17,000話以上掲載!!毎日更新!!

丸出しのお尻とピンクの花

[AD]

[AD]

マナノイハビートさんから投稿頂いた「丸出しのお尻とピンクの花」。

S学生の頃なんだけど、両親の部屋でテレビを見ていたらお笑いのような番組がやっていて、道場着を着たお姉さんが出てきた。

後ろで黒髪を括った地味で太めで、それなりに可愛い感じのお姉さんなんだけども、下を履いていなくて、裸のお尻が丸出し。

少し脚を開いての腰に手を当てて仁王立ちしているお姉さんの丸出しの裸のお尻を後ろから撮っているから、お姉さんの裸の大尻が画面いっぱいに映った。

微かにプルプル揺れながらアップで正面から映る、張りのあるスベスベとした健康的な肌をした裸の巨大な桃尻はそれこそ、体温と質感まで感じるくらい凄い生々しく感じた。

このお姉さんは平然としているけど、下半身が裸だから内心は凄い恥ずかしがっているんじゃないかって想像してドキドキした。

丁度、エッチな事にいっぱい興味を持ち始めていたこともあって、テレビ越しに、この後ろからアップで撮られている、お姉さんの裸のお尻が凄い好きになった。

このお姉さんの桃みたいなお尻を撫でたり、頬ずりしたり、思いっきり掴んでみたいしたいし、お尻の割れ目をぐっと広げてみたいって思った。
…何だか見て触るだけじゃなくて、このお姉さんの裸のお尻に後ろからチンコをグリグリって押し付けてスリスリして、いっぱい恥ずかしがらせた後、ビンビンに勃起したチンコを入れたい、ぶち込みたいっ。ぶち込んで本物のセックスしてみたいっ。
…って思った。

気が付いたら本当にチンコはビンビンに勃起していた。

我慢できなくなったので、直ぐに自分の部屋に帰ると、ベッドの敷布団の上にバスタオルを敷いた。
下半身裸になって布団の中にもぐりこんで、うつ伏せになると、さっきテレビに映っていた道場着を着た、お尻丸出しのお姉さんとセックスするのを想像しながら必死で腰をセックスの出し入れのように、
…たんたんたんたんたんたんたんたんたんたんたん…
と、腰を振ってギシギシとベッドを軋ませながらチンコを激しく何度も打ち付けるようにしながらオナニーした。

凄い気持ちがよくなったために、すぐに多量の精子をまき散らすように出してしまった。
激しく動いた後の快感がたまらなかった。
たっぷりと出し終わった後も、止めたくなくて、そのままグリグリとチンコを敷布団に押し付けていた。
ゆっくりと押し付けているうちに、また興奮してきてもう一回できそうだったので、同じように激しく、
…たんたんたんたんたんたんたんたんたんたんたん…
と、再び思いっきり出すまで、腰を振ってチンコを激しく何度も打ち付けた。

力尽きたので、枕に顔を埋めながら、今度はお姉さんの裸のお尻に頬ずりしたり、顔の上に座られているところ想像した。
…ぐったりしながら、一回でいいから本当にこんなことしてみたいって思った。

すると、急に、その時に好きになっていた同級生のXちゃんが思い浮かんだ。

Xちゃんはツインのおさげ頭で、いつも元気いっぱい。
ちょっと地味だけども色も白くて可愛いかった。
だけど、体格がかなり太めで大きい。
S学生なのに、おっぱい、ふともも、お尻がもの凄く大きいから、体操服は体にぴったり張り付くし、紺色の短パンがお尻に食い込むし、運動中は、おっぱい、ふともも、お尻が、ゆさゆさぷるぷる揺れて、ワキとか胸元もいっぱい汗ばむから見ていて凄くドキドキした。
だから体育の授業時は、いつも陰でXちゃんを見つめてはチンコをビーンって勃起させていた。

「…Xちゃん…Xちゃんとエッチな事したい!」
オナニーして気分が高ぶっていたから、またチンコがビンビンになった。
テレビで見たお姉さんの裸の大尻を思い出しながら、これはXちゃんのお尻なんだと思いながら、敷いていたベットリと汚れていたバスタオルの上で、もう一回オナニーした。

そして何日か経って、教室に戻るために廊下を歩いていたら、Xちゃんがすぐ前を歩いていた。
歩いているだけなのに体操服越しにXちゃんのお尻がプルプル揺れる。
嬉しくて眺めていたら、いきなり現れた別のクラスの男子たちがXちゃんに後ろから飛び掛かって、体操服の紺色のズボンを思いっきり上に引っ張ってTバックみたいになるようにお尻に食い込ませた後、下着ごと膝のあたりまで脱がして逃げていった。

プルンと飛び出した、眼の前いっぱいに広がる、本物のXちゃんの桃みたいな大きな裸のお尻。
うっすらとピンクがかったプリプリした、ほんのりと汗ばんだ肌のお尻がプルプルって揺れて、思わず飛びついていっぱい頬ずりしたくなるような色っぽさがあった。

Xちゃんはすぐに履きなおそうとしてかがんだ時には裸のお尻を思いっきり突き出すような姿勢になった。
もう、全部丸見えだった。
(凄い…お尻丸見えで…全部が見えちゃってる…入れたいっ…)
Xちゃんの「ピンクの花」を見せられてチンコがムラムラした。

Xちゃんは焦っていたこともあってか転んでしまい、お尻丸出しのままうつ伏せで倒れて起き上がれずに、恥ずかしさもあって、伏せたまま大声で泣き出してしまった。

Xちゃん、可哀想…
とは思ったけども、つい、Xちゃんの、本物の裸の生の大きなお尻とピンクの花を目の前でしっかりと見ちゃったことを凄い喜んで、バッチリ記憶したいって思ったから、それこそじっと見とれてハアハアしまっていたことから、みんなからXちゃんにエッチないたずらして泣かした犯人だと間違えられて、誤解なのに、顔を真っ赤にして号泣しているXちゃんの横で滅茶苦茶に怒られてしまった。

怒られている間も、上だけ体操服で、お尻丸出しの全部丸見えのXちゃんを頭の中でずっとリプレイしてドキドキしていた。
とにかく、チンコがビンビンにならないようにするのが大変だった。

その分、反省しているように見えたらしく、みんなの誤解も早く解くことが出来たし、Xちゃんに嫌われずには済んだ。

その日からは、夜な夜な、お尻丸出しで倒れている体操服着たXちゃんのプルプルした裸のお尻に抱き着いてスベスベと撫でたり、頬ずりしたり、Xちゃんのお尻の割れ目を広げてのぞき込んだり、ビンビンに勃起したチンコを裸のお尻にグリグリスリスリ押し付けて気持ちよくなった後、精子をかけているところや、恥ずかしがっているのに後ろから無理やりに突き刺して、
…たんたんたんたんたんたんたんたんたんたんたん…
って、セックスして、何度も後ろから激しくつかれていっぱい喘いでいるXちゃんに出しまくる…
ってところを考えてそのまま思いっきり出すのだけども、チンコがビンビンになったまま収まらないし、まだ出そうだったからすぐに、二回目三回目と続けてオナニーして思いっきり出していた。

そうやって、念願のXちゃんでのオナニーでドキドキの夜を過ごしていた。

Xちゃんにも嫌われていないことから安心してオナニーに力が入っていった。

大人になってからもたまに、上は体操服や道場着を着て、下はお尻丸出しのXちゃんを眺めたり、ピンクの花をのぞき込んだり
後ろから無理やりセックスして恥ずかしがらせているって想像してオナニーしちゃっている。

[AD]

[AD]

みんなのエッチ体験OGP

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想などコメントをどうぞ!投稿していただいた方の励みになります!

コメント一覧 (1件)

  • 童貞を捨てた後って
    ぺニスが疼いて
    こんな感じだったなあ♪

コメントする

目次