エッチ体験談 13,000話 突破!!

夕方からミキさんと

夕方からミキさんと

オナ禁男さんから投稿頂いた「夕方からミキさんと」。

前回、かわいい嫁さんとのsexからのミキさんとのHです

相変わらず、オナニーしてません…
あくまで女性とのsexで射精にこだわります

前回、嫁さんは生理中で挿入できなかったものの
フェラチオの時…
「口で出していいよ…」
の言葉は、

口の中で出せる…という射精前の意識の快感をあらためて感じ…出した時…射精の気持ちよさは、最高の喜びでした

前回もそういえば、ミキさんとも車の中での口内射精でした

かわいくて綺麗な女性の口で出すのもホントに震える快感です

そのかわりといってはいけませんが、
必ず、お返しさせて頂くのが僕のポリシーです

ミキさんは口には出しませんが、
思う存分にシテほしいと思って、連絡して頂いていると思っています

連休ともあり、時間を頂き、
僕の愛車、赤いアルファロメオでお迎えに行きました

ミキさんも、アルファロメオを気に入ってくれて、
ネイルとペディキュアは、真っ赤に塗ってきてくれます

綺麗にお手入れされた手足は、相変わらず57歳とは思えない美しさで、車内でキス…手足への愛撫は喜んで頂いています

今日は、ローファーにデニム…白Tシャツのシンプルですが、洗練された装い…

ホテルにエスコートする前に、足にキスして、指の間一つ一つ丁寧にお舐め致します

「ミキさん…綺麗ですね…」

「ヤダぁ~…臭かったら…ゴメンね…」

と、言いつつも、カラダはしっかり求めて、
つま先を差し出して、感じていました

ホテルに入ると、この度はしっかりシャワーを浴びました。ミキさんは、不思議と臭くないので、まったく気にならないのですが、まぁ今回は…
セレブは、いつも清潔なんですね?

お互い全裸のまま、ベッドイン…

ゆっくりキスして、時間をかけて、全身愛撫されるのがミキさんの好みです

「ああっ…ステキ…うまいのね…」

首から、ワキ…胸…乳房…おへそ…すべてが綺麗で、良い香りがして…ずっと舐めていられるカラダ…

「気持ちいいいい…はあん…やあん…」
「んんっ…はあぁぁぁ…ぁぁぁん…」
「もっと…シテ…ooくん…ステキ…」

マンコ…クリトリス…肛門…
全て、時間をかけて…

ミキさんは、脚をめいいっぱい開いて、
肛門を曝け出して、
快感に没頭します…
今日はシャワーを浴びているので、匂いを気にせず、又を開いていました

あらためて、足の指も、しゃぶりつきます
仰向けで、ミキさんを見つめながら、ちゅぱちゅぱと吸いつくように舐めます
舐めたくなるセクシーな指なんです

「ふふふ…いい男…」
「いい男に足を舐められるのって…」
「はぁぁぁぁぁ〜…気持ちいい…」

「ミキさん…綺麗です」

「もう…」
「ミキって言ってっていったでしょ…」

「ミキ…挿れていい?」
「もう我慢できない…」

「いれて…ooくん…」

と、ミキはカラダをおこし…
ペニスを咥え…
吸いつきながら
「ooくん…いれて…いれて…」

すぐに出してしまいそうなくらい…
極上のフェラチオ…
我慢汁が出る感覚がわかるくらい、ミキの口へ透明な液体が流れている…

再びミキに吸いつくようなキスをしながら、
ミキのマンコへ俺のペニスが吸い込まれる

「来て…あああっ!!ぁぁぁん…うううん…」

「はぁぁぁぁぁぁぁ…」

と、同時に喘ぐ…

「中で…いいからね…」
「出して…中で…いいよ…」

ミキの子宮奥深くで、射精ができる喜びと感動の中…腰を振るのは、鳥肌がでる快感…
射精するのが、もったいない…
しばらく…ミキの一番深いところに俺のペニスを押し込むように当てがい…
俺の恥骨で、ミキのクリトリスを擦る…

「はあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…」
「ぁぁぁぁぁぁぁぁ…」
「はあん!!あ!!!」
「ああん!!!あん!!あん!!ぁぁぁぁん!!!」

と、ミキは今までシタ中で、一番の叫び声に近い、快感の声を張り上げ、オーガズムに達した…

「やっ!あん!やああっ!!」
「出してっ!!ooくん!」
「もう変になっちゃいそう…」

「ミキ…可愛い…」
「イク…中で出すよ…」

「早くっ!!!」

「ああっ!イクっ!!ミキ!!」

「私もっ!!!またイク!!!!」

ミキは、俺の背中に両腕を絡め爪を立てた…
両脚を、俺のウエストに絡め…
イク瞬間…ミキのカラダが2-3回跳ねた…
ヨダレを垂らしていたので、俺はミキのヨダレを舐めとった…

ゆっくり、時間をかけて、ミキのマンコからペニスを引き抜くと、白い液体と、透明な液体が、混ざり合って出て来た…

あまりにもミキが愛おしすぎて、
俺は再びミキのマンコに口をつけて、吸いついて、全ての液体を飲み込んだ…

「ふぅぅぅぅん…ふぅぅぅぅん…」

と、優しい喘ぎ声をもらしながら、ミキは余韻に浸っていた…

ミキはカラダをゆっくり起こして、
俺のペニスをペロペロと舐めた…
裏筋…睾丸…アナル…亀頭についた精子…愛液…全て舐めつくしてくれた…

ミキが舐め終わっても、俺のペニスは勃起していた

2 COMMENTS

匿名

ミキちゃんと濃厚なセックスが出来たんだね!
足やマンコ、肛門も、ミキちゃんの身体に汚い場所なんかないよね!
思い切り愛情をこめてなめないと♡
ヌルヌルになったミキちゃんのマンコにチンコをハメるのは至福の時だね♡

返信する
匿名

いつもコメントありがとうございます♪
ミキさん、ホントに可愛いです。全身セレブの香りがします。濡れ濡れのマンコ深くでの射精は至福の瞬間です。

返信する

コメントを残す