るよ」と言って調べた
何のことはない、チェーンが外れていただけだった
それを直して、試乗して見せ、「もう、大丈夫だよ!」
女の子は「ありがとうございます、私の家はすぐそこだからお礼をしたいので寄って下さい」
そう言われれば、可愛い女の子・・・お邪魔しようかなぁ・・と心が揺らぎお邪魔した
家に入って、居間に入り、名刺を出して「○○会社の主任をやってます」と自己紹介
女の子も「△高校の3年生です」
女の子が出してくれたコーヒーを飲みながら雑談
すると、女の子「主任さん、私処女なんです・・・女にしてください?」と抱き付いて来た
俺は、困ったなぁと思いながらも、俺の会社は地元では名を知れた会社である
会社を信用して、抱き付いて来たんだと、肩を抱き寄せ、おっぱい揉み揉み
それから、ブラウスを脱がせ、生おっぱいを頂き、チンポでオマンコ頂きました

返信する
匿名

俺が中学3年の時、担任の女の先生が
「S君、もう少し頑張らないと、高校合格のスレスレだよ
   先生が勉強の個人レッスンやるから、私の家においで?」
俺 「先生、有難う御座います、よろしくお願いします」
と言うことで、先生の家に行き、勉強を教えて貰った
勉強終わって、コーヒー出してくれたのでコーヒーを飲んでいたら・・・
隣に座って「男にとっては、ここの生育も大事よ」
と言って、太腿撫でながら、奥へ手を滑らせチンポなでなで
俺「先生!俺初めてなんだ、童貞なんだよ」
先生「私はね、筆下ろしが好きなのよ、S君の筆下ろしさせて?」
俺「先生!よろしくお願いします!」
その後、ビラビラ開いて、ここがおちんちん挿れる所だよ!」と自分の指を入れて見せる先生
先生「S君も指挿れて見て!」
先生の言われた通り指入れると、ぬるぬるで柔らかい・・女の穴を実感できて大興奮
俺のチンポははち切れんばかりにギンギンに勃起
そのチンポを握って、騎乗位でオマンコに挿れる先生
俺のチンポはあっと言う間に射精した

返信する
匿名

俺には、小さい時から可愛がってくれたバツイチの叔母さんがいる
俺が中学生になって性に目覚め、隣に座ったとき
 襟元を広げて、おっぱい覗き込んだり、服の上からおっぱい触ったりしていた
叔母は「〇君もエッチな年ごろになったね
   他の人にはおっぱい触ったりしたらだめよ!」
俺「わかったよ、叔母さんにはエッチなことして良いんだね?」
それから、抱き合って、舌擦り合い・吸い合いのチューもしてくれるようになった
そして中3の春休みのこと
叔母「ねぇねぇ、〇君に彼女いるの?」
俺「あの子は可愛いなぁ、彼女にしたいなぁ・・と言う女の子はいるけど、話したことも無いし・・」
叔母「じゃー、童貞なのね?」と、ズボンの上からチンポ撫でて来た
俺「勿論、キスしたことも無いし、おっぱいも見たことないよ」
叔母「そうなの?これから彼女出来ると思うから、私の体で教えてあげるね」
叔母さんおっぱい丸出し、パンティ脱いでおマンコおっぴろげ
更には、ビラビラ広げて、「ここがおちんちん挿れる穴よ」とか指入れて教えてくれた
俺の指も挿れさせてくれた、ぬるぬるで柔らかくて気持ち良い
俺のチンポはギンギン、もうたまらん「叔母さん、チンポ挿れた~~い」
叔母さんは、膣口ヒクヒクさせて、俺のチンポを迎え挿れてくれた
俺は、腰振ってピストンしたが、一分も経たずに膣内に射精
10年経った今も俺と叔母は男と女の仲として愉しんでいます

返信する
匿名

俺には、大の仲良しの2歳年下の妹がいる
妹とは、ソファーに座って太腿撫で合ったり、フレンチキスをしたりしている
そんなある日、俺「S子、彼氏いるのか?」
妹「いる訳ないよ!お兄ちゃんは?」
俺「俺も、いないんだよ、早く童貞卒業したいんだけど・・・こればっかりは!!」
妹「私も、処女卒業したいんだけど・・・・お兄ちゃん二人で、処女・童貞卒業式やらない?」
この言葉にビックリ仰天しつつも「そうか、やろう!やろう!」
無事、兄妹で処女・童貞卒業式をやることが出来ました

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です