エッチ体験談が11,000話を突破しました。

スイミングスクールのハーフJCを自宅に呼んで個人レッスンした

PR

学生の頃、プールのインストラクターのバイトしてた。

担当してたのはJSだったけど、落ちこぼれとか時間の都合とかでたまにJCも混ざってた。
で、その中にすげぇ美少女がいた。

JC2で身長は160ちょいのかなりスレンダーな体型で、胸はDくらいありそうだった。

父親がどっかの国の白人系ハーフで、マジでモデルっぽいスタイルの美人。

ただ極度の運動音痴。
仮名をマナカとする。

かなりおとなしい印象で、指導中も小さい声で返事する程度。
水着姿を見る度にずっとムラムラしてた。

指導してる時は特にヤバくて、プールの淵でバタ足の練習させてる間は下から身体浮かせるように両手で支えたりするんだけど、下腹部とか胸を触りまくってた。

勃起してたけど、緩いスイミングスクールだったのでバミューダパンツでも良かったのは幸いだった。

本人も触られてる意識はあったみたいで、

「息継ぎは胸を反らすくらいのイメージで顔上げて。もっと上げて」

とか言いながら下乳持ち上げると、顔赤くして返事してた。

あまり上達が早くなかったのは俺にとって幸運だったと思う。
俺はどうにかマナカにもっとエロい事が出来ないかと色々計画を練ったがチャンスが無かった。

そんなある日バイトの前に寄った書店で、制服姿のマナカを見付けた。
巨乳はそんなに目立たなかった。

専門書のコーナーで、水泳の指南書みたいのを立ち読みしてた。
普段から真面目な性格だと確信した俺は、思い切って声をかけてみた。

指導中と同じく小さな声で、控えめな話し方だった。

放課後は本屋で時間を潰している事、転校してきたばかりで友達がいない事父親が海外勤務で母親も仕事であまり家にいない事、夏のプールの授業までに泳げるようになりたい事を聞いた。

転校する前の学校では、大人しい性格とカナヅチでかなり恥ずかしかったらしい。
たぶん容姿が目立つのも要因だったと思う。

そこで俺は、個人レッスンの提案をした。
今のペースでは夏に間に合わない事、他の人と身体のバランスが違う事、関節が硬い事を伝えてマナカを追い詰めると、真剣な顔で「お願いします…」と言ってきた。

もちろん全部嘘だ。

その日のレッスンでは下乳を持ち上げるのをいつもより露骨にして事あるごとに「個人レッスン頑張ろうね」とか「頑張れるよな?」と言って聞かせていた。

マナカの返事は小さかったが、逃がさないプレッシャーは感じていた様子だった。

その日帰宅して、すぐに通販で透け透けピチピチの白レオタードと乳首と股間がギリギリ隠れる程度の白いV字水着を買った。
マナカに着せるのを想像しただけで興奮した。
他にもエログッズは色々用意した。

次のレッスンの日、俺はまた早めに例の本屋でマナカに会って具体的な個人レッスンの事を伝えた。

本来は金銭のやり取りが必要だが、特別に無償で行うので俺とマナカ以外に知られると困ると話すと、素直に納得した。

個人レッスンはマナカのレッスンの前の時間を使って行う事にした。
レッスンは水曜と土曜だったので、水曜は16時から18時、土曜は眺めに15時から18時に決めた。

親が居ない時間帯だと確認したので、出掛けるにしても不審がられる事は無さそうだった。
俺は割りといかつい顔立ちなので、真顔で話すと下心は完全に隠せたと思ってる。

土曜日、待ちに待った個人レッスンの日になった。
マナカは14時前には本屋にいた。

本屋から俺の部屋まで徒歩5分なので、いきなり4時間コースになった。
かなりテンションが上がった。

私服は細い地味目なデニムとTシャツだったが、足の長さと尻の食い込み、更に胸のせいで横に張ったTシャツの柄がエロ過ぎた。

行くか、と言うと小さく頷いた。
小汚い一人暮らし男の部屋に美少女がいるのは、異常なシチュエーションだった。

真剣にやる事と、誰にも言わない事、決して恥ずかしがってはいけない事を念押しするとマナカは神妙な表情で返事をした。
水着に着替えるように言って、紙袋を手渡した。

普段スイミングスクールで使っているのと同じでワンサイズかツーサイズ小さいものを入れてあった。
胸当てと股間のクロッチは外してある。

ワンルームなので、着替える場所はリビング直結でドアの壊れた風呂トイレだけ。
向こうむいてるから着替えな、と命じると、素直に従った。
俺は羞恥プレイが好きだった。

鏡越しに着替えはしっかり見えたが、マナカは気を遣ってかこちらに背中を向けていたのが確認出来たので途中から普通に見ていた。

全裸になって水着を着ている最中に「少し小さめのやつにしたから」と声をかけた。

図ったようなタイミングだったのと、声の方向で見られていると察した様子だったが、返ってきたのは「あ、大丈夫です…」という小声だった。

着替え終えた姿は感動的だった。
横乳がかなりはみ出し、谷間はくっきりで乳首も浮いている。

股間はハイレグに近い食い込みで、割れ目がハッキリと形になっている。

「普段は見えない所をしっかり見る必要があるから」

とか適当な説明をして、軽く胸元や股間を隠していた手をどかせて直立させる。
この時点で既にマナカの顔は真っ赤だった。

「恥ずかしがっちゃいけないから慣れなさい。背筋を伸ばして」

と言うと、目を閉じて胸を張った。

正面に姿見用の大きな鏡を置き、「普段の水着と変わらないだろ?」と見せつける。

答えに困りながら、「はい…」と言っていた。
そりゃそうだ。身体のラインが丸見えだし。

まずは柔軟体操を兼ねて骨格と筋肉のバランスを見ると伝える。
正直、かなり興奮していたのでうろ覚えな部分もある。

谷間を強調するようなポーズを取らせたり、股を思い切り開くような姿勢にしたり、とにかく思いつく限りの恥ずかしい格好をさせた。
その度にマナカは少しためらいながら言いなりになった。

ブリッジもさせてみた。
うつぶせに寝かせてから腰を持ち上げて、背中に少し高めの背もたれの無い椅子を置く。

恥丘がモロに浮き出た股間側にしゃがみこんでたっぷりと覗き込んだ。
向こうからはこちらの位置は把握出来ないだろうが、相当に恥ずかしい思いをしていただろう。

「もっと脚を開いて」と言うと控えめに動かす程度だったので、はっきりと「股を思い切り開こうか」と命じてみた。

何度か「もっと」と言うと、文字通りの全開になった。
「痛みは無いか、恥ずかしくはないか」と問うと「あ、はい…」と小さな返事をする。
声は震えていた。

他にも、レッスン中は何度も「やめるか?」と聞いたが、マナカは首を横に振った。
本人なりに必死だったんだろう。

時間もたっぷりあったし、しばらく恥辱ポーズを堪能した。
敢えて触れたりはしなかった。

一旦直立させて

「バタ足の時、恥ずかしいだろ」

と聞いた。
胸を持ち上げられている事を意味していると理解したようだった。

「はい、でも…うまくできないから…すみません…」

みたいなリアクションで自分に自信が無い様子だった。

ここで少し威圧的に振舞ってみた。
恥じらいが抜けないせいで身体が堅いとか、適当な事で責めた。
マナカの表情は暗かったが、エロい体のせいで余計に興奮した。

勢いのまま、極薄のレオタードが入った紙袋を渡した。
俯いたまま紙袋を受け取って、マナカは着替えに行った。

今回のは完全に身体が透け透けだった。
胸元の開きは上乳がほぼ露出するくらいだった。

マナカもわかっていた。
姿見の前に立たせる。

「恥ずかしさを忘れて、さっきの柔軟もう一度出来るか」

と聞くと、下を向いたまま小さく返事をした。
めちゃくちゃな物言いだけど、二人きりの部屋で逆らえる空気では無かったと思う。

ブリッジをさせると、極薄生地の中の小さいビラビラまでよく見えた。
土手に毛は無くて、しかも色が金に近かった。

椅子の上でヤンキー座りをさせる。
M字開脚になるように後ろに手をつかせて。

そこで陰毛の色について聞く。
いやらしくならないように、さも当然のように問う。

「地毛が…その色なんです…」

という返答だった。泣きそうな表情がそそられた。
頭髪は黒く染めているらしい。

「量が少ないから気にはならないな」

みたいな事を言いながらじっくりと観察した。

ただ胸は目立っている。
乳輪の色は薄かったが、乳房がとにかく大きい。

「こっちはちょっと…なぁ…」

と深刻そうに胸を凝視する。

一切触れていない事もあってか、視線を拒否しにくい雰囲気だった。
「水の抵抗が大きいよなぁ…」とか呟きながらとにかく遠慮なしに見た。

「必要なのは身体のライン作りかもな」みたいな感じで話し続けて
再び着替えを命じた。

例のV字水着を渡す。
実物を見せて、軽い説明をした。

恥ずかしがるならやめる、諦めろ、と強調すると、水着を涙目で受け取った。
V字水着はググればわかると思うけど、とにかく色々ひどい。
着ている本人の羞恥心は相当だったと思う。

その格好で、背骨のラインを見ると言って何枚かデジカメで撮影した。

乳首以外は隠れないので、横から撮ると巨乳が丸出しだった。
TバックとTフロントに近いので、ケツも丸見えで割れ目はギリギリ隠れる程度。
陰毛は少しはみ出ていた。

その画像をPCの画面で見せる。
ここがこうで…とか適当に説明をして、とにかく強い語調で再びM字開脚を撮影。ツルツルの土手が露出する。

股間のアップを見せながら、また適当な解説。
自分の股間を接写を見るマナカは小刻みに震えていたが一生懸命小さな声で返事をしていた。

「バタ足、普段どこ支えられてるかわかるか?」と聞く。
「ここと…このあたり…」と言いながら、下乳と下腹部を指すマナカ。

立ち上がらせて、両手を真上に上げるように命じ、背後に回る。
そうだよな、この辺だよな、と言って、抱きつく感じで生の下乳と股間辺りに手を這わせる。

バランスがどうとか、緊張が抜けていないとか更に適当な言葉を続ける。

「もう裸みたいなものだし、それ脱ごうか」と言い放った。
かなり冷たく、無関心を装って言った。

マナカは少し考えてから、全裸になった。

それから改めて撮影を繰り返した。特に股間はたくさん撮った。

細かい指示を出して、結果的に自ら割れ目を開くポーズにしたり、肛門を締めたり緩めたりする画像も残した。

室内にあったエアロバイクに全裸で乗せたり、ペットボトルを挿入するような位置でM字座りをさせたり…。
完全に玩具だった。

バンザイをさせて両手を縛り、かなり脚を開いた状態でスクワットをさせた。

脚の間にはブリッジで使った椅子を置いて、その上でライターを構えた。
「大事なところがヤケドしないように頑張れ」と命じる。

マナカは静かに涙をこぼしながら、健気にスクワットを続けた。
身体が上下する度に微かに股間から水音がした。

見てわかるくらい、濡れていた。
何度か脅すようにライターを近付けたりするうちに、マナカは失禁してしまった。

無様な姿で泣きながら失禁する美少女に、俺は激しく興奮した。
小さく謝罪の言葉を繰り返しながらの大量失禁だった。
喘ぎ声まじりにも聞こえた。

全裸で後始末をさせた後、マナカと失禁シーンを撮影したビデオを見る。
こんな事を知られたら大変な事になると話し、これは俺だけの秘密にしておいてやると伝える。

そのあとM字開脚を命じると、震えながら素直に従った。
「両手でオマ〇コ開け」と、直接的な表現をした。

マナカはポロポロと涙を流しながらも従う。
その後、日数をかけてたっぷりと調教し、あらゆるプレイを仕込んだ。

JKになる頃には、性奴隷として完成した。
さすがに飽きたので捨てたが、引き取り手は多かった。

という夢の話でした。

6+

エッチ体験談投稿募集中

みんなのエッチ体験では皆様のエッチ体験談を大募集しています! 現在投稿して頂いた体験談を2500話以上配信しています。 どなたでもOK!!素敵な体験談の投稿をお待ちしています!

PR