リニューアルしました!

初体験(自分や相手が童貞、処女)の思い出

童貞や処女を捨てたトキの淡い思い出、相手が童貞や処女とセックスした、童貞や処女とのエッチが好きでハマっているなど、自分や相手が初体験だったセックスの体験談を投稿してください。

34 COMMENTS

匿名希望

思春期の優子
 間もなく夏休みに入ろうとする土曜日の午後、茹だるような暑さの中、アパートに帰り着くとクーラ
ーを入れシャワーを浴びる積りでテーシャツを脱いだところでチャイムが鳴った。
 覗き穴の向こうに、隣の看護師の母子家庭の中学3年生の「優子」が、手提げ袋をぶら下げて立って
いた。ドアーを開けるとあどけない笑顔で入って来た。このあどけない笑顔をする時は、何か魂胆があ
るのは解っていた。そして、俺はこのあどけない笑顔に今まで勝てたことがない。
「数学のどうしてもわからない所があって、教えてもらいに来たの」
 問題の解き方を教え、類似問題を解かせている間にシャワーを浴びた。出る間際に「ジャジャ~ン、
私もシャワー浴びる、お兄ちゃん洗って」と、優子がそのあどけない笑顔で飛び込んで来た。その時一
瞬、だらしなく垂れ下がった肉棒に視線を向けた。
 母娘に人畜無害と思われておる俺でも、目の前に晒された優子の裸体に勃起し掛けたが、平常心を装
い「勃起するな」と言い聞かせながら、頭の先から爪先まで手で撫でるように洗ってやった。乳房はく
すぐったいとはしゃぐと僅かに揺れた。陰毛はジャングルではなく林と言ったところだった。割れ目は
処女の証のように確り閉じられていた。そんな裸体を見て触れて、勃起するなと言うのは無理だった。
 洗え終えて泡を流していると「お兄ちゃんのチンチン触ってみたい」と言い出した。思春期の優子の
魂胆はこれだったのかと悟った。それは未成年者との如何わしい行為で犯罪だ、と頭を過ったが、そも
そも一緒にシャワーを浴びること自体犯罪行為なのだろうから、覚悟を決めて湯船の縁に腰かけて反り
立った肉棒を晒した。優子は、屈んでさも珍しいものでも見るように、肉棒を手に取ってしみじみ眺め
ながら呟いた。
「お兄ちゃん、これ勃起しているんだよね。入った時に見たのと全然違うもの」
「ああそうだよ、優子が裸を見せ付けるからだぞ」
「勃起するってこんな風になるん。凄いね、硬くて太くて長いし」
「勃起勃起と言っているけど、何処で覚えて来たんだ」
「耳学問よ、女ん子でもそんな話をするのよ・・それよりお兄ちゃん・・私・・セックスしてみたい」
 立ち上がって訴えるように懇願するように呟く優子には勝てず、頭の先から爪先まで拭いてやって、
先にベッドに行かせた。プッリとした臀部の後姿が妙に艶めかしかった。
 優子は、夏蒲団を掛けて招き猫のような格好で顔を出して待っていた。その横に滑り込んで抱き寄せ
て、優しく唇を合わせた。そして、舌を出させて吸った。優子にも吸わせた。直に優子も慣れて来て、
吸い合ったり絡め合ったり舐め合ったりの濃厚なキスに発展していった。優子の柔らかい唇と舌を確り
堪能した後、布団を剥いでゆうこをM字開脚にして覆い被さって、オッパイに被り付いて揉んだり擦っ
たりしながら、乳首を吸ったり舐めたり、赤ちゃんのように吸ったりして、発育盛りのオッパイを確り
堪能した。そして、ちょっと過激かなと思ったが、優子を俺の上で69の態勢を取らせ、目の前の確り
閉じられている処女の割れ目を両手で開いてしみじみと眺めた。ピンクの肉壁と洞窟の入り口が俺を欲
情させた。優子は陰嚢と亀頭の割れ目にも興味を持ったようだった。俺は、開いた割れ目のピンクの肉
壁とクリトリスを舐め回した。優子も俺を真似てソフトクリームを舐めるように肉棒を舐めた。優子の
息遣いが徐々に荒くなってきた。洞窟の奥まで舌を差し込んで舐め回すと、優子は肉棒を銜えてピスト
ンを始めた。そうしている内に、優子が肉棒を放り出して、腰を振って嫌がっているように思えた。そ
れに、ここに来て良心が顔を出して「一線を越えるな、そこまでにして生娘のままにしておけ」と囁い
た。優子を降ろして胡坐を掻いてそこに乗せ「もうこれ以上は止めよう、優子の大事なものは大切にし
なさい」と、未成年者との如何わしい行為をそこで終止符を打とうとした。「イヤ、ダメ、ダメよ、続
けて、お願い」と潤んだ目で懇願され、良心は吹き飛ばされてしまった。
 優子をそのまま後ろに倒してM字開脚にさせて、跪いて肉棒に手を添えて割れ目に宛がって、「入れ
るぞ、優子、後悔はしないな」と最終確認をすると大きく頷いた。
 優子の表情を窺いながら、亀頭を押し込み、3分の1を入れ、半分を入れ、そしてゆっくりと根元ま
で挿入した。優子はその間、痛そうな辛そうな表情をしていたが、痛いとも止めてとも言わず、下半身
を反り返しながら肉棒を飲み込んでしまった。「痛くなかったか」と問いかけてみた。
「少し痛かったけど、あんな凄いのが本当に全部入ってしまったの」
 俺は後ろに倒れながら、優子を引き起こして騎乗位にさせて、結合部位を覗かせ触れさせた。
「全部入っているわ、暖かい異物が入っているような感じがする。これがセックスなのね」
「分かったところで、優子、もうここで終わりにしようか」
「ダメ、動かしてみて」
 杭打ちをさせることも頭を過ったが、これも過激かなと思いM字開脚に戻して、優子の表情を窺える
ようにカエルのような格好で、ゆっくりと半分引き抜いてゆっくり戻すピストンを何度か続けてから、
ゆっくり亀頭まで引き抜いてゆっくり戻すピストンを繰り返して、そして緩急を付けたピストンをして
いった。優子は、息遣いから判断すると興奮はしているようだが、快感を得ているのかどうかは分から
なかった。ただ、俺の両腕を鷲掴みにしている両手に爪が立ったことから、少しは快感もあるようにも
思えた。
 そして、優子に覆い被さって抱き締めて、濃厚のキスをしながらピストンを続けている内に、俺に限
界が来て射精寸前に上半身を起こしながら肉棒を引き抜いて、激しく扱きながら林と割れ目に有りっ丈
の精液を振り掛けた。快感が身体中に駆け巡ったが、直に余韻が急速に引いていき、その代わり優子の
言いなりに犯してしまったことに後悔の念が湧き上がって来た。
 俺に噛り付いてセックスの終焉を迎えた優子が、上半身を起こして吐き出された精液を眺めながら、
感想を述べた。
「うわ~、こんなに出たの。私の中が気持良かったんだね、良かった。私は、セックスに興奮したけ
ど、エクスタシーと言うのはどんなものなのか分からなかった。興奮とエクスタシーはイコールじゃな
いのかな」
 その後裕子は、騎乗位と後背位と座位も経験して、満足そうな笑顔で母親の帰ってくる時間に帰って
行った。結局人畜無害の俺は、中学生の優子の身体を介して3回の射精に及んでしまった。
 夏休みに入ると優子は、毎日教材を抱えてやってきた。それの合わせて夜の居酒屋のバイトに変え、
母親の夜勤の日を俺の休みの日にした。優子は、エクスタシーも感じるようになってきて、セックスを
楽しむようになっていった。優子が勉強も疎かにしなかったのが、唯一の救いだった。END

返信する
匿名希望

従妹の美奈子の続き
 
 エロ動画を2人で見て、美奈子が「色々な方法があるのね」と言ったところからです。

 見終えると、驚いたことに美奈子は俺の上で、69の態勢を取った。初体験にしてはあまりにも大胆
な行為に驚いた。恐らく、互いの性器を舐め合う場面に、美奈子はとりわけ興奮したのだろ。美奈子は
見様見真似で肉棒を舐めたり扱いたり銜えてピストンしたり、悪戦苦闘していた。俺の舌と指での割れ
目の弄りにも、肉棒を銜えながら腰を揺さぶって悶えた。俺の弄りに耐え切れず、肉棒を放り出したの
を機に、対面の騎乗位、背中を見せての騎乗位、後背位、おしめを取り換えるような正常位、そして抱
きしめ合っての正常位と次々に体位を替えた。美奈子は、終始荒い息遣いで次々に替わる体位に耐えな
がらも、セックスの快楽を全身で感じ取っているように思えた。俺自身もセックスの快楽を十分に堪能
しながら、天国への階段を登って行った。15歳の幼い女を犯している興奮は、罪悪感を凌駕した。
 天国への階段を登り切った俺は、「美奈子・・俺・・イキそうだ・・あっ・あっ・あっ・・み・な・
こ~~~」と叫び、美奈子は俺の断末魔の叫びに合わせるように、「お兄ちゃん・お兄ちゃん・お・
に・い・ちゃ・ん~~~」と叫びながら海老ぞりになって身体を硬直させて、天国に辿り着いたようだ
った。俺は、射精寸前に上半身を起こしながら肉棒を引き抜いて、肉棒を扱いて精液を割れ目に振掛け
た。再び美奈子に覆い被さってデープキスをしながら、昇天の快楽に浸かった。直に、唇を離し上半身
を起こして、テッシュで割れ目に振り掛かった精液を拭き取った。割れ目は、今まで肉棒を銜えていた
証に少し開いたままだった。
 手枕をして寄り添い合って、長く激しかった交尾の満足感に浸りながら、幼い美奈子は何を思ってい
るのだろうと美奈子を見ると、何か話しかけようとする美奈子と目が合った。「ねえ、まだ、入ってる
みたい」と言った。満足そうな笑顔が俺を安心させた。
「美奈子には、あの動画は刺激が強すぎたかな」
「そんなことはないわ、勉強になったわ・・私と毅お兄ちゃんのセックスは、動画のように遊びじゃな
いわよね、愛を育んでいるんだよね」
 勃起している肉棒が一気に萎えてしまうような、難しいことを美奈子は言った。勿論俺は、そんなこ
とは眼中になかった。恥ずかしいかな、後先のことも考えず成り行きで15歳の少女と関係を持ってし
まったに過ぎない。男と女の本能の違いが、そこにあるような気がした。
「勿論その積りだよ、俺は女としての美奈子が大好きだ、だからセックスも出来るんだ」
 いうのも恥ずかしかったが、そう言ってお茶を濁した。
「嬉しい、私も毅お兄ちゃんが大好き、誰にも取られたくない」
「ありがとう。さて、もうこんな、お腹すいただろう」
 美奈子は時計を見て「昼は簡単に済ませて、夜は毅お兄ちゃんの好きなカレーライスにしてあげる」
 まるで新妻気取りだった。そんな美奈子を食べてしまい程愛おしくなって、抱きしめてキスしようと
すると「後でいくらでもしてあげるから、我慢しなさい」と今度は姉さん気取りで言い放ち、着替えて
台所に立った。テーシャツ短パン姿の新妻に、肉棒が強姦してしまえと叫んだが、今度はお袋に変身し
て怒られて、絶縁されそうなのであきらめた。
 1個のおにぎりが付いたカップラーメンを啜って、またじゃれ合いながらシャワーを浴びた。その途
中、美奈子が「また、見てみたい」と、恥ずかしそうに言った。

 裸のままお姫様抱っこで客室に運び、また同じように後ろから抱き抱えてエロ動画を見た。今度は美
奈子に選ばせると、美奈子もやはり兄妹の近親相姦の動画を選んだ。美奈子はまた黙ってみていた。二
話目の動画の途中で「もういいわ」と言って動画を消した。すると、驚いたことにやおら騎乗位になっ
て自ら肉棒に手を添えて膣の中に飲み込ませて、倒れ込んできた。俺は片手を背中に、片手を臀部に宛
がって、美奈子は両腕を俺の脇の下を潜らせ俺の肩に手を掛けた。デープキスしながら、ゆっくりとピ
ストンを始めた。ピストンを続けながら、そしてデープキスを繰り返しながら、「大好きだよ、愛して
いるよ」と囁き合って、天国への階段を駆け足て登って行った。直に、美奈子の息遣いが激しくなって
きて、そして激しく腰を振り出して、俺の唇に吸い付いて、俺の肩に爪を立てて、「うっ・うっ・う~
~」とうなり声を発して身体を硬直させた。直に、空気が抜ける風船のように俺の上で萎んでしまっ
た。エクスタシーに達したのだろうと思った。射精に至らなかった俺は、力の抜けた美奈子の頭や背中
や臀部を優しく撫でてやった。直に結合したまま美奈子が寝息を立て始め、俺もそれにつられるように
まどろんでっしまった。
 気が付くと、茜色の空が広がっていた。美奈子を起こして着替えると、新妻気取りの美奈子はエプロ
ンを掛けて台所に立った。終始はしゃぎながら、約束のカレーライスを作った。
 夕食を済ませてシャワーを浴びて、色々な体位を駆使して、まるで盛の付いた獣のように、昼寝のせ
いもあってか休憩を挟みながら日が変わるまで交尾を重ねた。美奈子とのセックスは飽きることがなか
った。美奈子は回を重ねる内に、淫乱な幼女に変身していった。エロ動画を見せたことを悔やんだ。悔
やむことは他にもあった。ゴム無しの中出しが出来なかったことだった。

 裸で抱き合っている内に、次の日の昼過ぎまで寝てしまった。考えてみれば、朝から晩まで交尾に明
け暮れた一日だった。着替えると美奈子は、エプロンを着けて台所に立った。俺は新妻になった積りの
美奈子に、洗濯と部屋の掃除と風呂の掃除と布団干しを命じられた。洗濯機にシーツやら俺の物やら美
奈子の物まで放り込んでいると、美奈子の可愛いパンティーが目に留まった。躊躇なく手に取って匂い
を嗅いだ。俺には、甘酸っぱい匂いがした。肉棒が反り立った。
 食卓にチャーハン・ラーメンセットと野菜サラダが並んだ。食べながら、今後のことに話が及んだ。
「看護師を目指している美奈子にとっては、これから勉強が大変だろうから、当分の間セックスはよそ
うか」
「勉強も頑張るし、セックスも続けていきたい。私は大丈夫だから心配しないで。毅お兄ちゃんこそ勉
強も私とのセックスも、疎かにしないでね。いいわね、分かったわね。あっ、そうそう、私をお嫁さん
にしてね、約束だからね、浮気はダメだからね」
 もう尻に敷かれた気分になった。
 食事の後、嫌がる美奈子に宿題をさせた。その後洗濯物を取り込んで、デープキスして送って行っ
た。別れ際に、俺を屈ませて「これからは、ゴムは着けないでね」と耳元で囁いた。それ程までに、俺
は美奈子を淫乱な女にしてしまったのかと、自責の念に駆られた。

 これが、俺と美奈子との10年前の初体験なんです。今でも思い出すと、肉棒が反り立つんです。そ
れからの話もあるんですが、気が向いたら投稿します。END

返信する
雅ちゃん

勤務明けの週末、ある女の家を訪れた。「いらっしゃい。」いつものようにその女は迎えてくれた。
僕が子供の時からその女は僕と親しく、いつものように気軽に上がり込みスーツを脱いでシャツを脱いでパンツを脱ぎ下ろし全裸になって勃起した肉棒を白髪交じりのその年増女に晒した。「おばちゃん、僕を抱きたいだろ、この若くて硬くて大きいチンポを銜えたいだろ、チンポもおばちゃんのマンコに入りたくてうずうずしてるよ。」年増女もワンピースのスカートの中からパンティーを脱ぎ下ろし服越しにブラジャーのフックを外してスカートの中からEカップの大きいブラジャーを外して僕に渡して「雅ちゃん、中学生の時から私のブラジャーの匂いを嗅ぎながらオナニーしてたよね。さあ嗅いでごらん。」僕は顔に当てて嗅ぎ出し勃起した肉棒からタラタラと樹液が垂れていく。年増はワンピースを脱ぎ下ろし「雅ちゃん、私のこの大きなおっぱいが欲しいでしょ、この大きなお尻、きれいな脚に勃起してるんでしょ。雅ちゃんは60近くの私の自慢の肉体の虜になってるんでしょ。ああもう私を犯してる!」垂れ乳だがB90のEカップの熟女巨乳に僕は我慢できず両手で乳房を揉みまくり肉棒を膣に擦りあてて「僕はおばちゃんから離れられない、高子~~~~~~~~~~~~~~!」
僕が産まれたとき、母は産後体調を崩し僕に授乳できなくなり入院し、同じ時期に死産で憔悴した高子の乳房から母乳が溢れえるぐらい出ていたことから両親がお願いして僕に母乳を含ませてくれた。
それから間もなく高子は離婚したが僕を溺愛しよく自分の家に呼んで僕をかわいがり、僕が中学生になり思春期になると異性を意識し、高子のタンスからEカップのブラジャーを取り出して匂いを嗅ぎながらオナニーして精液を飛ばしていた。

返信する
匿名希望

従妹の美奈子

 親父達が結婚記念旅行に出掛け、叔父さん夫婦が小母さんの親戚の葬儀に泊まり掛けで出掛け、取り
残された俺1人の所に、取り残されたひとり娘の従妹の奈美子が泊まりに来ることになった。大学1年
の俺の所に週1で勉強に来ていた中学3年生の美奈子とは、2ケ月前からデープキスとペッテングの間
柄になっていた。まだ、セックスには至っていなかった。
 誰の目も気にすることなく2人きりの状態では、夏休みの解放感も手伝って、これまでの自制心では
ブレーキも効かず、一線を越えてしまうことは分かり切っていた。美奈子もその積りで、その覚悟で来
るはずだと思っていた。
 10時にチャイムが鳴って玄関を開けると、満面の笑顔で美奈子が荷物を抱えて飛び込んで来た。居
間に入るなり抱き付いて来てキスをせがんだ。長いデープキスの後、「汗びっしょりだから、シャワー
浴びたい。毅兄ちゃん、洗って」と、甘えてきた。
 躊躇なく脱衣所に入って、一枚一枚剥がしていった。美奈子の裸体を見るのは初めてだった。服の下
から弄っていたオッパイは、思ったよりふくよかだった。陰毛は手の感触通りまだ生えそろっていなか
った。割れ目は、手の感触で思い描いていたものとは違っていた。確り閉じられていて、太い線を引い
たような割れ目だった。美奈子を先に浴室に入れようとすると、「私も毅兄ちゃんの服脱いであげる」
と言って、同じように一枚一枚脱いでいって、最後に屈んでパンツを下げた。その時、弾けるように出
て来た最大限に勃起した肉棒が、美奈子の鼻先をかすった。美奈子は、その肉棒をしみじみ眺めてから
ゆっくり立ち上がってきて、「あんなに太くて長かったんだ。私には無理じゃない、痛くないの」と、
不安を呟いた。「大丈夫、そんな風に美奈子の中は出来ているいるんだから」と、確証もないことを言
って、交尾の為の布石にしてしまった。

 手で撫でるように洗い合った。洗われている美奈子はくすぐったいとはしゃぎ、俺を洗う時にはわざ
と擽るように洗った。「止めてくださいお嬢さん」とふざける俺を、更にはしゃいで擽るように洗っ
た。それでいて時折目が合うと、緊張顔で唇を求めてきた。美奈子は、これから行われる男と女の営み
に思いを馳せ、キスで不安を訴え、気持ちの動揺を紛らわす為にわざとはしゃいだのだと思った。
 泡を流し終えると、そんな美奈子の気持ちを確かめようと抱き寄せた。初めて俺の身体と美奈子の身
体が寸分の隙もなく触れ合った。175cmの身長の勃起した肉棒が根元から折り曲がって、身長15
0cmの美奈子の下腹にくっ付いて、オッパイが俺のみずおちあたりで潰れていた。
「もし、嫌だったら、怖いんだったら、もっと大人になってからしようか」
「嫌よ、その積りで来たんだから。大丈夫よ、心配しないで」

 美奈子は、頭も良く明るく優しい子だが、ちょっと気が強いところもあった。でも、それもまた俺に
とっては愛するところだった。バスタオルを巻いたまま、2人で客間に布団を敷いた。その積りで来て
いて、大丈夫と言った美奈子も、少し震えているようにも見えた。
 美奈子を布団の上に横たえ、M字開脚にさせた股間の所に跪き、その裸体を改めて眺めた。やせ形の身
体と、小さな乳首を付けたこんもりとしたオッパイと、少しの陰毛と、確り閉じられている割れ目が、
やっぱり幼さを感じさせた。この少女をこれから犯すのかと思うと震えが来た。見下ろす格好のまま、
震える手でゴムを付けた。美奈子はそれをじっと見ていた。
 M字開脚のまま覆い被さって、長いデープキスをした。その合間に、「美奈子、愛しているよ、大好き
だよ」と思いを込めて言った。「ありがとう、毅兄ちゃんにそう言って欲しかったの。私も負けないく
らい毅兄ちゃんが大好き」とて言って噛り付いてきて、デープキスを続けた。
 美奈子が唇を離したのを機に、オッパイを揉んだり撫でたり吸ったり、乳首を舌先で舐めたり噛んだ
り吸ったりして、幼いオッパイを確り堪能してから、M字開脚の股間に被り付いた。舌先を這わせるよう
にして確り閉じられた割れ目を何度も何度も舐めた。更に、舌先で割れ目をこじ開けるようにして、何
度も何度も舐めた。そして処女の割れ目を両手で開いた。綺麗なピンク色の肉壁と小さなクリトリスが
現れた。それを、犬猫が餌皿を舐めるように何度も何度も舐めた。舌を一杯に差し込んで、割れ目の奥
まで舐め回した。この間の美奈子は、荒い遣いで身体を反り返したり捩じったりしていたが、それは嫌
がっているのか快楽に喘ぎ悶えているのか判断が出来なかった。
「美奈子、止めようか」と、確かめた。
「ダメ・・止めないで・・もっと・・もっと・・」
 思いもよらない言葉に驚いた。15歳の美奈子は快楽の中を彷徨っていたのだ。でも、よく考えてみ
れば、同じ15歳の頃の俺も、空想の中で女と交わりながら射精の快感を堪能していた。そう考える
と、男も女も15歳の頃には、既にセックスを堪能出来る心と身体になっているのかもしれないと思っ
た。
 指も使って性器を弄っている内に、肉棒が早く入れろと騒ぎ出し、覆い被さって耳元で「美奈子、結
ばれるよ」と美奈子に心の準備をさせた。美奈子は、何も言わず大きく頷いた。
 俺は、股間の所に跪くように上半身を起こして、肉棒に手を添えて割れ目に宛がって、ゆっくりと挿
入していった。ゴムを付けた肉棒は、すんなりと飲み込まれていった。美奈子は苦痛な表情をしていた
が痛がらず、肉棒の全てを飲み込んでしまった。これで俺は童貞を卒業し、美奈子は処女を失った。
 美奈子に覆い被さると、両腕を俺の首に巻き付けて、小さな身体で噛り付いてきた。そんな美奈子
を、この上もなく愛おしく思った。
「痛くなかったか」
「少し痛かったけど、我慢出来た。それより、毅兄ちゃんのあれが全部入ってしまったのが不思議だ
し、感動している。それに、暖かいものが入っているよ感じもしているし、宙に浮いているような気持
ちなの」
「俺も美奈子と結ばれて感動しているし、宙に浮いている感じだ・・・じゃあ、少し動かしてみるから
ね。もっと、良い気持ちになるはずだからね」
 デープキスをしながら、ゆっくり優しくピストンを始めた。美奈子の息遣いも荒くなってきた。徐々
にピストンを激しくしていった。そして、俺に限界が来てしまった。
「美奈子・・お兄ちゃん・気持ち良過ぎて・出ちゃう・・あっ・あっ・ああ~~~」
 肉棒が有りっ丈の精液を吐き出した。快感が全身を駆け巡った。俺の下でハアハア言いながら、横た
わっている美奈子を結合したまま俺の上に乗せ、デープキスをしながら頭や背中や臀部を優しく撫で
て、労わった。労わりながら、美奈子の感想を聞いてみた。
「俺は、最高に気持ち良かったけど、美奈子はどうだった」
「何かで読んだことがあるエクスタシーがあれだったのか分からなかったけど、めまいのような意識が
遠のくような、そんな気持ちだった」
 結合を解いて、ゴムを外して美奈子に見せた。「こんなに出たの」と驚きの声を上げた。
 俺の手枕でじっとして、もの思いに耽っているように見える美奈子に「後悔しているのか」と、改め
て聞いてみた。
「初めては、毅兄ちゃんと決めていたからこれで良かったの。毅兄ちゃんこそ、私で良かったの」
 返事の代わりに、力一杯抱きしめて唇を合わせた。
 その時、俺が頻繁に見ているエロ動画を見せたらどうかと頭を過った。15歳の少女に見せるのには
抵抗があったが、性教育にも社会勉強にもなるだろうと都合よく自分自身を納得させ、思い切って見せ
ることにしてパソコンをセットした。後ろから抱き抱えながら、俺達と同じような年代の兄と妹の近親
相姦の動画を選んで見せた。美奈子は何も言わず見ていた。40分位の動画を見終えて閉じると、「色々はな方法があるのね」と、ポツリと呟いた。
                              
 続きがあります。2、3日内には投稿します。

返信する
みりあ

小学校5年生くらいの時、ネットで知り合った35歳くらいの男の人としたのが初めて。
中学生になるまで付き合っててしょっちゅう会ってエッチしてたな。
発育良かったから身長も高くて胸もDカップくらいあった。
だからホテル入っても止められなかったんだと思う。初めてホテル入った時はまだエッチなことよく分かってなくて、おっぱい大きいねっていっぱい揉まれた。エッチなことその人からいっぱい教えてもらったな。
今思い出したら生でしてたけど妊娠しなくて良かった。

返信する
ケイ

僕は20歳のときに童貞を失いました。
相手はメル友の28歳のマナミさんでした。

メールを始めて数日後、向こうに僕の写メを送ってほしいと言われ、送ったら
マナミさんも写メを送り返してくれ、会ってみたいと言われ会いました。マナミさんの第一印象は目がパッチリしててきれいな感じでした。

夜8時頃、駅の前で待ち合わせて、マナミさんの車でドライブしました。車にお邪魔して、改めて自己紹介した時にマナミさんが「私いつも相手の名前に『たん』って付けて呼ぶんだ。だから『ケイたん』って呼んで良い?私のことはマナたんか、マナって呼んで。あと敬語は使わなくて良いよ」みたいなことを言われ、面白くもちょっと萌えましたw。ただ、マナたんと呼ぶのは照れくさいので、マナミさんのことをマナと呼ぶことにしました。
途中でコンビニに寄って飲み物を買ったり、お喋りしながらしばらく走ってると、隣町の外れにある、川辺の静かな場所に止まり、またしばらくお喋りしていました。月明かりが川辺に写ってきれいでした。

しばらく話してると、サイドブレーキの隣にある小物入れに左手を置き、微笑みながら手のひらをクイクイっとしてきました。何となく意味を察したので、「僕緊張して手汗かいてるよ。良いの?」というと、笑ながら頷いたので、彼女の左手に自分の右手を重ねて手を繋ぎました。
手を繋ぎながらまたしばらくお喋りしていましたが、話題がつき、少し間ができたときに、マナミさんが急に切なそうな顔になって「ケイたん、キス・・・」と言われました。思わず僕が「キス?」と聞き返すと、その切なそうな顔で頷いたので、そのままキスをしました。
しばらくするとマナミさんが舌を入れてきました。僕は童貞でしたが、前の彼女とはキスだけしてたので、ファーストキスじゃなかったのですが、ディープキスは初めてだったので、びっくりしながらしばらく舌を絡めました。
マナミさんが積極的に僕の口の中に舌を入れてくるので、僕も対抗して、唾液を絡めた舌をマナミさんの舌に絡ませたりしました。キスの最中にマナミさんの唾の匂いに気付き、ちょっと興奮しちゃいましたw。
5分位してキスし終わったときに「ケイたん、おいしい」とニヤッとかわいい笑顔で言われあと、繋いでいる手を少し持ち上げられ、僕の右手の指一本一本に軽くキスをされ、またニヤッとされました。それから彼女のデニムのミニスカの中に手を導かれて、内腿を擦るようにお願いされたりもしました。キスからの流れで僕は思わずマナミさんに抱き付き、マナミさんの頬にキスしたりしながら「マナとエッチがしたい」「初体験の相手になってほしい」「ホテル行こう」みたいなことを言ってしまいました。マナミさんは「ケイたんを汚しちゃう」と言っていましたが、そんな僕のことを受け入れてくれ、また何回かお互いの唇や頬にキスをしてから、ホテルに行くことを了承してくれました。
ホテルに向かう運転中も手を繋いでいて、車から降りて、駐車場からホテル内に歩くときも、マナミさんから手を繋いできたことに萌えました。

部屋に入り、一段落着いてからお姉さんがベットに僕を招き「最初はキスから」と微笑みながら言われ、またキスの続きをしながら舌を絡めあいました。そのまま僕がマナミさんを押し倒す形で重なりあい、マナミさんの服を脱がせ、良い匂いのするマナミさんの体を舐めていきました。その時に体をブルッと震わすようなリアクションをしてくれ、ちょっと興奮しました。ブラを取り左の乳首を舐めると「ケイたん、こっちのおっぱいも…」とねだられ、左右の乳首を交互に舐めたり触ったりしてると可愛い喘ぎ声で反応してくれ、それがうれしくてしばらく乳首を舐めたり触ったりしました。
それから脇の下を舐めようとしたのですが汗臭いからと抵抗されましたw。それでも舐めたかったので、閉じている脇に舌を入れると「ケイたんの意地悪~」と言われましたw。その時にマナミさんだけ裸にするのは申し訳なかったので、僕も服を脱いで裸になりました。
それからマナミさんのパンツの中に手を入れるともう濡れてました。マナミさんのアソコはとても暖かかったので思わず「マナの中、温かい
」と呟いてしまいました。全然慣れてない手つきなのにマナミさんは感じてくれていました。
初めてということは先程伝えていたので、恥ずかしがることはないかなと思い、「クリトリスってどこ?」みたいなことも聞き、教えてもらい、触ったりしました。
しばらくマナミさんのアソコを触ったりしたあと、正直に「次は何したら良い?初めてだからわからない…」と伝えると、ガバっと体勢を変えられ、「ケイたんのおち○ち○にキスしたいな」と言われ、フェラされました。お互いシャワーを浴びていなかったので、「汗くさいよ?」と恥ずかしがっても、微笑みながら咥えてきました。初めてのフェラはすごく気持ちが良く、裏筋に彼女の歯が軽く擦るような感覚に素で声が出ちゃいました。彼女に「もうヤバイって」と言うと、「お口じゃイカせてあげない」と言われ、コンドームを着けられて、正常位の体勢になり、そのまま挿入しました。

マナミさんと一つになっていることに嬉しくなり、マナミさんに「僕の名前を呼んで?」とリクエストすると、喘ぎながら「ケイ、ケイ」と呼び捨てで呼んでくれ、背中に軽く爪を立てられました。僕も「マナ、マナ」と彼女の名前を呼び、そのままキスをしました。
僕がマナミさんにキスしたくなり、「マナ、キス」と言いながらキスすると、マナミさんも拒否せず、僕のキスに応えてくれました。今までしてきたキスより激しく、唇を離すと糸が引いてました。それもまた興奮しましたw。

そのまま僕がイッたところで1回目が終わり、そのまま正常位の体制でマナミさんの上に覆い被さって少しグッタリしていると、僕の背中が汗ばんでいたようで、マナミさんに「ケイたん、すごい汗」と、少し笑われながら背中を擦られました。
マナミさんからアソコを抜き、コンドームの中にある精液を見てみると、自分でする時よりも精液が出ていたので思わず僕が「たくさん出ちゃった、見る?」と言うと、マナミが笑いながらコンドームを見てきました。

そのあと彼女はお風呂にお湯を張りに行きました。彼女がベットに戻ると、二人でまた手を繋いで横になりながらお喋りしたり、その合間に軽いキスをしたりしていました。しばらくお喋りしていると「またケイたんのおち○ち○にキスしたくなってきた」と言われ、またフェラをされました。さっきイッたばかりだったので「さっき出したばっかりだから汚いよ?」と恥ずかしがると、またお構いなしに咥えてきました。僕が悶えていると、「お口じイカしてあげない」とまた言われフェラを止め、コンドームを着け、2回戦目に突入しました。

しばらくまた正常位でしていましたが、僕のリクエストで騎乗位になりました。僕が手を差し出すと、手を繋いでくれました。しばらくすると、彼女がアソコをヒクヒクというか、キュッと締め付けてきてました。「それやばくなるから、締め付けるのやめて」と言うと「えー、わからないよ、締め付けるのはこうだよ?」と言われ、更にギューッと締め付けられ、思わず喘いでしまいました。また、僕が彼女とキスしたいなと思い始めると、彼女がそれを察してくれたのか、覆い被さってキスして舌を絡めてくれました。

騎乗位から正常位に戻っても時々締め付けられました。それから「もっと奥に・・・」と言われ、更に奥まで突くとエロい顔で「そう、気持ち良い…」と言われたり、「けいたんのおち○ち○でイッチャう」とのけぞられながらエロいことを言われ、更に興奮しました。また、「この体位が好き」と言われ、正常位だけど彼女が足を閉じる体位もしましたが、動きにくかったので、普通の正常位に戻ってもらいました。その間も相変わらず締め付けて来たので、悶えっぱなしでした。

結局1回目より早く終わってしまった気がします。

終わってから二人で風呂に入ったのですが、最初は彼女が僕に背中を預け、それに僕が後ろから抱きつくように入っていたのですが、体勢を変え、向かい合わせになり、お互い抱き締める形になりました。その時に彼女を見てるとまた勃ってきてしまい、それがばれ、「あー」と笑ながら手でぎゅっと握られましたw。

時間になったので部屋を出ようとしたらまた彼女が無言で微笑みながら唇を差し出し、キスをねだってきたので、軽いキスをしてから部屋を出ました。

帰り道の運転中も手を繋いでいました。もう夜遅くなっていて、お互い軽くお腹が空いていたので、途中コンビニに寄り、軽食を車の中で食べました。食べ終わると「けいたん」と呼ばれたので、彼女の方を向くと、ティッシュで口を拭いてくれました。正直最初にキスをねだられたときよりも萌えて、照れてしまったのは秘密ですw。
そのまま駅に戻り、お別れのキスをしてから別れました。

それから彼女とは何度か会ったのですが、向こうは仕事で、僕は学生だったので実習などに忙しくなり、二人の関係もなんとなくフェードアウトしていきました。

それから僕にも彼女ができ、エッチしたのですが、やっぱり初体験は印象に残るものだなとふっと感じ、書き込みました。

返信する
従兄

俺が中2の時、従妹で4つ年下の彩佳がウチで暮らし始める事になった。

彩佳の母親は父方の叔母で未婚のシンママ、父親は不明。

その叔母が亡くなり、ウチ以外に身寄りの無い彩佳を不憫に思った父が、彩佳を引き取ると言い出し。
叔母や彩佳を毛嫌いしていた母は「施設に入れろ!」と反対したらしいけど、結局、引き取る事に。

もともと性格のキツかった母、一層キツくなり、彩佳に冷たく辛くあたり。

彩佳は内気でメチャクチャ大人しい女の子だった、そんなので母が恐すぎて、父や誰かにSOSを発する気持ちすら萎縮して出来なかったようです。

一応、母も世間体あってか、外面体裁を保つよう、学校関係など社会的に最低限の世話はしていたようですが、彩佳にいろいろと制限を課して。

父の目の届かぬところでは酷かった。

毎日毎日、彩佳は母に貶され怒鳴られては泣いていました。

さすが可哀想に思う時もあり、俺なりにフォローしてあげたりはした事はありますが、馴れ馴れしく接すれば母に叱られたので、自分に火の粉が降りかからぬよう、触らぬ神に祟りなし、見て見ぬふりで過ごしていた。

そして俺が高校に入学して直ぐ、父と母は離婚。

ヒステリックな母と居るよりはと、俺は父方についた。

そして父と俺と彩佳の三人の生活に変わり。

やはり母が居ないと何かと不便な事が多く、ついつい
「オマエが来てからウチの生活が滅茶苦茶になった」なんて、彩佳に言ってしまった事があり。
彩佳は泣いて謝ってきて。

夏休みの平日昼間でした。

ある意味、無意識に理性で抑え、閉じ込めていた俺の心の中の悪魔、その囁き。

‥今なら大丈夫‥
‥父は夜まで帰って来ない‥
‥誰も来ない‥
‥絶対に大丈夫‥
‥立場は絶対的に俺が上‥
‥脅して口止めすれば絶対に大丈夫‥

魔がさした。

俺は
「オマエのせいで俺の親は離婚したんだよな。悪いと思っているんなら、ちょっと俺の頼みを聞いてくれよ」と、彩佳を俺の部屋に連れ込み‥。

もの凄く怯えた感じの彩佳、直立不動。
抵抗されることなく、衣服を脱がせて全裸に。

当時の彩佳は
身長140㎝少し超えたくらいで、痩せていて年齢標準より小柄な感じ、幼さありあり細く華奢な体型。

色白なもち肌で、身体中どこに触れようがスベスベ滑らかな肌触りだった。

膨らみかけのような、何とも微妙でほぼ平らな胸に、薄茶色の小さな乳輪辺りだけが僅かにプックリと腫れたような盛り上がり。
その乳輪真ん中に米粒のような乳首ポッツリ。

張りありながらムニムニプニプニ柔らかい腹部、桃尻、スラリと細い太股など脚。

まだ陰毛の気配など微塵も無かった下腹部で、天然のパイパン。
無毛の股座に縦筋ピッチリクッキリ、弾力バリバリの大陰唇にガチッと閉ざされた盛り筋マン。

そんな彩佳をベッドに寝転ばせM字の大開脚、割れ目を圧し拡げれば、中身全体は色濃い紅肌色。

左右対称で欠片が張り付いたような小陰唇。
その小陰唇の頂、クリトリスはポッチリと型崩れの仁丹のようだった。

小花の蕾のようなプックリしてた尿道口の下に、ギュッ!とピンク色の肉が詰まった狭そうな小さな膣口。

ネットでのAVや掲示板などで、無修正いろんな女性器の動画像を見た事はあったけど、初めてリアル現物を見て触れたのが、彩佳の処女マ○コでした。

軽くアンモニア臭がした。

ウェットティッシュで拭き、はやる気持ちを抑えて、触り舐めての簡単なマ○コ観察。

彩佳自身、その時の性に関しての知識は、学校での保体の授業、ちょっとした恋愛漫画くらいからだったと。
犯されるというか、Hの認識はあったそうですが、当然ながら経験なく、恐怖でいっぱいだったそうです。

童貞だった俺も、ネットや雑誌や友達との話だけの知識しかなく。
時間をかけて優しくジックリと愛撫、ローションを使う、そんな程度の処女マン知識。
ゆっくりジックリなんて余裕もテクも、そんな俺にあるワケなし。
コンドームなんかも無い。

薬箱にあったベビーオイルをローション代わり。
彩佳のマ○コと、フル勃起していた俺の粗チンにオイルを塗り付け、強引に割れ目に擦り押し付けてメリ込ませた。

もの凄い弾力を感じながらも、粗チン先端に柔らかく生温かい感触、膣口を圧してかの、彩佳の「ん~~ん~ん~」と唸り声。
ココかな?と、なんとなくチカラ任せ、粗チンを彩佳のマ○コに挿し込みました。

初めて味わったマ○コの感触。
熱いと思えるくらい温かくて、猛烈な圧迫感があって、オイルの滑りがあっても仮性包茎の皮がツッパリ捲られ、ギュゥ~と握り絞り掴まれているような、強烈に包み込まれてる感じ。

凄い窮屈さがありながらのグニュジュル膣壁粘膜の肉質感、締め付けキツかった彩佳の膣内産道。

こんなに気持ちの良いものかと実感し、感激しました。

いくら俺の極細短小の粗チンでも、その時の彩佳のマ○コに突き挿さってたのを見れば、それなりに大きく思えた。

かなり痛かったそうです‥処女膜裂傷の痛み、男の俺にその痛み知る由なく。

後にも先にも処女マン体験はこれだけなんですが、処女膜を貫通した瞬間の感触なんて分かるのでしょうか?。
この時に俺は何の覚えもなく、さておき。

挿入と同時に彩佳は「イタイッ!!」と叫び喚き。
ヤメて下さい!
痛いッ!イヤだッ!
お願い!もうヤメてッ!
そんな言葉を叫んでは「痛いッ!」を連呼。
泣き喚き呻き叫び、痛みでの悶絶と喘ぎ、何とか逃れたい感じの微妙な押し退けと仰け反り。

俺は構わず、離れられないよう彩佳に抱きついて、ゆっくりと腰を振り。

腰振りかけて1分くらい、もっと早かったかも知れませんが、1分ということにしといて下さい。

感極まって射精。

何度か奥まで挿し込んでの余韻の突き。
泣き呻いていた彩佳の膣内に精液を出しきりました。

膣穴からチンチン抜いて、よくAVにある膣口からの精液の逆流、そんなもんは無く、鮮血混じりのオイルでベッタベタの彩佳のマ○コと、俺の陰毛と粗チン。

予想していた以上の血糊に、あたふたと拭き取るも、ヌメるオイルと膣口から徐々に滲出してくる血と精液の混合液。
何とも気色悪くて、泣き呻く彩佳を連れてシャワー。

無知な俺、シャワー当てながら、痛がって嫌がる彩佳の膣に指入れての掻き出し。
洗い場に血が広がり流れて、ものスゲェ出血してるように思えた。

洗ったせいでか余計に滲み出ていたような血も、半時間ほどで治まり、俺はすすり泣いてた彩佳に謝りました。

「次からは絶対に優しくするから、本当にゴメン」と、優しくハグ。

お互い初体験、これが俺と彩佳の一回目のH。

返信する
なつき

初体験は今年の1月くらい?、1つ下の彼とsexしました。プライベートで他の人にはsexしたとか言ったことありませんガクガクブルブル((;゚Д゚))。
ちょうど遠出デートしてた後に彼のお家行くことになり(もともとsexする前提家に行くことは決まってた)、家に着くと早速いちゃいちゃ。普通のキスからディープキスになったり、乳首舐めあったり、しごいたり、彼のがめちゃくちゃ勃ったせいか、自分のアソコに手を伸ばしてきて、隠語いっぱい耳で囁かれてぞくぞくしました。そしてコンドームをつけ、いざ挿入となったが、自分も初体験なため処女膜が残ってたのかとても痛かった。痛いのが余韻に残ってしまった。その時はずっと痛くてしょうがなかった。
しかし今となって中イキ出来ちゃうエッチな体になりました(笑)

返信する
名無し

「友達の妹と…」。
僕は当時中2年でした。僕は野球部でした。当時仲のいいK君とよく遊んでました。そのKの年子の妹とも、よく遊んでました。(Hとしましょう)
ある日KとHと僕で遊んでました。Kは先に家に帰ってHと僕で二人きりになり色々話してました。そこから、Hな話になり人目の少ない川の橋の下でヤりました。Hのマ〇コは綺麗で柔らかくちょっぴり臭かったです。
まずは優しく太ももを優しく触りマ〇コにたどり着きました。
クリを触り少し喘いでました。僕は興奮してました。
息子はビンビンでした。
キスをした後優しく息子をマ〇コに挿入しました。(バック)
処女だったので入れにくかったです5分かけて入れました。(童貞)
少し痛かったみたいですがゆっくり腰を動かしていきました。
二人とも5分位で逝きました。
まだ、Hは成長が遅く生理が1回も来たことがないので中に出しました。(生理が初めて来たのは中3)
息子をマ〇コから抜いたあとビショビショなマ〇コをしっかり舐めてあげました。
1ヶ月後僕は県外に転校したので連絡は取っていません

返信する
匿名

高校の時バイト先の店長と仲良くして頂き、よく店長の家に招いて貰いご馳走してくれてました。
以前から店長には僕は童貞と知っていて、ある日店長と奥さんと鍋パーティーをしてる時エロ話に…
僕が女性の体を触った事もないと言うと、店長が「嫁のおっぱい揉んでみろ」と言い、奥さんも「いいわよ」と…
初めておっぱいなるもの触り、揉み、既にビンビン。
そしてブラを外し生で揉んでると、奥さんが喘ぎ始めて…
そこで店長が奥さんに「こいつにセックスを教えてやれ!」と。
そして僕はベッドルームに連れて行かれ、奥さんとセックス開始。というか言われるがまま従ってましたが(笑)
奥さんの裸見て勃起もマックスだったんですが、オマンコ見て驚愕…こんな複雑なものかと見入り、気がつくと萎えてました。
そこで奥さんがフェラしてくれて、あっと言う間に口の中で発射。
初フェラは1分ももちませんでした。
復帰して再び開始してると店長が入ってきて…見本を見せてやると言い奥さんとセックスを始めました。
初めて生で見るセックスは今でも鮮明に覚えています。
店長は途中で止め、「さぁ挿れてみろ!」
と言われ緊張しながらも何とか挿入。
またしてもすぐイキそうになり、店長が「中で出せ」と…
奥さんも喘ぎながら「いっぱい出して〜」
その言葉の瞬間、中で果ててしまいました。
その後すぐ店長が僕の精液まみれのオマンコに挿入。
激しく突かれた後中出し。
後で聞くと店長は、奥さんと他の男とのセックスが見たかったようで…店長の願いが叶い、そして僕も童貞卒業、しかも中出しできて良い一日となりました。
その後も3Pさせて貰いましたが、店長が本社行きで出張の時は、内緒で奥さんとセックスしてました。

返信する
久美

久美の告白01幼いころの経験
私の名は、久美
28歳の主婦です。
結婚して5年ですが、まだ子供はいないんです。子どもの頃のチョッとエッチな体験をお話しします。
私には、幼稚園からずっと学校もクラスも一緒の幼馴染の男の子がいたんです。
その子の名前は誠くんです。
小学校の5年の時のことなんです。町内会の日帰り温泉旅行があり、うちの家族と誠くんの家族も参加いたんです。
旅行先の温泉に母親と入っていると、誠くんと誠くんのお母さんも入ってきたんです。男の子なのに女風呂に入ってくるなんてと思っていたんですが、誠くんはとても身長も低くいんです。(クラスで一番小さいんです)
私は結構成長が早くて、身長も高く、胸も膨らんできていたんです。誠くんと比べると、同じ小学5年生には見られず、おそらく誠くんは小学生2年生くらいに見られるんじゃないかなぁ…
最初は、同級生の誠くんを意識して、胸と前の方を隠していたんですけど、そのうちいつもどおり、誠くんと、露天ぶろやいろんなお風呂に入り、遊んでいたんです。
誠くんのおチンチンは子どものおチンチンなんです。
他のお客さんが入っていないお風呂に誠君と二人で浸かっていると、
「ねぇ…久美ちゃんのおっぱい触らせてよ…」
「何で、あんたに触らせないかんの…」
「頼む」と言って拝まれたんです。
私の性格は、人に頼まれるとイヤと断ることができないんです。
何回も彼に両手を合わされ、頼まれたんで…
「じゃ、ちょっとだけだからね」
許していまったんです。
誠くん嬉しそうに、私の胸に手を近づけてきて、いきなりムギュと握られたんです。
私の胸は、膨らみかけてきているので、乳首のあたりに激痛が走ったんです。
思わず誠くんの頭を思いっきり、叩いてしまったんです。そして、誠くんの頭をつかんで、お風呂の中に突っ込んでやったんです。
誠くんお風呂の中でバタついていると、私のお母さんが来て
「あんた達、何やってんの…やめなさい」と怒られちゃったんです。

それから、私と誠くんは同じ中学に進学したんです。
私はバレーボール部、誠くんは野球部に入っていて、私よりずっと小さかった誠くんも、私より大きくなって、結構がっちりした体になってきたんです。
そんな誠くんとも別れることになったんです。
それは中学2年の3月、部活からの帰り、誠くんと久しぶりに一緒に帰っていると、
「久美ちゃん…俺、引っ越すことになったんだ」
「えっ…なんで…」
「オヤジが会社をやめて、田舎で農家を引き継ぐことになったんや」
「ちょっと、うちによっていいかへんか」
誠くんに誘われたので、彼の家にお邪魔したんです。
家族も誰もいなくて、彼の部屋で、昔の写真を見ていたんです。その中に町内会で行った日帰り温泉旅行の集合写真があったんです。
「この時、久美ちゃんに、溺れかけられそうになったよなぁ」
「なに言ってるの…あれは、誠が私の胸を思い切り握ったからやんか!」
なんとなく沈黙が続いて…
「なぁ…おっぱいもう一度触らせてくれへんか」と頼まれたんです。
また、断ることができないんです。
「じゃ、絶対…強く握らんといてよ!」
「分かった。やさしく触るだけやし」
彼の手が私のおっぱいを包み込むように触れると、ゆっくりと揉んでくるんです。
なんとなく変な感じになったので
「はい!おしまい!」と言って彼の手を払いのけたんです。
誠くん自分の両手を見つめて
「気持ちよかったは…」
「久美ちゃん、もう一つ頼みがあるんやけど」
「何…」
「久美ちゃんに、今度は触ってもらいたいんや」
と言いて、ズボンとパンツを下げて…おチンチンを出すんです。
昔見た彼のおチンチンとは全然違って、色は白いんですけど、毛が生えてきて大人の様なおチンチンになりかけているんです。
「なんで…私が触らなあかんの!」
「さっきおっぱい触らしてもらったお礼やし」
「だから、頼む!」
お礼と言われたり、頼むと言われたり…
彼の手が私の右手を握り、彼のおチンチンを触らせようとしたんです。
「イヤや!」
「頼む!これが最後のお願いやから…」
そう頼まれると、断れないんです。
彼が導くままに彼のおチンチンを握ったんです
フワッとしていたものが…だんだん固く大きくなってきて…不思議なんです。
「動かして…」
彼が、彼の物を握っている私の手を上下に動かせるんです。
「そのまま…動かして…」
彼の手が離れ、私言われたとおり動かしてあげたんです。
すると…彼のおチンチンがピックとして、先の方が膨らんだと思うと…白い液体が飛び出てきたんです。
「わぁ!」私思わず叫んじゃうと、手を離しちゃったんです。
これが射精と言うもんなんです。
部屋の中に飛び散った彼の精子を、あわてて二人でティッシュペーパーでふき取りました。
「びっくりした…おしっこが出たのかと…」
「ごめん…久美ちゃんにしてもらって、すごく気持ちよかった」
そう言って、彼が私に抱きついてきたんです。
彼の唇が私の唇に重なり…そして彼の手が私の胸をやさしく揉んできて…私ここで…処女を彼に挙げるのかなと思っていると…玄関の戸が開く音がしたんです。
「誠!帰ってるの…誰か来てるの!」元気なおばさんの声なんです。
慌てて、お互いに離れ、玄関の方へ飛び出ていったんです。
「久美ちゃんが来てる…」
「おばさん、お邪魔してます」
「あ、久美ちゃん、久しぶりやね」
「誠くんに聞きました。引越しするんですか?」
「そうなんよ。急にうちの旦那が実家に帰るというもんやから。みんなと別れるのは寂しいけれどね…仕方ないわ…」
それから1週間後、誠くんの家族は引っ越して行きました。
これが、私の男性経験の始まり…この頃は、まだ初心だったんです。
でも今は、人妻なのに…夫以外のいろいろの人と…不倫してるんです。
だって、男の人に言い寄られると…断ることができないんですもの…

返信する
チップ&デール

わたしが中3の時の話です
1年の時から片思いしてた子に告白をされ付き合いました
2年が経って、彼の家に遊びに行きました
キスをされ、
「…あっふっんんっ」
ディープキスをしました
彼はとてつもなくエロいです
「お前のおまんこ漏れてるよ」
「もぅ〜、K君のおてぃんてぃん頂戴私を気持ちよくさせて?」
乳首を舌で、ペロペロやってきて
「あっあ〜ん気持ちいい…いっちゃいそうダメダメおかしくなっちゃう」
「お前ばっかり気持ちよくなってないで俺のも気持ちよくさせろよ」
フェラをしました
そのままsexへ、
「あ〜んきもち…いいあんあんあん
やばいっやばいっ、イクイクイク」
「俺もだ中で出すぞ!」
「はぁーん気持ちよかった」
生理が来てない…
妊娠しました
俺達結婚しよう!
今は5人の子供たちと一緒に幸せに暮らし、毎日sexをしています!
めっちゃくちゃ気持ちいいです

返信する
チップ&デール

わたしが中3の時の話です
1年の時から片思いしてた子に告白をされ付き合いました
2年が経って、彼の家に遊びに行きました
キスをされ、
「…あっふっんんっ」
ディープキスをしました
彼はとてつもなくエロいです
「お前のおまんこ漏れてるよ」
「もぅ〜、K君のおてぃんてぃん頂戴私を気持ちよくさせて?」
乳首を舌で、ペロペロやってきて
「あっあ〜ん気持ちいい…いっちゃいそう」
「お前ばっかり気持ちよくなってないで俺のも気持ちよくさせろよ」
フェラをしました
そのままsexへ、
「あ〜んきもち…いいあんあんあん
やばいっやばいっ、イクイクイク」
「俺もだ中で出すぞ!」
「はぁーん気持ちよかった」
生理が来てない…
妊娠しました
俺達結婚しよう!
今は5人の子供たちと一緒に幸せに暮らし、毎日sexをしています!
めっちゃくちゃ気持ちいいです

返信する
チップ&デール

気持ちいいのが伝わってきます
オナニーして、クソちもちいい
彼女とやりたい!

返信する
一平

初体験の失敗談をば…

昭和60年代、小6の夏休みの時のことです。

俺達の小学校はけっこう荒れてて、特に俺の学年は乱れてました。
特に性方面で…
6年になるとセックスした奴も何人かいました。

当時隣のクラスに彼女みたいな感じの女の子がいました。
杉本ゆみ子って名前で小さくてかわいかったです。
チビでちょっとデブだけどおっぱいが小6にしてはけっこう大きかったです。

一応お互い何人かとキスしたり手マンしたりは経験してました。
俺とゆみ子もよく裸で手マンしてました。
セックスが何なのかも知ってました。

夏休みにゆみ子の部屋で手マンしてました。
その日はいつもよりも色々してて、
ゆみ子がチンコをパクって感じでくわえてくれました。

「セックスしてもいいよ」
って言われて、すごくドキドキして心臓がバクバクしました。
興奮し過ぎて目の前が一瞬クラッてなって視界が歪みました。
チンコはギンギンに勃起して痛かったです。

俺もゆみ子も未経験だったのでなかなか挿入できませんでしたが木刀のように硬くなっていたチンコのおかげで何度目かの挑戦でチンコが入りました。
「痛っ!痛い!痛い!」
ゆみ子はものすごく痛がってました

俺はどうしていいかわからずに全く動けませんでした。
「痛い~!」
本能でしょうか?とりあえず腰を振りました。
「痛い!痛い!止めて!」
訳がわからないのと気持ちいいのとでとりあえず腰を振り続けました。
「ううぅ…痛いよ~」
ゆみ子が泣き出したので我にかえってチンコを抜きました。
チンコが血だらけでした…

ゆみ子がシクシク泣いてます。
俺のチンコは血塗れのチンコとマンコにビビってしょんぼりとうなだれてました。

「バカ!痛いって言ったら止めてよ!バカッ!」
ゆみ子は泣きながら怒っています。

結局それからゆみ子とセックスするチャンスは二度と訪れませんでした。

これは童貞喪失と言っていいのでしょうか?
初体験はいつかと問われると未だに迷います。

返信する
ステファン卿

初めて経験女としたのは中二の時啓子、洋子の母とです。
それまで9人の女としたがみんな処女でした。
啓子、洋子の終いともセックスしており、母佑子は知っていたようです。
佑子は離婚し男に飢えていたのかもしれません。
夏休みが始まった直後尋ねると洋子たちは不在で、帰ろうとする私を引き留め、飲み物を用意して出てきた佑子の姿に驚きました。
スケスケのシュミーズでどう見てもその下は全裸なのです。
横座りに座ると陰毛が丸見えです。何かを取ろうと四つん這いになり後ろ向きになると尻が丸出しで女性器も見えました。
これは誘っているなと思い既に勃起していたので両尻をつかみいきなり挿入しました。そのまま激しく突き立て子宮を突きます。
この辺りはお手の物で女を生かせる術は心得ていました。
全裸にして、正常位で突き立てると激しくキスをしてきます。
もちろんそのまま射精しました。

返信する
ステファン卿

昭和39年私が小学5年の時京子は学校を卒業しやってきた。丸顔で可愛い。着衣の上からも大きなオッパイが判り、ケツも大きい。色白で当時の女は腋毛を処理しなかったので夏になりノースリーブを着るともじゃもじゃの腋毛を惜しげもなく見せてくれた。
女の陰毛氏ひどい憧れがあった私は、同級生と毎日の複数セックスで性欲は満たされていたものの、まだ陰毛がなく乳も小さく京子に惹きつられた。
そんな時絶好の機会が訪れた。隣の旅館の風呂を使わせてもらっていたのだが、男湯に客が入っていて女湯に一緒に入ってくれと言われたのだ。
京子と一緒に女湯に入ると京子はすぐに脱ぎ始めた。後ろ向きでパンティー1枚になりそれも脱ぐと白い大きな尻がむき出しになり、陰毛が鏡に映っている。私はもうパンパンに勃起した。
先に京子が良く時に入っていき、その後を追う。あえて勃起を隠さず先に湯船に浸かった京子に見せるよう一緒に浸かった。京子の後ろになり勃起を押し付ける。年上とはいえ男の経験がないのか同意状態なのか判らないようだ。思い切って後ろから手を伸ばし両乳をつかみ揉むと小さく「ダメ」と言ったが構わず乳を揉み唇を求めた。
全部が柔らかい。片方の手を陰部には早生膣に挿入した。もうぬるぬるしており同級生達と全く違う。
のぼせそうなので湯船から出て洗い場に寝かせ、あまり長湯をしていると怪しまれるので早速挿入した。
同級生同様ゴムのような侵入を阻む抵抗があり、それが弾けるとヌックンという感触の後奥まで挿入した。
京子は「痛い、痛い」を繰り返すが、内部は柔らかく大人の感じがする。
しばらくして快感が訪れ、そのころすでに精通があったので思い切り京子の中に放精した。
もっと続けたかったが、そうもいかず抜くと精液がこぼれ真っ赤な血が膣口から腿に這っていた。
2度目は帰ってから始めた。その日以来毎晩京子とセックスを8年間続けた。

返信する
ステファン卿

私の初体験は昭和61年、小学2年生の時です。相手は同級生の千鶴子、もちろん処女でした。その日町内会の旅行があり家は無人、絶好の機会でした。
千鶴子はずっと以前から私に陰部を見せてくれ割れ目の中の穴に何度も指を入れさせてくれていましたが、それが女性器だという知識はありませんでした。
放課後急いで家に帰り、二人全裸になってキスをしながら抱き合いました。
まだ精通はありませんでしたが勃起し、千鶴子に撫でてもらうとしばらくして気持ち良くなっていました。
性交に全く知識はありませんでしたが本能的嵌めたくなり普段は指を挿入している部分のペニスをあてがおうとしますが、腹を打つほど激しく勃起しているので嵌りません。身体を起こすと角度が合わず、身体を重ねると場所が判らない。
そこで体を起こしてペニスを握って無理やり千鶴子の穴にあてがうと先端が嵌りました。まだ向けていないので皮が被ったままですが少し入ったので身体を重ねキスをしながら前に進むと侵入を阻むゴムのような抵抗がありました。更に進めるとゴムが弾けヌックンという感触を伴い奥まで嵌り、同時に千鶴子は大きな声で激痛を訴えました。私もペニスに激痛があり、千鶴子があまりの痛さに上に逃れ抜けてしまいました。
ペニスを見ると皮がむけて大人のようなペニスになり、ただ表面に小さい粒粒がこびりつき異臭を放っていました。千鶴子の割れ目を見る土地が垂れていて、大変なことをしてしまったと思いましたが、これまで味わったことがない快感があったので再度挿入を試みました。
ペニスの先端を入り口にあてがい、さっきと同じように体を重ね千鶴子が逃れられないように両肩を抑え侵入しました。
同じ感触があり千鶴子は激痛を訴えます。構わず奥まで侵入すると千鶴子は「痛い抜いて、抜いて」を繰り返します。ですが本当に気持ちよく挿入を続けていると快感に襲われました。
普段はこれでしぼんでいくのですが勃起したままで、千鶴子も私のペニスを握るように締め付けます。そのままにしていたら再び強く勃起してきました。
結局その日抜かないまま4回気持ち良くなりました。
翌日以降機会があれば嵌めあったことは言うまでもありません。
千鶴子と関係を続けましたが3年の時に新子、寿賀子、芳江と4年の時に由美子と、5年の時に住み込み従業員の19歳の色白グラマーの京子と、6年生の時に住み込み従業員の16歳の恵子とセックスしました。
嵌めあうことがセックスだと教えてくれたのは由美子です。女達は皆初潮を迎えていましたが、私は精通前で精通が始まった妊娠するかもしれないと教えてくれ、いろんな体位も教えてくれました。
椅子に座って背面座位で嵌めて鏡台に映してみた時はすごく興奮しました。
京子は色白でおっぱいが大きいグラマーで陰毛も腋毛も濃くたちまち虜になってしまい、住み込みだったので毎晩セックスしました。

返信する
ゆうじ

高校2年の時に付き合っていた一つ年下の高校1年の女の子とのことでした。
彼女の家に遊びに行って、普段のくだらない話をしていて、会話が途切れた時に彼女と熱いキス。
俺もすでにすごく勃起していた。

すると彼女は俺の服を脱がせて自分も全裸になり俺を寝かせた。
そして俺に股がり腰を下ろして勃起を射し込んだ。

俺は初めてがこれ?

彼女は全て入れると、腰を前後に動かし始めた。
俺は今までに感じた事のない快感になって、数分で限界を超えた。
俺は彼女の腰を掴み俺も腰を突き上げた。

彼女の中に何度も精子を出していた。
彼女は、信じていいの?って、俺は頷いたが。

返信する
田口君

僕が初体験したのは中3のころです。
当時付き合ってた彼女をAさんとします。

ある日僕は彼女とデートにいきました。そしてその日は彼女の家の人も出かけておりセックスをしたかった僕はこの日コンドームを隠していました。

そしてデートが終わり帰ろうとしたらAさんが家によっていかないといわれたのでうんと言って彼女の家にあがることにしました。そして彼女の部屋の中にあがると僕の中でなにかがおこり彼女を突然ベッドに倒しました。

そして彼女にコンドームを見せてもうそろそろしようと言って彼女がうんとうなづいたので僕は彼女の胸に手をおき服の上から胸を揉みました。そして彼女がエロイ声をだしたので下の方にいき○ンコを触るともう濡れていたので服を脱がしブラジャーも外しズボンもパンツも脱がしました。

そして直接胸を揉みました。すると彼女がン~ン~と感じはじめてので今度は下の方に○ンコを触りました。そして指を入れるとア~ン~と感じていました。

僕はすでに勃起していました。そして今度は彼女が僕のズボンとパンツを脱がしチンコを上下に引いてきました。そして僕がア~気持ちいいというと今度はフェラしてきました。

そしてフェラしながら上下に引いてきたのでア~ア~ア~もうイクといい彼女の口の中に出してしまいました。そして今度は彼女にいいといいチンコにコンドームをつけて射れました。

そして僕が腰をふりはじめるとふたたび彼女が感じてきたので僕はさらに激しく腰をふると彼女がア~イクといい二人でイキました。

返信する
月桂冠Takashi

全部体験談に投稿したけど、現在47歳の俺の初体験は当時にしては早すぎるかも中2だよ。
水泳インストラクターしてる幼稚園の先生の妹で15歳も年上だったからいわゆる「年の差セックス」で童貞捨てたんだ。
かなりおねだりしたんだけど大サービスしてもらえたな(^o^)v

それから同じく中2の時に一学年上の女子の先輩の、翌年中3の時には同級生女子のそれぞれのおしっこ臭い処女をいただいた。

秘かにマセガキだったかもね(笑)

それからかなり時間は経って31歳の時に、セフレの紹介で一回り年上のお局様OLの高齢処女をいただいた。

返信する
ゆりか

「素股からはじまったセックス」。
中学生の時昔からの幼馴染のTと
家で2人っきりで遊んできた時
ふざけたノリで素股をしていた
腰を振っていくうちにTのモノがだんだんおっきくなっていった
また、わたしも勃ってきたTのモノの頭がわたしの
栗に当たって気持ちよくなっていった。
喘いでいるうちにいつの間にかすぽっと入ってしまった。
はぁっっっ あっっ
んっう
えっ?と思ったけど思考と感覚が追いつかなかった。
もう必死に腰を振り Tもわたしを突いてくれた。
激しくなり私たちは2人イッて気を失った
Tは中に出したみたい。
そのあとTに告白をされ子供ができたら責任をとると言われ付き合うことにした
案の定妊娠をしました。親には大反対されましたが
それを押し切り産むことを決意し
出産をしました。
結婚できる年齢まで待って結婚しました。
今は子供も小学校入学し落ち着いたので今まで以上にセックスに力を込めています。

返信する
匿名

小6の夏休みの時に同級生のAとAの家で遊んでたらいきなり「暑くない?」って言われて「暑い」って言ったら服を脱ぎ出して
俺君も脱ごうよって言われたから二人とも全裸になった。
お互いにまだ毛も生えてないしAは胸もまだペッタンコで俺は小さいし被ってた。
しばらく裸で過ごしてたら元気になってきて気付いたAはこうすると気持ちいいらしいよって言ってシゴいてきた。
まだオナニーもしたこと無かったから変な感じになってきて生まれて初めて射精してしまった。
Aは経験は無いけど少し知識があってエッチしよ?って言われた。
俺も少しは知ってたからなかなか入らなかったけどついに挿入。
無我夢中で腰を動かして多分5分もしないうちに中に出してお互い初体験。
それからは夏休みの間親のいない方の家に行って毎日エッチした。

返信する
ぽん

ぽんさんから投稿頂いた「中一で初めてのセックス」。
これは2年前、わたしが中一だったときのお話。
わたしには当時半年付き合っていた彼氏がいた。以後K
わたしはそうゆうことに興味があったものの強気で自分からはしたいと言えず、痛いのかな?気持ちいのかな?とKに問いかけてばかりいた。しばらくしてからKは察したのかそんなにやりたいの?と問いかけてきた。
わたしはKがやりたいならやってもいいよとまた強がり、次の日にわたしの家でする事にした。Kも同い年で未経験だった為実際全く気持ちいいなんて感覚はなかったが157cm 45キロという平均より太った私なのに綺麗な体してるねなどと褒めてくれた。
それから別れましたが、わたしが経験者と知った男子たちは頻繁に私に好意を伝えてくるようになりました。
もちろん中には両想いの人もおり、なんにんかと付き合いましたが、やはり目的は体です。

今は関係を持ったことに後悔しかありません。
みなさん処女は大切に。

返信する
35歳の花嫁予定

私OLの30歳。彼中3の15歳。
生まれて初めてできた彼氏。

ただしかれは姉のセフレ。
可愛かったので無理にいって譲ってもらった。
初めてだけど30過ぎてるから処女膜なんて腐っているだろうと思ったら大間違い。すごい痛かった。あそこに火箸を刺された様に痛く思わずかれに抱きついて泣いた。

わたしが処女だと知ると彼は自分のテクを試すと完全に弄ばれた。
その上、逝かされた挙げ句中出しされた。

マンコが彼の精液と私の処女の血と愛液でぐしょぐしょになっていた。
本当に恥ずかしかった。

でも、20歳になったら結婚してくれるといった。
うれしくて泣いた。

色々と痛い事情を持つ者同士だが何とかやっていこうと思う。

返信する
日和

「萌美との初体験」
私はN中2年の女子テニス部員です。剣道部のM美が気になります。M美とは、小学校からの仲で小5の時初めてキスをしました。M美の唇は濃厚で柔らかかったです。

その関係が中学校に入学するまでつづきました。しかし中学では1度も同じクラスになれませんでした。寂しかったです。

でも、中2の初めごろM美と一緒に私の家で遊ぶことになりました。家には母も父もいませんでした。するとM美が「誰もいないね。ねぇ!2人でHなことしない?」といってきました。私はドキ、としましたが「うん、やろう。」と言いました。

するとM美は「うふふ、」とうれしそうに服を脱ぎ裸になりました。私もすぐに裸になりました。M美の胸は大きく綺麗でした。するとM美が「すごく綺麗ねぇ、私のアソコ舐めて。」といい私はM美をクンニしました。すると「あぁん、あん、凄く気持ちいいよ日和~」

そしてM美は「あ、あぁん、もうイク、」というとM美は潮吹きをしました。「気持ちよかったよ日和。」といってM美は私のアソコを手で撫でてきました。

「あ、」と声をあげた瞬間にM美が激しく手マンをして来ました。そして私も潮吹きをしてしまいました。その後は2人でキスをしあい私の初体験は終わりました。

その後は頻繁にHをしました。今でもM美と私の関係は続いています。私はM美のアソコをクンニするのは最高でHの時はいつも私がM美のアソコをせめまくります。M美とのHでは、毎回M美に潮吹きをさせてます。

M美は気持ちよさそうです。毎日学校でM美と激しいキスをしています。この関係はまだみんなには知られていないです。

返信する
匿名

今から10年前の小学校5年生の夏休み、母子家庭だった私は一人でお留守番するのが当たり前でこの日もいつものようにお母さんが仕事に出掛けて私は夏休みの宿題をしていたらチャイムが鳴って玄関を開けたら「こんにちは。」と五十代くらいのおじさんがいて「おじさんねぇ、この辺りでガス漏れしたって連絡もらって一軒ずつ調べさせてもらってるんだけどお母さんとか居るかな?」と聞かれ「お母さんは仕事なので居ません、私一人でお留守番です。」と答えると「そーなんだ、偉いねぇ。とりあえずガス漏れしてるか調べさせてもらえるかな?調べるのはすぐ終わるから。」「はい。どうぞ。」とおじさんは台所に行って調べ始めました。「うーん。大丈夫みたいだね。ガス漏れはしてないよ。」と台所から居間に来て「うん?夏休みの宿題?おじさん教えようか?」そう言って一時間くらい宿題をみてもらってあっという間に終わってしまい「疲れたろう?おじさんねぇ、こう見えてもマッサージはプロ級にうまいんだよ。」と肩を揉んでくれました。ほんとに上手でちょっぴりウトウトしてたら「寝っ転がってごらん。全身をマッサージしてあげるよ。」と私はうつ伏せになりあまりの気持ちよさに寝てしまい次に目が覚めたら仰向けでパンツを脱がされておじさんが私のアソコを触ってて「あっ!ヤダっ!やめて!」と手で隠すと「いやー、ごめんね、ついでだったから発育状況も見てあげようと思って。今ちょっとだけ見せてもらったけどちょっと普通の子達と違うねぇ。」と言われ見られた恥ずかしさよりも「普通と違う」の言葉の方が気になってしまい「えっ?それってよくないって事ですか?」とドキドキしながら聞くと「う~ん。そーだねぇー、大人になってから治療するよりも今、治療しておいた方が楽だと思うんだよねぇ。」「手術とかするんですか?」「ううん、いやいや、手術は必要ないよ治療で治るよ。まぁ、この夏休み中には治りそうかな?」そう言っておじさんはズボンとパンツを脱いで「コレを使って穴を真っ直ぐに矯正するだけだから。最初は痛いけど我慢だよ。これも治療だから。」そう言っておじさんの棒が私のアソコに入ってきて「う、ううっ・・・痛っ、痛いっ!」「治療だから我慢、我慢。」私はその痛みを我慢してそしたらおじさんが棒を抜いて私のお腹に白い液体をいっぱい出して「これはねぇ・・ハァハァ、お腹の中の悪いバイ菌をおじさんの棒で吸出したんだよ・・ハァハァ。」「これでもう治ったんですか?」私が聞くと「いやいや、まだまだ。夏休みはお留守番って言ってたけど平日だったらいつも一人なのかな?」「はい。日曜日はお母さんも仕事が休みなので家に居ますけどそれ以外の日は夕方まで一人です。」「そうなんだ。この事はお母さんには言っちゃだめだよ。心配するからねぇ。もしお母さんにバレたら治療が出来なくなるよ。」「分かりました。」私はちゃんと治らない事の方が嫌だったのでおじさんとの約束を守りました。次の日もおじさんは同じ時間に来て治療して帰って行きました。治療を始めて一週間くらいたった頃、いつものようにおじさんが来たのですがその後ろにもう二人おじさんがいて「やぁ、こんにちは。実はねぇ、おじさん一人じゃあ夏休み中に治療を終えれそうになくて助っ人を頼んだんだよ。」「あっ、は、はい。どうぞ。」私は三人のおじさんの棒を目の前に座り込み舐め馴れたいつものおじさんの棒をペロペロと舐めハムハムすると「すごいなぁこの子!」「イヒッ、治療をしやすくする為に教え込んだんだ。」そしていつものようにおじさんが棒で治療を始めると初めて来たおじさん二人が私の口元に棒を近づけ「この後すぐまた治療に入るから舐めておこうか?」と私は色や大きさの違う二本の棒を交互にペロペロと舐めハムハムしてたら治療してたおじさんが「うっ!で、出るっ!」とおっぱいにバイ菌をかけ「よしよし、二本目が入るよ!治療開始だ!」と二人目のおじさんの棒が入ってきて最初の治療をした棒が汚れてたのできれいに舐めて二人目のおじさんも私のおっぱいにバイ菌をたくさん出して「まだこんなにいっぱいバイ菌が入ってるんだぞ!」と汚れた棒をきれいにするように言われその間にも三人目のおじさんの棒が入ってしかも三人の中で一番大きな棒だったので治療も一番気持ちよくておじさんの背中に両手をまわしてそしたらおじさんも私を抱えこみ軽々と持ち上げ部屋中を歩き回り洗濯物が干してあるベランダに出てそこで治療されてその当時は団地に住んでたので近所のおばさんとかにバレないかドキドキしながらでも、おじさんは洗濯物の中のお母さんのパンツを見つけ鼻に押しあてスーっ、スーっ、ハァーっと臭いを嗅ぎながら突き出した私のお尻を掴み激しく治療して最後はお尻にバイ菌をいっぱいかけ「今日の治療は終了!」とお母さんのパンツをベランダで力が抜けて倒れこんだ私の顔に投げ帰って行きました。その後も治療は続き夏休みも残り半分くらいになった頃、三人だったおじさん達も倍の六人になって夏休み最終日まで治療が行われ最後のおじさんがバイ菌を出したところで「はいっ!これで治療は終了だ!穴もちゃんと真っ直ぐになったしこれで安心して大人になれるよ!」と全員着替えて出ていきその後、二度と会うことはありませんでした。

返信する
りょう

中1の春、同じクラスで隣の席の子に恋をした
その子(A)と初めて目があった時は、息が苦しくなるくらい興奮した
Aは、黒髪ショートで運動神経も抜群、ちょっと天然、芸能人だと南沢奈央さんみたいな感じ、顔もそっくり、これは後々自分だけでなく多くの人がそう思っている事も分かった
だから、誰かに先を越されないうちに告白しないとと思い、日々距離を縮めていこうとしたが、人気者の彼女と二人きりになれる時間は無かった・・けれど、
中一の終業式

俺「今日、時間ある?」
A「うん」
俺「放課後どっか食べにいかね?おごるよ」
A「うん、ありがと!」
俺「(ウォシャァァァァァ!!!!!)」

やっと二人きりになれるチャンス
すごい嬉しかった
でも俺は約束の時間に20分遅刻してしまった
でも彼女はちゃんと待っててくれた

A「遅いよ・・」
俺「本当ごめん、急いできたんだけど」
A「いいよ、大丈夫」
俺「本当?ありがとう、なんか食べたいものある?」
A「これかな・・」

こうして俺達は、いつの間にかカップルのように頻繁に会うようになった
そして・・ついに・・・

俺「ちょっと話があってさ」
A「何?」
俺「あの・・・さ・・・・俺と・・・・・付き合って下さい」
A「・・・・・・・」
俺「だめだよな・・・・」

成績も悪いし運動神経も無い俺の事なんかokしてくれるとは思ってなかった
けど彼女は

A「うん・・・・・」
軽くうなずいた
俺「いいの?よっしゃ!」

okしてくれた
喜ぶ俺をみて少し笑った
でもその時からちょっと違和感があった
ひょっとしたら、無理してるんじゃないかなって
でもそれから、学校が終わってからよくデートするようになって
段々言いたい事も言えるようになった
普段制服はきちっと着てる彼女も、夏の私服は胸元が開いててエロい
かがむと乳首が見えそうになる、汗っかきで、肌が湿ってるのも興奮した
そんな日々をおくってるうちにもう卒業
3年間、彼女以外を可愛いと思った事は一度も無かった
でも、彼女はどうだろうか・・、俺に気を遣って、本当に好きな人がいたのかもしれない・・そんな心配もしていた
そして、勇気を振り絞ってこういった

俺「あのさ・・、受験も終わって落ち着いたしさ・・、もう3年も付き合ってるんだし・・・そろそろ・・」
A「そろそろ?」
俺「エ・・ッチ」
A「え・・・・」
俺「ごめん、嫌ならいいんだ」
A「嫌じゃないよ・・・・だけど・・」
俺「だけど・・?」
A「はずか・・・しい・・・」
俺「(カワェェェェエエエエエ!!!!)」

彼女は下ネタも言わないし、そこらのケツ軽女とは違って説得には時間がかかったけど、ようやく俺の部屋までたどりついた

俺「じゃあ・・親もいないし・・やろっか」
A「・・・・」
俺「じゃあ脱いで」
A「後ろ向いてて・・」
俺「どうせ見るんだからいいだろ?」
A「でもやっぱりだめだよ・・まだ15だし・・」
俺「うるせえ」

とにかく無理矢理脱がせてベットに押し倒した
あの時はもうやりたくてしょうがなかった
お互いに全裸になったところでキス
自分のがAのに当たって気持ちいい
唇の柔らかさ、肌の透明感、全てを手にいれた気がした
そして、ゆっくりと首筋の方へ・・

俺「(意外と汗臭いんだな・・)」
A「・・・・」

彼女は緊張して何も言わない
運動部というだけあって身体も健康的で触り心地も気持ちいい
少しずつ下へ下がっていき、胸まできた
ピンク色の綺麗な乳首、それが見れただけで十分だったが、もう抑えきれずに
溜まってたものを全て吐きだす勢いで舐めまわした

A「ぁぁ・・・♡」
俺「気持ちいい?」
A「・・・・」

初めて聞く彼女の喘ぎ声、すごい可愛い
思う存分舐めた後、いよいよ下の口へ・・
まだ毛があんまり生えてない、綺麗なマ〇コ・・
そっと指で表面をなでた

A「ああ・・♡だめそんなとこ・・」
俺「大丈夫」

今度は指を中まで入れてみた
すると彼女は

A「いやぁあっ・・♡・・あうぅ・・・」
俺「痛かった?・・なんだ・・気持ちいいのか・・」

心配して顔を見ると、口からよだれを垂れ流し、だらしない顔で目をつぶっている
これ以上やると俺も彼女もイキそうだったので、体制をかえていよいよ入れる準備に入った

A「・・何それ・・」
俺「ゴムだよ、これ付けないとだめなんだよまだ」
A「そっか・・」

清純派な彼女にはまだゴムがある事も知らなかった
正直こんな子にするのは申し訳ない気持ちもあったが、こんな子だからこそ
興奮する部分もあった

俺「じゃ、入れるぞ」
A「・・・・痛いかな・・・」
俺「男だからわかんねえけど、優しくするから大丈夫」
A「ありがとう・・」

ゆっくりと、慎重に中まで入れる
勿論処女だ

A「ああぁぁあぁ・・♡」

彼女の口から大量のよだれがこぼれた
もう抑えがきかなくなっているんだと思った
俺のベットが、彼女のよだれで汚れるならむしろ良い事だと思い
あえて指摘はしなかった、それによだれが垂れててもやっぱしすごい可愛い
ゆっくりと腰を動かしながら、最初で最後かもしれないであろう快感を味わった

A「あぁ・・はぁ・・♡」
俺「もう・・出そうだ・・」
A「あぁぁ・・・・♡」

シーツがよだれだらけになって流石にヤバイので、手でそっと拭き取った後
存分に出し切った
彼女はそのままベットに顔を伏せて眠った
口の周りのよだれを綺麗に拭き取り、シーツも交換して
恥ずかしい気持ちを少しでも軽減させてあげたかった

A「・・・・」

目が覚めた彼女はそっと俺に

A「ありがとう・・すごい気持ち良かった・・」

その言葉で涙が出そうになった
その後、高校に入り彼女はイギリスへ引っ越す事になってしまい、今では会う事も
無くなってしまったけど、いつでもまた会えるように、今は一人で頑張っている

返信する
まんまん♪

学校帰りに先輩がぁぁぁ。

私は高校2年生です。
憧れだった先輩が、急に話しかけてきた。

「お!お前ってさ、意外とかわいいんだな」

もちろん照れた。だって憧れだったから。
そして、

「今日空いてるか??」

ぎょぎょぎょ!これって…これって…これって…
と思いながら…

そしてもう2時間後には…

あっ!うっ!あ…あぁぁ~…

30分くらい続いた。

始めてのセックスだったので、ものすごく感じた。
今までセックスに憧れてクリをいじってたりしましたが…
衝撃でした。

だって!あ?こ?が?れだからぁ!
ぎゃあーうわぁー!!!!!!!!!!

もっちろんナマで挿入したかった。
けど先輩に迷惑がかかるから…

けど、コンドーム装着!&ピル飲む!
イッツァスタート!
っとなった…

返信する
匿名

小6の時の話。団地に住む友達のとこ遊びに行って居間にあるテレビでゲームしてて順番待ちの間、後ろで漫画読んでたらなんか気配がするから振り返ったら友達のお母さんが何故か着替えてた。僕はビックリしてみんなの方を見たけどゲームに夢中で誰も気付いてない漫画を読んでる振りをしてチラッチラッと何度もおばさんの下着姿を目に焼き付けた。別の日にまた遊びに行ったらやっぱりおばさんは居間で着替えてた。僕はまた漫画を読む振りをして見てたけど今度は前の時と違って下着も脱いじゃった。僕は完全に動きが止まった。そしてまた別の日同じ団地の別の友達のとこ遊びに行った帰りおばさんに声かけられて「今日、うちの子お泊まり行っていないの、ちょっと寄ってかない?」と誘われ行くと「ねぇ・・、この前来た時おばさんの着替えずっと見てたでしょ?どうだった?」と聞かれ「お母さん以外の女の人の裸見た事ないからドキドキしました・・」「そうなんだぁ?また見たいって思う?」コクッと僕は首を縦に振ると「本当?ああっ、嬉しいわ・・、おばさんねA君の事、前から気になってたの・・、A君にならおばさん何されてもいいと思ってそれでわざとA君がゲームの順番待ってる時に着替えする振りして裸を見てもらったの。」おばさんはワンピースのファスナーを下ろし服がスルスルと下へ落ち下着姿になったおばさんは「おばさんの身体はもうA君のものよ・・いいのよ・・好きにして・・いらっしゃい・・ほらっ・・。」とお尻を僕の方へ突きだしくねらせ誘います。僕の理性は吹っ飛びました。所々しか覚えてないけど初めてのオマ〇コはとても気持ちがよくて5回は出したと思います。おばさんのオマ〇コからは僕の精子がいっぱい出てました。その日以来友達の目を盗んではおばさんとセックスしまくり1年後には友達に妹が出来、その2年後にはもう1人妹が出来ました。高校受験やその後学校生活の忙しさからおばさんとなかなか会えなくなり成人式を迎えた日、あの友達に久々に会い彼の家で飲む事になりました。久しぶりに顔を見ておばさんは「ああっ、・・・久しぶりねぇ・・A君。立派になって高校生になってからは全然会ってないものねぇ・・」と言うおばさんの側には7歳と5歳になる友達の妹でもあり僕の可愛い娘達が立っていて「こんにちは・・。」と恥ずかしそうに挨拶をしました。

返信する
名無し

学年全員でプールで俺と誰もが憧れるかわいい女子が教室に残って勉強していて「むらむらする~」と
言ったら「ちんちん見せて」と言われてちんぽを出したらフェラをはじめて「口に出して」と言われて出したら「精液おいしい次は私をイかして」と言ったから制服を脱がしてパンティの臭いを嗅いでブラじゃなくて肌着だったから「まだまだ子供だな~」と言ってあげた胸にてをあてて胸をもんだら「きもちいい~」まんこに指を入れて激しく動かしたら彼女がイって「ちんちん入れて」といわれてちんぽを入れたら処女膜が破れてちんぽを激しく動かして精液を出したら彼女がキスをしてきたからディープキスをしてみんなが戻ってきた  

それからいっぱい学校のかわいい女子のスカートをめくったりしている                
だいたいの女子が白かピンク黒のパンティーをはいているちなみに彼女はピンクだった 
中二の話

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。